第38期前期C2リーグ結果

テーマ:

先日、第38期C2リーグ前期日程が終了しました。

自分は+116.5pで32名中10位。

8位以上が昇級なので、残留となりました。

昇級ラインとの差はわずか4.5p。4500点分です。

最終戦開始時に5位につけながら、最終戦他の選手の追い上げに屈してしまいました。






さて、今期のリーグ戦、僕が打っていた中で特に意識していたことがあります。

それは「着取り」。

要するにどの着順を狙うかということです。

そんなこと言ったら当然トップが良いわけですが、毎回トップというわけにはいきませんし、トップを狙った時に負うリスクも考えなければいけません。




ところで、今巷では25000点持ち30000点返しというルールが普及しています。

日本プロ麻雀協会もこのルールを採用していますが、このルールだとトップが偉い。

順位ウマのほかに、オカとしてトップに20000点分が上乗せされます。

同じ平均順位2.5だとしても、2着3着を取り続けるより、トップとラスを取り続けたほうがいいのです。




では最高位戦ルールはどうかというと、30000点持ち・30000点返し。

順位ウマが10000点・30000点。オカはなし。

つまり純粋な着順勝負。

2着3着を取るのもトップラスを取るのも価値は同等です。

そのため、無理にトップを取ることにさほど大きな意味はなく、着順ダウンのリスクと天秤にかけなければならないのです。




3節目、こんなことがありました。

オーラス、自分は2着目。

トップの親とは1200点差。

3着とは1000点差でラスとも3000点差ほど。

中盤、僕は仕掛けてタンヤオのみの両面テンパイを入れていました。

トップ目以外からの出あがりは2着のまま。

ツモるかトップ目から出るかすればトップになります。

しかし、僕は「出たらあがる」と決めていました。

理由は単純で、3着目どころかラスも近いことと、トップにそれほど魅力がないことがあったからです。

結果的にラス目から出あがり、2着となりました。




もう一つ。最終節での出来事。

オーラス、2着目。

トップとは14800点差、ハネツモでトップです。

3着目の親とは8000点差ほど。

6巡目にこんな手になりました。

799m234p678s東東 暗槓7777p

ドラ7p。

リーチしてツモればトップです。

関連牌は、89mを一枚づつ上家が切っていて、東は生牌。

対面下家はマンズを切っていない。




結果から書きますと、7m切って9mと東のシャンポンでリーチ。

一発で8mをツモってきてしまいますが、程なくして親から東で出あがり。

裏が乗って12000でしたが、2着で終了でした。


一応選択が裏目に出てトップを逃したわけですが、僕はこれでいいと思っています。

というのも、3着目が微妙な点差で、親番だったからです。

無理にハネツモを狙った結果あがり切れず親に捲くられてしまう、というのは避けなければなりません。

それよりも確実に2着+マンガン以上を手にしたほうがいいと判断したのです。




実は途中の選択でもそれを意識していて、3巡目、

799m2347777p78s東東

ここから7pをカンしています。

東が生牌だったこともありますが、1枚切れだったり、どうしてもハネツモを狙いたいなら9mを切るでしょう。

ただ今回は上記のような状況で

「最終形がシャンポンで、出あがり2着でも良い」

と考えたためこういう選択をしました。

もちろん最終節なのでポイント状況も大いに関係あり、トップが欲しいなら違う選択になったかもしれません。




このように、トップに重きを置くのではなく、純粋に着順取りを意識した選択をしてきました。

今期の結果は

1着 5回

2着 7回

3着 5回

4着 3回

となり、意識が多少なりとも表れたかなあという感じです。




とはいえ…

結果として僅かな差で昇級を逃してるんですよ。

まあこればっかりは運が悪いのもあるのですが、やっぱりどうしようもない後悔をしてしまうんです、人間。

あの時1000点を見逃してツモってトップになっていたら……とか、

あそこでカン8mに取ってトップになっていたら……とか。

考えたらキリがないですね。




去年の後期に続き2半期連続で昇級争いに敗れたわけですが、この悔しさもいい経験になったのかなと思います。

降級争いではなく毎回昇級争いができるなんて恵まれてますよ。

次こそはこれを生かしたいですね!




