C馬ワールドneo!

C馬ワールドneo!

ルアーマガジンモバイル高梁川担当でfishingteamライヴベイターズ監督です!
心機一転ブログをリニューアルしました!
宜しくお願い致します!
( ̄ー ̄)


テーマ:
最近C馬の周りでもフラッシュストレートのダッシュボードチューンの良さが解ってくれるようになって来ました!




フラッシュストレートはノーマル状態でもボディのクビレでテイルがスイングしながら泳いでくれて、アピール力は良いんですけどトーナメントでプレッシャーが掛かった場合には、動かして喰わすよりも止めて喰わす事が多くなります!




フォールやスイングで寄せて止めて喰わす時に自発的に微妙に動いているのがポイントで、プレッシャーに強く良く釣れるストレートワームはマテリアルが柔らかいんです!

ただ柔らかいだけだと身切れや波動が出ないので難しいんですけど、フラッシュストレートのダッシュボードチューンはその辺が絶好になります!

こうなると良く言われるのが!

「何故最初から柔らかくしないんだと!」

これには2つ答えがあって一つは柔らかくし過ぎると不良品が出やすくなるんです!

特に形の複雑なフラッシュストレートなら余計です!

もう一つがネコリグオフセットを使用してのカバー撃ちをする時には、ワーム自体に張りがあった方が良いからです!

そう言えばネコリグオフセットですけど今更ながら素晴らしいフックです!




セッティングが面倒なのでトーナメント中は敬遠される事も有りますけど、予めリグっておいて上にスイベルを付けると良いです!




特にカバーで使用する場合にはリグの部分のリーダーを10ポンドでメインリーダーを8ポンドと言ったセッティングも可能です!

こんな感じで使う場所でワームのマテリアルを調整するのがオススメです!

ダッシュボードチューンをしたフラッシュストレートの良さが本当に素晴らしいと感じた事が今年のトーナメントにも二回あって、一つはジグヘッドワッキーで一つはネコリグですけど、釣れない高梁川のトーナメント中にフォール着底即バイトでした!

ここ最近とか他のフィールドもフォールから着底からのバイトとか殆ど無いのに、完全に餌と思って喰ってるんだと思います!




もう一つフラッシュストレートで最近開眼したのはプレッシャーが必要以上にかかったなら、5・8インチじゃあ無くて4・3インチを少し重いシンカー(3/16オンス~1/16オンス)をベイトフィネスで使用します!

こうする事でよりプレッシャーに強くて広い範囲を探る事が出来てリアクション効果も高くなります!

このセッティング実はこの前のGFFOの大会でも朝一番大外しして、今までやった事の無い下流に行きましたけど、人だらけの中で藤木さんもC馬も無事にバスをキャッチ出来ました!




ただプレッシャーが余りかかって無いなら圧倒的に5・8インチの方がサイズも数も出ます!




5・8インチのセッティングはネイルシンカーも良いんですけど、ボディショットの1・8グラム~2・5グラムをセットする事で、より重心が一つになってワームが良く動いてアピール力が上がります!

軽いところのネイルシンカーは皆さん色々なネイルシンカーを使用すると思いますけど、C馬はサワムラのネイルシンカーが一番好きです!




他のネイルは引っ掛かりがあってキャストしていたら穴が大きくなるんですけど、引っ掛かり無い分実は一番長持ち何です!

一見するとすぐに抜けそう何ですけどね!

フラッシュストレート一度ダッシュボードチューンまだ知らない方も多いので、是非試してくださいね!⤴️

( ̄ー ̄)ハイ



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス