今に残るお城を見て

テーマ:
この何日かで、100名城のお城を追いかけました。
長野の上田城、松代城、小諸城、千葉の佐倉城です。
どの城も天守閣がない城跡です。
城門や櫓から当時に思いをはせることになります。

建築屋の僕からすると、
江戸時代の建物が残る小諸城や上田城には、歴史の重みや深みを感じ、つい細かいところまで目が行ってしまいます。

小諸城 三之門(重要文化財)

上田城 西櫓(長野県宝)

一方、復元された建物からは江戸当時の雰囲気を今に感じることができます。
当時のようすや生活を想像して、わくわくしたりします。
CG(コンピュータグラフィック)や図面からの想像とはリアル感がまったく違うものです。
松代城や上田城の城門などです。

松代城 

上田城

復元には建設コストはかかりますが、
城下町の中心施設を今に伝えるものになります。
また、その街の誇りとなる建物では、とも思います。

各地のお城の復元が進むと楽しいだろうな、
一連の建物をみて思ったことです。