セラピストスキルアップ実践会 宮森のブログ

セラピストスキルアップ実践会 宮森のブログ

セラピストスキルアップ実践会<TS実践会>認定講師の宮森大地です。実践会で得られたものや、日々の臨床で培ってきたものをお伝えできたらと思います。動画も毎日ではないですが配信しています。よろしくお願いいたします。

NEW !
テーマ:

---【PR】---


【6月腰痛セミナー】 
https://nakamura-koutarou.1andingpage.com/?page_id=9132 

-----------

セラピストスキルアップ実践会認定講師の宮森大地です。
本日もブログにお越しいただき、本当にありがとうございます。


気が付けば明日からまた大阪でした。

施術の合間に配布資料を印刷して、講義内容を整理して…。

ああ…やることがいっぱいで目が回りそうです。
仕事があることは幸せですが、何事も計画性が大切だと感じている今日この頃。

 

 

そんな本日は「小さな積み重ねが財産になる」というお話。

 


毎週のように記事にしていたのですが、東海大学で3回講義を担当してきました。

(最後の集合写真。ゼミの学生さんなので基本的にまじめに受けてくださいました)

3週にわたってヨガを2種類と、姿勢や歩行、筋肉のコリの探し方やほぐし方、内臓治療など、盛りだくさんでお伝えしてきました。

内臓治療なんてペアを組んでやっていただきましたが、そこら辺の治療家さんよりもお上手でした。

 

 

今回、私が担当したのは、医療系の学生さんではありません。

体についての知識もほとんどなく、しかも単位を取るために講義を受けている学生さんたち。

体の不調が多少なりあっても、気にはならない20代前半の若者たち。


人は健康であればあるほど、その有難味を感じにくくなるように思います。

それだけに、私がお伝えしていることを聞いても、その本当の価値や意味をしっかりと理解することはなかなかにむずかしいことでしょう。

…と、思っていました。


最後の講義が終わって、教室を出て歩いていると、ひとりの学生さんから声をかけられました。

「先生、今まで教えていただいたことをやっていたら、味覚が変わったのか、今まで甘いものが好きだったんですけど、あんまり食べたくなくなって、代わりに野菜とかを食べたくなって食べるようになりました。それだからか痩せてきました。大丈夫ですかね?」


私も甘いもの好きで個人的に作ったりもするのですが、どう考えても甘いものって体に悪いんですよね。

それだけに「ああ、素晴らしい変化ですね。体の声を聞けている証拠だと思います。体の声を聞きながら、続けてみてくださいね」とお返事しました。

 

 

今回は栄養についてはお伝えしていないのですが

1.私がお伝えしたことを続けてくれたこと

2.体の変化を感じてくれたこと

3.それをしっかりと伝えてくれたこと

これが何よりも嬉しかったです。


感想を直接お伝えしてくれた学生さんが、今後も続けてくれるかはわかりませんが、少なくともこの3週間で体が変わった経験はきっと覚えていてくれることでしょう。

こうした小さな積み重ねが人生においての大きな財産になるのだ、と私は思っています。


私も伝え方がまだまだ下手くそですが「病気になる前になんとかしたい」という、私が整体院を開院した当初のやりたかったことや想いが、少しずつですができ始めて、形になりつつあるのかな、とも思うと感慨深いですね。


私の小さな活動の積み重ねが、誰かの健康という財産になるように、これからも続けていこうと思います。
たまには‟良い人”風の文章を書いて終わりたいと思います(笑)


本日もブログを読んでいただき、本当にありがとうござました。
それでは、また明日。


セラピストスキルアップ実践会はセミナーを毎月開催!
セミナー情報は以下からチェック!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://goo.gl/pHJngS

 

 

セラピストスキルアップ実践会代表や認定講師のブログ更新情報はコチラから↓

 

 

 


☆宮森個人のLINE@はコチラ↓☆
友だち追加


セラピストスキルアップ実践会認定講師
宮森大地



テーマ:

---【PR】---


【6月腰痛セミナー】 
https://nakamura-koutarou.1andingpage.com/?page_id=9132 

-----------

セラピストスキルアップ実践会認定講師の宮森大地です。
本日もブログにお越しいただき、本当にありがとうございます。


本日はめいっこが家に泊まりにくるようです。

元気が有り余ってなかなか寝ないチビ怪獣をどうしたものか…。

早くに寝かせるをミッションにしたいと思います。


本日は「産後に気を付けたいこと」というお話。

産後、というより子育て期間中のお話なのですが…。

 

年齢的にも同級生に子どもがいることがおおいです。
体をみているとある共通点があるんです…。




本日もブログを読んでいただき、本当にありがとうござました。

それでは、また明日。


セラピストスキルアップ実践会はセミナーを毎月開催!
セミナー情報は以下からチェック!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://goo.gl/pHJngS

 

 

セラピストスキルアップ実践会代表や認定講師のブログ更新情報はコチラから↓

 

 

 


☆宮森個人のLINE@はコチラ↓☆
友だち追加


セラピストスキルアップ実践会認定講師
宮森大地



テーマ:

---【PR】---


【6月腰痛セミナー】 
https://nakamura-koutarou.1andingpage.com/?page_id=9132 

-----------

セラピストスキルアップ実践会認定講師の宮森大地です。
本日もブログにお越しいただき、本当にありがとうございます。


母親の旅行中に断食をしていました。
断食明けは水分量のおおいものを摂取します。
大根などを煮たものが良いのですが、面倒で熟れたバナナを食べたらお腹を壊しました。
断食中よりも体重が減りました…。


さて、本日は「わずかな歪みも見逃すな」というお話。


操体法は歪みをととのえることを目的としています。
操体法でいう歪みは骨の歪み、関節部分でのズレを言います。
当会代表の中村光太郎曰く「操体法はインナーマッスルに効く」ものなので、言葉の上ではインナーマッスルが効けば骨の歪みは是正されます。
※インナーマッスルは関節の安定化作用があると言われる筋肉がおおいので。


そのため、基本的な操体法のテクニックでも十分に歪みの改善が可能なのですが、時々うまく決まらないときがあります。
そんな時、私は全身の関節をゆっくりと触診させていただきます。
そうすると、大抵は体の関節のどこかに大きくズレのある関節があり、その周囲筋に硬結が確認できます。
関節のズレが長期化すると、その周囲筋にも病理学的な変化(硬結)が生じ、筋の伸縮性が乏しくなっていることがおおいです。
こうなった状態では、いくら患者さんに力を入れてもらっても筋収縮がうまく入らないので、関節の是正には至らないわけです。


そこで大抵、私は3つの手順で治療を展開します。
1.歪みを見つけた関節の骨操法で直接的に是正
これをすることで関節の歪みによる筋緊張が低下します。

2.周囲筋の硬結のリリース
筋緊張が低下しても残っている筋硬結自体をリリースすることで、筋の伸張性が改善します。

3.基本操法を通す
1と2の手順を通っているため筋収縮も入りやすくなり、感覚が良くなっているので患者さんも効果を実感しやすくなります。


これらの手順を行っていくと、大抵はうまく決まっていきます。
ぜひ、全身の関節を触る際にわずかな歪みも見逃さないように、ゆっくりと丁寧に触診するようにしてみてください。


また、今回の私がお伝えした筋硬結に対するアプローチを当会認定講師の坂出光平が7月1日(日)に東京神田近郊にて開催します。
(詳細はコチラ↓)
https://peraichi.com/landing_pages/view/we5ev

坂出は当会きっての実力派で、知識量に裏付けされた技術から圧倒的な結果を出している講師です。
この機会にぜひ、ご受講ください(再度の開催はおそらくないでしょう)。


本日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございました


セラピストスキルアップ実践会はセミナーを毎月開催!
セミナー情報は以下からチェック!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://goo.gl/pHJngS

