中国&台湾茶 遥かなる銘茶への旅

 


             中国茶deチャイナな気分
http://chineseteasalon-xingfu.com/


★Xingfu中国茶&台湾茶講座「はじめてみよう!中国茶」(初級講座)第17期生は全席満席となりました!謝謝!次回は2019年10月開講となります。★★  



 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

2019年東方美人茶たち

東方美人茶はわたしにとって、原点の茶。


10年以上愛飲しているのは東方美人茶の銘茶師のもの。


10年以上、徹夜をしながら、東方美人茶の製茶に携わり、徹夜の最中、何度となく語り明かした夜の会話は忘れがたい思い出です。

 

 

なにより品種や製茶によって、東方美人茶に与える影響の違いなど評茶ができるようになったのは、二人の銘茶師が作る東方美人茶のおかげです。

 


二人の銘茶師が作る東方美人茶が、わたしにとっての東方美人茶の定義となっています。


茶の定義は人によって異なります。


茶は飲むものである以上、茶の定義は飲んでいる茶葉の品質で決まるためです。


自分の五感で感じ、学んでいかなくてはならない。


それが中国茶&台湾茶の難しさの一つかもしれません。



茶はブランドとして飲むのではない。

 

 

東方美人茶というブランドでなく、茶葉に向き合って飲んだとき、品種や製造工程のこだわり、そして、歴史、そのすべてが見えてきます。

 

 

数年から台湾茶業史の研究をしたいと思ったきっかけも、東方美人茶でした。


銘茶師の二人に会い、最高品質の東方美人茶を飲み続けていたからこそ、自分の眼で原点である史料を分析し、東方美人茶の歴史を研究したいと思ったのです。


そして、いま、原点となる史料を解析する中、「ものがたり」ではない、東方美人茶の歴史が少しずつわかってきました。


その上で、茶師が作る東方美人茶の深さも分かってきました。

 



東方美人茶の銘茶師である、阮茶師が作る東方美人茶。

 

 

妥協を許さない東方美人茶は東方美人茶の原点を教えてくれます。

 

 

2019年、阮茶師が作った東方美人茶。



品種や時期、飲んだ時に茶葉の育った風景を感じられる茶葉。


美味しいだけでなく、その先を感じてもらえたらうれしいです。

 

 

どうぞ楽しみにしてください。



 

 

 

中国茶&台湾茶研究家

中国&台湾茶教室―Tea Salon Xingfu  ★★ 主宰 今野純子
 

ご訪問、ありがとうございます♪。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>