こちら日本医専キャリア支援センターです。

こちら日本医専キャリア支援センターです。

柔道整復師・鍼灸師を養成している日本医学柔整鍼灸専門学校のキャリア支援センターから情報をお届けします。

6月は、新人研修が終わって現場デビューが始まった院、研修最後の月に入った院など様々です。

 

卒業生の様子が、採用ご担当の方から届きます。

 

 

最近は、教科書を作って研修を進める院が増えてきました。

人間力を高める教科書、知識や技術を高める教科書。

ひと通りの基礎が身についてから、施術家ごとの自由な方法が許されます。

 

学校のように、半日ごとの時間割表が用意されていて、何を学び、結果を出すか一目瞭然。

研修の最後に試験が行われて、現場デビューが決まります。

 

焦ることはありません。

デビューのタイミングは、同時でなくていいのです。

どちらの院でも一人ひとりの成長を応援してくださいます。

 

 

研修所と配属院との両方で、半日ずつ研修する院も増えてきたようです。

 

半日は同期と和気あいあいと学び、半日は先輩方の指導のもと、患者様に向き合い始めます。

現場で必要な知識や技術を学び、それを臨床に生かしていく。

 

 

たいへんですが、資格を生かせる実感が湧き、やりがいを感じ始める時期です。

 

「がんばっているかな」と親のように卒業生を案じるキャリア支援センターです。

昨日は、柔道整復師とはり師・きゅう師の国家試験の合格発表日でした。

 

昨日も本日も、卒業生が合格の報告に来てくださいました。

 

結果を見るまで安心できない心持ちの受験生です。

お疲れさまでした。

 

 

本日は、

4月から鍼灸整骨院で働く方、

現在のお仕事を継続しながら資格を生かしたお仕事もする方、

趣味と資格を併せた仕事をする準備を始めた方と、三者三様の卒後の進路です。

 

趣味と資格を併せたいという方には、

「技術と知識を横軸に、趣味を縦軸にやっていきましょう」と応援のメッセージと

関連する記事や論文を渡しました。

 

もちろん、研修先の提案もしましたよ。

 

 

キャリア支援センターは、就職相談だけでなく、進路を決めるためのヒントも積極的に提供します。

 

 

キャリア支援センターは、卒業してからも利用できます。

 

 

「また来ますね」と卒業生たち。

 

 

 

母校ですから、いつでも頼って欲しいです。

ウエルカムです ニコニコ

 

 

 

キャリア支援センターの近くにある戸山公園の桜です。

 

 

 

見事でした。

 

本校での学びを生かして、それぞれの花が咲かせられるように応援していきたいです。

 

 

今年度最後の業界フェスタを開催します。

新年1月16日(火)です。

19のブースができます。

在校生だけでなく、卒業生や入学予定者も参加できます。

業界理解や進路決定、アルバイト探しなど、いろいろな目的で参加できます。

※イメージ写真です。



今回は8つのブースで施術のデモや体験があります。

 

結果を出せる手技、美容鍼に中国鍼、自律神経調整と、勉強になる内容ばかりです。


日々、臨床現場で患者様に提供されている施術が、学校で見られる貴重な機会です。

短い時間ですが、鍼灸院・接骨院の今が感じられると思います。

 

 

※イメージ写真です。

 

 

もっとじっくりと見たい!思ったら、見学させていただきましょう。



業界フェスタには、1年生から参加して、何もわからないまま座って話をうかがい、

未熟さを痛感し、学びを深めたくなるという声を聴きます。

 

さらに参加し続け、いろいろな院のお話をうかがって、見学させていただき、

最終的に1年生の時に出会った院に進路を決めるという、長いお付き合いもをされる方もいます。


勉強を重ね。成長に伴い、院の見方やお話の聞き方も変化すると思います。



業界フェスタの参加院は、毎回異なります。

 

毎回参加して、話を聞き続ける価値は大きいと思います。




もし、話を伺いたい院があっても参加が難しい場合は、キャリア支援センターにお声かけください。

パンフレットをお渡しすることもできると思いますし、見学依頼の代行もできます。



キャリア支援センターでは、あなたの苦手な部分をサポートできたらと思います。

ご相談お待ちしています!

 



👇業界フェスタの参加申込はこちらから👇
https://forms.gle/3hNEyUZmGYt8tREw5

 

※参加院の情報は、下記キャリア支援センター宛にメールをいただければ、

 スマートフォン用のデータを返信します。

 校内では、冊子の配布も行っています。


👇キャリア支援センターの面談申し込みはこちらから👇
js_career@nihonisen.ac.jp
03-6233-7628


 ※火曜日・水曜日・金曜日 12時~18時の間で、
  第3希望まで、お送りいただければ助かります。

本校では、卒業生でも図書室が使えます。

 

キャリア支援センターは図書室のおとなり。

 

様子がうかがえます。

 

集中して勉強している背中が見えます。

 

 

 

 

国家試験の出願の季節になり、試験勉強に本腰を入れる時期に入ったことを実感します。

 

 

 

あら、卒業生!

 

受験票を記入しに登校したついでに、図書室で勉強しているそうです。

 

 

 

図書室やキャリア支援センターは、本校舎とは5分程度離れたところにありますが、その分静かです。

 

穴場的な空間だと思います。

 

 

 

先日は、10年くらい前に卒業した方が、求人でキャリア支援センターにいらっしゃいました。

 

絶版になった図書の話になり、図書室を探しました。

 

 

 

 

ありました!!

 

貴重な図書も眠っている本校の図書室です。

 

 

 

図書室利用のついでに、キャリア支援センターにもお立ち寄りになりませんか。

 

リクルートパンフレットもたくさん用意しています。

 

面談が入っていなければ、飲食もできます。

 

 

 

 

 

図書室の入り口では、メダカやヌマエビの棲む水槽が出迎えますよ。

 

癒されること間違えなし!

 

 

「なんだかわからないから、寄ってみました!」って訪問してくださる学生さんもいます。

 

そんなゆるい感じから、モヤモヤしていることを話してくださるとうれしいです。

 

 

お待ちしています!

 

ある鍼灸整骨院の幹部から、「4年間にわたり受けてもらう教育システムが整った」というお話がありました。

 

さすが学び続けるお仕事の教育システムですね。

 

 

 

この研修システムで、特に力を入れていることはどんなことだと思いますか。

 

「社会人ビジネスマナー」

「人間力」

「接遇」

だそうです。

 

鍼灸整骨院も一般企業も、大事なことは同じなんですね。

 

 

 

これまで、クレームを愚痴だと解釈してしまうスタッフがいたり、患者さんからの声が共有されるシステムがなかったり。

 

 

 

患者さんにとってもスタッフにとっても、最高とはいえない環境からの脱却をめざして、技術以外の研修に力を入れるそうです。

 

 

 

 

そして、「リーダーシップ」。

 

リーダーシップとは、「気くばり」だとか。

 

リーダーは、現場のメンバーが最高の環境で働くことができるように、「気くばり」することが仕事だと話してくださいました。

 

 

ニーズの多様化で:、現場でお客様と接するスタッフのありかたが大事だと言われます。

 

最前線で活躍するスタッフの声を引き出すことがリーダーのお仕事なんですね。

 

 

もう命令型のリーダーはいらないって感じでしょうか。

スタッフの話を傾聴する。

それが今必要とされるリーダー像なんですね。

 

 

 

柔道整復師も鍼灸師も、患者さんとっては、治療チームのリーダーといえそうです。

 

 

本校の卒業生たちも、時代にマッチした研修で、患者さんに信頼される柔道整復師・鍼灸師に育っていくことでしょう。