 

 

セラピストスキルアップ実践会代表や認定講師のブログ更新情報はコチラから↓

 

 

 


☆宮森個人のLINE@はコチラ↓☆
友だち追加


セラピストスキルアップ実践会認定講師
宮森大地



テーマ:

---【PR】---
【6月腰痛セミナー】 
https://nakamura-koutarou.1andingpage.com/?page_id=9132 
---------

セラピストスキルアップ実践会認定講師の宮森大地です。
本日もブログにお越しいただき、本当にありがとうございます。


断食していたおかげで冷蔵庫の中にあった食品がえらいことになってました。

水も常温で飲むので5日ほどあけてなかったんです。

生ごみとして処理しました…。

 

 

さて、本日は「わずかな既往歴も聞き逃すな」というお話。


「大したことないですけど、事故はありましたね」

患者さんは平気でこんなことを言ったりします。

でも、それがかなり体にとっては負担をかけたりするんですよね。

患者さんに話は徹底的に聞いていきましょう…。








本日もブログを読んでいただき、本当にありがとうござました。

それでは、また明日。


セラピストスキルアップ実践会はセミナーを毎月開催!
セミナー情報は以下からチェック!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://goo.gl/pHJngS

 

 

セラピストスキルアップ実践会代表や認定講師のブログ更新情報はコチラから↓

 

 

 


☆宮森個人のLINE@はコチラ↓☆
友だち追加


セラピストスキルアップ実践会認定講師
宮森大地



テーマ:

---【PR】---

【5月五十肩セミナー】

まもなく定員になります 
 https://nakamura-koutarou.1andingpage.com/?page_id=4257 

-----------
 

セラピストスキルアップ実践会認定講師の宮森大地です。
本日もブログにお越しいただき、本当にありがとうございます。


私は母と二人暮らしなのですが、今母がポルトガルに旅行しております。
食事をとるのも面倒なので断食をしているのですが、そうすると社会とのかかわりが極端に減ります。
朝起きて仕事してまっすぐ帰る。
その間、患者さん以外とは話をしない。
ある意味健全ですが、社会的生物としてはなんか違う気もしますね。


さて、本日は「常識をぶっ壊せ」というお話。


ブログでも取りあげたのですが、5月中に3回、東海大学で講義を担当しています。
先週はその2回目で、女子大生に生理の話をしてきました。
私は男性ですが、職業柄こういったお悩みも聞き、アプローチもしているので案外普通に話をすることができます。


ところで、患者さんを通して私は世の中の“常識”を知ります。
患者さんからよく聞く言葉としては…
「生理痛が痛くない人っているんですか?」
「生理不順があっても人より痛い思いする回数が減ってラッキー☆」

などです。


臨床でアプローチをすると、生理痛がなくなって生理周期もととのってきます。
それが本来の生理の在り方なのだと思うのですが、どうやら世の中の女性の多くはそう思っていないようです。
その背景としては、女性間でもこういった話をあまりしない、ということもあるようです(患者さんから聞いた感じでは)。


どうやら今回の女子大生さんたちもそうだったようなのですが、生理痛や生理不順がなぜあるのか?そこからどんなリスクが将来的に考えられるのか?を伝えると、目の色が変わった方が何人もいました。


少々前置きが長くなりましたが、これが本日のテーマでもある“常識”を“ぶっ壊した”瞬間です。


本人たちが問題を問題と認識していない原因が世の中や本人の“常識”にあった場合、「いや、それ普通じゃないから、まずいから」と理路整然と説明すると、かなりインパクトがあります。
自分が認識していなかった問題を指摘されると「え、私やばいじゃん」となるわけですね。
さらにその解決方法も提示できれば、まじめに取り組んでくれますし、治療院ではリピートにもつながりやすくなります。
どうやら私はこれで女子大生の心をつかんだようです(笑)
講義中の質問や発言も増え、講義後に個別の質問がくるようにもなりましたし。


