ホームページのトップページにも使用させていただいている作品を

紹介させていただきます。

 

 こちらの作品は、徳島県鉄骨構造協同組合の奈須善彦氏(以下奈須先生)が作成されたものです。


 四国支部発足の記念にと”ドクターイエロー””探傷器と作業員”の作品をいただいたのですがあまりにも素敵な作品ですので、ご承諾をいただきホームページのトップ画面タイトル画像にの作品を使用させていただきました。

 

 奈須先生は、ホームページの『イベント』で紹介させていただいているように、主にポリテクセンター徳島や徳島県立テクノスクールなどで非破壊検査の授業されております。

 『奈須先生のイラスト解説』のページはそちらの授業内で使用されている資料です。なんと、奈須先生が文面のみならずグラフ・図・イラストも手書きで作成されたものに色をのせただけです。しかもとてもわかりやすい資料です。

 

 お伺いしたところ、絵画や鉄道模型などもご趣味で制作されていらっしゃると聞き、無理を言って作品の画像もいただいておりますが、あまりにも素敵で、1度にご紹介するにはもったいないなく、またの機会に少しずつご紹介させていただきたいと思います。

 

”ドクターイエロー”

「非破壊検査と言えば…」と作ってくださった作品で、車体は木と紙で作られており、フィギュアも奈須先生が色付けされているそうです。

なんと綿密な図面などはなく、軽くスケッチした後は”感覚”で作成されるそうです。

 

”検査機器と作業員”

検査機器をフィギュアが操作しているところに想像を掻き立てられます。