人のすがたをかりてたつ

 

 

 

 

きみから目がはなせなかった

 

 

 

どうして

 

 

きみは泣くの

 

 

 

これほどにみんなに

 

 

慕われるひともいないのに

 

 

こんなにみんなに

 

 

愛されているのに

 

 

 

どうして下をむくの

 

 

 

 

そうか・・

 

 

ゆらめいて

 

ふりうごかされて

 

 

 

めぐりゆく人生だね

 

 

 

こおりのうえで泣いているひとは

 

 

 

 

きみであって

 

きみではないのかもしれない

 

 

 

ひとのこころなのかも

 

 

 

 

季節がめぐる大地には

 

 

かならず春が来るけれど

 

 

ひとがもとめるこころの春は

 

 

かげろうみたいにはかないんだ

 

 

 

ゆれて

 

ゆられて

 

 

かんたんに消えてしまう

 

 

 

 

 

 

あらたなステージ

 

じゆうにとびたつ今だから

 

つたえにきたかのようだった

 

 

ぼくもそうです

 

こんなによわくてどうしようもない

 

 

こころいたむかたよ

 

ぼくもおなじです

 

 

いつもいたみによりそっていますと

 

おのれのきずをさらしながら

 

伝えにきたかのようだった

 

 

 

 

 

そうしてきみは見せるのではないか

 

 

きびしい冬を識るひとにこそ

 

 

 

ほんとの春が来ることを

 

 

 

 

 

祈りのようだった

 

 

あまねくこの大地

 

ひとびとのこころに

 

 

春よ

 

ぼくたちの春よ

 

 

来てくれと

 

 

身をふして祈るほどの

 

 

おもいを感じ

 

泣けてしかたなかった

 

 

 

 

はらはらと流れる

 

しめったぬくもりが

 

ひとのこころにささった氷を

 

 

とかしていくかのようだった

 

 

 

ありがとう・・

 

 

 

これまでのきみの想い

 

このさきへのきみの願い  

 

・・誓いかもしれないね

 

 

 

感じずにはいられなかったよ・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

クリックしてくださるとうれしいですハート

   矢印


フィギュアスケートランキング

 

 

こちらもクリックしてくださるとうれしいですハート

   矢印
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村