とは言え、まだまだ世の中で「整体で生理痛がよくなる」は“常識ではない”ので、それ一本で最初からいくのはなかなかむずかしいでしょう。
治療家の“常識”は世の中の“非常識”であるという典型的な例で、あまりに奇をてらいすぎると「ただの変な人」になりますのでご注意ください。
実際の臨床では、基本的には主訴を改善して信頼を得てから、そちらのアプローチを進める方が賢明でしょう(私は最初から話は聞きますが)。


良くも悪くも人はそれぞれの“常識”の中で生きているので、それをうまく利用すると他との差別化もできますよ、というお話でした。
変な人にならない程度に使ってみてください。
ちなみに私は服装も含めて変な人でいられるのですごく楽な生き方をしています。
認知されたら楽なので、それまでがんばるというのもアリですが。


本日もブログを読んでいただき、本当にありがとうござました。

それでは、また明日。


セラピストスキルアップ実践会はセミナーを毎月開催!
セミナー情報は以下からチェック!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://goo.gl/pHJngS

 

 

セラピストスキルアップ実践会代表や認定講師のブログ更新情報はコチラから↓

 

 

 


☆宮森個人のLINE@はコチラ↓☆
友だち追加


セラピストスキルアップ実践会認定講師
宮森大地



テーマ:

---【PR】---

【5月五十肩セミナー】

まもなく定員になります 
 https://nakamura-koutarou.1andingpage.com/?page_id=4257 

-----------
 

セラピストスキルアップ実践会認定講師の宮森大地です。
本日もブログにお越しいただき、本当にありがとうございます。


どうやら本日の雨を機にまた涼しくなるようです。

風邪の症状も落ち着いてきたのに大丈夫かな…と戦々恐々の宮森です。

そして昨日壊れたと思っていたビデオカメラはただの電池切れでした。

おっちょこちょいでかわいいね☆

 

 

さて、本日は「患者さんの名言に救われた」というお話。


私の院には高齢者の方もたまにいらっしゃいます。

昨日、80歳の両膝が痛い方がいらっしゃいました。

その方は朝起きて1時間ほど体のために体操をしています。

(本人曰く「それをやってやっと体が起きるんだ」とのこと)

しかも両膝が痛いのに今でも脚立に乗って自宅の庭木を剪定するような方です。


正直、体を動かしすぎじゃないか?

庭木の世話だって息子や孫に頼めばいいのではないか?

と、思ったりもしますし、それとなく伝えてみたこともあるのですが「自分でできるうちはやりたいのよ」と言って続けてらっしゃいます。
負担でかいよなぁ…と思いつつも、、それだけ自分自身のためにまじめに取り組める方なので、少しずつ良くなってきています。素敵。


昨日、「〇〇さんはなんでそんなに頑張ることができるのですか?」と聞いてみました。

そうすると、こんな答えが返ってきました。

 

 

「それはね、先生。今やらなきゃ明日もきっとやらないから。私も年で人生も終わりに近づいてきたけど、どれだけ振り返ってみても、いつだって今が1番大事なの。それに、誰かが私のためにやってくれて私の体が良くなるのならいいけど、そうじゃないでしょ。他ならぬ自分のためなら、私がやるほかないじゃない。明日の私のためにも、今の私ががんばらなきゃ申し訳ないじゃない」

 

 

80歳と言う大先輩の言葉だからか、とても身に染みましたね。

‟どれだけ振り返ってみても、いつだって今が1番大事”とは、未来を見据えての言葉で、なんだかハッとさせられました。
つくづく、こういった仕事は学ばせてもらうことが多いと改めて感じました。


週末ということで休まれる方も多いと思いますが、明日のために私たちもがんばっていきましょう。
本日もブログを読んでいただき、本当にありがとうござました。

それでは、また明日。


セラピストスキルアップ実践会はセミナーを毎月開催!
セミナー情報は以下からチェック!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://goo.gl/pHJngS

 

 

セラピストスキルアップ実践会代表や認定講師のブログ更新情報はコチラから↓

 

 

 


☆宮森個人のLINE@はコチラ↓☆
友だち追加


セラピストスキルアップ実践会認定講師
宮森大地



テーマ:

---【PR】---

【5月五十肩セミナー】

まもなく定員になります 
 https://nakamura-koutarou.1andingpage.com/?page_id=4257 

-----------
 

セラピストスキルアップ実践会認定講師の宮森大地です。
本日もブログにお越しいただき、本当にありがとうございます。


ビデオカメラの電源が入らなくなりました…。
高かったのになぁ…。

と落ち込み気味の宮森です。

なので本日は文章でお伝えしていきます。

 

 

本日は「膝関節の痛みの原因が股関節にあった症例」というお話。


昨日いらしたご新規の方の訴えは右膝の痛みでした。

しゃがんだり、立ち上がったり、階段の上り下りで痛みを訴えていました。

動作を再現してもらうと、すべからく右下肢はKnee-in,Toe-outのアライメントを呈していました。

(おなじみのこれです↑)

 

このアライメント自体を修正することで痛み自体は軽減するのですが、問題はなぜこうなるか?です。

この方が今まで行った整体院などでは…

・膝の筋肉が弱くなっている

・骨盤が歪んでいる

・背骨が曲がっている

・歩き方が悪い

・働きすぎ(笑)

と言われてきたそうです。

 

 

最後のはさておき、上4つは確かにそうなのです。

では、なぜ膝の筋肉が弱くなっているのか?骨盤が歪んでいるのか?背骨が曲がってしまったのか?歩き方が悪くなってしまったのか?

これらについて説明があったかどうかを聞くと、それはなかったそうです。

これは現状を説明しているだけで、その場の痛みは取れるかもしれませんが、実は何の解決にも至っておりません。

 

 

で、私は歩き方を見たところ「ああ、怪しいなぁ」と思って調べてみたら、右の股関節の前捻角がかなり増大していました。

昔から床の生活で、右足を内旋させた横座りをするくせがあったそうです。

つまり、成長期など骨格が決定してくる時期に横座りを続け、大腿骨頸部がそれに適応しようと前捻角が増大し、それが成人になっても持続され、少しずつたまった負担が今になって現れたわけです。

 

 

骨格自体の問題は半永久的に治りませんので、どこかでカバーするほかありません。

私の提案としては

・付随して不安定になっていた足関節をしっかりと安定化させる

・腰椎での代償を最小限にするために胸椎レベルの関節運動を確保する

・Knee-in,Toe-outのくせを直す

を当面の目標として提示しました。

ご本人は「そんなに自分の体の中に問題がそんなにたくさん潜んでいるとは思わなかった…まじめに取り組みます」とのことでした。

 

 

 

正直、背骨が曲がっているとか、骨盤が歪んでいるなんてことは小学生でもわかりそうなことなのですが、問題はなぜ目の前にある形に歪んでしまっているのか?という点も大事だと思います。

生活習慣や日頃の動作からそれらを拾えることが多いので、それらと結び付けていくとご本人も気をつけて、日常生活から歪みを作らない生活をしてくれます。
久々にいろいろなものがつながった症例だったので報告させていただきました。


本日もブログを読んでいただき、本当にありがとうござました。
それでは、また明日。


セラピストスキルアップ実践会はセミナーを毎月開催!
セミナー情報は以下からチェック!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://goo.gl/pHJngS

 

 

セラピストスキルアップ実践会代表や認定講師のブログ更新情報はコチラから↓

 

 

 


☆宮森個人のLINE@はコチラ↓☆
友だち追加


セラピストスキルアップ実践会認定講師
宮森大地



テーマ:

---【PR】---

【5月五十肩セミナー】

まもなく定員になります 
 https://nakamura-koutarou.1andingpage.com/?page_id=4257 

-----------
 

セラピストスキルアップ実践会認定講師の宮森大地です。
本日もブログにお越しいただき、本当にありがとうございます。


なかなかに暑い日が続いておりますね。

関東は週末に雨がすこし降ると、また涼しい気候に戻るんだとか…。

また風邪ひかないように気を付けないといけませんね。

 

 

さて、本日は「女子大生に30歳のおじさんが生理の話をしてきました」というお話。

※タイトルだけみるとあぶなっかしいですが、まじめな話です。

(まじめにやっている証拠その1 ヨガの風景)

 

先週から週1で全3回、依頼された講義の2回目を東海大学でしてきました。

私は男性ではあるものの、職業柄、生理の話は普通にできてしまいます。

学生さんたちがどのような反応をするのか読めませんでしたが、おおむね好評のようでした。

 

 

(まじめにやってる証拠その2 生理のお話)

 

治療院でもこういった話はよくするのですが、患者さんからよく言われることは「そもそも生理の話ってあまり女性間でもしない」ということ。

余程ひどい状態にならない限りは市販薬を飲んだり、婦人科にかかったりすることもないでしょう。
実際、そこで良くなれば良いのですが、治療院をやっていると専門の医療機関でもいまいち変わらなかった、なんて方にも出会ったりもします。

そこまでくると、相談する場所がないという状態になります。

これはなかなかにつらいことです。

毎月くるものに耐え続けなければならないのです。

薬を飲んでも痛みで倒れそうになりながら仕事をしている方を私は何度もみてきました。

 

 

そもそも整体で生理痛が改善なんてこと自体が普通じゃないので、患者さんの頭の中に整体師に生理痛を相談するということ自体ないのですが、しっかり主訴を改善すると話をしてくれたりします(私の場合は最初から聞くようにしていますが)。
また、治療家の在り方として、‟なんでも相談できる存在である”というのはとても大事だと思います。
そのためには知識も技術もないといけませんが…。


今回は女子大生を中心にお伝えしてきたのですが、第2回ということもあってやや打ち解けた雰囲気。

授業を早めに切り上げると個別に質問にきたりと、すこしずつ健康意識が高くなってきているのかな?相談しやすい感じになってきたのかな?と思い、嬉しくなりました。


あらためて若いうちから健康を維持することの大切さと価値を、今回の依頼された講義で私も教わっています。

また、こういったことを治療家もすすんでやっていくべきだと思います。

まとまりがありませんが、院にこもってないでいろいろ活動の幅を広げていくのは広く社会貢献につながるな、とあらためて感じたので記事にさせていただきました。


本日もブログを読んでいただき、本当にありがとうござました。
それでは、また明日。


セラピストスキルアップ実践会はセミナーを毎月開催!
セミナー情報は以下からチェック!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://goo.gl/pHJngS

 

 

セラピストスキルアップ実践会代表や認定講師のブログ更新情報はコチラから↓

 

 

 


☆宮森個人のLINE@はコチラ↓☆
友だち追加


セラピストスキルアップ実践会認定講師
宮森大地



テーマ:

---【PR】---

【5月五十肩セミナー】

まもなく定員になります 
 https://nakamura-koutarou.1andingpage.com/?page_id=4257 

-----------
 

セラピストスキルアップ実践会認定講師の宮森大地です。
本日もブログにお越しいただき、本当にありがとうございます。


本日は再び東海大学で講義をしてきます。

来週もあるのですがテーマが決まっておりません。

どうなることやら…。

 

 

さて、本日は「50万くらいの買い物をしてわかったこと」というお話。


先日、50万円くらいの買い物をしました。

はじめから買う気だったのですが、いろいろ商品があって売り手をお話をしました。

結果、50万円の商品に魅力を感じたのですが、オススメされたのは別の商品でした。

このギャップを埋めるのは、やはりセールスに求められるあるチカラだと思うのです。
私はこんな風に感じました。





本日もブログを読んでいただき、本当にありがとうござました。

それでは、また明日。


セラピストスキルアップ実践会はセミナーを毎月開催!
セミナー情報は以下からチェック!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://goo.gl/pHJngS

 

 

セラピストスキルアップ実践会代表や認定講師のブログ更新情報はコチラから↓

 

 

 


☆宮森個人のLINE@はコチラ↓☆
友だち追加


セラピストスキルアップ実践会認定講師
宮森大地



テーマ:

---【PR】---

【5月五十肩セミナー】

まもなく定員になります 
 https://nakamura-koutarou.1andingpage.com/?page_id=4257 

-----------
 

セラピストスキルアップ実践会認定講師の宮森大地です。
本日もブログにお越しいただき、本当にありがとうございます。


この記事は5月13日(日)の大阪で頭蓋セミナーを終えた新幹線車内で書いております。
少々、興奮状態で暑苦しい文章になると思われますが、ご了承ください。


さて、本日は「自分に負けるな」というお話。
今回、大阪では4月に内臓編、5月に頭蓋編と2か月にわたり応用コースを初開催しました。

初開催でしたので、ほとんどの受講生さんがはじめて学ぶ内容でした。
とくに頭蓋編は理論的な背景やタッチなど、要求されるレベルが少々高めのようで、感覚をつかむのに四苦八苦されている方も見受けられました。


セミナー中、「むずかしいです」と何度言われたことでしょうか。
この言葉には、講師として伝え方の問題もあり、猛省する部分もあります。
ただ、この言葉の中には少なからず、ご自身の知識不足があることを忘れてはなりません。
相互張力膜と言われて、しっかり硬膜の解剖学的なイメージが思い浮かぶ方は少なかったでしょう。
まずは学んだことの内容、その理論的背景にある解剖学や生理学、運動学の知識の反復した確認は必須でしょう。
正に基礎の反復がものをいうと思います。


それでも、ある人はそれを継続でき、ある人は途中であきらめていくのです。


普段だったら、あきらめていく人たちに叱咤激励をします。
「習ったことやお金や時間がもったいない」
「習ったことで救える人を見捨てるようなものだ」

こんな風に責め立てることもできるでしょう。
ただ、本日はそれをしません。
なぜなら、あきらめていく人たちの気持ちがわかるからです。


習ったところで、治療家はひとりです。
臨床では誰もアドバイスをくれません。
練習だって、周りに同志がいなければひとりでやるしかありません。
常にそういった孤独と闘いながら、知識を積み重ね、技術を磨き、臨床経験から学んでいくしかないんです。
あきらめていっても、仕方ないと思います。


でもね、セミナーの最後の最後にお伝えしました。
このメルマガを読んでくれているあなただって、すぐには自転車に乗れなかったでしょう?
乗りたくて練習を始めて、当然何度も転んで痛い思いもした。
それでもあきらめずに練習して、感覚をつかんで乗れるようになったはず。


人は誰しもが、何かを成し遂げる才能を持っているんです。
だから、自分に負けないでください。



仲間に言葉をかけてもらうのもいいでしょう。
誰かに慰めてもらうのもいいでしょう。
それでエンジンをかけ直して、前を向けるのであれば。


でもね、1番励ましてくれるのは、頑張っていた過去の自分だと思います。
今つらくても乗り越えていきましょう。
この経験が、いつかくるかもしれない不安で苦しい時に、今の自分が未来の自分を励ましてくれるから。


明日のために、がんばっていきましょう。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。


セラピストスキルアップ実践会はセミナーを毎月開催!
セミナー情報は以下からチェック!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://goo.gl/pHJngS

 

 

セラピストスキルアップ実践会代表や認定講師のブログ更新情報はコチラから↓

 

 

 


☆宮森個人のLINE@はコチラ↓☆
友だち追加


セラピストスキルアップ実践会認定講師
宮森大地


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。