天中殺の調べ方!無料で天中殺を調べる方法が分かります | 占いとパワーストーンのプロが教える!今すぐハッピー体質になる方法

天中殺の調べ方!無料で天中殺を調べる方法が分かります

 天中殺の調べ方!無料で天中殺を調べる方法が分かります

占いとパワーストーンで、今すぐハッピー体質に!
開運コーディネーターのマダムひろこです。

あなたも、無料の算命学で「天中殺」を調べられますよ。


「天中殺が気になる!でも算命学なんて調べ方が分からない!」

・・・という方は、とても多いです。


そんな気になる天中殺を、あなたも自分で調べられたら良いと思いませんか?


自分で調べられたら、家族や大切な人の天中殺も分かりますからね^^


ついでに言うと、気になる芸能人やスポーツ選手などの有名人の天中殺も分かります。


今回は、私マダムひろこが、算命学による天中殺の調べ方をこっそり「無料」で伝授しちゃいます。


あ、そうそう。

「天中殺って何なの?」という方は、このままページの一番下まで読んでからスタートしてくださいね^^


では、以下のリンクから、あなたの「生まれ年」を探してクリックしてください。

そのまま進めば、あなたの天中殺が1分で分かりますよ~
↓ ↓ ↓
--------------------
1921年(大正10年)~1930年(昭和5年)生まれ >>

1931年(昭和6年)~1940年(昭和15年)生まれ >>

1941年(昭和16年)~1950年(昭和25年)生まれ >>

1951年(昭和26年)~1960年(昭和35年)生まれ >>

1961年(昭和36年)~1970年(昭和45年)生まれ >>

1971年(昭和46年)~1980年(昭和55年)生まれ >>

1981年(昭和56年)~1990年(平成2年)生まれ >>

1991年(平成3年)~2000年(平成12年)生まれ >>

2001年(平成13年)~2010年(平成22年)生まれ >>

2011年(平成23年)~2016年(平成28年)生まれ >>

--------------------

■ 天中殺とは?

では「天中殺とは一体なに?」という方のために、少し説明をしておきましょう。


天中殺という言葉を聞いて、あなたはどんなことを思い浮かべますか?


「天の中を殺す」

なんて書いてあるので、怖いとか不気味だという方も多いかも知れませんね。


天中殺とは、算命学という東洋の占いの中では、とても重要な柱となる占術。

古代中国では、軍略として使われるほど、重要視されていたんですよ。


「天中殺と空亡は違うのですか?」

と聞かれることがありますが、基本的な調べ方は同じです。


ただ、占いに対する考え方がまったく違うので、それは追々このブログで勉強してみてください。


天中殺は、一般的には以下のように言われることが多いです。

「天中殺は不吉なもの」
「天中殺は危険なもの」
「天中殺は恐ろしいもの」
「天中殺に禍(わざわい)が起きる」

などなど・・・

もちろん、まったくの間違いではありませんよ。


ただし、これはあくまでも「天中殺の過ごし方」をまちがえた場合の話です。


キチンと天中殺の法則にのっとって行動すれば、それほど恐れる必要はないです。


じゃあ、天中殺は、具体的にどんな「過ごし方」をすれば良いのでしょうか?

続いて見て行きましょう。


 天中殺の過ごし方


天中殺とは、言うなれば「神様が味方してくれない時期」のこと。

そのため、イライラしたり、判断力が落ちたり、魔が差したりと、いろいろな不具合が起きやすいです。


なので、天中殺の過ごし方は基本的に、

「新しくて重要なことを始めてはいけない」

と覚えておきましょう。


新しくて重要なこととは、以下のような内容です。

・結婚
・就職
・転職
・起業
・新築
・受験
・引越し
・大きな買い物(不動産や車など)
・契約


などなど・・・


もちろん、他にもいろいろと考えられますが、基本的に上記のような「人生における大きな出来事」は始めないことが大切です。


逆に、天中殺で「やった方が良い」こともあるので書いておきますね。


天中殺は、エネルギーが内面へ向かって流れている時期でもあります。

なので、「何かを吸収する」ということには、とても良い時期です。


つまり、天中殺は勉強するには、最適な時期なのです。


また、感受性がとても高まる時ですので、芸術性を磨くのにも向いていますよ。


天中殺とは過ごし方さえ間違えなければ、逆に人生のエネルギー充電ができる素晴らしい時期です。


なので、あなたも天中殺の時期や性質を知って、しっかり対処してくださいね。


じゃあ、そんな人生を変えてしまう天中殺って、どんな原理で成り立っているのでしょうか?


