Z会の首都圏における個別指導教室「Z会東大個別指導教室プレアデス」では、現役東大生講師が日々、中高生を指導している。東大生講師には、受験期の指導で気を付けているポイントがあるという。

 「受験生」と「講師」両方の立場を経験しているプレアデスの東大生講師は、直前期の受験生への指導で気を付けているポイントとして、「焦りを助長しない」「よい聞き手になる」「計画・意思を確認する」の3点をあげる。
 

焦りを助長しない



 受験期は、受験生本人が焦っているケースが多いため、問題集の進み具合など受験勉強がはかどっていなくても、受験生本人が危機感を持っているようすであれば、周りは焦りを一切顔に出さず、口でも直接的に言わず、焦りを助長しないことが大事だという。
 

よい聞き手になる



 受験生が愚痴や不安を話してくる際には、不安な気持ちやつらい気持ちをまるごと受け止めること、そして聞き手が受け止めていることを受験生にもわかってもらうことが重要だという。受験直前期は、学校の友達も仲間ではなくライバルに見えてきてしまい、今までは友達に話せていた不安ももう友達には言いづらい、と感じる受験生も少なくない。「そうなんだね」と相槌を打つ以外にはあまり口を挟まずに聞くと、受験生も少しは不安が軽くなるという。
 

計画・意思を確認すること



 東大生講師によると、東大生講師は学習計画の修正から志望校の変更まで、どんなことでもその都度受験生と確認することを心がけている。学校の授業がなくなる分、塾や家庭の存在は増すので、「十分に気を遣いつつ、気を遣っているように見せない」ことが大切だとしている。

 なお、Z会は、高校生や大学受験生を対象に、東大講師との「特別体験授業」と「戦略面談」を随時実施している。どちらも無料で受けられる。詳細はWebサイトで確認できる。
 
 
みなさんお久しぶりになります。(。・ω・)ノ゙
 
受験生の中には北へ南へ西へ東へと受験のために飛び回っているなんて方もいると思います。
もう合格通知をもらい家でのんびりオリンピック観戦なんてかたもいるんでしょうねwww
 
しかし、まだまだこれからが本番っていう受験生がたくさんいるんですよね。
そう!あと10日後に控えている国公立の前期入試がはじまるんです!
 
 
そんな受験生を抱えているご家庭ではどのように接しているのでしょか?・・・
まぁーそんなに気を遣わないんでしょうけどねσ(^_^;)
 
でも、期待が大きすぎて心配のあまりいろいろ言ってうっとうしがられるとか、さらには言い合いになってしまったりとか、お互い精神的に不安定になっていますので対応が難しいですよね。
 
今回の記事ですけど家庭内では計画などは見直しや確認はできませんけど、良い聞き手になるのはとても大切なことではないかなと思います。
 
私も受験生には必要以上に声をかけることはしませんが、聞き手に徹するようにしています。
いまだにふわふわしている受験生もいますが、みんないい顔つきになってきています。後悔のない時間を過ごしてほしいものです。
 
 
 
よね(o^-')b
AD

センターリサーチはじまる。

テーマ:

センター試験が終わり志望大学への合格判定が気になっていると思います。大手予備校でおこなっているセンターリサーチを上手くに活用してください。

ちなみに東海三県の大学を志望しているのであれば圧倒的にKei-Netがいいと思います。利用数も多いことから予想しやすいと思います。

駿台、代ゼミなどリサーチは高偏差の大学を志望している受験生の利用頻度が高いため辛口の判定になりやすいです。リサーチよって大学の判定結果に違いが出てきますので注意してください。

センターリサーチはこちらから→河合塾 Kei-Net

               駿台・ベネッセ データネット



難関大学、医学部専門予備校【ビクセス予備校】

電話番号052-222-7339

住所名古屋市中区丸の内1-15-1

http://jeforum.jp/


via ビクセス予備校
Your own website,
Ameba Ownd
AD

2018年度(平成30年度)の大学入試センター試験が終了し、いよいよ1月22日から二次試験(個別試験)の出願受付がスタートする。全国の国公立大学の中でも特に人気の高い大学の医学部二次試験(前期)について、入試日程や募集定員などについてまとめた。入試日程のほか、2018年度のセンター試験ボーダーライン(得点率)や、二次試験の配点なども記す。
 

