人生・ビジネスコンサル まさ『無料相談室』

人生・ビジネスコンサル まさ『無料相談室』

名古屋で会社経営32年、そして人生相談とビジネスコンサルティングを提供し続ける「まさ」様々な経験の元で培った優れた洞察を持って相談者の話を聴きます。読むだけで洞察力が磨かれるブログ。今コロナで大変な方には、オンライン無料相談60分も受付中。

学校がずっとお休みだったり

出校が変則だったりで

「友だちができないんじゃないんか?」って

お母さん達が心配で仕方ないんだそうだ。

 

僕は、カテゴリー的には経営者だから

子供の教育を語れる立場じゃないけど・・
 

でも、21世紀生まれの子供たちに

そんな心配は要らないんじゃないかな。

 

僕らが子供の頃は、学校と家が

社会のすべてだった。

そして家も学校も支配的で不自由だったから

尾崎豊的な怒りや自由を求めた。

 

その点、今の子供たちはネット上で

距離など関係なく、どこに住んでる人たち

でも知り合い仲良くなれる。

直接会わなくてもスマホでいくらでも

友だちとコミュニケーションをとる。

 

2000年には、普通にネットもEmailもあった。

その年に生まれた人がもはや20才。

ネイティブなSNS世代は、それまでの

世代とはまったく違う。

 

趣味やクラブチームやゲームの中に

僕らの世代にはなかった「居場所」が

いくらでもある。

 

「奈良時代」と「いえ電で話した僕ら」

との差よりも

「昭和」と「ミレニアルズ」の方が

時代のギャップはずっと大きい。

今の子を昭和の秤にかけない方がいい

 

と、思うんだけどなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

「あー旅行に行きたい」
なんて、久し振りに思った。
 
昔、世界中へ行き過ぎた感があって
もうオッサンだし「家がいいや!」と
何年も、ほぼどこへも行かずにいた。
 
「なんで、出たくなったんだろ?」
と考えてみると、思い当たるのは
 
「自粛しろ!旅行は行くな!」と
毎日、言われてたからじゃないかな?
昔、リーダーシップの勉強で
先生から学んだ言葉を思い出した。
 
「人は他人に言われた事はしたくなくなる」
 
と教えられた。 と、いう事は、イコール
「人は、旅行へ行くな!と言われると
行きたくなかったのに、行きたくなる」
 
ハワイはまだ、入れてくんないだろうから
もうちょっと先だなぁ
という訳で、まもなく今年の夏は
国内旅行が大ブームになるかも知れない。
 
国内でも世界遺産とか有名な観光地に
行くなら、みんなが恐る恐る出始める前の
今のうち、の方がすいているように思える。
 
 
今日お会いした方のお話は・・・
 
今、自宅で自営の仕事なので
毎日ON.OFFの切り替えがない。
コロナ自粛からずっと家にいて
それが余計気になってきた。
時間にON.OFFの区別を付けられる
サラリーマンに変わりたい、との事。
 
なるほどー、奥様や家族の存在も
気になるようだし、解るわー。
 
ちょっと、僕の話ですみません。
 
僕の場合は30年以上、経営者。
生き方のノリは彼の逆で
「仕事が遊びで遊びが仕事」タイプ。
 
学生の頃の友達と会社をおこし
仕事で知り合った友達が仲間になり
海外旅行に行った。公私混同だ。
ずっと仕事の事は頭からは離れない。
 
でも、むしろON.OFFがないのは
365日、24時間、誰からも規制されず
自由に使えるメリットと捕えていた。
 
今は会社員も自宅テレワーク化している。
そのON.OFF不明感を少し味わって
自宅超良い!派と、会社へ行きたい!派
に分かれているように思う。
 
あなたは、どちらのノリで生きるのが
お好みですか?
どちらの生き方にワクワクするか?
今後のあなたを動かすかも知れないね。
 
「木村花さん」という女性がSNSで
激しく中傷され自殺したという。
僕はテラハもプロレスもNetflixも見ない。
だから知らない人なんだけど。
 
みんながSNSで自己表現する時代に
なって、こんな苦しみが無数に
蔓延しているんだろうなぁ、と思う。
SNSには余りにも色んな側面がある。
例え、自分が発信していなくてもそうだ。
 
友達以外にも、同業や同年代だったり
又は同じ趣味の人達が自己表現をしてる。
 
そんな雑多な「誰かが見せたい日常」や
「活躍してる(ように書いた)情報」を
見てるだけでも自分の中に沸いた感情に
ドキドキする。
 
こんな情報の嵐は昔は無かった。
数十人くらいまでの人と生きてきた。
 
SNSに煽られて、自分はどんな感情に
なるのか、どんな行動をしているのか
意識してみると良いかも知れない。
 
僕を含んで、ほとんどの人の心って
発信もするにしろ、受信だけするにしろ
SNSほどの情報を受け入れながら
平常を保つようにはできていないん
じゃないかな?って、僕は思う。
 
 

 

高収入はもう要らないんですが・・

お客様は、アラサー男性
都会で高収入を得るようになったが
金遣いが荒くなる性格でもない。
あんな高収入は必要ないとわかった。

今後は田舎暮らし、エアビーで全国
(世界?)を、1か月ごとにあちこち
気軽に移動する生活がしたい。
オンラインを使って400万/年も稼げれば
充分だしそれは簡単。だけど
GOする決断ができない・・・という相談だった。

