ジョニー暴れん坊デップのA部屋

ジョニー暴れん坊デップのA部屋

マニアックな話題に特化してます・・・

 

・eiga.com 作品情報 『劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD』

■解説

田中圭、吉田鋼太郎、林遣都の共演で3人の男たちの恋愛を描いたテレビドラマで、2018年の新語・流行語大賞トップテンに選出されるなど社会現象的な人気を獲得したラブコメディ「おっさんずラブ」の劇場版。ドラマでの三角関係をグレードアップさせた、おっさんたちによる「五角関係」の恋愛バトルが描かれる。春田創一が上海、香港転勤から1年ぶりに日本へ帰ってきた。黒澤武蔵をはじめとする天空不動産第二営業所のメンバーたちが春田を歓迎する中、天空不動産本社で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」のメンバーが春田たちの前に現れた。リーダーの狸穴迅は、春田たちに即刻営業所から立ち去るよう言い放つ。狸穴の側に本社に異動した牧凌太の姿を目にして激しく動揺する春田を新入社員のジャスティスこと山田正義が元気づける。そして、あの時に終わったはずだった黒澤の恋心にもふたたび火がついてしまい……。田中、吉田、林らドラマ版のキャストに加え、劇場版で新たに登場する狸穴役を沢村一樹、ジャスティス役を志尊淳がそれぞれ演じる。2019年製作/114分/G/日本 配給:東宝

オフィシャルサイト

■スタッフ

監督  脚本 徳尾浩司 製作総指揮 早河洋 製作統括 亀山慶二

製作 西新 市川南 佐藤政治 堀義貴 細野義朗 清水厚志

エグゼクティブプロデューサー 佐々木基 Co.エグゼクティブプロデューサー 赤津一彦

チーフプロデューサー 桑田潔 ゼネラルプロデューサー 三輪祐見子

プロデューサー 貴島彩理 村上弓 神馬由季 松野千鶴子 撮影 高野学

映像 高梨剣 照明 坂本心 録音 池谷鉄兵 美術 丸山信太郎 セットデザイン

加藤周一 飛田幸 装飾 安部俊彦 衣装 佐久間美緒 ヘアメイク 花村枝美

編集 神崎亜耶 音響効果 北田雅也 選曲 岩下康洋 音楽 河野伸

主題歌 スキマスイッチ スクリプター 松田理紗子 音楽プロデューサー 野口智

VFXスーパーバイザー 鎌田康介 監督補 三木茂 助監督 松下敏也 

制作担当 中村哲 ラインプロデューサー 鈴木嘉弘

■キャスト

■レビュー

評価 3.0 まあまあかな ビビさん 2019年9月12日

・・・テレビでのドラマの大ファンで、期待して映画館まで足を運んだのですが、そこまでではなかったです。ドラマでは面白い中にもじーんとくる場面が多々ありましたが、映画ではそこまでの深みはありませんでした。テレビで放映するまで待てばよかったです。

●予告

※ABCラジオ「劇場に行こう」の橋詰結子アナが“今年ナンバーワンかも!”などと激賞していたもんで、ついつい観に行ってしまったら、劇場内は「おっさん」ならぬ「おばはん」の巣窟と化していた!

 

 

 

 

●2分でわかるドラマ『おっさんずラブ』

 

 

 

 

 

 

 

・LINE STORE 劇場版「おっさんずラブ」のスタンプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆「プロレス今日は何の日」と「漱石と明治人のことば」をお届け~♪

(詳細は、1月1日の日記を参照のこと!)

☆さ~~て、本日9月19日(木)の、「プロレス記念日」は~?
年度・団体【1985年・新日本・東京体育館】
カテゴリー【名勝負】
見出し:『大量離脱後初の、猪木×藤波、一騎打ち!』
『解説:長州一派の大量離脱という激震に見舞われた新日本。残った主力勢は猪木、坂口、藤波、木村と数えるほどという事態に陥った。そうした中で、師弟対決が組まれたが、これしかビッグマッチのメインにふさわしいカードがなかったというのが実情だった。/』

◎関連書籍、ニュース記事、試合動画、など。

 

 『』 

 

☆本日の、『漱石と明治人のことば』は・・・

漱石と明治人のことば目次

【今日のことば】「」――

【解説】

・細かすぎて伝わらない関連動画など

(「」「」で動画検索してみました!!)

→『』


ジョニーAのつぶやき:

◎加古川のまいど屋食堂

※快活クラブ加古川店から少し歩いたところにある魅力的な食堂に参上す。

 

※生卵無料自由は嬉しい制度。姫路城前の「たまごや」さんを思い出す。。。

 

●【NEW OPEN】唐揚げ食べ放題699円にチャレンジ!!

※からあげ食べ放題も確かに魅力ですー。

 

※駅そばが食べられる!加古川の地で姫路駅の気分・・・。なーんか不思議~。

 

◎駅そばつながりで、姫路駅の今・・・。

※上り、下りのどちらか忘れたが、駅そばの店舗が電車仕様に変貌を遂げている!

 

※避難を誘導する貼り紙かな~?と一瞬思ったら、「急がなくても駅そばあります」

というお知らせだったーーw

 

◎カフェ・ザ・フォースウォール

※行きつけの内科「空地」さんのビルの前に出来てた新しげなお店へ潜入~。

 

※小洒落たランチセットを戴く・・・。

 

※店内アベンジャーシリーズのアメコミでいっぱい。こだわりの店主さんのようである。

 

・食べログ ザ・フォースウォール (cafe the fourth wall)

☆クチコミ:「居心地の良い素敵なカフェ♬

・・・以前はなにがあったところなんだろう。新しい看板がかかってオレンジの優しい光が外に漏れていました。店内は音楽がかかっているものの静かで、本を読んでいる方がいらっしゃいました。表の看板にあった本とコーヒーのお店らしい光景です。私もカプチーノとスコーンをオーダーしてから、並んでいる本を見て一冊選んでみました。そしてしばらく読んでいると先にスコーン、次にカプチーノが運ばれてきました。



スコーンはプレーンとチョコの2種類です。プレーンの他は日替わりとのことでこの日はチョコでした。私が知っているスコーンとは形から違っていました。ゴツゴツしたイメージですが、まぁるくかわいい形です。膨らんだお餅のような。一口いただくと、ほろほろっとほどけていくような柔らかい食べ応えで、味はちょっと甘みがあって素朴です。付いている苺ジャムとクリームが味を添えてくれてとても美味しいです。チョコの方も、それだけでもクリームをつけても美味しくいただけます。カプチーノは量は多くありませんが美味しくてシンプルなスコーンとも良くあっています。
とにかくお店の雰囲気が良くて、いつまでも居たくなるような心地の良い空間でした。ゆっくりした時間を過ごしたいときにまた行きたいです。

◎洋食の店 白馬

※ツタヤ広峰店のほん近くにあるボリューム満点の庶民的なお店♪

 

※焼肉セット1300円!やっすぅう~~~~♪びっくり

 

●老舗大衆洋食 白馬のスペシャルランチ【洋食の店 白馬】

※お酒も飲みたいが、車を止めて休憩する場所がないんだよなー。

地殻にネットカフェ的な店ができんもんか・・・。

 

◎元祖 播州カレーうどん きそや

※「播州カレーうどん」という聞きなれない言葉につられてフラフラと・・・

 

※オバちゃんが一人で切り盛りしてて・・・。出てくるのが遅かったのと、味も普通

レベルだなぁー、と感じたので、もう行かないかもしれませーん!スンマソン。

 

◎おまけ 函館市場のデザート メロンソフト

※これは、自分自身へ「頑張ったご褒美」的な贅沢デザートっすかね。

んーー、でも、予想以上には美味しくなく、、、これまた、もう二度と

注文はしないかもしれんでっす!しょんぼりショボーン

 

◎おまけその2 森の湯でソカタ発見!

※必死で探してるときは見つからず、諦めたころにたまたま入った銭湯に置いて

あったッス。いやぁーー、嬉しかった!

でも、、、味はアメザリ柳原(ヤナギィ~)が推してた程には美味しく感じられず・・・

これまた微妙~な結果となってしまいますた!!以上。尻すぼみな日記デシタ。

 

・ヤナギハライブログ 2019-08-03 ソカタ!!

これ めちゃうまいんですけどー!!!

☆「プロレス今日は何の日」と「漱石と明治人のことば」をお届け~♪

(詳細は、1月1日の日記を参照のこと!)

☆さ~~て、本日9月18日(水)の、「プロレス記念日」は~?
年度・団体【1961年・WWWF】
カテゴリー【快挙】
見出し:『馬場がニューヨークMSGに出場』
『解説:同年7月より渡米していた馬場はロサンゼルスで活躍後、ビンス・マクマホンSrの持つニューヨークへ。ビリー・ズビスコ相手に、マジソンスクエアガーデン登場を果たす。』

◎関連書籍、ニュース記事、試合動画、など。

・プロレスグッズ ビル・ドロモ(ビリー・ズビスコ)

 

58年ごろにスタニスラウス・ズビスコの甥というふれこみでビリー・ズビスコとしてデビュー。馬場のニューヨーク第1戦の相手を務めている。64年9月に日本プロレスに初来日。67年7月、クラッシャー・ビル・ドロモの名で国際プロレスに登場。70年2月13日、カナダ・カルガリのスタンピード・レスリングでギル・ヘイズと組んでインターナショナル・タッグ王座を獲得。71年1月に日本プロレスに来日し、大木金太郎を破りアジアヘビー級王座を獲得。2月に大木に敗れ王座転落。74年4月、覆面をかぶりジ・インベーダーの名で新日本プロレスに登場。第1回ワールド・リーグ戦に「覆面代表」として参加。予選では6勝2敗の好成績。決勝リーグでは2勝5敗の結果だった。決勝の猪木、坂口戦に乱入するなどシリーズを盛り上げた。80年9月に国際プロレスに来日した際も、大木の保持するインターヘビー級王座に挑戦している。81年11月からテネシーでマスクマンのスーパー・デストロイヤーとして出場。82年ごろに引退。晩年はパーキンソン病を発症。12年12月28日、ジョージア州キャロルトンの自宅で死去。

・NEWSポストセブン 米初遠征時のG.馬場「ババ・ザ・ジャイアント」と命名された

馬場は9月18日に、ニューヨークの格闘技の殿堂マディソン・スクウェア・ガーデン月例定期戦に初登場し、シングルマッチでビリー・ズビスコ(欠場したラロ・ロドリゲスの代打)にフォール勝ちした。

 馬場が長期ツアーを行なった時代のニューヨークには、現在世界最大のプロレス団体WWEはまだ存在せず、現オーナーであるビンス・マクマホンの父、ビンセント・ジェームス・マクマホンは当時、ワシントンDCのローカル・プロモーターだった。

 馬場は昭和36年9月から、昭和37年12月までの1年4か月間におよぶ東部エリアでの長期ツアー中、マディソン・スクウェア・ガーデン月例定期戦に、16大会連続で出場。その間、中西部の激戦区シカゴのインターナショナル・アンフィシアターの定期戦にもレギュラー出場。さらに2、3か月に一度のペースでカナダの人気マーケット、モントリオールにも足を伸ばした。

 ババ・ザ・ジャイアントの対戦相手は“帝王”アントニオ・ロッカ、若き日の“人間発電所”ブルーノ・サンマルチノ、“魔神”ボボ・ブラジル、“魔術師”エドワード・カーペンティア、“殺人鬼”キラー・コワルスキーと、いずれも超一流どころばかりだった。by 斎藤文彦

※馬場さん、人相悪ぅ~!悪役そのものやなぁ。

 

☆本日の、『漱石と明治人のことば』は・・・

漱石と明治人のことば目次

【今日のことば】「事の失敗に屈すべからず、失敗すれば失敗を償ふ丈(だけ)の工夫を凝(こら)すべし」――陸奥宗光

【解説】

明治の外交官・陸奥宗光のことばである。何であれ、ものごとには失敗や挫折はつきもの。それに負けることなく、失敗を教訓にして工夫努力し、やり遂げるべきだというのである。陸奥はこうも言っている。

「諸事堪忍すべし、堪忍の出来る丈は必ず堪忍すべし、堪忍の出来ざる事に会すれば、決して堪忍すべからず」

事に当たっては、堪忍の心が大切だ、できるだけ耐え忍ばねばならない。それでも、もうこれ以上は無理だと思ったら、そのときは気持ちを切り換えあっさりと諦めればよい。そんな意味だろう。

 

陸奥宗光は、弘化元年(1844)の生まれ。紀州和歌山藩士・伊達宗広の六男だった。幼名は牛麿。藩内の政争で父が禁固されたこともあり、江戸遊学中に脱藩。陸奥陽之助と名を変え、坂本龍馬率いる海援隊に加わって活躍した。龍馬は陸奥の人物を評価し、「海援隊士の中で、隊からはずれても喰って志をとげられるのは陸奥だけだろう」と語っていたという。

 

維新後の陸奥は、明治新政府に出仕。外国事務局御用掛を振り出しに、神奈川県令(知事)、駐米公使、農商務大臣、外務大臣などを歴任している。着目すべきは、この間、明治10年(1877)の西南戦争の折に、土佐立志社の政府転覆計画に加担したとして、4年間の投獄生活を送っていることだ。この獄中で、陸奥は200 冊の本を読破し、ジェレミー・ベンサムの『道徳および立法の諸原理』の翻訳という仕事をなし遂げた。さらに出獄後は、外遊してローレンツ・フォン・シュタインに国家学を学んだ。まさに、「失敗を償ふ丈の工夫を凝した」のである。

 

その後、駐米公使として、メキシコとの対等条約、アメリカとの新条約調印を果たすのも、挫折によって深めた学びの成果であっただろう。明治30年(1897)8月没。53年の生涯だった。

・細かすぎて伝わらない関連動画など

(「陸奥宗光」「海援隊」で動画検索してみました!!)

●歴史【ドキリ★ソング】ブック _ We can stop the 不平等 by 陸奥宗光 . 小村寿太郎

 

●陸奥邸

 

ジョニーAのつぶやき:「竜馬がゆく」を読んだ者にとっては、陸奥といえば竜馬の可愛い弟分・陸奥陽之助おイメージが強くて、その後の活躍が実に誇らしく思えるんだわなー。

 

・eiga.com 作品情報 『アイスと雨音』

■解説

「私たちのハァハァ」「アズミ・ハルコは行方不明」などを手がけてきた松居大悟監督が、現実と虚構、映画と演劇の狭間でもがきながら生きる若者たちの姿を、74分ワンカットで描いた意欲作。ある小さな町で舞台が上演されることになり、オーディションで選ばれた6人の少年少女が初舞台に向けて稽古に励んでいた。しかし突然、舞台の中止が告げられてしまう。キャストは、「笑う招き猫」「ソロモンの偽証」などに出演した森田想、映画「るろうに剣心」で知られる田中偉登ら、すでに映画や舞台で活躍している者から演技未経験者まで、演技経験不問のオーディションで選出された。音楽をアコースティックギターのUKとMCのアフロから成る2人組ヒップホップバンド「MOROHA」が担当。2017年製作/74分/日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS オフィシャルサイト:削除済み

■スタッフ・キャスト

監督  脚本 松居大悟 プロデューサー 行実良 阿部広太郎 直井卓俊

遠田孝一 林武志 共同プロデューサー 時田曜子 撮影 塩谷大樹 照明 西尾慶太

録音 戸村貴臣 MIX 戸村貴臣 美術 片平圭衣子 衣装 KEISUKEYOSHIDA

ヘアメイク 吉村英里 音楽 MOROHA 制作主任 谷口雄治 制作進行 丸山陽介

舞台監督 津江健太 演出助手 川名幸宏 プロデューサー捕 吉川亜未 

ポスタースチール 高木美佑 ドキュメンタリー エリザベス宮地

■キャスト

■カスタマーレビュー

評定 5.0 「独特の世界観が癖になる」 アサシンⅡさん 2019年9月13日

・・・劇中劇というか、劇団の進展がそのままストーリーです。斬新な内容と確かな演技力。
途中、叫ぶような歌声が、何度も挿入されますが。どれもが、初めて経験する、新鮮かつ、

印象に残る。まちがいなく、日本映画の名作の一つです。

●予告編     

※先日DVD鑑賞した『君が君で君だ』の監督さんの別作品を借りてきたなりー。

 

・ひかりTV この物語、どこが現実でどこが虚構なのか…

松居自身、本作では上演中止を告げられる演出家役で出演。この言葉は現実の松居の言葉なのか、作品中の演出家の気持ちを代弁したものなのか…。「自主製作でもいいから作ろうと思って、今回、音楽を担当してくれたMOROHAのアフロ君にそんな話をしていたら“松居さん、怒りって半年とか経ったら絶対忘れちゃうから絶対に今やったほうがいいよ。次の舞台とか始まったら忙しくなっちゃって忘れちゃうから。今怒っている気持ちは今ここにあるから”って言われて“そうだな”って思って、すぐに映画の準備を始めました」 /そして映画を撮ることになるのだが、74分一発撮りという手法を取ったのはなぜ? 予算? 時間? 前からやってみたかった? /「舞台が中止になったという映画を撮るにあたり、どういうふうに撮ろうかと考えたんですが、舞台って幕が開いたら最後まで止まることなく終わるじゃないですか。役者は舞台が始まったらそのままカーテンコールまで行く。そういうものを映像的に見せたいと思った時に、カットをかけずに最後までいけば、それはきっと舞台でやっていることと変わらないことなんじゃないかと思ったんです」

一発撮り自体は何回も?

「作品になっているのは最後に撮った4回目のものです。本番は土日の2日間。リハーサルもかねてだったんですけど、土曜日に2回撮って日曜日に備えた。でも、日曜日は朝からすごく雨が降り出して、“うわ、終わった”と思ったんですが、“でもしようがない。今日撮らないと終わりだから”って1回目を撮ったんですが芝居が全然ダメで、“もう1回やろう”ってなって2回目をやった。そうしたら今度は外のシーンではちょうどいい具合に雨がやんだり、雨をにおわせるシーンでは雨が強くなったりとかいろいろうまくいって、泣きながらOKを出しました(笑)」

主演の森田想をはじめ、若い俳優たちの迫真の演技が心に残る。「主演は森田想なんですが、その友達役の田中怜子という子が完全に演技未経験なんです。大阪からオーディションを受けに来た。その時の脚本の台詞の読み方が、本当になんのフィルターもかかっていなくて、グッときて。この映画の成り立ちを考えると、この映画にとって一番必要な存在だと思ったんです。そうなると、この子の相方となる主人公は田中怜子を向こう側に連れていけるような存在感と、やることがめちゃくちゃ多いから圧倒的にうまくて魅力的な子じゃないといけない。そう思っていたら、最後のグループで森田さんが出てきた。彼女は多分これからどんどん出てくるんじゃないかと思います。圧倒的にうまかった。でも彼女は技術がありすぎて、全部うまくできてしまう。そうなると“うますぎてつまんねえな” と思って、“1回全部忘れよう”といった話をしました。“全然戦っているように見えない。戦っている風なお芝居をしているだけで本当に戦っていない”と伝え、結構やりあいました」 

/主宰する劇団、ゴジゲンが今年10周年を迎える。昨年は名脇役といわれるベテラン俳優たちをずらりとそろえ話題となったドラマ『バイプレイヤーズ』でメイン監督を務めるなど映像の世界でも活躍中。今年はどんな活動を? /「今は『バイプレイヤーズ』の続編を撮っています。今年はゴジゲン10周年なので、劇団の企画もいろいろ準備していて。映画と演劇の両方をやっている方はたくさんいますが、なんだかんだいって皆さん、どっちかに重きを置く気がしていて、僕はどっちでもない感じでいたいと思っています。“舞台が好きだからこういう感じの映像の演出になるんだ”とか、“映像の人だからこういう舞台の演出になるんだ”というふうに見られるのが嫌なんです。別に舞台とか映像にこだわっているわけではなく、面白いことを好きな人とやっていきたい。媒体はなんでもいい。一緒にやる人が僕にとって大事なので、その人とやるのが舞台がいいなら舞台をやるし、映像がいいなら映像をやる。結果的にそうなっているだけ、な感じはしています」 /この映画は松居が目指す生き方を如実に現した作品にも見える。 /「そうなんです。この作品は舞台だけやっている人にはできないし、映像だけやっている人にもできない、自分らしい作品だと思います。でも計算したわけではなく結果的にできた。だから今となってはいろいろな人には感謝です(笑)」(本紙・本吉英人)

※ワンカットにはほんとビックリだった。というか、これは演劇と映画の、これまでにない

ムチャムチャ新しいコラボだ。緊張感をもって最後まで走り通してくれて爽快な読後感

が残った・・・。

 

・感想ブログ BOYS AND MEN オフィシャルブログ アイスと雨音《田中俊介》

衝撃受けました。松居大悟監督最新作。74分ワンカット。

映画の力、ものすごい高温の熱。衝撃波となって身体に襲いかかってきました。映画製作に携わる全ての部署の熱がスクリーンから放たれていると僕は感じました。俳優部の身体から放たれるものは、役者の皆さんの力はもちろんのこと、それだけではなく、全部署のエネルギーが合わさり、混ざり合い、そこで生まれた化学反応から、映画を浴びる僕たち視聴者の元に届いたんだと思いました。(中略)いい刺激を受けました。

・加藤理恵 オフィシャルブログ

よくもまぁあんな表現にたどり着いて、それを完全に実行できたなと関心しっぱなし。

新鮮すぎてとても面白かった。そして主演の森田想さんが恐ろしい。

果てない深さと豊かさ、魅力が溢れすぎてて。彼女に惹きつけられて振り回されてあっという間に終わった鑑賞。やーすごい俳優だ。

※森田想さん、第2の蒼井優になりそうな雰囲気を感じたワァ。

☆「プロレス今日は何の日」と「漱石と明治人のことば」をお届け~♪

(詳細は、1月1日の日記を参照のこと!)

☆さ~~て、本日9月17日(火)の、「プロレス記念日」は~?
年度・団体【1984年・全日本女子】
カテゴリー【快挙】
見出し:『女子プロ初のWタイトル戦、ジャガー横田が2冠王』
『解説:不動のWWWA王者として活躍していたジャガーが、ラ・ギャラクティカのUWA女子王座と、大田区体育館にて統一戦、女子プロ初の二冠王となった。』

◎関連書籍、ニュース記事、試合動画、など。

●Jaguar Rimi Yokota v La Galactica Unification Title Match

 

●同上 part2

 

※ジャガースペシャル初披露!

 

☆本日の、『漱石と明治人のことば』は・・・

漱石と明治人のことば目次

【今日のことば】「人を殺して死ねよとて 二十四までをそだてしや」――与謝野晶子

【解説】

与謝野晶子が、日露戦争中、応召されて最前線の旅順にいる弟を思って綴った詩『君死にたまふことなかれ』の一節である。詩の冒頭から掲出のことばまでを、改めて記せば--。

「あゝをとうとよ、君を泣く、/君死にたまふことなかれ、/末に生まれし君なれば/親のなさけはまさりしも、/親は刃をにぎらせて/人を殺せとをしへしや、/人を殺して死ねよとて/二十四までをそだてしや」

このあと全40行余りつづくこの詩は、「旅順口包囲軍の中に在る弟を歎きて」と添え書きされ、雑誌『明星』の明治37年(1904)9月号に掲載された。この末弟は、晶子の実家の家業(菓子商)を継ぎ、妻も娶ったばかり。血気にはやるあまり、家や家族をも忘れ、決死隊に身を捧げるようなことがなければよいが、と晶子は気が気でなかった。

 

佐藤春夫にいわせれば、この詩は、「真情の迸るところ、或いは老いた母の心となり、或は若い妻の心となって、思いつめた姉の女心がむき出しに日常の会話の如く、すらすらと出来上ってしまった。詩人の天職に従い天真を流露せしめるに何の憚るところぞ、九重の雲いにも響けと歌い上げた」(『晶子曼陀羅』)ものであった。大町桂月のように「国家観念をないがしろにしたる危険なる思想の発現なり」と、ことさらな物言いで問題視する向きもあったが、大衆の多くは素直な女性の真情を受けとめ、次第に名詩として位置づけられるようになる。

 

思えば、これは晶子の処女歌集『みだれ髪』が世に出たときの騒動にも重なる。『みだれ髪』には、たとえば次のような歌が収められ
ていた。

「くろ髪の千すじの髪のみだれ髪かつおもひみだれおもひみだるる」
「ゆあみして泉を出でし我が肌に触るるは苦るし人の世の衣(きぬ)」
「いとせめてもゆるがままにもえしめよ斯くぞ覚ゆる暮れて行く春」
「やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君」

ほとばしる恋情を高らかに歌い上げるこれらの秀歌を、頭の堅い旧派のいわゆる道徳家たちは「娼妓、夜鷹輩の口にすべき乱倫の言を吐きて淫を勧めんとはする」「淫情浅想、久しうして堪べからざるを覚ゆ」と酷評した。けれど、若い文学愛好家たちからは圧倒的な支持をもって歓迎されたのである。

晶子は明治11年(1878)大阪・堺の生まれ。『明星』を主宰する鉄幹与謝野寛と恋に落ち、歌集『みだれ髪』の刊行を経て、結婚に至った。大正期以降の晶子は、作歌のみならず、童話や小説、古典の口語訳のほか、社会問題や女性問題に対する評論も積極的に手がけている。

・細かすぎて伝わらない関連動画など

(「与謝野晶子」「弟」で動画検索してみました!!)

●朗読 森繁久彌

 

●堺が生んだ歌人 与謝野晶子からのメッセージ (13分)

 

※与謝野晶子倶楽部 最新情報はこちら↓

・さかい利晶の杜 与謝野晶子倶楽部

 

ジョニーAのつぶやき:ジャガーさん 今は獲得 三漢を (旦那さんと息子さんの男《漢》を手に入れた!)