2018年度 国公立大学医学部入試情報(前期)



 国公立大学の二次試験の出願期間は、2018年1月22日(月)から1月31日(水)まで。医学部の前期試験は2月25日から27日の期間に実施される(大学により異なる)。二段階選抜とは、センター試験の成績を用い、二次試験の受験者を事前に選抜したうえで二次試験を実施する制度のこと(いわゆる「足切り」)。
 

おもな大学の入試日程

◆東京大学(理III)(二次試験:2/25~2/27、二段階選抜:志願者数が募集人員の約4倍を超えた場合に実施、合格発表:3/10、募集人員:97名)
◆京都大(二次試験:2/25~2/27、二段階選抜:センター試験の成績が900点満点中630点以上の者で募集人員の約3倍までの者が第一段階選抜の合格者となる、合格発表:3/10、募集人員:102名)
◆大阪大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:センター試験の成績が900点満点中720点以上の者で募集人員の約2.6倍までの者が第一段階選抜の合格者となる、合格発表:3/9、募集人員:100名)
◆神戸大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:志願者数にかかわらず、センター試験の成績が900点満点中650点以上の者が第一段階選抜の合格者となる、合格発表:3/9、募集人員:92名)
◆東京医科歯科大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:志願者数が募集人員の約4倍を超えた場合に実施、合格発表:3/9、募集人員:82名)
◆名古屋大(二次試験:2/25~2/27、二段階選抜:志願者数が募集人員の約3.5倍を超えた場合に実施、合格発表:3/8、募集人員:90名)
◆滋賀医科大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:志願者数が募集人員の約7倍を超えた場合に実施することがある、合格発表:3/8、募集人員:75名※研究医枠2名を含む)
◆千葉大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:志願者数が募集人員の3倍を超えた場合に実施、合格発表:3/8、募集人員:92名)
◆東北大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:志願者数が募集人員の約3倍を超えた場合に実施、合格発表:3/9、募集人員:105名)
◆北海道大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:志願者数が募集人員の3.5倍を超えた場合に実施、合格発表:3/7、募集人員:97名)
◆愛媛大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:志願者数が募集人員の約6倍を超えた場合に実施、合格発表:3/7、募集人員:40名)
●大阪市立大(二次試験:2/25~2/26、センター試験の成績が900点満点中650点以上の者が第一段階選抜の合格者となる、合格発表:3/9、募集人員:95名※一般枠80名、地域医療枠10名、大阪府指定医療枠5名)
◆岡山大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:志願者数が募集人員の約4倍を超えた場合に実施、合格発表:3/7、募集人員:98名)
◆金沢大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:志願者数が募集人員の約3.5倍を超えた場合に実施することがある、合格発表:3/7、募集人員:84名)
◆九州大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:志願者数が募集人員の約4倍を超えた場合に実施、合格発表:3/8、募集人員:111名)
●京都府立医科大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:志願者数が募集人員の4倍を超えた場合に実施、合格発表:3/9、募集人員:100名)
◆熊本大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:志願者数が募集人員の約4倍を超えた場合に実施することがある、合格発表:3/9、募集人員:90名)
◆島根大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:志願者数が募集人員の約8倍を超えた場合に実施、合格発表:3/8、募集人員:62名※県内定着枠7名を含む)
◆筑波大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:志願者数が募集人員の約5倍を超えた場合に実施、合格発表:3/7、募集人員:77名※一般枠63名、地域枠14名うち全国対象10名茨城県対象4名)
◆広島大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:志願者数が募集人員の8倍を超えた場合に実施することがある、合格発表:3/8、募集人員:75名)
●横浜市立大(二次試験:2/25~2/26、二段階選抜:志願者数が募集人員の約3倍を超えた場合に実施、合格発表:3/9、募集人員:85名※一般枠60名、地域医療枠20名、神奈川県指定診療科枠5名)
 

センター試験 ボーダーライン・合格可能性判定基準

 各予備校は2018年度大学入試センター試験終了後、合格可能性判定基準情報を更新した。1月17日時点で掲載されている最新の2018年度(平成30年度)合格可能性判定基準情報とあわせ、過去2年度分のデータも掲載する。数値はそれぞれ、2018年1月17日に発表された河合塾「Kei-net」のボーダーライン(合格可能性50%に相当するセンター試験の得点率)と、ベネッセ・駿台の「データネット2018」によるB判定得点率(合格可能性60%に相当するセンター試験の得点率)を参照する。