カンタンにご説明しましょう。


 天中殺が起きる原理とは?


天中殺の原理は「時間と空間」の組み合わせが不完全であることから生まれています。


ちょっと意味不明だと思いますので、ご説明しましょう^^


まず、算命学でいう「時間」は、十二支(じゅうにし)であらわされます。


子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)

・・・これで十二支ですね。


一方、天中殺でいう「空間」をあらわすのは、十干(じっかん)と言います。


甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)

・・・これで十干ですよね。


ここまではOKですか?


本来、十干には「神様が宿る」と考えられています。


その神様が進んでいる方向が十二支という時間で、十干が組み合わさることによって、安定した運気が作られます。


ところが、12種類ある十二支(時間)と、10種類の十干(空間)が組み合わさると、どうしても時間の方があまってしまいます。


こんな感じです^^
↓ ↓
子・甲
丑・乙
寅・丙
卯・丁
辰・戊
巳・己
午・庚
未・辛
申・壬
酉・癸
戌・●
亥・●


●●の部分に、十干がありませんよね?


つまり、十二支の中に、どうしても「神様がいない時期」が、2つ存在するわけです。


「神様が味方してくれない=宙ぶらりんで不安定な運勢」


これによって、12周期中の2つが「天中殺」となったのです。


そんな運勢が不安定なときに、新しいことをはじめたり、一生のことを決めたりすれば、それは失敗しやすくなると思いませんか?


だから、天中殺で新しいことを始めることはタブーとされているのです。


じゃあ、天中殺が注意すべきなのはわかったけど、それっていつなの?

・・・という方もいらっしゃるでしょう。


それを理解するためには、天中殺の「3つの大きさ」を知っておく必要があります。

続けて見て行きましょう。


 天中殺の「3つの大きさ」とは?


「天中殺の大きさ」の基本は、大まかに分けて以下の3つです。


・年の天中殺
・月の天中殺
・日の天中殺



一つずつ説明しましょう。


(1)年の天中殺

年の天中殺は、12年中の2年間まわってきます。

その期間が2年間と長いため、人生に非常に大きな影響を与える天中殺です。

一般的に「天中殺」と呼ばれているのは、この年の天中殺のことをあらわしています。


(2)月の天中殺

月の天中殺は、12か月中の2か月間まわってきます。

毎年やってくる時期がハッキリしているため、意識さえしていれば、とても回避しやすい天中殺と言えます。

影響力は、年の天中殺の次に大きいと考えてください。


(3)日の天中殺

日の天中殺は、12日中の2日間まわってきます。

まわってくる周期がとても短いですし、期間も短いです。

そのため、それほど大きな影響はありませんが、日々意識しておくと良い天中殺です。



この3つの天中殺は、どんな人にも必ずやってくるもので避けることができません。


つまり、どんな人にも平等に与えられているわけですね。


ここで一つ注意点があります。


算命学は、東洋の占いなので、西洋暦のように1月1日を年のスタートとは考えません。


東洋暦におけるその年のスタートは、「立春」です。


なので、例えば2019年でいうと「年のスタート」は、2月4日。


自分の天中殺をしっかりと把握するためにも、その点は覚えておいてくださいね。


では、以下のリンクから、あなたの「生まれ年」を探してクリックしてください。

そのまま進めば、あなたの天中殺がすぐに分かりますよ~


今年の天中殺が知りたい!という方は、さらに下へ読み進みましょう。

--------------------
1921年(大正10年)~1930年(昭和5年)生まれ >>

1931年(昭和6年)~1940年(昭和15年)生まれ >>

1941年(昭和16年)~1950年(昭和25年)生まれ >>

1951年(昭和26年)~1960年(昭和35年)生まれ >>

1961年(昭和36年)~1970年(昭和45年)生まれ >>

1971年(昭和46年)~1980年(昭和55年)生まれ >>

1981年(昭和56年)~1990年(平成2年)生まれ >>

1991年(平成3年)~2000年(平成12年)生まれ >>

2001年(平成13年)~2010年(平成22年)生まれ >>

2011年(平成23年)~2016年(平成28年)生まれ >>

--------------------

 2019年の天中殺は?


