日々是成長! 縄文日誌

日々是成長! 縄文日誌

          

 


               

 

2021年明けましたね💕

本年もよろしくお願い致します。

 

さてはて、

本日、縄文農法を実践する行政のハマ・ハマオ氏より、

1月5日に行った味土野の雪かき風景の便りが届きました。

 

って、

そんな生半可やなく、

写真は一見にしかず!

 

豪雪地帯ゆえに一度、廃村した理由がよくわかる

写真をご覧あれ!

 

ガラシャ荘 雪かき前

ガラシャ荘 雪かき前

 

話には聞いていたけど、

ここまで積雪するやなんて

想像もしてなんだアセアセ

 

ガラシャ荘に入られんやんかいさびっくりアセアセ

 

ガラシャ荘 雪かき後

 

ガラシャ荘 雪かき後

 

ハマ・ハマオ氏より

ガラシャ荘の雪かきは

屋根から落ちてきた雪を

人で若干取り除く程度で終始しました。

雪が重いのでとても疲れました。


大益氏とハマ・ハマオ氏。

ふたりとも70歳以上のご老体(キャ!)だけに、

十分であります!

よくやったと感心するばかり。

キラキラキラキラキラキラ

 

そしてこちらは、

山の上にポツンと一軒家の

大益氏の自宅の模様。

 

大益氏宅前

 

大益氏宅前で雪かきする大益氏

 

ハマ・ハマオ氏より

大益家も屋根から落ちてきた雪で家の周囲が雪で埋まり、

家の中は真っ暗です。

大変ですが雪を取り除かないと生活できません。

月7日から再び大雪になる予報が出ているので、心配です。


ナヌ!!

ふたたび1月7日に大雪かいなポーン

 

パワーッ!!!!!!

 

一日も早く春が訪れることを祈るばかりハート

晴天に恵まれた11/21-22。

今年最後の農作業をするために、

『味土野けんこう農房』を再訪。

 

バーバラ

↑味土野へ向かう車中で撮影。はじめての動画アップだけど、

なぜか音が出ない💦

 

 

 

 

 

 

今回のミッションは、

前回(10/31-11/1)、収穫&乾燥させた

丹波黒のタネ取りと蕎麦の実の脱穀。

観ると、エエ塩梅に乾燥しておます!

 

ということで、

丹波黒チームと蕎麦チームの二手に分かれて、

ミッションスタート。

 

 

蕎麦脱穀風景

↑はじめての動画アップ。なぜか音が出ない💦

 

 

 

 

 

 

 

 

午後13時からのランチタイム前に、

蕎麦チームによる脱穀は終了!

 

丹波黒のタネ取りも無事に終了なり!!

 

ちなみに、私は午前7時だけど、

メンバーの中には、

午前4時過ぎに自宅を出発したツワモノもいる!

みんな腹ペコなうえ、

味土野コンビの大益氏とハマ・ハマオ氏なんてさ、

腹が空き過ぎてプチ口論なんだもの!

 

ちゅーことで、急いでランチタイムへ突入。

 

本日のランチメニューは、

ルリちゃんのリクエストで焼きそば。

そして、無農薬農家さんが栽培した

人生初のマコモダケの天ぷら!

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のミッションがほぼ終了したので、

ランチ後は

目下リフォーム中の勇じいちゃん家の雪囲いの設置をすることに。

(男性のみ)

 

女性陣は丹波黒のタネ取りの続きニヤリ

 

 

午後5時前、ここでヒロ・ルリとはお別れ。

ちなみにヒロ・ルリコンビは毎週、味土野へ出向き、

勇じいちゃん家をリフォームしているなり!

 

なんでも旦那のヒロ君が最近、DIYにどハマり中だったところ、

「だったら、味土野の空家のリフォームなんてどや?」と、

野間・味土野の行政であるハマ・ハマオ氏にスカウトされ、

目下、ヒロ・ルリをメインに勇じいちゃん家をリフォームすることになったのだ。

 

常日頃から、やりたいことを口に出して話すって、

夢実現への近道かもしれないぜ!!

 

ちゅーことで、

ヒロ・ルリコンビ、今年もありがとうだし、

来年も縄文農法をよろしくだぜ!

 

ヒロ・ルリコンビを見送ったあとは、

順番に風呂に入り、夕食準備と相成りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラマンの久保君が、

私の大好物の日本酒『香住鶴』を差し入れてくれた💗

(訪れた店にあれば必ず頼む)

 

夕飯の鍋と刺身と一緒に堪能しようと楽しみにしていたのに、

大益氏をはじめ(あたいも💦)、

あまりの旨さに刺身とともに消え去ったポーン

(飲み干した)💦

しゃーないやっちゃなぁ。えっ?!

 

ちゅーことで、

交代で風呂に入り(酒を飲んだら風呂は危険よ!)

エエ塩梅に酒が五臓六腑に染み渡ったところで、

宴会スタートウインク

 

 

 

 

 

女性陣は11時頃に気絶同然に床に入り、

男性陣は午前様で語り合っていた💦

(トイレに行く時にそれを知ったぜ。元気なのかアホなのかてへぺろ

 

本日も晴天なり!

なにを置いても、まずは腹ごしらえグラサン

 

 

 

 

朝食後、すでに今回のミッションを終えた我ら!

農作業がないうえに、

思いのほか丹波黒のタネが完璧に乾燥していたので

急遽、丹波黒のタネを数えることに。

 

男性陣は昨日の続き、

勇じいちゃん家のリフォームの続きさ!

 

 

 

 

 

 

 

クローバークローバークローバークローバークローバー

今回は、初日にミッションが達成できたうえ、

ほぼノー農作業チュー

両日日とも天候に恵まれて、

呑んで、食って、語って、笑って楽しかったぁラブ

 

思えば、5年続いた丹波市の農房を急遽、

持ち主から返してほしいと懇願されて、

否応なく2020年4月から京丹後市味土野へと引っ越し。

 

初めての土地だし、

さらに遠方になるし、

最初はどうなることか不安になったけど、

頭で考えても仕方ないえーん

 

目の前にあること、できることをやり、

駆け抜けた2020年だったけど、

丹波以上に丹波黒は太鼓判の出来で

むしろ農房を引っ越してよかったと、

今は思える!

 

今年もありがとうございました。

来年は丹波黒の株数を増やし、

赤米の陸稲栽培にチャレンジする予定だグラサン

 

さて、どうなることやら乞うご期待?!

2021年、縄文農法は4月からスタートします口笛ラブおねがい

 

巷でハロウィン&収穫祭だった10/31、11/1。

当法人も丹波黒枝豆と蕎麦を収穫&収穫祭をするために、

京丹後市にある味土野けんこう農房を再訪!

 

本日は収穫のみならず、

当法人の会員様と株数が少なくて一般販売は取りやめたけど、

例年、購入して下さるお客さまのみ販売することになり、

梱包&配送作業が待っている。

 

しかも、午前5時起きしても味土野に着くのは午前10時前後。

そして、ヤマトの集配が来るのは午後12時前後ということで、

怒涛の如く、総勢16名で収穫スタート!

 

 

 

 

 

総勢16名での作業とはいえ、

梱包までの作業は意外と時間がかかるのだ。

 

たった2時間足らず。

集配の時間に間に合うか否か、

ハラハラ&ドキドキしつつも、

間に合わなければ、待ってもらうしかない!

 

やることはやって、

あとはどうにでもなれ! 

ってな気持ちで宇宙にお任せしたあとは、

黙々と作業を続ける。

 

で、収穫&剪定&計量&梱包作業を無事終えた頃、

ヤマトの集配が来たのは午後12時30分過ぎ。

 

この絶妙なタイミングに感謝しかなかったぜ!

集配が無事終わり、

ホンマはここで

丹波黒尽くしの収穫祭!

となるところだけど、

この時期、日が落ちるのが早い!

しかも、味土野の秋は寒い。

 

ということで、

腹は減っても、

収穫祭りは後回しにして、

まずは、来年のタネ用(自家採取)に

丹波黒を干し、

蕎麦を刈って乾燥作業を優先💦

 

 

ようやく、

丹波黒と蕎麦の乾燥作業が終わったのが

PM3:50!