 

・eiga.com 作品情報 『きみにしか聞こえない』

■解説

中高生から絶大な支持を集める作家・乙一の同名短編小説を、「神童」の成海璃子と「初恋」の小出恵介共演で映画化した青春ラブストーリー。女子高生のリョウは内向的な性格のため友達がおらず、携帯電話も持っていなかった。そんなある日、公園で拾ったオモチャの携帯から着信音が鳴り、シンヤと名乗る青年の声が聞こえてくる。それ以来、携帯がなくても“通話”できるようになった2人は、互いに語りあうことで次第に心を開いていくが……。 2007年製作/日本 配給:ザナドゥー

■スタッフ

監督  プロデューサー 松橋真三 原作 乙一 脚本 金杉弘子

撮影 中山光一 照明 中須岳士 美術 松塚隆史 録音 深田晃 

編集 森下博昭 音楽 大谷幸 主題歌 DREAMS COME TRUE

■キャスト

■カスタマーレビュー

評価4.0 「こんな良い作品だなんて」 shirokumaさん

2010年11月16日・・・1リットルの涙で沢尻エリカの妹役だった成海璃子と小出恵介が演じる障害を持った人物とのラブストーリーアンドファンタジー。こんなに面白く出来あがるとは~。途中の変なラジカセもちょっとポイントですね。

●予告編

※とてもとても純ないい映画だっただけに、、いやぁーー、小出君の一件が邪魔でならない。

小出君がいい台詞を言うたびに、裏があるんじゃないか、騙してるんじゃないか?っていう

現実のスキャンダルとリンクさせて思っちゃうわけだ。そこがノイズとなってしまった・・・。

 

・超映画批評 『きみにしか聞こえない』70点 (ネタバレ部分を避けて引用)

リョウ(成海璃子)は学校で孤立しがちな女子高生。友達がいないからクラスでただひとり、ケータイを持っていない。ある日彼女は公園でおもちゃの携帯電話を拾うが、驚くべきことにそこに着信がはいる。恐る恐る出た電話の相手はリサイクルショップ店員を名乗るシンヤ(小出恵介)。やがて念じあうだけで通話できることがわかった二人は、四六時中の会話を通じて心を開きあっていく。いまどきの高校生にとって、クラスでただひとり携帯を持っていないということがどんな意味を持つか。非常に現代的で、鋭いところをついた設定だと原作を読んだとき私は感じた。ケータイがほしいと願っているヒロインは、つまりは友達を渇望しているのだ。彼女の気持ちに痛々しい共感を覚える若い人は少なくあるまい。

だが、映画版は肝心なこの若者心理をうまく表現できていない。それは、ヒロインに成海璃子という絶世の美少女をキャスティングしたという一点にすべての原因がある。原作のそれは、友達が一人もいないから携帯をもてず、やがて理想の携帯電話を頭の中で想像して遊ぶ寂しい少女だったのだ。脳内携帯で孤独を紛らわすなどという、いかにも若者らしい心理描写に異様にリアリティがあり、そこにある日着信が起こるという不思議な展開が、多くの読者をひきつけたといってよい。

ところが、超美少女の成海璃子がヒロインになったために彼女がクラス内で孤立する現実的なケースというものが設定できず、映画版では「脳内携帯を作り出すほどの絶望的な孤独」という大事な部分があいまいにされている。おまけに、おもちゃの携帯を拾うなどというどうしようもない設定変更をしてしまったがために、「本当は通話相手など存在せず、ヒロインの単なる二重人格、妄想なのではないか」という前半のサスペンスがごっそり失われるという大ミスを犯してしまった。これが当記事の見出しにある「削ったものは致命的」の意味だ。

ところが当の乙一は、この映画を見て「原作でもこうすればよかったと悔しく思った部分がいくつもあった」などと語っている。じつは、まさにそのとおり。映画版『きみにしか聞こえない』は、原作に加えたいくつかの新設定(とそれに伴う見せ場の組み立て方)が見事で、先ほどのマイナスをカバーするほどの効果を生んでいる。

その設定のひとつは、「相手役の青年が耳の不自由な男である」というもの。つまり、脳内携帯では普通にヒロインと話せていたが、現実の青年は言葉が話せないのである。このおかげで、ヒロインが何気なく歌う鼻歌を青年が聞いたときの反応など、映画ならではの感動的な場面がいくつも生まれた。そして、この物語最大のキモである終盤のクライマックス、「彼女が過去を変えようとする場面」のスリルが原作以上の完成度となった。(後略)

※美少女はクラスで孤立なんかしないという、物凄い偏見があるなー、この人はw

美人ゆえに煙たがられるという状況は十分リアリティあると思うが・・・。

脳内通話相手の青年が声を出せないという改変が絶妙だというのははげしく同意。

 

※撮影時は13才だったらしい。驚異の女優さんだな!

 

※国語の先生にはどうしても見えなかった高田総統。「腹の中の声!でてこいや!」

とでも言ってくれてれば、ネタとして許せたんだが。

 

・Amazon 「きみにしか聞こえない」 ーDVDー 成海璃子 (出演)

■内容紹介・・・乙一×成海璃子・小出恵介×DREAMS COME TRUE 切なさを描いた話題作がついにDVDリリース!

★今もっとも活躍している若手俳優の初共演作!!
ドラマや映画の主演作が続いている新鋭女優・成海璃子(「瑠璃の島」『神童』)と、活躍目覚しい小出恵介(「のだめカンタービレ」、『キサラギ』)が初共演!!

★DREAMS COME TRUEが11年ぶりに映画主題歌を書き下ろしたことも話題に!!
幅広いファン層から絶大な支持を持つドリカムが映画のために

書き下ろした同タイトルのシングルはオリコン初登場4位!

映画を優しく包むそのメロディーは話題に!

★原作は合計80万部突破!切なさの達人、乙一原作!

10代を中心に絶大な人気を誇る作家・乙一の傑作を完全映画化!
【本編ディスク】本編/特報/TVスポット
【毎回特典】特典ディスク


●本編未公開「もう1つのエンディング」
●DREAMS COME TRUE本編主題歌ミュージックビデオ収録
●本編メイキング
●特別インタビュー(成海璃子/小出恵介/荻島監督)
●舞台挨拶 などを収録予定。

※「もう1つのエンディング」というのが非常~~~に気になる。

 

※実はこの作品、ようつべで全編観れまするーー。コソーリ

 

◎原作者コメント(2ちゃんより)

こんなに美しい映画は見たことがない。
原作でもこういうふうにすればよかったと、くやしい思いをしたところがたくさんあった。
きっと原作ファンすべてが納得するであろう完成である。 <by乙一>

 

※『イルマーレ』との類似性を述べているレビューサイトが多いようだが、個人的には、文通相手と会うドキドキ感が、『(ハル)』ととっても似ているな~~、と感じたよ♪

因みに乙一さんは、『オーロラの彼方に』との類似性を心配していたとか。

 

