田辺の海

テーマ:
この夏休み2回目の海船

和歌山県田辺市の海船行ってきました車

和歌山県と言えば、白浜の白良浜でしょうが、子供連れfamilyには穴場ひらめき電球
『扇ケ浜臨海海水浴場』で今年も楽しみました音譜
photo:01

photo:02



この海水浴場には、イルカが二頭来ていて、餌をあげたり触ったりすることができます800円とお値段もお手頃。

イルカと一緒に泳げるプランもあって、1500円かな

我が家の子供たちは、泳ぐことに夢中で参加せず~

宿泊したところは、毎年恒例、廃校になった小学校を宿泊施設にした
『秋津野ガルテン』学校

3回目ぐらいかな。すごく気に入ってますニコニコ

特別講師キラキラいとこのみーちゃんの課外授業メモ
photo:03

photo:04



秋津野ガルテン内にあるケーキ屋さんで、お菓子作り体験教室でヴァレンシアオレンジオレンジロールケーキを作りました~
photo:06



とれとれ~に行って、近くの釣り堀で釣りも初体験うお座
photo:07



お見事ビックリマーク鯛を釣り上げました~
photo:08



とれとれ~のお風呂温泉
photo:09


前日が、白良浜の花火大会だったので、すごーい人でしたえっ

お風呂は、広々として混み具合もあまり感じず、とても良かったですよ温泉

今回は2泊したので、た~っぷり海船で泳いで、みんな真っ黒にこんがり日焼けしましたべーっだ!

でも、やっぱり海はいいのか、この夏休みは3人とも病気知らずで絶好調チョキ

来年もたっぷり、泳ぎにくるぞ~波
photo:10

田辺市って、弁慶の里なのね。










iPhoneからの投稿

能・狂言

テーマ:
『今年の夏は、日本の文化を』

とたった今テーマを名付けて(笑)

先日、文楽に引き続き、能・狂言を観に行ってきました地下鉄

能の舞台は私もはじめてラブラブ

子供を通して、自分一人では踏み込めない世界に入れて、子供に感謝だね~アップ

大槻能楽堂で、これもまた、親子劇場みたいなもの。

午前中は能・狂言の説明と体験で、午後からは

狂言 “仏師”

能 “土蜘蛛”

10時から14時半までなので、お弁当を沢山作って持参しましたニコニコ

文楽もそうだけれど、能・狂言も休憩中は客席でも飲食ができるのが(しかもしっかり昼ご飯)なんか新鮮ビックリマーク

長時間だからだろうけど、なんか映画とかと違って、遊園地にいるのと同じ感覚かもしれない。

午前中は落語家の方が司会で、能・狂言の説明や使われる楽器の演奏や説明がありました。

能と狂言の違いというか、いったいどういうものなのか恥ずかしながら知らなかったのですが、

簡単に言うと

右矢印真面目
狂言右矢印面白い

だそうです。

体験は、子供たち全員がグループに分かれて、全て体験します。

これにもビックリ目

たいてい体験と言えば、やってみたい人が手を上げてその中から数人選ばれるものとばかり思っていたので、贅沢~アップ

仮面をつけて、舞台を歩く。どれだけ視野が狭くなるか体験。
photo:01

photo:02

この仮面が何百年も前からの非常に貴重なものらしいあせる

ちなみに
キラキラ“子供は清いもの”キラキラ
ということで、通常舞台では仮面をかぶらないそうです。

確かに、確かにと、妙に共感し、感動アップ

仮面が足りなかったらしく、後から、すごい仮面をつけてお兄ちゃん登場。
photo:03

なんか、笑えるにひひ
photo:04

ちゃんと教えに従い、ずっと腕をはっているのも可愛くてウケるにひひ
photo:06



他に、奥で楽器の体験、謡いのご指導ありとの充実ぶり。

そういえば、亡くなったおばあちゃんは趣味が講じてカルチャーセンターで謡いの先生をしていました。

小さい頃に能の舞台で謡うおばあちゃんを何度か見ていたので、こんな難しいものを先生になるまでやりぬいたんだなぁと大人になってやっと理解でき、すごいことだったんだと実感しました。

おばあちゃん、ごめんねぇ。

午後からの狂言の“仏師”は、ホントに単純なおもしろさで子供たちもやりとりや表情に大ウケにひひ

しかし、能の“土蜘蛛”では、お姉ちゃん耐えきれず爆睡ぐぅぐぅ

一方、お兄ちゃんは、刀を持った武士と戦う土蜘蛛から発せられる鮮やかな蜘蛛の糸に

「今、戦ってるん?!」
「どっちが勝ったん?!」
「倒れたん、死んだん?!」

と場所の雰囲気から抑えるのが必死の私をおいて、大興奮DASH!

形は変われど、戦闘ものに興奮するのは変わらないようですねぇ (笑)

私も含めて、よい経験になりましたキラキラ








iPhoneからの投稿

文楽

テーマ:
昨年に引き続き、家族で文楽を観に行きました地下鉄
photo:01



今年の演目は
『鈴の音』
『西遊記』
でした。

文楽は予算を減らされる対象になってますね~

すでに、削減が決まったのかな⁇

私は生の舞台が好きなので、世界も認める無形文化遺産はもっと大切にしてほしいなと思いますが…

近代的なエンターテイメントと“面白さ”は比べる対象じゃないかと思うのですが…

あくまでも尊き“文化”なのだし…

しかし、夏休みの親子劇場だからなのか、

鈴の音の台詞に
『きゃりーぱみゅぱみゅ』
とか

西遊記の台詞に
『ワイルドだろぉ』
とか

織り込まれていました。

あくまでも親子劇場だからかな?

ちゃんと、笑いもとれるように許せる範囲で崩してるように感じました✨

親子劇場だけじゃなく、普段から私も大切な日本の文化に親しまなきゃいけないな。

と言いつつ…また、お次は来年の親子劇場になっちゃうんだろうなぁ。
photo:02









iPhoneからの投稿