キャベジンは、胃の粘膜を強化して、胃潰瘍や胃炎を防ぐ作用があります。

 

 

市販されている多くの総合胃腸薬にも配合されていますね。

 

 

油の多いフライものから胃を守るという意味で、フライものとキャベツは相性バツグンの付け合せなんですね。
 

 

 

またキャベツには、血液の凝固促進や骨の形成に貢献するビタミンK、同じく骨を形成するカルシウム、高血圧予防のカリウム、妊婦さんに必須の葉酸などが豊富に含まれていて、貴重な栄養の宝庫です。

 

 

 

 

さて、キャベツを使うとき、芯を切り捨てていませんか?

 

 

実は、このふだん捨ててしまっている芯の部分にキャベジンやビタミンCが多いんです。

 

 

キャベジンは、内側の葉になるほど芯に向かって含まれる量が多くなります。

 

 

ビタミンCは、外葉が一番多くて、次いで芯葉のところが多くなっています。

 

 

キャベジンやビタミンCは、加熱に弱いので千切りやサラダなどの生食が効果的

 

 

加熱するときは、味噌汁やスープなどにして汁ごと食べられる料理に使うとよいです。

 

 


キャベツはアブラナ科で、1年中できる多年草ですが、その種類によって選び方が違います。

 

 

冬に出回る寒玉キャベツずっしり重みのあるものを選びましょう。煮たり焼いたり、熱を加えると甘みがでて美味しく食べられます。

 

 

寒玉は千切りには向きませんが、ロールキャベツやポトフにするにはぴったりのキャベツです。

 


春から初夏に出回る春キャベツは逆。「重い方が得」に思えて、春キャベツも重いものを買ってしまいがちですが、重かったり芯の部分が大きい春キャベツは育ちすぎで、もうかたいキャベツです。

 

 

春キャベツは、軽くて柔らかいのが特長で、生で食べるのに適しているキャベツ。大きさの割に軽いものを選びましょう。

 

 

 

 

年中冷蔵庫には欠かせない万能野菜のキャベツ。今の時期は春キャベツをいろいろな料理や付け合わせに登場させて食べてくださいね!

 

 

 

 

次回の食養生は、4月1日にUPしますパー

 

 

それでは、また!