國學院大學 玄制流武徳会空手道部のブログ

國學院大學 玄制流武徳会空手道部のブログ

玄制流武徳会空手道部の活動を紹介します。

基本的に火曜、金曜に活動しています。

HPも随時更新しています
http://k-butokukai.wix.com/kokugakuin-butokukai


テーマ:

サブタイが長すぎますね…苦笑

 

 

伝えたいことがもう多すぎて~♪というやつです。

 

 

本日二度目の投稿になります。

 

 

今回は平成30年7月15日に行われた第54回国玄制流空手道連盟武徳会全国大会の成果について書いていきます。

 

 

部会からは選手10名、係員1名が参加しました。

 

 

残念ながら部会からの入賞者は出ませんでしたが、結果には残らずとも大きな成果を上げた選手もいます。

 

 

武徳会大会では組手の部門で一般男子有段者とは別に一般男子自由組手というものがあります。

 

 

これは玄制流ルールとも呼ばれるもので、掴み・崩し・投げ・下段蹴りの使用が認められています。

 

 

このルール故、出場者のほとんどは有段者でありましたが、この部門に唯一の有級者として部会の川野君が出場しました。

 

 

相手は前大会で同部門優勝者の向井選手ビックリマーク

 

しかし川野君は一歩も引きませんでした。

 

手前(青)が川野君です。

柔道経験者(二段)でもある彼は積極的につかみに行きます。

 

ここで大外刈りが決まり相手をうまく崩しました。

 

しかし決めきれず、向井選手の斜上蹴りが決まり技ありとなりました。

 

実戦での斜上蹴り初めて見ましたあせる

 

善戦むなしくこの後上段突きをもらい、最終結果は技あり二本で敗戦でした。

 

 

しかし圧倒的格上相手に自分の持ち味を存分に発揮した戦いは、見ていた我々も「ひょっとして勝つんじゃ…」と思わせるほど、迫力に満ちていました。

 

 

結果こそ負けではありますが、実りある一戦であったといえます。

 

 

ぜひ来年こそは入賞を…ニヤリ

 

 

次の大会では一人でも入賞できるよう頑張ります!

 

 

次回こそは練習予定か先日行われた合宿について書きます。

 

 

それではまた。

 


テーマ:

 

皆様お久しぶりです。

 

まず初めに、更新が2か月以上停止してしまい申し訳ありません。これからはこまめな更新を心がけていきます。

 

 

さて、2018年1月玄制流の形「三才」がWKF(世界空手連盟)のオフィシャル形リストに正式採用されました。

これにより、世界の大会の中で三才が演舞できるようになります。これは三才が世界に認められたということであり、2020年の東京オリンピックでも使用できるようになるため、もしかしたらオリンピックという大舞台で三才が見れるかもしれませんね。

 

 

次に今年、我々武徳会空手道部の田口さん、相馬さんが初段を取得しました。

 

 

また写真中央のわが部会の監督である鈴木良東先生は練馬区空手道連盟の理事長に就任されました。

 

おめでとうございます!

 

 

次回更新は練習予定、大会結果等を書こうと思っています。

 

それではまた。

 

 


テーマ:

とうとうこの季節がきたー!!爆  笑爆  笑

國學院大學の新入生の皆さん入学おめでとうございますキラキラ

 

私たち玄制流武徳会空手道部は1203教室にブースを設け新入生の皆さんをお待ちしています!おねがい

 

履修登録についての相談だけでもぜひ来てください!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス