丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ

熱く、情熱をもって仕事をすることの大事さ、大切さを伝えていきます。意識をほんの少し前に向けることで毎日の小さな変化の中から人生や仕事にとって大切なことが見えてきます。

クラッカー いま企業の戦略策定の中でブランドづくりの重要性が高まってます クラッカー

★ブランドってなんだろう!!そんな疑問にお答えします!!★

企業のブランド戦略を楽しく、冷静に考えています。

詳しくはコチラでグッド! 「ブラナビ」で今日もいけるいける!!


$丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【最近のメディア情報】

フジテレビ様「ノンストップ」 2016.06放映

NHK様「おはようニッポン」 2016.8放映

BSジャパン「ファッション通信」 2016.4放映

テレビ東京様「なないろ日和!」 2014.06.30放映

NHKワールド様「NHK NEWSLINE} 2014.1.20~

フジテレビ様「めざましどようび」2012.9.29放映

フジテレビ様「めざましどようび」2012.9.15放映

フジテレビ様「めざましどようび」2012.9.1放映

フジテレビ様「めざましどようび」2012.5.19放映

フジテレビ様「めざましどようび」2012.4.28放映

日本テレビ様「ZIP!」2012.4.26放映

NHK様「おはよう日本」2012.4.25放映

日本テレビ様「スッキリ!」2012.4.17放映

テレビ朝日様「モーニングバード」2012.4.15放映

テレビ東京様「ワールドビジネスサテライト」2012.3.16放映

東洋経済新報社様「週刊東洋経済」2012.3.10号

リクルート様「R25 EXTRA」


の取材がありました。


【最新刊です!!】


「最新 アパレル業界の動向とカラクリがよ~くわかる本 第4版」
(秀和システム ¥1470) 2017年4月発売!!



「コンサルタントのお仕事と正体がよ~くわかる本第2版」

(秀和システム ¥1260) 2016.9月発売!!




「超繁盛店のツボとコツがゼッタイにわかる本」

(秀和システム \1600) 2015.3月14日発売!!)


「コンサルタントのお仕事と正体がよ~くわかる本」

(秀和システム ¥1260) 2012.9月発売!!


$丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ


「最新 アパレル業界の動向とカラクリがよ~くわかる本 第3版」

(秀和システム ¥1470) 2012年3月発売。絶賛発売中!!
図解入門業界研究 最新アパレル業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
NEW !
テーマ:

いけるいける!!

 

これから空き家が増えてくることにどう対応するか

 

2033年 日本には空き家が急激に増えるという。

その数、2167万戸。

3戸に1戸が空き家という予測がでています。

これは日本の高齢化が一気に進み、高齢者の高齢化にともなって、高齢者の1人暮らしも増加。

なくなる方も増えて結果的に空き家も増えるという話です。

 

空き家になると、そこが使われなくなって、人のいないゴーストタウン化する街ができたり、火災の原因になったりするなど、生活面で不安が増えます。

 

できるだけ空き家が増えないように今から対策を練る必要があります。

 

可能性としてあるのは、

 

・空き家をシェアハウスとして貸し出す

・空き家をリノベーションして、飲食店や店に貸し出す

・空き家をリノベーションしてairb&bなどのシェアルームとして貸し出す

・高齢者用のデイサービスなどの拠点に貸し出す

・託児所などの施設として活用する

 

など。

 

その利用可能性はさまざまです。

 

しかしそうした改修にはオカネがかかります。

オカネがかかるのは、規制が厳しいからです。

利用条件を満たすための改修の条件が厳しいのです。

 

使えることはわかっているけれどリニューアルにオカネがかかるので踏みとどまることも多いのが実態です。

 

そこで国交省では空き家の転用を促すために建築基準法を見直すことを決めました。

 

たとえば家の中の勾配基準。

 

一般の戸建て住宅では57度以内の勾配。

だから小さい土地でも2階建ての家がたったりするわけです。

 

それを転用して共同住宅にしようとすると、階段が「共用」になります。

共用になると、階段の設置基準は「46度以内」になります。

 

するとほとんどの家では階段の取り壊し、つけかえが必要となり大きな投資が必要になるわけです。

 

これでは他への転用が進みません。

 

そこで設置基準を「50度以内」に買えることして、手すりや滑り止めを設置すれば転用可能にするとかえることにしました。

 

投資も今までの三分の一以下となり、これで多くの住宅の共同住宅への転換が進むようになるかもしれません。

 

これからの時代には人口の高齢化にともなって、さまざまな環境が変化していきます。

特に家の問題はいろいろとでてきそうです。

 

住居という環境をどのように考えていくか。

 

空き家をどうおもしろく、有効に活用していくか。

単に共用住宅というカタチだけではない活用を検討していければ、日本の住環境がかわると思います。

 

今日もあいているところの活用を考えていけるいける!!

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。