メラトニンに関する情報あれこれ(JONETSUドットBiZ)

メラトニンに関する情報あれこれ(JONETSUドットBiZ)

はじめまして、サプリメントのインターネット通販サイトJONETSUドットBiZの前田雅之と申します。ここでは、当店でよく販売させて頂いております『メラトニン』について、ネットに散らばる有益と思われる情報を、関係各所にリンクしながらまとめて参りたいと考えております。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
今回も、グーグル博士に教えていただいた情報から。

今日発見したしたサイトは、こちら。
今回は、『美レンジャー』というサイトから。
ここは、あの小学館が運営しているんですね。
この『美レンジャー』の副タイトル?は「美人が「キレイ」で世界を救う!」となっている。

このサイトのロゴのところに2つリンクが。

オトコを楽しむための女性マガジン『Menjoy!』(メンジョイ)
女性のハッピー生活をサポート『WooRis』(ウーリス)

いやはや、小学館・・・すごいサイトを運営してるんですね。


8時間もいらない!短時間で疲労を回復する「眠りの掟」教えます

http://www.biranger.jp/archives/92564

※情報元URLを掲載しておきますが、サイトによっては、上記URLが既に消えている場合もありますので、同時にそのコピーを掲載します。

----以下、記事コピペ----
忙しくて毎日しっかり睡眠時間を確保できないという人、少なくないのでは? 理想の睡眠時間は8時間という説もありますが、実際は人によっても、年齢によっても異なるそうです。

実は、大切にしたいのは”寝付いてからの3時間”。傷ついた細胞の修復や疲労回復につながる成長ホルモンは、寝付いてから3時間の間に分泌されます。つまり、睡眠時間が十分にとれなかったとしても、寝付いてからの3時間に質の良い睡眠をとることが疲労回復につながります。

そこで今回は、寝付いてからの3時間でしっかり熟睡して、短時間でも疲労回復できる睡眠のコツを3つご紹介します。


■1:寝る前3時間は食事をしない

食事をしてから消化するまでに3時間はかかります。食べてすぐに寝ると、胃が消化活動をするために動き続けるのでなかなか寝付けません。

帰宅時間が遅い場合はオフィスで夕食を先に済ませておいたり、帰宅後に食べるときはうどんなど消化がよいものを少量にしたりすると寝付きがよくなります。


■2:深い睡眠につながる栄養素を摂る

(1)トリプトファン

睡眠を誘発するホルモン、“メラトニン”を作る上で必要なのが、トリプトファンというアミノ酸です。トリプトファンをしっかり摂取すると体内で変化し、最終的にメラトニンの合成につながります。青魚や乳製品に多く含まれるので、夕食に青魚をとり入れたり、食後にホットミルクを飲むのも効果的です。

(2)グリシン

アミノ酸の一種であるグリシンには、手足から熱を放出して、体の深部の体温を下げる働きがあることから、睡眠を深くする効果があると言われています。ホタテや牛や豚のひき肉、鶏肉、納豆等に多く含まれるのでおすすめです。


■3:アイマスクで熟睡モードへ

メラトニンは、夜暗くなることで分泌のスイッチが入ります。このスイッチは目から入る情報が脳に伝達されるので、電気をつけたまま寝るとメラトニンの分泌量が少なくなってしまいます。豆電球のかすかな明かりですら、メラトニンの分泌量は減ってしまうのです。また、窓から漏れる外の光にも反応してしまいます。

そこで、光を遮断するために有効なのがアイマスク。わずかな光も遮断するのでメラトニンの分泌が正常に行われます。

また、寝付きから3時間以内は、かすかな物音も眠りを浅くさせる可能性があります。アイマスクに加えて耳栓をするのも効果的です。


いかがでしたか? その他、まくらの高さを調整したり、マットレスなどの寝具も快適な睡眠に関係しています。睡眠時間が確保できない人は特に寝具から見直してみるのもおすすめですよ。

短時間でも睡眠の質を高め、明日への活力を養いたいですね。
----以上、記事コピペ----


以上、メラトニンほかサプリメント通販の
     「JONETSUドットBiZ」
      ショップマスター 前田雅之

WEB:www.jonetsu.biz
e-Mail:shopmaster@jonetsu.biz

テーマ:
3月1日にパート3が公開されていました!
ラスト6のご紹介です。


夜ぐっすり眠るために! 今すぐ食べたい16の食品(Part3)

http://googirl.jp/lifestyle/1402gultusurinerutame528/

※情報元URLを掲載しておきますが、サイトによっては、上記URLが既に消えている場合もありますので、同時にそのコピーを掲載します。

----以下、記事コピペ----
疲れているのに眠れない……。ストレスや不安などさまざまな原因によって引き起こされる不眠症。そんな不眠症を緩和する効果のある10の食品を「夜ぐっすり眠るために! 今すぐ食べたい16の食品Part1&Part2」でご紹介しました。今日は最終版、安眠作用のある6つの食品をまとめてご紹介します。

パッションフルーツティー

パッションフルーツに含まれるハーマンアルカロイドという成分が精神を安定させて安眠をもたらしてくれます。実際、パッションフルーツの成分を抽出した睡眠導入剤も数多く存在しています。就寝の1時間前にパッションフルーツティーを飲むと安眠効果が期待できます。

ハチミツ

インスリンの分泌を促すハチミツは、睡眠に必要なトリプトファンを脳内に取り込むのを助ける効果があります。スプーン1杯のハチミツをカモミールティー入れて就寝前に飲むのがとっても効果的です。

ケール

青汁の原料であるケールは、カルシウムを多く含むため、メラトニンの生成に役立ちます。ケールが手に入らない場合はホウレン草でも同じような効果が期待できます。

エビ

シバエビ、クルマエビ、伊勢エビなどのエビ類は、必須アミノ酸の一種であるトリプトファンを多く含んでいます。トリプトファンは快適な眠りを得るために必要なホルモン「セロトニン」と「メラトニン」を生成し、催眠促進や鎮痛作用を促進します。

ハモス

ひよこ豆から作られたハモスにもまた、安眠に不可欠な成分トリプトファンが多く含まれています。トリプトファンは体内で合成することができないため、食事から摂取することが不可欠。トリプトファンが欠乏すると、睡眠に影響を及ぼすだけでなく、不安や集中力の低下、うつ病などを引き起こす原因にもなります。

エルク

日本ではあまり馴染みがありませんが、エルクと呼ばれる大鹿には、睡眠の味方「トリプトファン」が多く含まれていることで知られています。その含有量は七面鳥の胸肉に比べて約2倍。さらに炭水化物を摂取することで、効率よくトリプトファンが脳内へ取り込まれます。

----以上、記事コピペ----


以上、メラトニンほかサプリメント通販の「JONETSUドットBiZ」
ショップマスター 前田雅之

WEB:www.jonetsu.biz
e-Mail:shopmaster@jonetsu.biz

テーマ:
パート2が公開されましたね。パート1に引き続きのネクスト5。
次号、パート3で完結でしょうか?
(むむ?本文中には、今回は引き続き・・・6つの食品をご紹介、とあるが5つなんだけど・・・)


夜ぐっすり眠るために! 今すぐ食べたい16の食品(Part2)

http://googirl.jp/lifestyle/1402gultusurinerutame527/

※情報元URLを掲載しておきますが、サイトによっては、上記URLが既に消えている場合もありますので、同時にそのコピーを掲載します。

----以下、記事コピペ----
日本では実に5人に1人が悩んでいるといわれるほど、近年、不眠症で悩む人は増加傾向にあるそうです。眠れない夜が続くと、疲労や血圧の乱れ、集中力の低下など深刻な症状を引き起こします。そんな不眠症状で悩む人にオススメなのが、自律神経や体内リズムを整えてくれる食べ物。Part1では、眠りを誘う食品として、ウォールナッツ、アーモンド、チーズ&クラッカー、レタス、プレッツェルの5つの食品をご紹介しました。今回は引き続き、睡眠を導いてくれる6つの食品をご紹介します。

ツナ缶

ツナには睡眠の強い味方「メラトニン」と「セロトニン」の生成に不可欠なビタミンB6が豊富に含まれています。メラトニンの分泌が増加することで、気持ちが落ち着き、寝つきがよくなります。ほかにもビタミンB6はニンニクやピスタチオ、サーモンに多く含まれています。

ライス

グリセミック指数(炭水化物が消化されて糖に変化する早さを数値で表したもの)の高いライスには、血糖値とインスリンを上昇させる効果があり、その結果、眠りに必要なトリプトファンが脳内に取り込まれます。ライスの中でも、特にジャスミンライス(タイ米の香り米)が安眠には効果的といわれています。

さくらんぼ

さくらんぼの果実の中には睡眠を促し、体内時計のリズムを調節するメラトニンの成分が含まれています。最近では、タルトチェリーと呼ばれる品種のメラトニン含有量が注目されています。眠るまえにさくらんぼ濃縮ジュースを一杯飲むのが効果的です。

シリアル

シリアルは朝食に食べるというイメージがありますが、実は、シリアルは眠気を誘うという研究結果が報告されています。また、牛乳に含まれるカルシウムには脳を休息させる作用があり、トリプトファンを多く含むので安眠効果が得られます。

カモミールティー

欧米では昔から就寝前に好まれるカモミールティー。カモミールに含まれるグリシンと呼ばれる成分には神経をリラックスさせる作用があります。カモミールは安眠作用と静穏作用のほかにも、保温効果や疲労回復にも役立つので、ストレスや疲労、冷えが原因で眠れないときにオススメです。

----以上、記事コピペ----


以上、メラトニンほかサプリメント通販の「JONETSUドットBiZ」
ショップマスター 前田雅之

WEB:www.jonetsu.biz
e-Mail:shopmaster@jonetsu.biz

テーマ:
今日発見したしたサイトは、こちら。
今回は、パート1なので、16の食品と書いてあるのに、なんで5つなんだ!!ってならない様にお願いしますね。


夜ぐっすり眠るために! 今すぐ食べたい16の食品(Part1)

http://googirl.jp/lifestyle/1402gultusurinerutame526/

※情報元URLを掲載しておきますが、サイトによっては、上記URLが既に消えている場合もありますので、同時にそのコピーを掲載します。

----以下、記事コピペ----
羊が101匹、羊が102匹……。羊を数えても眠れない夜、辛いですよね。辛い不眠症に悩んでいる人にぜひオススメしたいのが、自律神経や体内リズムを整えてくれる食べ物。今日は、夜ぐっすり眠るために食べたい16の食品をご紹介します。

1.ウォールナッツ

ウォールナッツには必須アミノ酸の一つであるトリプトファンが含まれています。トリプトファンは快適な眠りを得るために必要なホルモン「セロトニン」と「メラトニン」を生成します。セロトニンとメラトニンが生成されると体内時計のバランスを整えられるので、夜ぐっすり眠れるだけでなく、朝の目覚めがすっきりする効果も! アメリカのある研究によると、ウォールナッツはメラトニンの供給源であるという結果が報告されています。

2.アーモンド

アーモンドにはマグネシウムが豊富に含まれています。マグネシウムには睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」の生成を促す作用があります。逆に、マグネシウムが不足すると不眠の原因となってしまいます。

3.チーズ&クラッカー

ダイエット中の人にはあまりオススメできませんが、チーズは不眠に悩み人の強い味方。チーズに含まれるカルシウムは脳を休ませてリラックスさせる効果があります。また、メラトニンの分泌を促すトリプトファンが含まれています。チーズ以外にも、カルシウムを多く含むヨーグルトや牛乳などの乳製品も安眠効果があります。また、牛乳を温めて飲むとリラックス効果が期待できます。

4.レタス

レタスに含まれるラクツカリウムには鎮静&催眠の効果があるといわれています。ラクツカリウムはレタスの茎から抽出されるので、眠る前にレタスウォーターを飲むのがオススメ。熱湯でぐつぐつ煮たレタスを1カップの水に15分浸せばレタスウォーターのできあがり!

5.プレッツェル

グリセミック指数(炭水化物が消化されて糖に変化する早さを数値で表したもの)の高いプレッツェルを食べると、血糖値が上がり、休息ホルモンと呼ばれる「インスリン」が分泌されます。血糖値&インスリンが体内に増えることで、睡眠の強い味方であるトリプトファンが脳内に取り込まれるのを手伝ってくれます。ただし食べ過ぎは禁物。血糖値が上がり過ぎると就寝中の疲労回復を妨げる原因になります。
----以上、記事コピペ----


以上、メラトニンほかサプリメント通販の
     「JONETSUドットBiZ」
      ショップマスター 前田雅之

WEB:www.jonetsu.biz
e-Mail:shopmaster@jonetsu.biz

テーマ:
今は、二十四節気では「雨水」と呼ばれ、啓蟄までの期間にあたるそうです。
空から降るのは、雪から雨に変わり、氷は溶けて水になるという、草木が芽生える頃。
昔から、農耕の準備を始めるころだそうです。

三寒四温(さんかんしおん)とも言いますが、寒さももうしばらく。木々は冬目が少しずつ大きくなって来ています。春の足音がもうすぐそこに。


以上、メラトニンほかサプリメント通販の
     「JONETSUドットBiZ」
      ショップマスター 前田雅之

WEB:www.jonetsu.biz
e-Mail:shopmaster@jonetsu.biz

テーマ:
このサイトを見ると、「睡眠不足症候群」という言葉に「睡眠障害」と「睡眠覚醒リズム障害」が出て来る。睡眠不足というのは・・・最早病気なのですね。

本件、先週木曜日2/20の記事です。
ソチオリンピックの記述がありますが、今日日本選手団が帰国しましたね。

次は、パラリンピックが3/7~の10日間開催です。
こちらも応援したいですね。

ソチ・パラリンピック
http://www.jsad.or.jp/paralympic/sochi/about.html



睡眠不足症候群、自覚ないまま慢性化血圧や血糖の上昇も
http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20140220/dct1402200729003-n1.htm

※情報元URLを掲載しておきますが、サイトによっては、上記URLが既に消えている場合もありますので、同時にそのコピーを掲載します。

----以下、記事コピペ----
 ソチ冬季五輪も大詰めを迎え、熱のこもった深夜のライブ応援で寝不足気味の人が多いのではないか。そうでなくても、普段から慢性的な睡眠不足で起こる「睡眠不足症候群」に気づいていない人が意外と多い。この機会に、自分の睡眠に目を向けてみよう。

 【自覚のない睡眠不足】

 真偽はともかく、ナポレオンは3時間、アインシュタインは10時間といわれるように、人によって適した睡眠時間は違う。自分に合った睡眠時間の判断について、杏林大学病院・精神神経科の中島亨准教授が説明する。

 「1週間、一定の睡眠時間を取っていて日中の眠気で困ることがあるかどうかです。睡眠障害は数多くあるが、都内の睡眠障害専門外来を受診する患者さんの6%は、睡眠時間が足りていない睡眠不足症候群です。問題は『自分は十分寝ている』と、睡眠不足を自覚していないことです」

 働く日本人成人の60%は平日が短く、土日が長い睡眠パターン。土日の睡眠でどうにか帳尻を合わせているという。

 【血圧や血糖も上昇】

 慢性的な睡眠不足が続くと、日中の眠気、それに伴うイライラやけんたい感、集中力・判断力の低下など睡眠不足症候群の症状が現れてくる。

 「覚醒を維持しようと神経伝達物質のカテコールアミンが分泌されるので、一種のハイ状態になって血圧や血糖も上昇させてしまいます」

 平日の睡眠不足を土日の睡眠でやり繰りできていればまだいいが、土日に寝過ぎて夜更かしすると睡眠リズムを崩しやすい。夜眠れず、朝起きられない状態になると「睡眠覚醒リズム障害」という別の睡眠障害になる。

 「普段、睡眠不足の人は睡眠覚醒リズム障害に要注意。五輪視聴は本当は録画がいいが、深夜に観るにしても2日連続はやめる。睡眠を分断して取らない。翌日も通常通りの時間帯に起きることが大切です」

 【最悪、引越しの検討も】

 睡眠不足症候群かどうか調べるには、起床時間と就寝時間をグラフ状に記入する「睡眠・覚醒リズム表」を3週間分ぐらい付けてもらい診断する。中には、明らかに睡眠不足で「睡眠時間を短くする方法はないか」と真剣に聞いてくる人もいるという。

 「残念ながら自分に合った睡眠時間を十分取るほか方法はありません。大事なのは本人に気づいてもらうこと。寝つきが悪ければ睡眠導入薬を処方する。極端な例では、会社の近くに引越しを勧める場合もあります」

 入眠の睡眠リズムをずらすには、青色LED光照射器の人工光を浴びるのも有効。朝浴びると眠くなる時間が前にずれ、夕方に浴びると後ろにずれるという。

【ソチ五輪・深夜視聴の寝不足対策】
★連日の深夜視聴は避ける
★睡眠時間を分断する視聴は避ける(入眠できる時間帯は、ある程度決まっている)
★視聴後、寝つけない時はカルシウム含有食品を摂ると眠りやすい
★通常の起床時間帯に起きる
★日中の眠気は昼寝でカバー(15時前に、20-30分まで)
----以上、記事コピペ----


以上、メラトニンほかサプリメント通販の
     「JONETSUドットBiZ」
      ショップマスター 前田雅之

WEB:www.jonetsu.biz
e-Mail:shopmaster@jonetsu.biz

テーマ:
メラトニンは、睡眠薬の代用・・・と言われることがあります。
薬の代用とされるのが、少し気になりますが、確かに睡眠導入に効果がある様です。

さて、お客様から睡眠薬のことを良く質問頂きます。
そんな中で、ボツボツと睡眠薬のことも理解出来る様になってきました。
掲題書籍は、そんなお薬との付合い方を考える上で、役に立ちそうな内容の様です。



<睡眠薬の種類もわかる>『睡眠と脳の科学』 古賀良彦著
http://www.caremanagement.jp/?action_news_detail=true&storyid=11785&view=all

※情報元URLを掲載しておきますが、サイトによっては、上記URLが既に消えている場合もありますので、同時にそのコピーを掲載します。

----以下、記事コピペ----
祥伝社から、2月3日、『睡眠と脳の科学』(古賀良彦著)が発行された。
睡眠障害に悩まされている高齢者は多い。頻尿などで深夜に何度も目が覚めるのもそうだし、眠れない、早朝覚醒、果ては日中、突然眠くなるなど、さまざまな眠りの悩みに悩まされている人は多い。しかし、ほとんどの場合睡眠導入剤の処方などで片づけられ、その根本原因まで探られることはない。

本書は、はじめに睡眠のメカニズムをわかりやすく説明し、快眠できる環境を示している。そのうえで、徹夜をする時、早朝に起きる時、一夜漬けで効率的な勉強をしたい時、半年後の試験に向け記憶力を高めたい時、飛行機などに長時間乗る時、熱帯夜に熟睡したい時、かぜを引いた時…など、それぞれに効果的な睡眠法を紹介している。快眠を得る“守り”の睡眠から、睡眠を効果的に活かす“攻め”の睡眠までを網羅した決定版。

担当ケースだけでなく、ケアマネジャー自身も、仕事や職場の人間関係などで、眠れない悩みを抱えている人もいるだろう。同書は、睡眠についてしっかりメカニズムも学んだうえで、薬の上手な使い方などを知ることができる。

■目次:
第1章 睡眠のメカニズム
第2章 睡眠が脳を活性化させる
第3章 快眠できる環境を作る
第4章 ケース別の睡眠術
第5章 睡眠と病気の関係
第6章 急増中の「かくれ不眠」
第7章 症状でわかる睡眠障害
終章  睡眠薬の種類と使いかた

■著者紹介:古賀良彦(コガヨシヒコ)
杏林大学医学部精神神経科教授。医学博士。1946年、東京都生まれ。1971年、慶應義塾大学医学部卒業、同大学医学部精神神経科学教室から1976年、杏林大学医学部精神神経科学教室に入室。同大学医学部助教授を経て現職。専門は、睡眠障害と関連が深い統合失調症、うつ病の治療。日本催眠学会名誉理事長、日本ブレインヘルス協会理事長、日本薬物脳波学会副理事長も務める。

■書名:『睡眠と脳の科学』
■著者:古賀良彦
■発行:祥伝社
■体裁:新書・172ページ
■定価:798円(税込)

◎祥伝社

----以上、記事コピペ----


以上、メラトニンほかサプリメント通販の
     「JONETSUドットBiZ」
      ショップマスター 前田雅之

WEB:www.jonetsu.biz
e-Mail:shopmaster@jonetsu.biz

テーマ:
『メラトニン 通販』と、久しぶりにGoogleで検索してみることに。
というのも、昨日『メラトニン』と検索した1ページ目の様子が以前と違い、Googleでは当時広告を打てなかったのに、堂々と商品広告が右側に表示される様になっている。