・Amazon  スニーカーCDコレクション きみにしか聞こえない CALLING YOU

■登録情報

  • CD (2003/6/28)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ムービック
  • 収録時間: 78 分
  • ASIN: B00009SEN5
  • JAN: 4961524198856
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  

■カスタマーレビュー

真夜 5つ星のうち5.0 「すごくよかったです。」

2004年6月7日・・・原作もとてもいい作品でしたが、コレもすごくよかったです!このサイトでドラマCDがあることを知り、思わず勢いで買ってしまったものでしたが今では買ってよかったと本当に思っています。
乙一さん自らの手直しなので、原作とちょっと異なったストーリーでも違和感なく楽しめました。いや、こちらのほうがストーリーもしっかりしている気もします。声も結構あっていましたし、実際、このCDでシンヤ役の入野君が好きになりました。原作同様、涙の出る切ない作品に仕上がっていますが「救い」もあります。
何度も聞きたくなること間違い無しです。

※このドラマCDヴァージョンも聴いてみたいものだ。

 

●ドリカム きみにしか聞こえない

※ドリカムの主題歌は賛否両論みたい。

 

※強引にリョウに会いに来ようとするシーンに、小出の本質を見た!ダカラシツコイッテ!

☆「プロレス今日は何の日」と「漱石と明治人のことば」をお届け~♪

(詳細は、1月1日の日記を参照のこと!)

☆さ~~て、本日9月16日(月)の、「プロレス記念日」は~?
年度・団体【1986年・新日本】
カテゴリー【名勝負】
見出し:『猪木×ブロディ ボイコット事件から電撃復帰で60分ドロー』
『解説:試合をボイコットしたことから、新日本から追放されていたブロディが、11か月ぶりに猪木と激突。大阪城ホールでの決戦は60分フルタイムドローとなった。』

◎関連書籍、ニュース記事、試合動画、など。

●ブロディトレーニングビデオ 猪木を挑発シーンも

※なんだかんだで、猪木・ブロディ戦って、完全決着で終わったことないんじゃないのかなぁー?

 

●【CRアントニオ猪木という名のパチンコ機 道】猪木VSブルーザーブロディ!!

 

※パチンコ猪木はなかなか熱い演出に満ち溢れていたぞよっ!!

 

☆本日の、『漱石と明治人のことば』は・・・

漱石と明治人のことば目次

【今日のことば】「共に生きる時間、触れ合う時間が長いと、小石を積み上げるように、愛情の山ができてくるのであろう」――獅子文六

【解説】

NHKの土曜時代ドラマ『悦ちゃん』が秘かな人気を呼んでいる。今日はその最終回(第8回)の放送が予定されている。原作者は獅子文六である。

 

獅子文六は明治26年(1893)横浜生まれ。本名は岩田豊雄。獅子文六というペンネームは、百獣の王であるライオン(獅子)と、文豪(文五)の上をいく文六との組み合わせ。洒落とはいえ、豪気なものだ。獅子は慶応義塾文科を中退し、大正11年(1922)、貿易商をしていた父の遺産を留学資金にしてフランスへ渡航。パリで演劇を学び、帰国後、岸田國士の誘いで新劇協会に入り演出家として出発した。やがて岸田らとともに文学座を旗揚げ。傍ら、生計を立てるため、フランス風のユーモアとエスプリをきかせた小説を書きはじめ、『悦ちゃん』『てんやわんや』『自由学校』などで人気作家となっていく。

 

その一方、私生活では、獅子文六は、妻に先立たれるという悲哀を二度までも味わっている。最初の妻はフランスから連れ帰ったマリイ・ショウミイ。帰国から7年目の昭和7年(1932)、フランス人妻は長女の巴絵を残して病死した。文六はまだ幼い娘の養育を思い、2年後に愛媛県出身の富永シヅ子と再婚。16年連れ添ったあと、そのシヅ子をも亡くしたのだった。/掲出のことばは、シヅ子を亡くしてしばらくのち、文六が夫婦としてともに積み重ねた年月をしみじみと振り返り綴ったもの。「生起した事実を、順々に、できるだけ、克明に書いた」という小説『娘と私』の中からの引用である。

 

シヅ子と再婚するとき、文六は、自分のことは脇に置き、ともかく娘の養育のことを最優先にして母親となるのに最適の人を選んだ。それが亡くなられてみると、知らぬまに、自分にも最良の妻となっていたことに、いまさらながら気づかされる。夫と妻は、それぞれのやり方で愛情の小石を積み上げ、それがいつしか大きな山となっていた。文六は、伴侶をうしなって、その山の前に茫然と立ち尽くすのである。

・細かすぎて伝わらない関連動画など

(「獅子文六」「妻」で動画検索してみました!!)

●【紹介】七時間半 ちくま文庫 (獅子 文六)

※これは読んだ。けっこう読み応えあったゾヨ!

 

●海軍(プレビュー)冒頭部分

・獅子文六のペンネームで馴染みのある岩田豊雄の同名小説を、映画「無法松の一生」等で知られる村山新治監督が映画化。北大路欣也の現代劇主演第一回作として話題を呼んだ作品である。昭和十六年十二月八日、帝国海軍の真珠湾攻撃を皮切りに、太平洋戦争の火蓋が切って落とされた。

 

ジョニーAのつぶやき:小説は最後にひねりが効いててなかなか後味良かった。映画は設定増し増しで、さらに感動が重厚になってた♪あぁー、つくづく小出のスキャンダルが惜しいの一言ですわ~。

 

 

☆2019年8月16日~2019年9月15日の間にメディアに露出した有名人、DVDなどで観賞した作品の出演者、もしくは、直接お会いした一般人などなど、とにかく全ての局面でカッチョイイ~♪と感じさせてくれた男性(or男性キャラ)を対象とし、毎月超私的に選出する萌え度ベストテン。それがギザ萌えヒーロー(略してGMH♂)ランキングである!(毎月16日近辺にヒーロー編を、1日近辺にヒロイン編をお届けするのが恒例となっている)。同性さえも萌えさせる、その人間的魅力に満ち溢れた男性ランキング。今回もまた、少々簡潔な発表となる・・・

 

☆第10位 竹内義和

※「オーコワ選手権」や「怪談王」のイベントに常連として出演、結果もそこそこ

出しているアニキにご登場いただいた。夏はサイキックの怪談回を思い出すー

 

☆第9位 マイケル・ダグラス

※中国版『カイジ』で、胡散臭いアメリカンな利根川を演じ、なかなかハマッてた。

でもまぁ、個人的には邦画の香川照之の方が好きヤケドー。

 

☆第8位 ムロツヨシ

※『ダンス・ウィズ・ユー』で、主人公たちと微妙な絡み方をする探偵さんを演じて

ムロツヨシ臭全開で楽しませてくれた。最近、佐藤二朗はフザケ過ぎのきらいが

あるが、ムロさんはこういう抑えた演技もできるので有能だと思うーーー!

