「楽読と速読の違いが分かる」7日メール講座の購読申し込みはこちら

今日のブログ更新

 

テーマは

 

「点と点を繋いで線にする」

 

を深めて生きたいと思います。

 

早速、質問です。

 

1日、1日の繋がりを意識していますか?

 

1日をやり切ることは大切。

 

そんな1日を繋げていくことは

 

「もっと大切♬」

 

 

 

なぜかと言うと

 

1日1日を繋げていると、ゴールに向かってまっすぐ進めるんです。

 

繋がっていないと、バラバラ感がでてしまう。

 

 

そんなときにオススメなのが

 

「マイブック 2019」

 

この本は開けてみるとびっくり

 

中は日付だけ書いてあるだけで白紙なんです。

 

本の内容は自分で書くのです。

 

私の使い方は

 

2019年12月31日

を先に決めておくのです。

 

それまでの私の物語がどうなろうと、結局そうなっちゃうのが分かっているので、書いていて楽しい。

 

 

【まとめていきましょう】

 

点と点を繋いで線にするとは

 

1日1日を繋いで、自分の物語を作ること。

 

それが目的に向かって進んでいく近道。

 

たのしむのにおすすめが「マイブック」

 

2019年の終わりを決めておく。

 

それに向かってあとは楽しむだけ。

 

 

+++++++++++++++++++++

【プロフィール】


福岡県出身 

1976年9月4日生まれ 42歳

坂田淳一 (さかた じゅんいち)

ニックネーム じゅんじゅん



高校卒業後、物作りが大好きで、愛知の創業200年を超えるガラス会社に就職

ガラスの美しさと風向き一つで変化してしまう難しさも楽しみながら過ごして居ました。

30歳の時に、ご縁でお会いした女性と結婚。二人の娘にも恵まれ、仕事も順調に進んでいました。

そんな幸せのなか、仕事帰りの交通事故で脳脊髄液減少症という病気、怪我になってしまう。

当時は、病気として認められておらず、保険も使えず、保険会社には冷たくあしらわれ、会社には診断書がでないので仮病扱い。



そのまま、1年7ヶ月の休職



この間に、被害者がここまで守られていない国なのだと痛感する。



この病気を国に認めさせよう!苦しんでいる人のために命を使おうと決意しました。



その時は、歩くことすらできなかったですが、「今やれることに集中」して行動する。



NPO法人の力を借り、私は微力ではありますが結果的に国がこの病気を認め、保険適用になりました。



保険適用になり治療費が大幅安くなることで、救われる命がありました。



本当に嬉しかった。



そこで気が付いたのは、病気に限らず人生を変えたいと思っている方がいることに知ったのです。



そのために、自分に何が出来るのか?



そのためには自分が自分の人生を変えられる体現者になることだと気づく。



1000万円以上をかけて学んでいく中で、学んだ方が出来るようになるまで本気でコミットしている講師が極端に少ないことに気づく。



まずは私が出来るようになり、体感で伝えられて、出来るようになるまでとことんコミットする。



これが、私の方向性です。



私が知る限り、最高のメソッドが楽読(速読)です。



楽に、楽しく、早く、読めるだけでなく、人生すら先読みしましょう!



--------------------------------------------------------------

 

誰の命も置き去りにしない
持続可能な社会を、みんなで考え、みんなで作る
でも一個だけ約束して欲しい
自分の命だけは、置き去りにしないでね
そのために自分を貫くのは正しい

ブログ一覧
https://ameblo.jp/junjun2018/entry-12408791518.html

メンタルヘルスの一番の近道はこちら
楽読金山スクール
全国から誰でもwebで受けられます
https://rakudoku-kanayama.com/index.html
 

+++++++++++++++++++++

「楽読と速読の違いが分かる」7日メール講座の購読申し込みはこちら