秘技・コリオリ落とし!

テーマ:

  馬に乗ろうというときに、「落馬」のことはあまり考えたくないものだと思います。


  実際、「落ちたらどうしよう」などと考えてしまうと、必要以上に緊張して馬の動きを妨げたり、余計なプレッシャーを与えたりして、余計に馬の反抗やイレギュラーな動きを招いて、かえって落馬しやすくなったりすることもありますから、「.自分だけは大丈夫」と自らに言い聞かせて、なるべく考えないようにしている、という方も多いかもしれません。
 
  しかし、そもそも動物の背中に跨って遊ぼうという時点でかなりのリスクを背負っているわけですから、落馬すること自体は、むしろ当然起こりえることとして考えておくべきでしょう。
 
  
  ところが、乗馬に関する書籍やビデオなどの中に、落馬について詳しく述べられているものはほとんどありません。
 
 
  ということで、ここでは落馬のメカニズムと、落ちにくい乗り方について述べてみたいと思います。



  ・馬の必殺技
 
  落馬のパターンとしてよく見られるのが、騎手の身体が前のめりになると同時に、左右どちらかにバランスを崩し、落馬にいたるという落ち方です。
 
  馬が物見をしたりして急停止、急旋回したような場合によく起こるものですが、中には、わざとこれをやって人を落とすのが上手い、「達人」のような馬もいて、何か気に入らないことがあると、この必殺技を繰り出してきたりします。
 
  そういう馬が、人を落とそうとするときの手法としては、尻ばねしたかと思うと直後に頭を思い切り下げ、それと同時にクルっと急旋回して横を向き、騎手を振り落とす、というようなやり方が一般的です。
 
  お尻が跳ね上げられた所に、手綱をグン!と下に引っぱられて、上体が前のめりになる瞬間、クルっと回られると、騎手の身体はいとも簡単に横に放り出されてしまいます。
 
  上手な馬になると、それこそ柔術の達人の背負い投げのように、
「気がついた時には地面にいた」というくらい、鮮やかなものです。
 

 
  
・なぜ、落ちてしまうのか?
 
   それにしてもなぜ、こんなにいとも簡単に落とされてしまうのでしょうか?
 
  それは馬たちの使うこの「必殺技」が、力学的に非常に理に適ったものであるということと同時に、私たち人間が頭で考えても、そこに働く力の方向を予測することがなかなか難しいからだと考えられます。
 
 
・3次元の揺れ
 
  馬に乗ると、馬体が揺れるのを感じると思います。
 
  現代の私たちが馬に乗る目的は、まさにこの「揺れ」を味わうためだといっても良いでしょう。
 
 この揺れは、上下振動と、左右、前後方向への回転運動、水平面上の回転運動の組み合わせによってできている、と考えることができます。
 
 
{D8AF3F70-ED2E-4316-94AC-78161A433861:01}

①前後方向への縦の回転運動は、
「ピッチング・モーション」、
 
②左右方向への横揺れ運動を、
「ローリング・モーション」、
 
③水平面上で回転するような運動は、
「ヨーイング・モーション」、
 
と呼ばれます。
 
  馬の揺れは、これらのモーションが複合的に組み合わさって出来ているわけですが、このことと前述のような落馬が起こるしくみには、深い関係があります。
 
  複数の軸回転が組み合わせられることによって、騎手の予想もつかないような方向に力が働くからです。
 
 
・ジャイロモーメントと「コリオリの力」
 
   直進している自転車のハンドルをいきなり左に切ると、その瞬間、自転車は右に倒れようとします。
 
  前向きに回転(ビッチング)している車輪に、ハンドルを左に切る動き(ヨーイング)を加えると、そのいずれの回転軸とも垂直に交わるもう一つの回転軸を中心とした、右方向への回転(ローリングモーション)が発生するわけです。
 
  このときの、初めの回転と、あとから加わった回転、そして、その結果起こった回転との関係を人の右手で表すと、次のような感じになります。
 
{6BCF8093-8BC6-459C-A2A8-030C4E34DF3E:01}

 
図の③のように、①と②の掛け合わせによって結果的に起こる回転運動は「ジャイロモーメント」、そのようにして発生した、物体の運動に見かけ上のズレを引き起こすような力は、「コリオリ力」というように呼ばれます。
 
  
{BB076801-0FAC-49C5-BA23-3E3B9B5EDF1E}
 
 
  前述の落馬の場合で言うと、馬に頭を下げられることによって騎手が前のめりになる動きが「ピッチング」、馬が身体をクルっと向きを変える動きが「ヨーイング」、そしてそれによって、騎手の身体が横に振られて傾く動きが「ローリング」で、
 
そのとき騎手の身体を鞍から引き剥がし、横に放り出すように働く力が、「コリオリ力」ということです。
 
 
  コリオリ力の大きさは、それぞれの回転の速さ(角速度)によって決まります。
 
  つまり、馬の動きの加速度が大きく、回転半径が小さいほど、鮮やかに『技』が決まる、ということになります。
 
 
  このような、騎手が最も堪えにくく、指導者にとっても最も防ぐことが難しい、落馬のパターンを、『ジャイロ落馬』、
 
そして、これを生み出す、馬の「落としの究極奥義」を、『コリオリ落とし』と名付けたいと思います。
 
 
 
・落ちないためには?
 
『コリオリ落とし』によって「運転席から放り出される」ことを防ぐためには、ジャイロモーメントの発生をなるべく防ぐ、ということが有効だろうと考えられます。
 
  つまり、回転運動の掛け合わせによるジャイロモーメントがなるべく生まれないように、騎手の身体にピッチングやヨーイングといった「回る動き」が起こらないように意識して乗ることで、予想外の力に振り回されずに済むようになるのではないか、ということです。
 
 
  対策のまず一つは、騎手の身体のピッチングモーションを減らす工夫です。
 
  頭や上体、あるいは脚が振り子のように前後に揺れてしまわないないように、みぞおちや脇腹あたりを進行方向へ張り出すようなつもりで随伴し、なるべく上体を垂直に保つように意識することで、ピッチングモーションを少なくすることが出来るだろうと思います。
 
  ふいに馬が暴れたような場合でも、馬が頭を下げた時に上体が前に振られないように頑張って起こすだけで、その次にヨー軸回転されても耐えられる確率が上がるのではないかとと思います。
(指導者が、落ちそうな人に「体を起こして」「踵を下げて」などというのは、そういう意味でも理に適っていると言えます。)
 
 
 それから、騎手のヨーイング、すなわち、脊柱を軸にして左右に回転するような身体の使い方をなるべく避けるようにしてみる、というのも良いと思います。
 
    例えば、駈歩では、馬が後肢から前肢へと体重移動する時の加速度によって、騎手の上体には後ろへ倒される(いわば後ろ向きの回転)ような慣性力が発生します。
 
  同時に、外方から内方の肢へと荷重が移動することよって、騎手の身体には、外方側へ倒されるような慣性力が加わり、
 
これらのモーメントの組み合わせによって、騎手の身体には内向きに捻じれ (ヨーイング)させられるような力が働いているような可能性があります。
 
   駈歩しているとお尻が外方へズレて内側の鐙が外れたり、上体が捻じれて内方の手綱につかまってしまうようなバランスになりやすくなることがよくありますが、
それらは単に騎乗者のクセ、というようなことだけでなく、このような物理的な理由によるのだろうと考えられます。
 
 
  そこで、このとき、内方の鐙に荷重を載せると同時に、同側の脇腹を突き出すようにしてやると、重心の外方にズレとともに、上体の捻じれも防ぐことが出来るかもしれません。
 
 
 
 
  頭で考えるとなかなか複雑で、混乱してしまいそうなジャイロモーメントですが、これを感覚的に理解するために役立ちそうなのが、「ハンドスピナー」と呼ばれる玩具です。
 
  中心部分を指でつまんで持って回しながら、手首をひねったりして様々に角度を変化させてみることで、ジャイロモーメントを実感することが出来ます。
 
  ベアリングとオモリだけのシンプルな構造ですが、滑らかな回転と機能美が見ているだけでも心地良く、クセになる、ということで世界中にファンがいるようです。
 



 
 
 
  こうしたもので遊びながら、回転する物体に作用する力を身体の感覚で理解することで、慣性力を味方につけた、より安全で気持ちの良い騎乗が出来るようになるかもしれません。