若州人形座のブログ

若州人形座のブログ

福井県大飯郡おおい町の
水上勉氏が立ち上げた竹人形芝居の一座です。


2020年6月→秋に延期→中止
『五番町夕霧楼』@若州一滴文庫

若州人形座です。

 

ご無沙汰しております。

6月に予定していた公演が9月に延期され、

9月も中止になってしまって、

今年の公演はなくなってしまいました。(来年6月公演予定

若州人形座は、

全国各地に住まいするメンバーで構成されていて、

公演の時にしか会わないメンバーがほとんどです。

Facebook

 

 

Twitterなどで近況がわかるメンバーもいれば、

どうしてるやら?というメンバーもいますあせる

でも、なんとか生き延びているようです。 (たぶん)

語り猫は、精力的に活動しております。

 

 

若州人形座も公演したことのある京都のP-actで、

STAY HOMEの期間も

YouTubeで作品を公開し続けています。

ポチっとチャンネル登録お願いします。

 

さて、

今年予定されていた演目は

『五番町夕霧楼』

でした。

もちろん、来年もその予定です。

2008年に、当時二条寺町にあったギャラリーテラにて初演。

同年9月に若州一滴文庫にて、現在の形になりました。

その後、何度か再演を重ねています。

原作は、水上勉先生が1962年に発表されました。

1950年に実際に起こった金閣寺放火事件を題材に書かれた作品です。

水上先生は、その後「金閣炎上」という作品も書かれていますね。

『五番町夕霧楼』は映画にもなっています。

佐久間良子さんや松坂慶子さんが夕子を演じています。

そして、

京都の井筒八つ橋さんの銘菓に

「夕子」というのがあるのですが、

これは、『五番町夕霧楼』にちなんで名づけられた粒あん入り生八つ橋です。

美味しいです(=^ェ^=)

スポンサーになってくださらないかしら。。。

 

舞台は、戦後間もない昭和26、7年頃。 

原作を忠実に再現しながら、

演出の幸 晃彦が脚本にしました。

 

昭和26年、

戦災を受けた傷痕から這い上がろうと誰もが必死で生きていた頃、

京都五番町の遊郭『タ霧楼』の女将・かつ枝は、

与謝半島樽泊で、貧しい木樵の娘・片桐夕子と出会う。

家族を養うために娼妓として働きたいという夕子を連れ帰ったかつ枝は、

夕子の水揚げを西陣帯の織元で顔役でもあった竹末甚造に頼んだ。

甚造に気に入られた夕子は、

まわりの娼妓からもかわいがられ、日ごとに夕霧楼に馴染んでいく。

ある日、櫟田正順という学生が夕子を訪ねて来て、

頻繁に夕霧楼に通うようになり、

夕子の身辺は大きく変化していく。

そして事件は起こった……。  

 

泣きます、泣けます。

語り猫は、一度でいいから、

この作品を客席で観て泣きたいと思うのですが、

叶いません。(=^ェ^=)

この作品は、他の3作品

『はなれ瞽女おりん』 『曾根崎心中』 『越前竹人形』と違い、

人間と竹人形がしゃべる場面があります。

なにより、

「語り」ではなく、

夕霧楼の女将・かつ枝として登場するのです。

 

 

ね、ワクワクするでしょう?

また、夕子の人形がかわいい!

作者・髙橋弘子さんの若いころに似ている、と語り猫は思うのです。

初めて夕子が登場するシーンでは、

客席から「ほ~ラブラブ」とため息が聞こえることがあります。

 

 

 

来年、

安心してどこにでも移動できる世の中になって、

沢山の皆様におめもじ叶いますよう、

切に祈ります。

 

どなたさまもどうかご安全に。

 

若州人形座です。

 

懸念しておりました秋の公演『五番町夕霧楼』

やはり中止となりました。

 

 

楽しみにしてくださっていた皆様、

申し訳ありません。

これで今年の公演はなしです。

来年、元気で安心して公演できる世になっていることを

切に希望します。

今年よりひとつまた年をとるわけですから、

語り猫も含め、メンバーの健康も心配なところです。

精進します。

 

そして、もうひとつ哀しいお知らせです。

私たちの竹人形の面を作ってくださっていた

面師・髙橋弘子さんが、

4/28、天に召されました。

 

 

あぁ、弘子さ~ん!

楽しい思い出がいっぱいあります。

弘子さん、ありがとうございました。

美味しい料理、いっぱいいただきました。

いっぱい笑いました。

「閑話一滴」の話の中でも何度かご登場いただきましたね。

今頃、天国で、水上先生と酒を酌み交わしていることでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

 

なんだかいろいろがっかりすることが多く、

落ち込みがちですが、

語り猫は、ひとり稽古を続けます!

皆さんもどうぞお元気で!

 

来年は、明るい希望の年でありますよう。。。

 

 

フォローしてね…ペタしてね

 

若州人形座です。

 

語り猫の飛鳥井かゞり が所属する、

若州人形座もお世話になっている

P-actのブログです。

 

若州人形座とは違う、

語り猫飛鳥井かゞりをどうぞお楽しみくださいませ。

 

9月に延期が決まった『五番町夕霧楼』も、

収束の気配すら見せぬ現状では、

どうなることやら、な感じですが、

語り猫はひとり稽古を続けています。

なんとかしぶとく生き延びたいと思います。

 

じつは、

若州人形座YouTubeチャンネルを持っています。

楽しい、懐かしい映像です。

こちらもあわせてチャンネル登録よろしくお願いいたします。

 

安心して出かけられる世の中に

一日も早くなりますよう。。。

 

フォローしてね… ペタしてね