この子が

おなかぷっくり

美人さんに。

寄生バエ卵付き幼虫4頭を拉致って、全員繭は作ったものの先の2頭はウジが出て、後の2頭は1週間の差で♂♀が羽化、最後の個体は幼虫の頃ひとまわり大きかったので♀かなとは思っていました。

拉致現場ではすっかり葉が落ちて、小枝にぶら下がっていた繭も無くなっています。落ちたのか鳥に持って行かれたのか。
先週解放した♂も居るわけも無く、この♀をここに置いて行って良いものか迷いましたが

とりあえず鳥に見つかりそうにはないかも。

誘引腺はかいこさんと同じ。

かいこさんのフェロモンは3メートル位に届くと言われますが、くわこさんは?しばらく見ていたけれど、このポイントには♂が居ないようです。♀はまったく飛ぶ気配がありませんが、こんな感じで出会えるの⁇

向かい側の桑木、といっても50メートルほど離れていますが、ここの繭ふたつは羽化していました。姿はありませんが繭がまだ湿っているので昨日今日だと思われます。他3ポイント見ましたがさらに2頭の羽化穴を確認しました。いずれも穴が大きいので♀かもしれません。

手元の繭はあとひとつ、葉ごと取れてしまったものですが、拉致せず針金なんかでくくりつければ良かったんですよね。あ、でも不自然に枝に残って鳥に見つけられてしまいますか。