およそ1ヶ月後には後期のリーグ戦が始まります。

3度目の正直ということで昇級目指して精一杯戦います!!


では!

今日

テーマ:
今日、明日は東京大学の学園祭、五月祭が行われています!
場所は赤門で有名な本郷キャンパス。

毎年のごとく、僕は特に関わっていませんが、お時間ある方は是非!
ちなみに、僕の所属してる建築学科のコーナーもあるので、よろしければお立ち寄りください☆(こちらも僕は関わっていませんがw)


話変わって。
今日は故飯田正人永世最高位の一周忌です。
飯田さんの話はいろんな人から聞くけど、やっぱりすごい人だったんだなあ。
今日行われるAリーグでは、各々の選手が皆、各々の飯田さんへの思いを胸に、きっと素晴らしい戦いを見せてくれるでしょう!

ではー

たまには自戦記!

テーマ:

若干長文注意。

たまには自戦記でも書きます!

前期C2リーグ第2節
まずは結果から!

同卓者:白鳥p、今西p、栗田p


4着 ▲34.6
1着 +35.6
3着 ▲23.7
1着 +50.7

今節合計 +28.0
トータル ▲16.7 C2リーグ21位


トータルプラスが目標だったので、少し届きませんでしたが、なんとかポイントをプラスすることはできました。

印象に残った場面を中心にどうぞ!


●1回戦
東1局 手なりでメンピン一発ツモの1300・2600。幸先良いスタート。


しかしその後は先手を打たれる苦しい展開・・・
みんな親で2600オールとか4000オールとか上がりすぎじゃないデスカ?


南場で再び1300・2600をツモるも、オーラスの親番を迎えた時点で微差のラス目。

オーラス親2巡目
2268m34p2468s白白東
から、トップ目上家の今西pが切ったドラ2mをポン。
苦しい仕掛けだが、タンヤオ変化もあり、牽制の意味も込めて。
その後、押し気味の上家から5sが鳴けるが、それ以降は受けに回られる。
結果は・・・
34p778s白白 546sチー 222mポン
テンパらず!!

途中8sツモで2秒くらい考えちゃったのです。
終盤だし8sは2枚切れだったから絶対ツモ切りなんですが、こういうのノータイムで切らないと傷になるんですよね。。。
ということでラス。今日も苦しいのかなあ・・・


●2回戦
東1局西家2巡目
234789m4p13579s北北 ドラ3m
何切るのがいいんだろう・・・
5s切って、8s引いてリーチになりました。
すぐに2sが出て2600。


次局は役役ホンイツがあっさりあがれて8000。


その後は大きな移動なく丁寧にトップ目のままオーラス。
マンガン条件の今西pが打ったリーチにラス親の白鳥が打ち込む。
開いた手はメンタンピン・・・
裏は・・・乗らず!!
ホッヽ(;▽;)ノ
嬉しい今期初トップでした(´▽`)


●3回戦
起家スタート。その配牌↓
22334477m48p4556s (ドラ南)
キタコレ(゚∀゚)!
しかし!!これが2段目の終わりくらいまでテンパらないわけですよ!まやかしか!
その間に47sが6枚見えとかになりながら、チーテンは断固拒否。
やっとテンパったのは
22334477m45556s
なにこれ。逆にあがれそう。
とか思ってたらツモ6m。
さすがに58mでリーチ!
下家今西pが宣言牌をチー、次巡ツモ切る5m。
「(一発ツモだったよー)ロン。12000(は~)」
ため息付きたいのは打った方ですね、はい。


なんと3半荘連続で東発にあがるというめでたさ!