Googleも変わったものだと、改めて検索してみることにした。

やっぱり様変わりしている。
もちろん以前からの老舗メーカーも掲載されているが、掲載上位には以前見たことのないようなサイトが登場している。

うちのサイトは4ページ目。
34位ってことか・・・うちはまだ老舗とまでは呼べないにしても、それなりに販売を経験して来て、固定のお客様もいて下さっている。もう少し検索上位にあってもいいのにと、少し反省しながらです。

今日はここまで。


メラトニンほかサプリメント通販の
     「JONETSUドットBiZ」
      ショップマスター 前田雅之

WEB:www.jonetsu.biz
e-Mail:shopmaster@jonetsu.biz

テーマ:
Googleで『メラトニン』と検索してみると、1ページ目中ほどに『メラトニン中毒の症例 - UMIN』というものがヒットする。これは、かなり以前から検索上位にあるもので、即ち長期間上位に留まっているということは、メラトニンをご存知の方の多くがクリックしているということだろう。

内容は、「自殺目的にメラトニンを大量服用した症例を経験した」という北九州総合病院 救命救急センターの記録である。

Google検索時に記載されている『UMIN』とは、大学病院医療情報ネットワーク研究センターの略称である。
http://www.umin.ac.jp/


私自身は、メラトニンを扱うものとして下記サイトを紹介することによって、メラトニンの大量服用に寄る中毒症状について注意喚起するものであり、メラトニンの利用をお止めなさいというものではありません。自身も活用していますが、メラトニンの適量利用は睡眠の調整あるいはアンチエイジング、若さの維持に活用出来るものと実感しています。


『メラトニン中毒の症例 - UMIN』
http://square.umin.ac.jp/nishioka/melatonin-slide/
※情報元URLを掲載しておきますが、サイトによっては、上記URLが既に消えている場合もありますので、同時にそのコピーを掲載します。

----以下、記事コピペ----(※ここでは、個人名は伏せ字とさせて頂きます。)
メラトニン中毒の症例

北九州総合病院 救命救急センター

〇〇〇〇,〇〇〇,〇〇〇〇,〇〇〇〇,〇〇〇,〇〇〇〇
  【はじめに】メラトニンは,米国では,1995年頃より,ガンを防ぎ,抗癌剤の副作用を緩和する,免疫系を強化する,さまざまな病気に対しても抵抗力を高める,エイズに対しても効果,不眠症を治し,血圧を下げ心臓病を予防する.まさしく世紀の発見,不老長寿の秘薬であるといった,報道がされてきた.また,米国では栄養補助食品として販売されているために,容易に入手が可能である.今回,自殺目的にメラトニンを大量服用した症例を経験したので報告する.

 【症例】26歳女性.現病歴:17:30頃自宅に戻り倒れ込む.救急車にて17:45当院へ搬送.搬入時,意識レベル:JCS:200,血圧,脈拍,呼吸は正常.検査所見:白血球数が高値だが,トライエージも全て陰性で特異的な所見を認めず.メラトニンの瓶が見つかっていたため,メラトニン中毒と診断.気管内挿管後,胃洗浄を行い,クエン酸マグネシウム,活性炭を投与し,大量輸液,強制利尿を行う.胃洗浄後より,意識も回復,翌日には清明となり軽快退院となる.意識回復後,海外旅行中に入手したメラトニン3mgカプセルを約50カプセル服用したことを認める.

 メラトニン濃度は,搬入時の胃液:500,000 pg/ml,血清:27,600 pg/ml,尿:48,000 pg/ml,と著明に上昇していたが,翌日には血清:367 pg/ml,尿:84.9 pg/mlと急速に低下していた.

 【考察】メラトニンは脳の松果体において,トリプトファンからセロトニンを経て合成されるインドールアミン誘導体で,ヒトでは夜間上昇し日中の約10~20倍に達する.色素細胞に対する退色作用,生体リズムの調節作用,性腺抑制作用,催眠作用,深部体温低下作用などの作用を持っている.副作用として悪夢,低血圧,睡眠障害,腹痛などがある.しかし,その他の薬剤との相互作用,相乗作用,高齢者などには過剰に反応する可能性,長期間投与,大量投与後に血中のメラトニンやその代謝産物が高濃度となったときの有害作用などは明らかでない.また,製造過程に生ずる副産物,粗悪品にある混入物などの影響も考慮する必要がある.ヨーロッパではニューロホルモンと考えられ,OTCとしては販売されていない.日本でも正式に認可,販売はされていないが,個人輸入などでの入手に対する規制は行われていない.インターネットの普及によりこういった薬剤も国内で容易に入手でき,中毒情報センターへの問い合わせも増加している.メラトニン中毒は,この症例からは,安全域も広く,代謝,排泄も早いことが示唆されたが,国内未承認の薬剤に対する輸入規制などの対策も必要と思われた.