東京大(理III)(駿台:28年度 94%、29年度 93%、30年度 94.4%/河合塾:28年度 94%、29年度 94%、30年度 95%)
京都大(駿台:28年度 94%、29年度 93%、30年度 92.8%/河合塾:28年度 91%、29年度 91%、30年度 91%)
大阪大(駿台:28年度 92%、29年度 92%、30年度 92.0%/河合塾:28年度 91%、29年度 90%、30年度 91%)
神戸大(駿台:28年度 92%、29年度 90%、30年度 90.3%/河合塾:28年度 90%、29年度 90%、30年度 90%)
東京医科歯科大(駿台:28年度 90.0%、29年度 92%、30年度 91.7%/河合塾:28年度 91%、29年度 91%、30年度 91%)
名古屋大(駿台:28年度 91%、29年度 89%、30年度 89.4%/河合塾:28年度 90%、29年度 89%、30年度 89%)

滋賀医科大(駿台:28年度 88%、29年度 88%、30年度 87.5%/河合塾:28年度 86%、29年度 86%、30年度 86%)
千葉大(駿台:28年度 90%、29年度 90%、30年度 90.0%/河合塾:28年度 89%、29年度 89%、30年度 89%)
東北大(駿台:28年度 90%、29年度 90%、30年度 91.2%/河合塾:28年度 87%、29年度 88%、30年度 88%)
北海道大(駿台:28年度 88%、29年度 88%、30年度 88.3%/河合塾:28年度 89%、29年度 89%、30年度 88%)
愛媛大(駿台:28年度 87%、29年度 86%、30年度 86.4%/河合塾:28年度 86%、29年度 84%、30年度 84%)

大阪市立大(駿台:28年度 90%、29年度 90%、30年度 90.0%/河合塾:28年度 89%、29年度 89%、30年度 89%)
岡山大(駿台:28年度 89%、29年度 89%、30年度 88.3%/河合塾:28年度 89%、29年度 88%、30年度 88%)
金沢大(駿台:28年度 88%、29年度 89%、30年度 87.8%/河合塾:28年度 87%、29年度 86%、30年度 87%)
九州大(駿台:28年度 90%、29年度 90%、30年度 90.0%/河合塾:28年度 88%、29年度 88%、30年度 87%)
京都府立医科大(駿台:28年度 89%、29年度 90%、30年度 90.0%/河合塾:28年度 89%、29年度 87%、30年度 88%)

熊本大(駿台:28年度 89%、29年度 89%、30年度 88.8%/河合塾:28年度 86%、29年度 85%、30年度 85%)
島根大(駿台:28年度 87%、29年度 86%、30年度 86.4%/河合塾:28年度 86%、29年度 85%、30年度 85%)
筑波大(駿台:28年度 90%、29年度 90%、30年度 90.0%/河合塾:28年度 88%、29年度 88%、30年度 88%)
広島大(駿台:28年度 88%、29年度 88%、30年度 87.8%/河合塾:28年度 88%、29年度 88%、30年度 87%)
横浜市立大(駿台:28年度 89%、29年度 89%、30年度 89.0%/河合塾:28年度 89%、29年度 89%、30年度 89%)
 

二次試験配点

 前期日程の二次試験科目と配点についてまとめる。なお、面接および小論文の点数部分を「-」と表示している大学は、試験は実施されるが、点数化はされないことを表す。

東京大(理III)(面接 -、国語 80、数学 120、理科 120、外国語 120、合計 440) ※センター試験(1次)対二次試験の配点比率は1対4で、センター試験の総得点900点を110点に換算し、計550点となる
京都大(面接 -、国語 150、数学 250、理科 300、外国語 300、合計 1,000)
大阪大(面接 -、数学 200、理科 200、外国語 200、合計 600)
神戸大(面接 -、数学 150、理科 150、外国語 150、合計 450)
東京医科歯科大(面接 -、数学 120、理科 120、外国語 120、合計 360)

名古屋(面接 -、国語 150、数学 500、理科 500、外国語 500、合計 1,650)
滋賀医科大(面接 -、数学 200、理科 200、外国語 200、合計 600)
千葉大(面接 100、数学 300、理科 300、外国語 300、合計 1,000)
東北大(面接 200、数学 250、理科 250、外国語 250、合計 950)
北海道大(面接 75、数学 150、理科 150、外国語 150、合計 525)

愛媛大(面接 100、数学 200、理科 200、外国語 200、合計 700)
大阪市立(面接 -、数学 300、理科 300、外国語 200、合計 800)
岡山大(面接 -、数学 400、理科 400、外国語 400、合計 1,200)
金沢大(面接 100、数学 200、理科 200、外国語 200、合計 700)
九州大(数学 250、理科 250、外国語 200、合計 700)

京都府立医科大(面接 -、数学 200、理科 200、外国語 200、合計 600)
熊本大(面接 200、数学 200、理科 200、外国語 200、合計 800)
島根大(面接 60、数学 200、外国語 200、合計 460)
筑波大(面接 200、数学 300、理科 300、外国語 300、合計 1,100)
広島大(A配点・理科重視型:面接 -、数学 300、理科 1,200、外国語 300、合計 1,800/B配点・一般型:面接 -、数学 600、理科 600、外国語 600、合計 1,800)※A配点で募集人員の1/2の合格者が決定され、次にB配点で残り1/2の合格者が決定される。なお、A配点・B配点を受験生があらかじめ選択することはできない
横浜市立大(面接 -、小論 -、数学 400、理科 400、外国語 400、合計 1,200)
 

国公立大医学部ランキング(前期)

 河合塾のKei-Netが掲載している「2018年度難易予想ランキング表(国公立大)」を参考に、1月17日時点で掲載されている各大学医学部の難易度予想ランキングを紹介する。大学名はセンター得点率順に示す。

(前期)
95 東京大(理III)
91 東京医科歯科大、京都大、大阪大
90 神戸大
89 千葉大、横浜市立大(一般枠・地域医療枠)、名古屋大、大阪市立大(一般枠・地域医療枠・大阪府指定医療枠)
88 北海道大、東北大、筑波大(地域枠/全国・地域枠/茨城)、新潟大、名古屋市立大、京都府立医科大、岡山大
87 金沢大、岐阜大、三重大(一般枠)、奈良県立医科大、広島大、徳島大、九州大
86 札幌医科大(一般枠・北海道医療枠)、山形大、群馬大(一般枠・地域医療枠)、浜松医科大、滋賀医科大、和歌山県立医科大(一般枠・県民医療枠)、鳥取大(一般枠・地域枠)、香川大(一般枠・地域医療推進枠)
85 旭川医科大、秋田大、山形大(地域枠)、福島県立医科大(一般枠)、信州大、富山大、福井大、三重大(三重県地域医療枠)、島根大(一般枠・県内定着枠)、高知大(一般枠・地域枠)、長崎大、熊本大、鹿児島大

 

 

 

センターリサーチの結果で一喜一憂する間もなく受験生はその結果をもとに戦略を考えていると思います。

とにかく当初の志望を変えずにダメでも来年再チャレンジするくらいの意気込みで志望大学にこだわり挑戦する受験生もいれば、どの大学なら合格できるのかリサーチ結果から志望大学を検討している受験生もいると思います。

そんな中やはり医学部は最難関学部だけあってセンターボーダーラインが90%越えはあたりまえですが各大学の出願状況により年度によって1~2%くらい前後していますのでみんなの動向が気になるところです。

場合によっては出願先で合否を左右する場合もありますので受験生の皆さん、後悔のないようしっかり考え決めてください。

 

ちなみに私どもビクセスでも毎日のように生徒から進路相談の依頼を受けます。

相談者によっては、「 だ・か・ら、あれだけ勉強しておけっ」って言ったのに・・・と心の中で叫びたくなる受験生が肩を落としうつむき加減で来ます。でも、今できることをその生徒にしてあげたい一心でとにかく希望に沿った大学を一緒に考え戦略を立てていますあせるあせるあせる

 

泣いても笑っても日に日に試験日は迫ってきますので、

 

『 明日やろうはバカ野郎! 』(←私の好きな名言)

の精神でがんばってほしいものです。

 

ではm(_ _ )m

AD