しかし、ここから悪魔の転落モード突入。

1本場。白鳥pのホンイツ仕掛けと栗田pのリーチに挟まれながら、ピンフドラ1のシャンテン。
ここから、ノーチャンス1枚切れの1pを打ったら白鳥pに単騎で8300の放銃。


今西pの4000オールを挟み。


東3局。ドラ8s。
123456m34p99p8s中中
場に8pが全見え。9pと中は初牌。
なんでもリーチしてやると思ってる中、10巡目に4sをツモ切ると、親の白鳥pからロンの声。
456m456p5566788sの18000。
一気にラス落ち。あれ?東発に親満あがったんだけど。


切り替えてラス抜け劇場!

次局。
888m344455578p67sドラ2p
9p3枚見えだけど、2pも3枚見え。8p切り!成就せず!


南1局。
配牌
66778m57p3s白白中中中北
ホンイツで12000になればいいなーと思っていたら、今西pがダブリー。聞いてない。
3巡目、カン6pを引いてテンパイ、リーチ!
今西pから8mが出て7700。3着ほぼ並び。


その後も、必死の1000・2000や、普段ならリーチしてるようなピンフドラ1のダマテンをあがり、オーラス3着目。


2着目の栗田pと4300差、ラス目の今西pと7700差。
無理をすれば2着が取れなくもない手でしたが、丁寧に打って3着キープ。ラス抜けできたので上出来です!


●4回戦
序盤は小場の展開ながら、東3局で今西pがリンシャンドラドラ(ドラ単騎)というアクロバット3200オールを見せトップ目に。


東ラスの親番でも先制リーチを追いかけられ、一発で5200放銃。ラス目に。


そこから、耐えました。ええ。
なかなかあがれそうな手も入らず、テンパってもリーチする状況じゃなかったり。


大人しくラス目で迎えた親番。(※ちなみにこの時点で18時を過ぎてます。)
まずはあがれそうな配牌からあがれなさそうなメンタンリーチ36s。
これがあっさりツモれて2000オール。


1本場。配牌。
22889m2557p23566sドラ8m
ドラドラだけどちょっと重い。
4巡目
22388m555p23566s
この形から2mをポン。
その後すぐに2mを加槓するも、ずっとツモ切りが続く。
8巡目、白鳥pに合わせて今西pが切った7sをチー。
ちょうど4枚目の1sが切られた次巡に白鳥p4sが出て7700は8000。
3着浮上!


2本場。
栗田pのピンズ、白鳥pのマンズ染めに挟まれながら、ソウズを2つチーしてソウズ待ちの1500は2100を出あがり。


3本場。
4巡目テンパイ取らずからの高め一盃口リーチ!流局!


4本場。
すごく場況がいいカン8pリーチのみ!流局!


5本場。配牌。
46779m47p13s南西北北發ドラ3p
ここから打1s。マンズに寄せたいんだけど、河を大人しくさせたかったんです。やりすぎかな?
3巡目。
46779m47p南西北北發發
ここから發をポン。
南が重なってポンして2段目にはこの牌姿。
6677m西北北 南ポン 發ポン
10巡目、3着目の栗田pからリーチ!
すぐに5m引きテンパイ。
12巡目に栗田pから出あがり。12000は13500。
これで50000点越えのトップ目に!


6本場。
2着目とは15200点差。満ツモでもまくられない。
とりあえず引き気味に手を進めるも、一旦テンパイが取れる。
結局あがりになることはなかったけど、どうしようかずっと考えてました。
ハネツモなんてそう簡単にされないし、ラス争いしてる人達もいる。
けど、ここで安易な選択して次局まくられたら悔やみきれない。
安全に伏せました。今西pから以外だったらあがらなかったと思います。
強い人たちはどこまでも積むって言ってましたが!

とにかくこれでめでたくトップ終了。


今節は割としっかり打てた気がします。
自分で着順取りに行くことができたし!
あととにかく疲れました。6時間半もやったのは初めて。。。
でも最後までしっかり集中できたので、次節もこの調子で!


そろそろ100pくらい勝たないと!


では!