彼が自分で出した結論はともかく
こんな風にコロナ自粛を機に自分を見つめて
生き方を変える決断をする人も
多いんだろうな~、と思った。
コロナ結婚、コロナ離婚もそのひとつだろう

閉店やリストラで辛い思いをしたり
身内で感染者が出て人生観が変わった
人もいるかも知れない

公務員や大企業に勤めていて今の所
コロナ禍でも、何も変わりない人は
感染が治まれば元の価値観に戻るだろう

でも逆に今、辛い人ほどその人の本質に
近い素敵な生き方を見つけて
立ち直っていくような気がする

僕はそんな人のサポートがしたいなぁ、と思う

 

マンションの置き配で、何度も
玄関先に置かれたが盗まれた!
とニュースでやっていた

更に、食べた後の容器は
ちゃんと戻してあったらしい

多分500円も持ってなかったんだろうか?
今、コロナ失業や破産とかでそんな
人はいっぱいいるのかも知れない

それにしてもこの人に
誰か今日のご飯を食べさせてくれる人は
いないんだろうか?
当然、捕まっちゃって、今後はもっと大変だろう

働いていた業種によっては
今お金がないのは、仕方ない状態。

でも、今日のご飯をくれる人が
誰もいないんなら問題はお金より
そんな人間関係を作らなかった事
又は、ピンチに誰にもSOSを出せない事

お金、人間関係、健康、時間、情熱、
ひとりずつ違うけど今までの生き方の 
課題が浮かび上がってくる

自分のキャラというかノリを
変えるチャンスと捕えようと思っている

 

チコちゃんに叱られる、をよく見る
あくびって、何のために出るの?
凧あげのタコっていったい何?
など、そもそも的な疑問を考える番組。

見ながら思った。「新型コロナ騒動」って
僕らにとって、いったい何なのだろう??

感染も一旦落ち着いてくると
こんな疑問を考えたくもなる。

コロナ禍で今までの素晴らしいところや
ダメな所が、たくさん炙り出されたと思う。

WHOも、中国もEUもアメリカも
日本政府も県も市も会社も
炙り出されたし
僕自身も、人生とたっぷり向き合った

今うまくいかない事は
全部コロナのせいにしたくなる。
でも、はたしてビフォアコロナの
生き方に問題はなかったのか?

今、逆にうまくいっている事がある。
それは同じように以前にできていたからか

反省も承認も称賛も
停止も変更も加速も
今なら、何でも思い切ってできる。

そんな風に思ったら、一歩前進する
チャンスの時に見えてきた。

 

高校野球が中止になった。
春夏連続で中止、という事になる。

監督がオンライン会議でたくさんの
丸坊主の生徒さん達にそれを伝える
シーンをTVでやっていた。
部員は悔し泣きしながら
応援してくれた人や両親への思いを語った。

これまでのすべてを賭けて臨んだ大会が
瞬間に無くなる。
同じチャンスはもうない。
挑戦して負けるなら、納得できる
でも目の前まで来て、消えてしまう。

こんな事、誰一人、想像もしていない
彼らはまだ高校生にしてこんな想いをした。
この経験は、彼らの未来に何を残すんだろう

努力は無駄になるからと無気力に
なってしまうかも知れない

頑張った練習の充実感を持って、次の
課題に向き合える人もいるかもしれない

中止になったのは高校野球だけではない。
インターハイもだし無数にあるだろう。
スポーツだけでなく、各種の試験も多くが
飛んでいる。あらゆる努力や目標が
突然消えた。
その後に置いて行かれた「心」に
寄り添う人が今必要だ、と思った。

 

「不要不急の外出は、自粛して下さい」

僕たちは、この文句をたくさん聞きました
商売人の僕には、これがシックリこない!
なぜかというと、まず前半の
「不要不急の外出はしない」は
2重否定でわかりにくいのだ。

「えーっと美容室へ行くのは不要不急?
ダメなんだっけ?どっちだ?」となり易い

誰にでも解り易く言ってはどうか
それと後半「自粛してください」
ん~・・・
他にも「自粛要請」もよく耳にした

これは日本語としておかしいだけでなく
リーダーが使う言葉でもない

「自粛」は「遠慮する」と同じように
自分から進んでするものだ。
人から言われるのは心外だ。

街でよく見る「ご遠慮ください」と同じ。
「お断りします」とはっきり言えばいいのだ。

本人のせいにして自分は責任逃れして
「困らせるけど、助けない」という政府の方針
そのものだ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【政府からの指示】
外出は要!と急! の時だけにして下さい」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こう言えば日本語としても責任の所在も
明らかになる。
でも、きっとそんな事は解っているけど
それが一番嫌なんだろうね。
こんな非常事態の時、みんな台湾やドイツの
ように政府を信頼したいんだけどなあ

続き
「出張」が激減すると・・・

地方の駅前にオフィスが廃止・縮小できるから

●全国の大都市の駅前から人が減る
●空室が増えてオフィスの家賃が下がる
●中心地のマンションも魅力が減って家賃が下がる
●新幹線(特にのぞみ)が、空いてくる
●人口の都市集中→人が地方へ帰る
すると、とんでもない事が起きる!
JR東海がお金を出す総工費9兆円の・・・
●作りかけのリニア中央新幹線が要らなくなる

すると
●土木、建築がヒマになる
●中心地の土地、ビルの値段が下がる
●都心のテナントが空く
●密集した飲み屋街、歓楽街もヒマが続く

これだけで充分、不景気になる。
でも、いい世の中になる予感がする