月曜日の朝に、勢いがつく! | 寺社イベント研究家・福田祥子

寺社イベント研究家・福田祥子

寺社で行われるイベントを取材・記事を執筆するかたわら、マンダラエンディングノートのファシリテーター、終活カウンセラー初級としても活動しております。

{6BC48A33-4234-4ADB-BE95-92D3EDC026DE}

先週の月曜日の朝の話になりますが、僧侶の青江覚峰さんにお声がけいただき、高橋晋平さんの月クの会に行ってきました。朝7時に渋谷の某所に集合なので、早起きが苦手な私は、前日からちゃんと起きなきゃと緊張感がみなぎっていました😅

会社員であったり学生さんであったり、月曜から金曜がオンの人で、月曜の朝がちょっぴり憂鬱って人のために企画された会で、みんなで朝ごはんを食べて、僧侶の青江さんのお話を聞きます。朝ごはんは、各自もってきます。私も家の近所でおにぎり買っていきました。楽しくお話してリフレッシュしたら、憂鬱な気分もふっとび、スムーズに出社できるかな?

会社員時代を思い出すと、元気な頃は「よーし、今週もぶちかましてやるぜ」的なファイティングポーズ取りながら週明けを迎えている感じでしたが、体調を悪くしてからは、やっぱりまたあの忙しい毎日がまた5日間も続くのかと果ての無い気持ちになり、月曜日がかなり憂鬱っていうのはありましたね〜。やっぱり健康でなければ、そうなるのかもしれませんね。

青江さんのお話で心に残ったのは、「(人間は)食べないと死ぬけど、食べていても死ぬ」という言葉でした。目からウロコというか、分かっているようで分かっていなかった!   生き物にとって、死は絶対に避けられないものなのだと改めて思いました。毎日を大切に、楽しい気持ちで生活しなっきゃもったいないですね。貴重な気づきでした。ありがとうございます!

帰りがけに、某ホテルのラウンジにて、カフェオレを飲みつつ超結果手帳の記入。ここは、私のパワースポット。ちょっと高めなのですが、ゆっくりできるのでお気に入りです。