ほぼ夕飯に近い時間から

丹波黒尽くしの収穫祭と相成りました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

 

 

 

 

そして、宴会!

宴会メニューは『四川風 鶏火鍋』だったけど、

なにせ収穫祭がスタートしたのがPM4時前。

 

お腹の塩梅的には大満足してしまったため、

宴会は乾きものと大好物の酒でスタート!

 

 

 

 

盛り上がる中、

ひとり、またひとり眠りに就く……。

 

晴れ翌朝晴れ

本日も晴天なり!

 

 

 

 

 

朝食のあとは、

丹波黒と蕎麦の農房に建てた柵を外す作業を行なう。

 

せっかく建てた柵を外すってか?!

私も最初はゲーッてな気分になったけど、

雪深い味土野では恒例のことらしい。

 

雪で柵の根元がボキッと折れてしまうからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柵の取り外し作業が完了したあとは、

今回、お初で味土野を訪れた

会員の窪君をガラシャの碑までご案内。

 

 

 

今回、10/23~11/17まで、

ガラシャ荘にて展示会が開催されるため、

10時~16時まではお客様以外、

荘内に入られないこともあり、

かなりドタバタだったけど、

天候にも恵まれ、

無事、ミッションを達成できたことに感謝ラブラブ

 

丹波黒枝豆は、

丹波で栽培していた頃よりも

栗のようなホクホク食感とカボチャのような

甘味が絶妙で太鼓判の出来キラキラ

 

味土野の土壌の影響なのか、

ホンマに旨かったピンクハート

 

来年は、

株数を増やして一般販売できるよう

前進あるのみ流れ星

 

次回、今期最後の農作業は、

黒枝豆のサヤ出しと、

蕎麦の脱穀予定なり。

乞うご期待?!

 

~おまけ~

 

 
 
 
 
 

 

味土野を再訪した9/26・27日。

村民放送で大雨警報が発表されたポーン

 

 

降りしきる雨の中、

味土野到着後に

真っ先に目に飛び込んできたのが、

はい、ド~ン!

蕎麦畑。

 

タネを降ろし、たった1ヵ月足らずで、

畑満開に可憐な蕎麦の花が咲いていたから。

 

ちなみに、

蕎麦の花を観たのは初めて🌸

なんて可憐でキュートなんだろうおねがい

 

 

そして、成長がとにかく早い!

半端ない成長率!!

 

蕎麦が2ヵ月で収穫できることを

身をもって実感した瞬間だった。

 

クローバークローバークローバークローバークローバークローバー

 

さて、今回のミッションは、

元、田んぼだった休田地を20年ぶりに整備し、

ワサビ園を作ること!

(行政側が作りたいのだそうだ)

 

でもその前に、

肝心の丹波黒はというと、

丹波を凌駕するほどに鈴なりで、

最高の塩梅!

これから収穫日までの約1ヵ月のあいだに、

さらにプックリと大きくなるから、

今から待ち遠しい。

 

なにせ、

昨年、おととしと獣害に遭い、

丹波黒を収穫できなかったのだ。

 

3年ぶりとなる今年は、

無事に収穫したいものだドキドキ

ということで、

到着後、作業着に変身した一行は、

作業をするために、わさび園を目指した。

 

 

どや!

元、田んぼらしいが、

なにひとつ、その形跡がないやんかいさ!!

 

ってか、

荒れ果てた畑にしか見えんっ。

これを元の田んぼに戻せって、

アンタそりゃ、殺生な話やでぇ……・。

 

降りしきる雨の中、

心の中でソウ独りごち、

一旦、マイナス感情を宇宙へ飛ばす🚀

 

気持ちが落ち着いたところで、

ほな、やりまっせ!

 

 

畑作業しか知らないアタクシ。

田んぼ体験は皆無だから

ナメていた!

 

元、田んぼに足を入れると、

ズブズブとゆっくり足が沈んでいく。

 

面白い!

なんだか懐かしい感触がする。

だが、ヌカルミを楽しめたのも束の間。

 

一旦、ヌカルミにハマると、

土中に長靴を取られて這い出せない。

これがものすごく体力を奪うのだ!

 

しかも、

20年ものあいだ、

田んぼの底に自生していた水雑草。

これを取り除く作業が半端ないっ!

