文化ジャーナリスト尾崎圭Official Blog『きえてなくなりたいじぶんのために』(世界遺産検定マイスター&美術検定1級保持者)

文化ジャーナリスト尾崎圭Official Blog『きえてなくなりたいじぶんのために』(世界遺産検定マイスター&美術検定1級保持者)

自称“世界遺産とアートの伝道師”、世界遺産検定マイスター資格&美術検定1級保持者でもある、文化ジャーナリスト尾崎圭の公式ブログです。文化ジャーナリストの視点から眺めたさまざまなことがらを書き記していきます。そしてついでながら、私はゲイです。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
当ブログ読者のみなさまへ。

この度、新しくブログを開設する運びとなりました。
新しいブログのURLは、以下の通りです。

http://ozaki2015.exblog.jp/

このブログは残しますが。
今後の私のブログ執筆活動は、上記の新しいブログを拠点とすることになるかと思います。
新しいブログも、このブログ同様に、ごひいきくだされば幸いです。

年末の慌ただしい時期に、このようなお知らせをして恐縮ですが。
以上をもって、このブログの読者のみなさまへの、私からの新ブログ開設通知といたします。

尾崎圭



テーマ:
みなさまいかがお過ごしでしょうか?
というごあいさつが、この時期違和感ない、というのも困ったもので。
今日は午後、京都から来た私のお友達を案内して名古屋観光などしていたのですが。
ふたりともこの時期にしては異例な気温の高さには驚くばかりで。
私もこの時期にしては薄着ですし。
お友達はダウンジャケットを抱えて街中を移動で、決して着ることはありませんでした。

エルニーニョのせいといわれておりますが。
それにしても、という感のある暖かさ、というより暑さでした。

テーマ:
{A714B916-0CF8-48BC-9779-8D54127ED464:01}

ドトールのミラノサンドでございます。
たぶん現在期間限定販売と思われる、ローストビーフです。
ついさっき食べ終わったところ。

最近、やたらローストビーフが食べたくて。
そういえばサブウェイでもローストビーフのサンドイッチ食べてたなあ。
体がよほど肉を欲しているとみえて。

私としては短文ですが。
これをもって今日のブログ更新といたします。

テーマ:
もっとも、自宅でも会社オフィスでもなく、引っ越すのはブログですが。
そして、このブログがなくなるわけでもありません。

ただ、私のメインのブログの機能は、新たなブログへと移ることになりそうで。
このブログは、いわば旧館になります。
新ブログが気に入らなくて、やっぱりこちらに戻る、という可能性もありますが。
順調にいくと、新館に私のブログのかなりの役割が移りそうです。

近々その新館のブログのURLを発表することになると思いますので。
今しばらくお待ちください。

ちなみに、なぜこのブログから完全撤収しないか、ですが。
さすがに積み上げてきたものを消し去るのは惜しい、ということと。
アメブロにはブログネタがありますので、週に1度はそれをネタに書きたかったりするので。

以上、告知いたします。

テーマ:

家を継ぐってうらやましい? ブログネタ:家を継ぐってうらやましい? 参加中

私はうらやましくない派!


ひところ、就職難の時代に、家業がある同級生に向かって、
「いいなあお前は、継ぐ家業があるから、就職活動しなくていいし」
とうらやましがった、という話がありますが。
就職活動しなくても職にありつけるという利点はあるものの。
その代償って大きいんじゃないかなあと思います。
サラリーマンで雇われてお給料もらえる、という生活じゃないわけで。
要するにお給料は誰かからもらえるわけじゃなく、収入は自分でなんとかしなければいけないわけですから。

なあんてことを、このお題いただいてから考えていたら。
こんなブログにたどり着きました。

こちら をクリック。

20歳そこそこで実家のお寺の跡を継ぐことになった方のブログですが。
まあご苦労もあろうかというもので。
幼いころから住職になるための英才教育受けてたわけじゃないようですから、私などはよけいにその思いを強くします。

ちなみに、お寺というと、うちの菩提寺の住職も20代で就任してまして。
先代のお父上が元気でしたら、住職継承はもう少し先だったでしょうが。
お父上がご病気で若くしてお亡くなりになったものですから、その若さで。
父上ご病気中に住職代行みたいなことはしていらしたようなので、それなりの心構えはあったと思いますが。
それでも…ではないかと。

などと考えると、継げる家業があるからなどと、安易な発想はしたくないのです。

とはいえ、家業とまでもいかず、親の職業を継ぐのは美徳とみなす向きは多いようで。
一時期私は、公務員試験を受けてたのですが。
いろいろあげた志望理由の中で、面接試験官がいちばん納得したのは、
「両親が公務員なので」
というもの。
この国では、親の職業を継ぐことがよしとみなされているのだなあと、つくづく。




家を継ぐってうらやましい?
  • うらやましい
  • うらやましくない

気になる投票結果は!?

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス