馬術稽古研究会

馬術稽古研究会

従来の競技馬術にとらわれない、オルタナティブな乗馬の楽しみ方として、身体の動きそのものに着目した「馬術の稽古法」を研究しています。

ご意見ご要望、御質問など、コメント大歓迎です。

ご訪問ありがとうございます。
記事へのご意見ご質問などのコメント、メッセージ大歓迎です。


amebaの検閲によって送れないような内容の場合は、

お手数ですが、Facebookの「馬術稽古研究会」ページよりご連絡頂ければと思います。


{504A1023-785F-4C8A-96B4-F2C475955BAE}


   競馬の中継などで、ジョッキー達がいとも簡単そうに、鐙に立って腰を高く浮かせた「モンキー姿勢」で馬を操っている姿を見たことがあるのではないかと思いますが、

実際に馬に乗ったことのある方なら、
動いている馬の上で鐙に立ってバランスを保つことがいかに難しいかということは、
よくご存知だと思います。

   初心者の方では、止まっている馬の上で鞍からからお尻を浮かせるだけでも、足が前に行ってしまったりしてすぐに尻餅をついてしまったりするものです。



・足先の踏ん張りは「ブレーキ」
  
  鞍に座った姿勢から「鐙に立とう」と思うと、太腿や脹脛(ふくらはぎ)の筋肉に力を入れて、鐙を強く蹴ることで立ち上がろうとしがちですが、

  そうやって膝や足首を伸ばして足先で床を押すような動きというのは、
例えば電車やバスなどに乗っているときに慣性力で前に倒れそうになるのを爪先で踏ん張って堪えるのと同じような感じで、

重心が前に移動するのを止める「ブレーキ」として働きます。

   逆に、後ろに倒れそうになった時には、膝を曲げて腰を落としたり、爪先を浮かせて踵で踏ん張ったりすることでバランスを保とうとするのではないかと思いますが、

これも、足首や膝、股関節を連動させて瞬時に折り曲げる(抜く)ことで足裏にかかる荷重を減らす(浮きをかける)と同時に、足先を浮かせて踵を支点にすることによって、
支持基底面を体重心よりも相対的に後ろにオフセットすることで体軸を前傾気味にしてやることで、
後ろへ引っ張られるような慣性力との釣り合いをとっているわけです。



・指の握りと手首の関係

   手の指を握って「グー」の形にしようとすると、自然に手首が少し反った感じ(背屈)の形になるのではないかと思います。

それと同じように、足も、趾(ゆび)を握り込むように丸く折り曲げようとすると、自然に足首が少し屈曲します。


  これによって、例えば歩き出す前に、足趾で地面を掴むような感じで構えるようにしてみると、

自然に足首が少し屈曲して脛が前傾することで、重心がやや前寄りになり、前方向への運動を起こしやすいバランスを実現することが出来ます。




  この原理を応用して、乗馬で鐙に立とうとする時にも、足の指で鐙を「掴む」ようなつもりで足趾を曲げ、足裏でアーチを作るようにして構えてから行うようにしてみると、

腰を前に送りながら膝立ちになるような動きがスムーズに出やすくなって、
鐙を蹴ろうとして足が前に振れてしまったり、踵が浮き上がり過ぎたというような「クセ」も改善出来るかもしれません。


  手と比べると、足の指の動きというのはなかなか意識されにくい分、
実は様々な反射反応による自動的な働きに繋がっていたりするようです。

  たまには、自分の足がどのように動いているのか客観的に検証してみるのも、面白いのではないかと思います。