俳優&株式会社 J’S STUDIO代表

田邉淳一です。
俳優として日々活動をしつつ、会社も経営しております。
ご興味がある方はこちらこちらものぞいてみてくださいね。

 

 

今日は【高いモチベーションをキープすることが人を変えていく】というお話

 

 

先日私は、とある会社の「営業のプロ」と呼ばれる人を紹介していただき、その人に4時間営業に同行しました。その方の営業はいわゆる「飛び込み営業」で、ゼロから一つ一つの門戸を回って営業するというもの。正直私は、そんな営業が今のITやEC(イーコマース)中心の時代に通用するのか?なぜそんな仕事を?と思っていました。

しかもその方はたった朝9時~午後2時までの5時間集中だと聞きました。稼げるの???

 

 

午前9時、公園で待ち合わせをしてそのAさんがやってきました。顔は優しそうな長身のイケメンタイプ。Aさんは俳優業をしていて、午後2時以降は毎日俳優の稽古に時間を使い、週5回この営業をしているとの事でした。また、ご結婚もされていて、もう7年目だとか。

 

 

 

まずは顔を「ペシッ」とたたいて、深呼吸、そして速足で移動。

早速同行していくと、片っ端からチャイムを押して、出てくれる方、インターホン口で断られる方、出ない方・・・と小1時間で40~50件は回りました(゚Д゚)ノ)ノ;)!そして、対応してくれた方にはなんと素早く会話に取り入り、しかも会話が上手いことか。また、「最高にさわやかな笑顔」が第一声目の挨拶で出てくる!これを、疲れも微塵にも見せず途中休憩入れながらも4時間続けました。

 

 

結果、その日3件の契約をこぎつけたそうです!!!(すごい!)

※通常の人は1件取れればいい方だそうです

 

 

 

Aさんに、なぜ俳優でこの仕事を選んだのか?と聞くと

「まだ俳優だけではちゃんと食べられていないので、このバイトをしています。でも、俳優でいる時間は毎日作らないといけない。となると割のいい仕事を探さないといけないが、そのバイトの時間も無駄にしたくない。」

 

 

なら、歩合制だが短時間で稼げ、足を使って運動出来て、且つ相手に好印象を与え続けて成約という目的に向かって会話をすることで、対価をいただける。これはコミュニケーション能力の訓練にもなる。俳優としての仕事の対価に似ているとの事。

 

 

このバイトを続けていくことで、俳優Aさんとしてもどんどん良くなっていったとの事。バイトを俳優の訓練に本当に上手く寄せているなぁ~と感じました。

 

 

私も大いに刺激を受けたし、勉強になりました。

自分の俳優へのモチベーションも上がりました!

そのまま、私は取材後ジムへ行って鍛えました(笑)

 

 

かつて映画「ロッキー」を見終わった後、映画館から家まで走って帰ったのを覚えてます。あの音楽を口ずさみながら・・・経験した人多いと思います(笑)でもその気持ちって、寝て起きると忘れてしまってますよね?

 

 

Aさんは、毎日その高いモチベーションを「バイト」という中でもキープできるように今の仕事を選んだんだと思います。その後、本来最も大事な芝居の稽古をする時間もある。つまり1日中「俳優」の意識でいられる。すごくよく考えられた生活だと思いました。

 

 

普通はバイトって慣れれば楽になり、時給だから長時間働けば働くほどお給料が多くなりますよね。でも、その分「俳優」としての時間はどんどん少なくなります。この負のスパイラルに多くの人がはまってしまいます。

 

 

Aさんの仕事の場合は、慣れても楽にはならないけど、毎日のバイトが「俳優の訓練」で、その成果が「成約」という対価に変わる。しかも時間は1日5時間のみ。

※報酬額は伏せますが結構いい収入になるとか・・・

 

確かに楽ではない仕事です。

でも、大好きな俳優の訓練って思えば苦ではないはずです。

「バイト」を「俳優訓練」に応用している凄く良い例だと思いました。

 

私は俳優って、どれだけ毎日を「俳優」として過ごせているかが重要だと思っています。俳優業ですでに食べていけている人はいいですが、そうではない人はどう【高いモチベーションを毎日キープする】か?が一番の問題点だと思います。

 

ロッキーを見終わった後のあの「やってやるぞー!エイドリア~ン」の状態(笑)を毎日ずっとどうやって作り出し維持するのか?それができれば、必ず自分が変わる!

それを行動に起こすことが一番難しいんですが・・・

行動できる人は輝いてるなぁ!って、改めてAさんの後ろ姿をみて実感(*^▽^*)