J.Matsuo

J.Matsuo

マンガの進行具合など

J.マツオの現在進行形


新刊『フクロミコ』
2020年4月15日から電子書籍にて配信開始。
¥350

     ☆

2020年?月?日(延期)
「コミティア132」に参加します。

     ☆

2020年5月
ミニ短編公開

「海のもの」

     ☆


『指のビーナス』
2017年から電子書籍にて配信中。
上下、各¥350。

     ☆

2013年3月
『BIG HIP』発行(自費出版)しました。

現在、『BIG HIP』を買えるお店です。

COMIC ZIN …………(新宿&秋葉原&ネット)
恭文堂コミッククラフト店 …………………(目黒)

     ☆

J.マツオの本

『トロピカル・ムーン』1987
『たまごの国のアリス』1989
『ライト・ブレイン・チルドレン』1990
『ガーデン・オブ・ブレイン』1992
『キャンバス』1996
『タマゴと創造性』2002
『フォービドゥン・センス』2007
『BIG HIP』2013
『指のビーナス』2017
『フクロミコ』2020

ご注文はfuu30so5@yahoo.co.jpまで。

 

メルカリにて、

 

自分の本を売ってみる事にした。

 

当然、新品である。

 

 

現在置いてくれる本屋さんもなく、

 

売るイベントも少なく、

 

全く巣立ってくれないゆえの方法だが、

 

はたして……?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、「ほてる月」12~19枚目までのペン入れ中である。

 

ペンタブで頑張って描いているが、

 

なかなか慣れなくて時間がかかってしまう……。

 

 

ところで、

 

タブレット面を紙の質感にするというシートを貼って作業しているが、

 

全く紙に描いている感じはしない。

 

 

そもそもペン先が丸いツルツルのプラスチックみたいなものなので、

 

あの紙にペンがひっかかる描き味などする筈がない……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、

 

短編「ほてる月」12~19枚目の下描き中である。

 

今回は紙を使わず、

 

はなからPCを使って描いている。

 

 

以前トーン貼りをPCでやっていると書いたが、

 

そうするとその後のホワイト入れの作業も

 

当然PCでやらねばならなくなると気づいた。

 

そして当然マウスのみだとホワイトで描ける線に限界も出てくると気づき、

 

時間を無限にかければできるかもしれないがいやそれは……

 

と私はついにペンタブを購入、

 

せっかくだからと下描きからそれを使っている訳である。

 

 

ただ全く紙を使うのをやめるという事ではなく、

 

原稿用紙とペンで描くという事も、

 

ミニ短編やイラストでは続けていくつもりだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、ミニ短編「海のもの」のペン入れ中。

 

徐々にではあるが進行している。