おつかれさまです。

今日の、ワンポイントレッスンです。


■しろうとでも株式投資で儲かる方法(1)


株式投資をする上で、
知っておくと良いもののひとつに
テクニカル指数というものがあります。


このテクニカル指数の数字により、
今買い時なのか、今売り時なのかが判断できます。
株は、安い時に買って高いときに売ると儲かります。


ただ多くの個人投資家の方は、
高いときに買って、
安い時に投げてしまう人があまりにも多いです。


株が、今買い時なのか、今売り時なのかが判断できる
「テクニカル指数」について、説明します。



■RCI(アール・シー・アイ)

RCIは順位相関係数とも呼ばれ、
ある株価の時間の推移と価格の水準それぞれに順位をつけ、
その相関関係を見ることにより、
割高あるいは割安を判断する指標です。


0を中心にして上下に警戒区域を設け、
+80以上を買われすぎ、-80以下を売られすぎと判断します。


2本のRCIのライン(9日と27日)のクロスを転換のサインとなり
RCIがマイナス領域からプラス領域に入れば買シグナル、
プラス領域からマイナス領域に入れば売シグナルと判断します。


計算式は以下の通です。
RCI={1- 6×(日付の順位-価格の順位)2の合計/計算期間×
(計算期間2-1)}×100(%)


RCIは一定の期間の株価の順位に着目しているため、
株価の差が+100円でも+1円でも結果は同じになります。


ということで、
この指標もサイコロジカルライン同様、
株価や移動平均、出来高などと
併せて使うことが大切だと思われます。





株式投資はタイミングが大切です。

これから株式投資を勉強したい方は、
今すぐ⇒ しろうとOKの株式投資


がんばって、儲けましょう!




 ■□■   大阪、神戸の女性の方へ朗報です!!   ■□■

 年収も3倍、充実感も3倍手に入れる、女性のためのセミナー
 これを知れば、あなたの人生が一遍する秘密。締め切り間近!!
            ↓ ↓ ↓ 
 ■□■ 悪魔も驚く秘法はココをクリック  ■□■