「2019年の天中殺は何ですか?」

というご質問をいただくので、一応書いておきますね。


2019年は亥(いのしし)年なので、戌亥(いぬい)天中殺です。


ただ、こうやって書くと「干支(えと)」とカン違いされる方が、たまにいらっしゃるんですよね。


「私の干支は午年だから2019年は天中殺ではない!」

・・・ってね^^


もちろん、そういうことではありません(笑)


午年の方でも、2019年の天中殺である戌亥天中殺の方はいらっしゃいますよ。


そして、もちろん、他の干支の場合も同じです。


つまり、あなたの干支(えと)と、あなたの天中殺は関係ないのです。


天中殺には、以下の6種類があります。


・子丑天中殺(ねうしてんちゅうさつ)
・寅卯天中殺(とらうてんちゅうさつ)
・辰巳天中殺(たつみてんちゅうさつ)
・午未天中殺(うまひつじてんちゅうさつ)
・申酉天中殺(さるとりてんちゅうさつ)
・戌亥天中殺(いぬいてんちゅうさつ)


それぞれに特徴がありますので、ちょっと書いておきますね


【子丑天中殺(ねうしてんちゅうさつ)】

子丑天中殺は、初代運と呼ばれる運勢を持っています。

エネルギー的には、父親や目上の運勢が欠けているため、そこのご縁が薄いんですね。

逆に言えば、目下や部下に恵まれやすいという基本の運勢を持っています。

反骨精神が強いです。


【寅卯天中殺(とらうてんちゅうさつ)】

寅卯天中殺は、後継者運と呼ばれる運勢を持っています。

初代よりも、二代目、三代目に向いていると言われています。

エネルギー的には、母親や友人、兄弟の運勢が欠けているため、そこのご縁が薄いです。

目上との縁は深いので、目上や上司から可愛がられる基本的な運勢を持っています。


【辰巳天中殺(たつみてんちゅうさつ)】

辰巳天中殺は、家系から出る運と呼ばれる運勢を持っています。

破天荒な生き方を得意として、どんな環境でも生き抜けるしぶとさがあります。

組織や一家の運命を切り替える役目も持っています。

エネルギー的には、天上の運が欠けていて、現実的です。


【午未天中殺(うまひつじてんちゅうさつ)】

午未天中殺は、末代運と呼ばれる運勢を持っています。

ひと言で言えば、物事の締めくくりや、一家の流れを自分の代で終わらせる役割です。

エネルギー的には、目下や部下の運勢が欠けているため、そこのご縁が薄いです。

親や目上の人、上司などには恵まれるという基本的な運勢を持っています。


【申酉天中殺(さるとりてんちゅうさつ)】

申酉天中殺は、後継運と呼ばれる運勢を持っています。

初代よりも、二代目、三代目に向いていると言われています。

エネルギー的には、家庭の運勢が欠けているため、そこのご縁が薄いです。

仕事や世の中とのご縁があるので、現実世界において力を発揮する運勢となります。


【戌亥天中殺(いぬいてんちゅうさつ)】

戌亥天中殺は、家系から出る運と呼ばれる運勢を持っています。

パッと見はおおらかで人付き合いも良いですが、心は繊細です。

穏やかで、身内を大切にする特徴があります。

エネルギー的には、現実面が欠けていて、そのために精神世界を大切にします。


さて、いかがでしょうか?


自分の天中殺が、上記6種類のうちのどれなのか?


これが分かると、大きな運をつかむタイミングや、悪いことを回避するタイミングがハッキリしてきますよ。


では、以下のリンクから、あなたの「生まれ年」を探して、そこをクリックしてください。

そのまま進めば、あなたの天中殺がすぐに分かりますよ~
↓ ↓ ↓
--------------------
1921年(大正10年)~1930年(昭和5年)生まれ >>

1931年(昭和6年)~1940年(昭和15年)生まれ >>

1941年(昭和16年)~1950年(昭和25年)生まれ >>

1951年(昭和26年)~1960年(昭和35年)生まれ >>

1961年(昭和36年)~1970年(昭和45年)生まれ >>

1971年(昭和46年)~1980年(昭和55年)生まれ >>

1981年(昭和56年)~1990年(平成2年)生まれ >>

1991年(平成3年)~2000年(平成12年)生まれ >>

2001年(平成13年)~2010年(平成22年)生まれ >>

2011年(平成23年)~2016年(平成28年)生まれ >>

--------------------