彼ほど勇敢な人間を私は知らない。

けれど、子どものころの彼は、とても臆病者だった。体も小さく、しょっちゅういじめられていた。

彼の両親は、そんな彼を心配して山に登ることを教えた。自然に触れて、彼に強さを学んで欲しかったのだ。
 
自然という有能な教師に鍛えられた彼は、みるみるたくましい若者に成長した。

しかし、若さが彼を惑わせた。

彼は次第に、危険な冒険をするようになったのだ。
危険と引き換えに彼は自分が強いことを証明したかった。

彼が求めていたものは強さの証明、それだけだった。危険な冒険はそれを自分に授けてくれると信じていた。

強さを証明するためだったら、彼は死んでもいいとさえ考えていた。

世間の人は語り継いでくれるだろう。死をも恐れなかった危険な旅をした彼を勇敢だったと。そして、彼の強さを称えるだろうと。

あるとき彼は、これまででいちばんの危険な冒険をはじめた。

誰も登ったことのない世界一高い山へ、たったひとりで登りはじめたのだ。

旅は困難を極めた。

彼は何度も死にかけた。死に物狂いで山頂にたどりついたとき、彼は、足を一本と手の指をすべて失っていた。

満身創痍の彼は、これでもう死んでもいいと思った。死ぬことさえ恐れなかったおそれない自分は、ついにもっとも大きな世界一の強さを手に入れたのだと思った。

しかし、山頂で朝日が昇るのを見たときに、彼は悟った。

彼は、生きて山を降りねばならないと。
 
凍え切った彼を暖かい陽の光が照らしていた。

自分は、生きているのだ。

あんなにおそろしい道を通ってきたのに、まだ生きているのだ。

なぜだ。なぜ生きている。

虚空に向かって問いかける。

彼には痛いほどわかっていた。

彼が生きているのはそれは、彼が勇敢で強いからじゃなかった。

自然が彼を生かしてくれたからだ。どんなに凍えようとも、陽の光が彼を温めたからだ。そうまでして、彼に教えていた。

生きろと。

自然はやはり有能な教師だった。

彼は、自分を死なせてはいけないと思った。

自然が彼に教えたほんとうの強さは、自分を愛することだった。

〜〜

私の初めての小説『生きているうちに。』(サンマーク出版)で書いたこの挿話の主人公は実は栗城君でした。

早過ぎるよ..もう一度、会いたかったよ、栗城君...

{D140483B-9443-4280-A6A8-ED914BDE0A2D}