上野が熱い!

上野が熱い!

 

~ブレないカラダにブレないココロ~をテーマに、演奏家・パフォーマーをはじめ さまざまな方のために横浜市青葉区でピラティス

&コンディショニング教室を展開しています 西 章江(Akie)です。

 

水曜日に朝家族を送り出してすぐに向かった先は「上野」

 

知人のSNS情報で評判の高い「人体展」を見よう!と思って出かけました。

 

 

その前に、「上野」と言えば、「香香(シャンシャン)」

 

動物は午前中によく動くのではないか、と想像して最初に上野動物園へGO!

開門10分前についたのですが、すでに入場券売り場前は長蛇どころか大きな塊となって並んでいました。

並んでから入場券が買えるまで90分!!

 

この日は日差しも出ていたので、かなり暑かったです。小さなお子さん連れも同じように大人の間に並んでいて気の毒になりました。それでも、なんとか入れたものの、今度はパンダの観覧待ちに150分!!!

 

これでは、第一の目的だった「人体展」が見れないし、この暑さの中待ってパンダを見た後に「人体展」を見るほどの元気もないわ、と泣く泣くシャンシャンはあきらめました(涙)。

 

せっかく来たのだから、と何もせずに帰れない、と売店へ。パンダグッズの周りに人・人・人!ここもかなり並びました。

 

パンダってなんて愛くるしいのかしら。。。

↑上野公園内に、パンダポスト発見!このポストで手紙を投函すると、消印がパンダらしいです。

 

シャンシャンには会えなかったけど、なんとか癒しのパンダグッズを手に入れて、いざ「人体展」へ。

 

なんと!こちらもチケット売り場で並びました。会期終了が目前に迫っています!

この週末までなのですが、見に行かれたい方は、上野駅から上野公園に向かった入り口近くに公園のインフォメーションセンターがありますが、ここでチケット並ばずに買えます!(ということが帰りに分かりました。。。)残念ながら動物園の入園券は売ってませんでしたが。。。

 

展示会場内も大混雑!ほんと、上野が熱い!!

 

さて、「人体展」

古代より医学や科学の研究が始まってから人体の謎が少しずつ解き明かされてきました。

 

その歴史をひも解きながら、人類がどのように身体と向き合ってきたのかを知ることができる展示会でしたね。

昔、私が生物で習った知識は新たに塗り替えられています。

 

脳からの指令で身体が動いている、という考えではなく、今では臓器それぞれが信号(メッセージ)を出していていろいろな臓器と共にカラダの中のバランスをとろうとしている、「臓器同士が会話をしている」そうです。

 

 

そんなことが私達のカラダの中で起こっているなんて!すごいことですね~、なんだか感動します!

 

カラダの中のひとつひとつのパーツが発信している信号、メッセージにもっと耳を傾けていきたいな、と感じました。

 

最初は、骨格や筋肉のしくみを知ったところから、神経や脳の働きを知り、そして今では遺伝子、DNA情報の解明というレベルまで達してきました。そうすると、今後どんなことが起こり得るのか?私達がそれを知ったあとにどう利用していくのか?という問題提起で締めくくられていましたが、いろいろと考えさせられる展示会で深かったです。リピーターがいるのも納得です。

 

この展示会を見て感じることはそれぞれだと思いますが、なかなか興味深い内容でしたよ。

 

 

 

メニュー