 

☆第7位 千原ジュニア

※DVD鑑賞した『ごっこ』で主演を張った。これがなかなか良かったのだ。

あまり期待しないで観てると、けっこう最後の方の展開で涙に咽ぶことに

なる映画ですよ~、いやマジでマジで。

 

☆第6位 香取慎吾

※バラエティ番組「スッキリ」に生出演して、ニュースになっていたので。

他のTV局で話題になることこそまるでないものの、、、少しずつ、少し

ずつ、雪解けの時期も近いのかな、と思わせてくれる一件であった。

 

☆第5位 斎藤工&北村一輝

※DVD鑑賞した映画『去年の冬、きみと別れ』が、すこぶる良かった。実は叙述トリック

小説に今ハマッてて、原作に手を出したのだがこれはイマイチに感じていたのだ。

小説のくどい部分を見事にブラッシュアップして面白みも消していない。。。理想的な

原作の映画化例ではなかろうかーー。

 

☆第4位 星野源&高橋一生&濱田岳

※『引っ越し大名』は姫路が舞台ということで、けっこう地元の映画館では客入り

が良さそうな状況・・・。予想以上にこの3人のコンビネーションが抜群であった。

 

☆第3位 宮本浩次

※JAPAN最新号にインタビューが載っているということで、関連記事をば貼る!

 

・ROCKIN’ON これまで見せたことのない姿を次々と展開するソロ・宮本浩次。その真実を語った、衝撃のインタビュー


エレファントカシマシの30周年イヤーを終えて、間髪を入れずにソロとしての活動を開始した宮本浩次。数々のアーティストとのコラボレーション、CM出演や楽曲提供、そして新曲“Do you remember?”は横山健がギター・プロデュースで参加し、夏フェスには横山をギタリストに迎えバンド体制で登場。今、新たな面を次々と見せながら、無限大の可能性を爆発させようとしているソロ・宮本。その真相に迫る必読のインタビューとなっている。
以下、インタビューから発言の一部をお届けする。
(インタビュー=山崎洋一郎 撮影=佐内正史)

一体誰に対して歌ってるんだろう、俺は一体って。なんで生きてるんだろうに近いんだけど。最近出た結論が、やっぱ自分に歌ってるんじゃないかっていう。“冬の花”も、“Do you remember?”も自分の人生の1ページのひとつの出方。“冬の花”は大人の自分が俯瞰してる人生観だと思うし、“Do you remember?”は青春のひとコマっていうか

横山健、Jah-Rah、Jun Grayっていうこの3人は、リズムのとり方が、俺にとっていちばん違和感がなかったの。別に違和感があるから悪いんじゃなくて、自分にとっていちばんすんなりしたギターのリズムのとり方だったの。まあ横山健さんにいちばん感じたけど。いちばん素直にいられる場所だったっていうか、ロックバンドっぽいなって

言葉が平べったくなっちゃうんだけど、やっぱね、愛ってことなんですよ。すごい大事ね。なんなんだろうね、愛という言葉じゃないのかもしれないけど。その想いみたいなものがかたちになるのね。幸いなことに、そういうなかで仕事をしてることは、やっぱ非常に幸せといっていい。やっぱ想いがないところで仕事をしちゃうと、絶対ダメ

エレファントカシマシは次のステップにいってると思うし、自然に。だから心配してなくて。宮本浩次のソロはやっぱ生まれたての新人なんで、これをまずひとつかたちにして、自信を持って、かたちにしていきたいと思います。大いに期待して下さい

この続きは2019年8月30日(火)発売の『ROCKIN’ON JAPAN』10月号で!

 

 

・ハセのブログ さん ジャパン10月号・宮本浩次インタビュー(1)

アルバムを軸に宮本がエレファントカシマシの歴史を語っている部分(P68~69)。この部分を整理しておきたい。

『エレファントカシマシ』『エレファントカシマシⅡ』『浮世の夢』は、4人による作品。

『生活』『エレファントカシマシ5』はソロ色の強い作品。『奴隷天国』はバンド回帰(成功せず)。『東京の空』はよりソロ色の強い作品。

『ココロに花を』『明日に向かって走れ‐月夜の歌‐』は4人+佐久間正英・土方隆行の両巨匠による、エレファントカシマシの最高傑作。

『愛と夢』『good morning』『ライフ』は打ち込み・小林武Pによる、ソロ色の強い作品。

『DEAD OR ALIVE』から『町を見下ろす丘』はバンド回帰。

ユニバーサル期は、バンド志向とソロのミックス。

以上が宮本から見たエレファントカシマシの歴史である。ポニーキャニオン期のあの2枚を最高傑作と位置付けているというのは初めて知った。”売れた”というのが理由なのかも知れないが、前提として4人(+2人)で作り上げたという事が大きいのではないかと思う。ユニバーサル期には、佐久間正英に代わり蔦谷好位置をプロデューサーにむかえて、あの2作を凌駕するアルバムを作ろうとしたのだろう。『STARTING OVER』『昇れる太陽』あたりは大きな手ごたえを感じていたと思うが、結局その夢は果たせなかった。

その見果てぬ夢を、エレファントカシマシとしてではなく宮本浩次として目指す、それが宮本のソロ活動だという。

●この円環のなかを まめサン

※まだ見たことのなかったみやじのフォトが満載で最高ヤァ~~~~!!お願い

「俺の流儀でいかせて くれ!」

 

☆第2位 池松壮亮&満島真之介&大倉孝二

 

※三人寄れば文殊の知恵と言うが、ストーカーが3人寄れば、知恵も何もかも消えてなくなり、

本能だけのおぞましい世界が訪れるのか!と愕然とした。。。

 

●『君が君で君だ』 完成披露舞台挨拶 その2

※ハンパなくヤバいのは満島くんだろうナw

※よく見ると、池松クンはスカートを履いてるゾ

 

●新・伊藤さとりと映画な仲間たち

※ヒロインは『息もできない』の娘(コ)だったのかぁ~~。気づかなんだー。

 

・映画ナタリー 池松壮亮、覚悟を持って演じた「君が君で君だ」振り返る「宇宙人になろうと思った」

キム・コッピ演じるヒロイン・ソンの憧れの人物である尾崎豊になりきる男を演じた池松。役を演じるにあたり「最近いろいろな映画や表現があり、あまりにもごちゃごちゃしている。ここらへんでひとつ、かっ飛ばしてみようかなと思いました」と熱い思いがあったようで「映画とか、人とか、表現とか、ものすごく気を使う時代になってしまって。そういうものを超えるため、宇宙人みたいになり、銀河みたいなところに行ってみようと思いました。伝わると思って表現していたものを一度爆発させて、この作品に乗せて演じられたように思います」と語る。

※背がひょろ長くてツルンとした顔立ちの大倉さんは、ある種宇宙人っぽいといえるかも。

 

☆第1位 マ・ドンソク

 

 

 

・船木誠勝オフィシャルブログ 韓国映画「ファイティン!」

  気になっていた映画がありましたので鑑賞しに行って来ました。韓国映画「ファイティン!」 /マ・ドンソクさん演じる アームレスリング選手の物語。アクションあり、笑いあり、そして最後は感動の涙。主演のマ・ドンソクさん、一発でファンになってしまいました。

韓国映画「ファイティン!」/迫力がありますので、劇場での鑑賞をお勧めします!

※船木のブログに合成写真w そんなんもしはるんやぁ~~。

 

・ヤフブロ 韓国 ソウルの中心で愛を叫ぶ! ドンソク兄貴の家族愛を懸けた“腕アクション”

 観る前は、スポーツが題材であるにしても、スタローンの『オーバー・ザ・トップ』みたいな腕相撲映画だなんて、「アメリカじゃあるまいし、韓国に腕相撲選手権なんて存在しないじゃないの!」と思ってネットで調べてみたら、ちゃんとあってビックリしました。「社団法人・大韓腕相撲協会」が主催でちゃんと毎年大会も行われています。特に人気がないので知らなかったということなんですね。(^^;)

いっぽうで、韓国の海外養子問題を扱いながら、家族とは何かを考えさせる温かいヒューマンドラマにもなっていることが憎いです。後は二人の子供たちのかわいさというものがまたなんともいえず、この二人の存在が、映画全体の“手”をテーマにしたクライマックスシーンを輝かせているのですが、そのような伏線の回収の仕方も素敵でしたね。また、イケメン俳優として、クォン・ユルさんとパク・ソノさんが味方側と敵側として出ています。今回はドンソク兄貴の存在感が大きい中で、そのやせ細ったイケメンたちはすっかり、お肉にかけるソースのようになっていましたが、それなりにソースもしゃれていて美味しかったのではないかと思います。一見詐欺師のクォン・ユルさん演じるチンギも、知ってみれば心優しい息子でしたしね…。

実は映画を観に行く前日に、近所の「ダイソー」に寄ったら、レジに並んでいた韓国の小学生たちが「『チャンピオン』、面白いぞ、大当たりだった!」みたいな会話を大きな声でしていたのですが、子供向けにもなりそうな、本当に分かりやすく痛快な作品でしたし、小さな子供からお年寄りまでに、絶賛お勧めの一本でしたよ!♪ヽ(´▽`)/

※原題は「チャンピオン」か、、、してみると、アリスの「チャンピオン」なんかもBGMに向いてたカモネン~♬

●今一番熱い韓国人俳優!その魅力とは!?

 

※今月は、マブリー月間!!次は『守護教師』『犯罪都市』あたりを観るでぇ~~~~ぃ!

☆「プロレス今日は何の日」と「漱石と明治人のことば」をお届け~♪

(詳細は、1月1日の日記を参照のこと!)

☆さ~~て、本日9月15日(日)の、「プロレス記念日」は~?
年度・団体【2001年・ZERO-ONE】
カテゴリー【大会】
見出し:『第1回火祭りを制したのは大谷!』
『解説:旗揚げ直後のZERO-ONE』が肝入りで進めていた「火祭り」は、当初バトラーツが協力し、石川雄規らが出場予定だった。ところが直前に開催された「真撃」に“霊長類ヒト科最強”マーク・ケアを参戦させたことで猪木が激怒。橋本に絶縁宣言し、バトラーツも追随する。/出場選手探しに奔走した第1回には、大谷、田中将斗、佐藤耕平、参戦を直訴する大日本の若手・関本大介、ショーン・マッコリー、ホース・シュー、サモア・ジョー、Xとされていたジョージ高野がエントリー。大谷が耕平を下し、全勝優勝を果たした。

◎関連書籍、ニュース記事、試合動画、など。

●大谷晋二郎 入場シーン 1【オールスタープロレスリング】

※懐かしいなー、この映像!!

 

●大谷といえば、アメトークのこの特集コーナーで感動したっけー。

 

※右上の岡田(タイガージェットシン姿)は大してプロレスファンでもないくせに!w

 

☆本日の、『漱石と明治人のことば』は・・・

漱石と明治人のことば目次

【今日のことば】「ただ此処に ぽつんとゐればいいのだ」――草野天平

【解説】

一昨日紹介した詩人の草野心平には、民平と天平というふたりの男兄弟がいた。彼らも詩人であった。

心平より4つ年上の兄・民平は、大正5年(1916)、17歳で早世した。あとに、詩や歌を綴ったノートが残されていた。心平はこの早熟な兄のノートに刺激を受け、詩を書き始めたという。

 

心平が処女詩集『廃園の喇叭』を世に出したのは、兄の死から7年が経過した大正12年(1923)。20歳の心平が徴兵検査のため一時帰郷した際、母校の小学校の謄写版を借り、自ら原紙を切って印刷したのである。この処女詩集も、正確には、兄・民平の遺稿と心平の作品とで構成された共著と呼ぶべきものであったという。一方、弟の天平は心平より7つ年下の明治43年(1910)生まれ。昭和27年(1952)に42歳で没している。求道的精神の持ち主で、晩年は比叡山に山籠もりしていたという。そんな天平の残した詩のひとつが、掲出のことばを含む下記のようなものだった。

「人は死んでゆく
また生れ
また働いて
死んでゆく
やがて自分も死ぬだらう
何も悲しむことはない
力むこともない
ただ此処に
ぽつんとゐればいいのだ」

詩の題名は「宇宙の中の一つの点」。人間はほんとにちっぽけな存在に過ぎない。与えられた命を、肩の力を抜いてありのままに生きればいい。そこには、心平にも共通する宇宙観を読み取ることができるだろう。心平も、原稿用紙の真ん中に点(・)だけを書いて、ひとつの詩作品として発表したことがあった。心平は昭和63年(1988)85歳で没した。兄の民平や弟の天平に比すると、随分と長命であった。

・細かすぎて伝わらない関連動画など

(「草野天平」「詩」で動画検索してみました!!)

●(詩)子供に言ふ 草野天平 朗読:向井智子

 

※喧嘩は容認するんやー。昔の教えやな~~。

 

●草野天平 ひとつの道:自序」

 

ジョニーAのつぶやき:草野三兄弟、塾のテキストにもよく出て参ります・・・。