 

しかも、根深いだけでなく、

水圧と泥、そして水分を含むから、

男手でもなかなかの力仕事。

(ひと塊の水雑草の重さは約15㎏ぐらい)

 

さらに、水が引かれた土壌にしゃがめないから、

作業中は中腰スタイルだから腰が痛い!

 

雨も強まり、

そんなこんなで2時間以上、奮闘していると

ボチボチお腹が空いてきた。

それに、エネルギーもやる気もとうに失せた。

時計を見ると、13時を過ぎ。

 

腹が減っては戦と言う名の農作業はデキヌ!

ちゅーことで、

待ちに待った腹ごしらえタイムと相成りました。

 

本日のメニューは豚丼。

 

じつはこれまで、お昼は各自持ち込みだったけど、

前回から、ガラシャ荘でパパッと作り、

同じ釜の飯をメンバー一同で味わおうじゃないか! 

となったのだ。

(ちなみにソーメン)

 

じつはアタクシ、

豚丼作りがあるので致し方なく(ラッキーなことに)、

ワサビ園整備を30分ほど遅れて着手したのだ。

ムフフフフグラサン

 

 

腹ごしらえを終えた一行は、

ワサビ園整備再開の前に、

ちょこっと寄り道することに相成った。

 

 

まだ不確定なんだけど、

いづれはNPOの拠点というか、

農作業後にくつろげる基地が欲しいよね。

ってメンバーと話していて。

 

ならば、

勇おじいさん宅が現在、空き家だから

内覧会してみる?

ってな展開になり、

昼からの農作業の準備運動を兼ねて

見学させてもらったのだ。

 

ちなみに、

ワサビ園の持ち主も

勇おじいちゃんのモノ。

 

 

えっ?!

空き家バツレッド

廃墟丸レッド

 

 

 

リフォームするにも資金は要る。

しかし、老朽化している分、

リフォームし甲斐もある。

 

今後、どうなるかは、

またのお楽しみということで。

 

勇おじいちゃんの空き家(廃墟)をあとにした一行は、

イザ、ワサビ園の整備を再開した。

 

 

 

 

 

本日の作業を終えた一行は、

順番にお風呂に入り、

宴会に向けてのんびり過ごす。

 

雨に打たれ、

汗まみれで全身濡れた冷たい身体。

熱~い湯船に浸かるお風呂タイムは

至福の時間であるラブ

たまらんのぉ~。

 

 

 

 

 

畑作業とは違い、

全身運動となる田んぼ作業で
いやはや、ホンマに疲れたし、
全身が筋肉痛状態!
 
その分、酒が旨い!
酒を美味しく堪能するために、
作業も頑張れるってなもんだ!
あ~っ、五臓六腑に染みわたるぅ🍶
えっポーン
 
 
朝早いもこともあり、気づいたら朝を迎えていた。
 
 
 
ぐっすり寝ていたから気づかなかったけど、
本日も朝から土砂降り!
この雨の中を農作業やなんて無茶ブリ!
 
午前8時過ぎ、
一服を終え、イザ作業開始! となったのだが、
ワサビ園へと続く道の雑草が邪魔をして、
水が側溝ではなく道路へ流れているのを確認。
 
危ないので、
一旦、プチマサオ(草刈り)をしたあと、
ワサビ園へと向かった。
 
 
 
持ち帰ったクレソンとセリは、
バーバラ自宅農房で水耕栽培中よ。
 
ハートハートハートハートハートハート
では、今回の成果をダイジェストでご覧ください。
 
なんということでしょう!
ギャランドゥだったススキが除去されたことで、
視界が広がり、はす向かいにガラシャ荘が臨めるように!
 
そして、畑と思われていたこのジャングル地帯。
20年ぶりに田んぼがお目見えしました~イエローハート
その表面は、まるで鏡面仕上げしたかのように
美しく光を反射し、イキイキと輝いておりますぅルンルン
 
自画自賛タイム、終了~アセアセ
 
 
星星星星星星
ワサビ園の整備が終わると同時に雨が止み、
(えっ、今頃?)
 