 【まとめ】メラトニン中毒の症例を経験した.一過性の意識障害を認め,胃液,血清,尿中のメラトニン濃度は著明に上昇していたが予後は良好だった.国内未承認の薬剤に対する輸入規制が望まれる.
----以上、記事コピペ----


以上、メラトニンほかサプリメント通販の
     「JONETSUドットBiZ」
      ショップマスター 前田雅之

WEB:www.jonetsu.biz
e-Mail:shopmaster@jonetsu.biz

テーマ:
アメブロの更新が、もう何年ぶりになるのだろうか?
ここ数年は、ツイッターに移行し、今はフェイスブックだ。
今日は、アメブロを更新し、FBページと連動することを試してみる。


冬うつ対策 ブルーライト浴びるため布団の中のスマホはNG
http://news.mynavi.jp/news/2014/01/26/036/

久々の更新だが、Googleアラートで飛込んで来たニュースを記載。
※情報元URLを掲載しておきますが、サイトによっては、上記URLが既に消えている場合もありますので、同時にそのコピーを掲載します。

----以下、記事コピペ----
「冬、眠くて仕方ない」「甘いものばかり食べたくなる」…そんな経験は誰にもある。しかし、日常生活に支障をきたすほどの過眠・過食の気配を感じたら「冬うつ」かもしれない。

 光に当たらないと「冬うつ」になることはわかっているが、詳しいメカニズムはまだ解明されていない。仮説の中でも有力なのは、メラトニンの分泌が乱れることだ。

 メラトニンとは眠気をもたらすホルモン。光を浴びないと分泌の時間が長くなり、いつまでも眠気が続く。リズムが崩れることで、夜に眠れなくなることもある。

 うつ病と同じ症状が表れるのは、「セロトニンが欠乏するのだろう、と考えられている」と日本大学医学部精神医学系の内山真主任教授。セロトニンとは、精神の安定をもたらす神経伝達物質だ。

 メカニズムはともかく、原因が“光不足”にあることは間違いない。そのため「光を浴びると治る」ことも医学的に確認されている。

「最も確実な予防法は、早寝早起きを心がけ、午前中に日光を浴びること。冬はカーテンを開けたまま寝て、朝日を浴びて目覚めるのもいいでしょう。勤めている人は少し早めに家を出て、駅や会社の日当たりのいい場所で10分くらい日光浴をするのもいい方法です」(パークサイド日比谷クリニックの立川秀樹院長)

 医療機関における「冬うつ」の治療法も、光を当てる「高照度光療法」が基本となる。専用の機械を使い、毎日1時間ずつ5000ルクス程度の光を浴びる。内山主任教授によると、「通常、1週間程度で効果が表れる」という。

 最近、パソコンやスマホのLEDから出るブルーライト(青色光)も注視されている。青い光にはメラトニンの分泌を抑える作用があるからだ。

「寝る前にはパソコンやスマホを見ないほうがいい。特に布団の中でのスマホは最悪です」(立川院長)

 夜にパソコンを使う人、朝から晩までパソコンの画面を見ている人は、ブルーライトを防ぐ「パソコン用メガネ」を使うといいだろう。

 ただし、ブルーライトは必ずしも悪玉ではない。

「そもそも太陽の光でメラトニンの分泌が抑えられるのも、その中にブルーライトが含まれているから」(内山主任教授)

 パソコン用メガネを一日中かけていると、ブルーライト不足で逆に「冬うつ」を起こす可能性もある。必要に応じて使いたい。

※女性セブン2014年2月6日号

----以上、記事コピペ----


以上、メラトニンほかサプリメント通販の
     「JONETSUドットBiZ」
      ショップマスター 前田雅之

WEB:www.jonetsu.biz
e-Mail:shopmaster@jonetsu.biz

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス