Kim Beom(キム・ボム/김범) and SE7EN life★

Kim Beom(キム・ボム/김범) and SE7EN life★

キム・ボム&SE7EN絶賛応援中♡

訪問ありがとうございますaya

ブログ再開しました。

キム・ボム SE7EN絶賛応援中です❤


アメ限の募集は現在しておりません。





ボム君を応援しているTeam運営中!!!


興味がある方は下のブログへ(ポチっと指)

↓








テーマ:
[★写真集】キム・ボム"軍入隊は義務、遺伝的疾病倦まず弛まず治療"
2018.05.04.13:55


オ・ヨンソの恋人であり俳優キム・ボム入隊前、最後に撮影したグラビアとインタビューが公開された。

キム・ボムはこの3日に発行されたスタースタイルマガジン'ハイカット'を通じて訓練所入所前の最後のグラビアと過ぎた俳優生活を振り返るインタビューを行った。 公開された写真の中のキム・ボムはまるでファンに別れを告げように落ち着いた色の衣装と憂愁に満ちた目でカメラを受験した。

撮影後に続いた入隊前最後のインタビューでキム・ボムは入隊の感想について"年頃で行くので、当然すべき義務"として、長い期間患ってきた遺伝的疾病については"作品を休んで病院も長く行っており、これまで熱心に治療した。 これからも続けて病院を通う"と話した。 




これまで築いてきたフィルモグラフィーについてのインタビューで、キム・ボムは"'思いっきりハイキック(2006)'出演陣の中でもう一度呼吸を合わせたい俳優は?"という質問に"みんな会いたい。 あえて言うなら、イル兄。兄さんとは一昨日も会ってご飯を食べた。 会う度に一緒に作品に出演してほしいという話をする"と伝えた。

'20代前半には、作品活動が活発だったが、最近はほとんどしなかった理由は?という質問にキム・ボムは"20代には大きな幸運が従ったおかげで息をつく間もなく走った。 その時はエネルギーも溢れていた。 その大幅に疲れたことが一度あった。 不慣れな所で自らこれまでしたことを振り返った。 私が壁の中に閉じこもっていたということを悟るようになった。 私を閉じ込めた最も大きな壁は私自身だった。 性格がもともとうまく耐えれずその中で腐ったようだ。 20代半ばにはいつも'私がこれからもっとうまくできるかな 私に見せてくれる演技が残っているだろうか?'という考えをした。 その時期に奇跡的に'パダムパダム'に会った。 

作品の中に盛り込まれたノ・ヒギョン作家さんのメッセージは、俳優としてキャラクターにあうそれ以上の経験だった。 一人としての自分自身も時間と人の大切さを教えてくれた作品"と明らかにした。 




'カムバックして最も先に演技したい役'に対する質問にキム・ボムは"積み直したエネルギーと自ら学んだものを演技に注ぎ込んでみたい。 ただ色んな姿を見せてあげたい。 もちろん、機会が与えられた時の話だが"と明らかにした。

一方、キム・ボムのインタビューとグラビアはこの3日に発刊した'ハイカット221号を通じて会えることができる。