帰る前に、
来月収穫する丹波黒の様子を観に行くことに。
 
 
 
昨日も確認したけど、
サヤは鈴なりで太鼓判の出来栄え!
 
来月の収穫を待つだけなので、
気持ちマサオ(草刈り)をして、
味土野を後にしました。
 
グリーンハートグリーンハートグリーンハートグリーンハートグリーンハート
さて、今期の丹波黒枝豆の販売ですが、
見送ることになりました。
 
鈴なりで太鼓判の出来ですし、
皆さまにもご賞味頂きたいほど
最高の出来なのですが、
何分、株数が足らず、
来年の自家採種タネを残せないため、
止む終えずの決断です。
 
代わりに、
来月10/24・25日(または10/31・11/1)に
収穫を行い、(収穫日は現在調整中)
参加者のみで丹波黒の試食会と
同時に蕎麦の収穫も行います。
 
(丹波黒の蒸し焼き、丹波黒の出し巻き、丹波黒ご飯など)
参加者には丹波黒のプチお土産をプレゼント予定です。
 
ご参加希望の方は
ぜひお声をおかけ下さいね。
 
ちゅーことで、
獣害に遭わず、
来月、3年ぶりの収穫となるのか?!
乞う、ご期待?!

1ヵ月ぶりの再訪となった

「味土野けんこう農房」。

 

今回は味土野へ行く前に、

クルマのキャパオーバーで

味土野へ運びきれなかった荷物を運ぶために、

兵庫県丹波市春日町にある

国領丹波栗園へGO!

 

 

じつは今回、マロンちゃんとは会えないと思っていたのだ。

 

というのも、

4月を持ってマロンちゃんの住まいは

栗園から飼い主宅になったから。

 

にもかかわらず、

今回、栗園を訪れたらなんとマロンちゃんがいるではないか!

 

急遽、クルマをコンビニへ走らせ、

マロンちゃんの好物、ドックフードをゲットして

栗園へリターンした。

 

 

 

↑この白い椅子6脚を栗園から運びこんだ!

 

栗園で白い椅子6脚をピックアップしたあと、

マロンちゃんと久しぶりの再会を楽しんだあとは、

兵庫県丹波市から、

味土野けんこう農房がある京丹後市へGO!

 

 

味土野へ到着すると、

8月下旬だというのに、

未だあじさいの花が咲いていた!

さて、今回のミッションは、

丹波黒のマサオ(草刈り)作業と

新蕎麦畑の開墾と蕎麦のタネ降ろし。

 

まずは、1ヵ月ぶりの味土野けんこう農房へ出向き、

ギャランドゥ状態の農房を

マサオする!

 

 

 

数週間前、

鹿に柵を3カ所倒されていたという。

行政のハマさんと大益師匠が修繕してくれたそう。

 

被害もほんの数株で済み、

丹波黒の花も鈴なりで

不幸中の幸いでした。

 

 

 

 

 

 

13時前にお昼休憩なり!

 

 

昼食後は

丹波黒のマサオ作業と

新蕎麦の畑開墾チームに分かれて

作業再開!

 

 

 

丹波黒のマサオミッションを達成し、

本日の作業はここまで。

 

今回はシャワーのみ完成したとのことで、

夕食前に順番にシャワータイム&

プチ晩酌タイム!

 

 

 

 

 

 

 

 

朝早かったこともあり、

23時頃から一人、またひとり、

就寝タイム!

 

翌朝。

 

 

 

朝食後、

本日のミッションは

新蕎麦の畑開墾と蕎麦のタネ降ろし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事にミッションが達成したのは昼の12時過ぎ。

今回もなんとかミッションがクリアできたことに感謝なり。

 

新蕎麦は2ヵ月で収穫できるそうで、

10月24日・25日に

丹波黒と新蕎麦の収穫&試食会を開催予定。

 

次回は9月26日・27日に再訪し、

丹波黒&新蕎麦のマサオ作業を実施。

 

鹿対策をしたからといって

万全ではないけれど、

今年こそは収穫できるといいなおねがい

 

 

番外編

 

題字 大益牧夫氏

1ヵ月ぶりの訪問となる7月18日、19日、

京丹後市にある味土野「けんこう」農房を訪問。
 

今回のミッションは、

丹波黒のマサオ(草刈り)とそば畑の開墾なのだ!

 

味土野に着いたのは午前10時30分。

この時はまだ、

パラパラと小雨が降っていた。

 

 

 

小雨がパラつく中、

メンバーが揃うまで

まずは恒例の農房チェ~ック!!

 

 

 

 

今年は異常なまでの梅雨の長雨。

丹波黒の様子をチェックする以前に

雑草がギャランドゥ状態である。

 

ちゅーことで、

まずはマサオに取りかかる!!

 

 

そうこうしているうちに、

ヒロルリ&フナッキーが到着。

 

そして小雨が止み、

太陽が顔を出した!

 

 

 

 

柵の裏手は沢なので、

カニが結構、遊びにくる!

 

 

小雨だった雨が止み、

久々にピーカン張れの中、

マサオ作業で汗びっしょりに。

 

13時を過ぎた頃合いに

ここでランチ休憩!

 

 

 

ランチのあと、

ボギー理事長とルリちゃん、

バーバラの3人は、

丹波黒のマサオを再開。

 

それ以外の男性陣は

ガラシャ荘前にある

そば畑の開墾作業と

相成りました。

 

 

 

雨は降ってないけど、

少し曇り空に。

 

ふたたび太陽が照ってきた頃、

マサオ完了!

 

 

 

 

 

 

 

 

夕食前にヒロルリチームは帰宅。

(ホンマにありがとうございました!)

 

本日のミッションを終えた一行は、

後片付けをしたあと

夕食タイム!!

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバー全員、

本日は早起き&農作業で大層、疲れていたため、

12時を過ぎた頃合いに

宴会は終了!

 

 

 

本日のミッションは、

そば畑の開墾の再開。

 

そして10時から、

畑の持ち主の方とお会いして、

畑の使用快諾書の契約を結ぶのだ。

 

そのため、午前7時30分に朝食を終え、

男性陣はそば畑の開墾の再開作業。

 

一方、バーバラは、

大益氏の自宅へGO!

 

 

 

 

 

 

 

大益氏の自宅からお借りした

墨汁と筆で、

当法人の農房の立て看板を

大益氏に書いてもらいました!

 

 

看板を立てかけてガラシャ荘に戻った頃、

そばの開墾も完了!

 

 

梅雨の長雨も嘘のように晴れ渡り、

今回も無事、ミッション達成!

 

畑のサイズが1/3サイズに縮小した分、

収穫量も減るけれど、

丹波黒が順調に成長していたし、

看板も完成したし、

そばの畑の開墾も完了したしで、

なにわともあれ、

これでよし! なのだ。

 

次回は、

丹波黒のマサオと

そばのタネ降ろしを実地!

 

さて、どうなることやら、

乞うご期待?!

 

ちなみに、今回、Mちゃんは

野暮用があり実家へ帰省中とのこと。

6月には地元の友人10人が味土野を訪れ、

大満喫したらしい。

今月下旬に味土野へ帰ってくるとのこと。

先ほど、

京丹後市の野間・味土野区を担当する行政の方から、

味土野「けんこう農房」の丹波黒が芽吹いたと、

嬉しい写真メールが届きましたラブイエローハーツ

 

 

 

 

しかも、

今のところではあるけど、

柵の転倒も、獣害もないとのこと!

 

さらに、

2017年に自家採種した

縄文農法の自家採種タネも無事、芽吹いているドキドキ

生命力に感謝やおねがい

 

クローバークローバークローバークローバークローバー

 

追記

バーバラ農房(ベランダ栽培)も順調よっニコニコ

 

 

 

6月13日・14日、

雨が降りしきるなか、

味土野を再訪してきました。

 

今回のミッションは、

柵立てと獣害対策布の取り付け、

そしてマサオと丹波黒のタネ降ろし。

 

 

 

午前11時前、

味土野へ到着したら、

すでにフナッキーたちの姿がっ!

 

 

 

 

 

 

用事があり、

ヒロルリチームとはここでお別れ。

 

そして13時を過ぎたので、

ここでランチタイムラブ

 

味土野近隣にはお店がないので、

予め弁当持参&コンビニで調達!

 

午前6時に起きて、

おせわになってる

ボギー理事長と大益兄貴分の

お弁当を作ったぜい笑い泣き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後4時。

雨が止み、ミッションもすべて完了!

 

一同、ガラシャ荘へと戻り、

休憩後、夕食タイムラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呑んで騒いで、

気付いたら、ひとり、また一人、

眠りに就きました。

 

翌朝。

本日も雨。

 

 

 

昨日、果たすべきミッションは完了したので、

本日はNO農作業!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大益宅を訪問&散策後、

11時前に味土野を出発!

 

途中、ガラシャ大滝を見学することに。

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

 

 

 

 

 

Mちゃん、ありがとう!

 

クローバークローバークローバークローバークローバー

丹波黒のタネ降ろし時期は梅雨時でもあり、

雨は避けられない。

 

今回はタネ降ろしに加えて、

柵立てなどもあったため、

一時はどうなることかと思ったけど、

アラ不思議!

 

頭で考えるより、

目の前のやるべきことをやってれば、

なんとかなるもんですねウインク

 

おかげで、

翌日は農作業をすることなく、

味土野を満喫。

 

そして、ニュース!

 

26歳のMちゃんが、たった一人で味土野へ移住予定だとかポーン

 

どうやら、

大益さんのTVをみたMちゃんの友人が

大益さんに会いに行き、味土野に魅了。

 

その後、友人と味土野を訪れたMちゃん。

元々、田舎暮らしを検討中で、

丹波など数カ所巡っていたが、

味土野に心奪われ移住決意。

ひとまずは、

この冬まで豪雪地帯で厳しい味土野を

経験してから本格移住へとなる予定。

 

来年の春、

味土野の村民が2人から

大益Jrが生まれて4人になったりしてびっくり

 

なんて心配は皆無やけど、

どうか今年こそ、

獣害に遭わず丹波黒の収穫ができ、

たくさん堪能したいものじゃラブ

 

イエローハーツイエローハーツイエローハーツイエローハーツイエローハーツ

 

ちなみに、

今年はコロナの影響で

ガラシャ荘前での米栽培は

来期に延期されました。

 

せっかくなので、

この場所に8月、ソバの実を降ろし、

10月に新蕎麦を味わうのもアリかと検討中。

 

でも、

順調にいけば丹波黒の収穫時期とバッティングやし、

どうなることやら

乞うご期待?!

6月7日、

ついに赤米のプランター栽培へ移行しましたグラサン

 

100粒のタネ籾が68粒(株)に減ったけど、

在るがままでエエじゃないかおねがい

 

同じく7日、

ニンニクの第2弾を収穫しました。

 

ホンマに極小サイズなんだけど、

香りは超ビックサイズ!!

 

 

 

ちなみに、

6/2のメタボカエルちゃん訪問から3日後、

新たなメタボちゃんが参上しました。

 

 

 

2匹とも、カゴの穴から無事に抜け出し、

新天地を求めて旅立って行きはりましたウインク

栽培中の赤米がボチボチ15㎝に🥰
そろそろプランター栽培へ移行します。
そんな最中、かわいい訪問者がっ😜
 
 
クローバークローバークローバークローバークローバー
高知県の農家さんが栽培する無農薬ニンニクを
昨年、メンバーから頂き、ベランダで栽培。
6月3日に無事、収穫しました。
 
通常、9月~10月の植え付けを
なんと12月下旬~今年の1月にタネを降ろしたため、
小ぶりサイズの仕上がり。
 
でも、どんなに小ぶりでも
ちゃんと鱗片があるのが愛おしいし、
そこに在来種の生命力を感じまくり😍
 
乾燥後、半分は賞味し、半分は10月に味土野で栽培しようか検討中😁
 
一方、今年の1月にタネを降ろしたニンニクは
まだ少し青々しているので、
様子をみながら第二弾で収穫します。
 
 
今年は味土野で奥丹後「けんこう農房」を実施するけど、
土壌の面積が小さいので味土野での秋ウコン栽培は見送り予定。
 
けど、バーバラ農房では秋ウコンが芽吹きはじめました。
キレイな花が咲くといいな💕