今回は

科学実験
「松ぼっくりが水にぬれると閉じる仕組みを調べよう」

をしました(^^)

利用者さん興味津々で、

松ぼっくりの様子を観察しました☆

マツの種はまつぼっくりの間に挟まっていて、種には薄いプロペラがついています。
風に乗って、遠くまで飛んでいくのです。

プロペラはとても薄い素材でできていますので、濡れると重くなって飛ぶことができませんから、濡らさないように、雨が降るとまつぼっくりは閉じるのです。

雨がやんだら、風に乗せて種を飛ばすため、大きく開きます。

{336220D0-9FB5-4D2A-ACCD-6A6886449A51}



実験の後は
新しくピースに来たトランポリンでも盛り上がりました☆

{5F0CA2CD-2A9C-4247-BABE-004F82567A30}

{14E8E8AD-11B4-4039-9190-00CD46312CCA}

AD