おしごとを続けながら、家族4人分の完全無農薬米(1年分!)をつくる方法

おしごとを続けながら、家族4人分の完全無農薬米(1年分!)をつくる方法

●おしごとを続けながら、購入時の“約半額”で、家族4人分の完全無農薬米(1年分!)をつくる方法をご紹介します。
 
●また、世界で唯一、“放射能を消した農法”(大自然農法)に挑む過程も、
   いっしょに たのしんでいきましょう。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

どっちの料理ショー”特選素材! 国内最高級フレンチでも採用された
『日本一の安全』をめざしたタマゴ (+遺伝子組み換え作物不使用)を、
 27年間 お届けしている【四万十・自給農の里】公式ブログ


<メルマガ登録>はこちらからどうぞ ➡ https://maroon-ex.jp/fx35391/2SXPh0


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

 

==================

コロナのおかげ祭り。

『送料無料』+『最大25%引き』の【プレミアクーポン】!

==================

 

●1口=8000円  ●1口=10000円  の2コースがあります

 

コロナショックは、「眠れない夜」を、世界中にうみだしています。

ブログの後半にも書きましたが、

 

いま、わたしたちにとって急務であり、

もっとも重要な【免疫力】アップの一助として、

 

<完全無添加・あれだけの飼育環境・四万十清流水100%>

 で育てあげた

ほんんものの『自然卵のチカラ』

 

を、最大、お求めやすい価格でお試しいただきたい

と切に思い、<プレミアクーポン券>をお届けすることにしました。

 

みなさまにとりましては、コロ助のおかげで飛び込んできた

『 もう一生ないかもしれない、またとないチャンス 』 です。

 

四万十川へ身投げする前に、御縁のあったお客さまに

すこしでも よろこんでいただけましたら、しあわせです。笑

 

<有効期間>

申し込み締め切り: 「4月末」まで

 

*日本一ちいさな農園でございます。

 おひとりさま「2個口」まで、とさせていただきます。

 

(終了しました)

 

*****************

プレミアムクーポン「2つの特典」

*****************

 

<特典1> ~ 1口「8000円」コース ~

 ★全国どこでも【完全送料無料】!

 ★水の精霊(20個)と、森の宝石(10個)=計30個<4,190円相当>を、

  <4月~6月まで>の間のご希望日に、「2回」 お届けいたします。

 

<特典2> ~ 1口「10000円」コース ~

 全国どこでも【完全送料無料】!

 神果卵(20個)<6,610円相当>を、

  <4月~6月まで>の間のご希望日に、「2回」 お届けいたします。

 

 *関東方面にお住いの方でしたら、<1口>の購入で、

  送料「920円」+割引額「3220円」

  =4,140円の”お買い得“になります。

 

*価格は、すべて「税込」金額です。

 

ご希望の方は、【備考欄】に、

 ご希望の『口数』と、『プレミアクーポン希望』 とお書き添えの上、

 上記の商品と個数を、コチラからご注文ください。

 ➡ https://www.jikyuno.com/

 

 *折り返し、価格を訂正した「返信メール」をお送りいたします。

 

 

いつか、必ず、暴風雨は去り、「光」が射しこんできます。

いまできることをていねいに実行し、

自宅待機のお時間を、

生まれ変わる最大のチャンスへと変えていきましょう。

 

 

******************

 

(ココから本題)

 

コロ助の野望と、情報ウィルスに侵されつづけるボクたち

 

こんどこその世界大恐慌➡金融破たん

という

頑丈なシホンシュギの下半身がどこまで吹っ飛ぶかシナリオ

も見えてきたこの頃ですが、

 

農園に籠城しながら、

“アフターコロナ”の「先の先」の世界で待っている

「希望」をほじくりだして、じぶんを励ましているタカーシです。笑

 

志村けんさんも、映画の初主演が決まって

さぞ楽しみだったでしょうに、

入院後あっという間でしたねぇ。

 

 

 

フェイクかもしれませんが、 

とうとう、4/1~4/2にかけて、

東京都に緊急事態宣言が発令される!

という「とくべつな情報」も届きました。

 

 

いまや世界中を引きこもらせ、 

 

「自国(じぶん)ファースト」

 

へと誘導しているよう見えるコロナウィルスにくわえて、

 

インドから侵入したバッタの大群」

こんどは中国の穀倉地帯を襲いまくっている

そうで、こちらの影響も気になるところです。

 

 

 

およそ27年前、マチ(トウキョウ)をはなれて、

自給自足的な生活にとびこんだ理由のひとつが

 

【食量危機】への思い

 

からでした。

 

自然災害やら、今回のようなウィルス災禍による「食糧危機」がきても、

ギリギリのところで

ひゃくしょーは ふんばれる。強い! 

 

だれにへーこらするわけでもなく、

安全なたべものを、たのしみながらそだてあげて、

 

お仲間たちと自然をあじわい、自然ととけあう・・・

 

そんな生き方がしたくって、ねぇ。

 

 

いつか、

 

マチ(都市)には住めなくなり、

大挙して地方への「移動」がはじまる・・・

 

そんなときは、

あたしら夫婦がたどってきた「道順」が、

いつかお役に立てる日があるかもしれません。

 

(大難を小難に…祈るばかりです)

 

 

 

ところで、コロナくんですが。

 

大前研一氏のことばによれば、

現在の感染拡大のイキオイや、致死率から推計すると、

約100年前に大流行したあの「スペイン風邪」と

おなじタイプに分類できるとか。(後記)

 

   (これは約100年前の、死体で埋まった野戦病院の風景)

 

 

とうとうイタリアでは死者が10023人となり(3/29現在)、

「致死率」も10%を超えてきました。

https://news.infoseek.co.jp/article/kyodo_kd-newspack-2020032901001281/

 

 

それでも4月末までには終息するという超楽観論と、

いやいや、これから2年は”ロックダウン“(都市封鎖)だ!

という悲観論が、水と油のようにネット上に浮かんでは

 

あなたやわたしの感情を ヒーヒーさせていく毎日も

そろそろオワリしたいもんやなぁ・・ とおもいましてね。

 

ほぼ満開の神代桜を あじわいながら

きょうはちょい別の角度からもながめつつ、

 

「コロナの野望」(この時期にうまれた意味)やら、

「原寸大のウィルスの正体」 にも、さわってみたいとおもいます。

 

 

今回の、世界中“コロナまみれ”の状況がうまれる前に、

 

ウィルスと太陽光線(+宇宙線)の「質」の変化が、

これから世界の<激変>をもたらす

 

という「ものがたり」が、一部の科学者から提起されていたんですね。

 

その一人、世界ではじめて放射能を消した「高嶋博士」によれば、

植物の世界では、新しい時代にむけての「準備」を終えたそうですが。

(わたしにはチンプンです ^^)

人間界では、その「激変時期」が実感としてわからなかった・・・

 

ここで詳細をつたえる紙幅はありませんが、

それがシンジツなら、その激変期ってのは

 

『いま!』

 

の可能性だってあるわけです。

 

 

村山節氏の「東西文明史1600年周期」(http://bunmeihousoku.com/)と、

新たな2500年の宇宙サイクル『皇の時代』 (後記)

という

おおきなリズムだけでも
”2個・交わる“2020年のいま、

 

じんるいばかりか、

生命体としての地球のDNAが

(たったいま)書き替えられているのかもしれない

 

その<超・大転換期>のなかに、

こうしてあなたと<いま・いる>ことの不思議と、

 

強烈なせつなさをともなった「激変」後の、

“アフターコロナ”の「先」にひろがる世界

 

を生きる幸運と(いずれ)対面することになる奇跡について、

 

あまり肩ひじ張らずに、ですね、

 

【次の時代】という“希望”

 

を、しあわせにいきるために産まれてきたあなたさまへ

さらっとおつたえして、籠城屋敷へ引っ込みたいとおもいます。

 

*コロナウィルス対策に関する あなたや家族、そしてたいせつな方の

 いのちを守るために「いまやるべきこと」は、

 もうあらかた公開されてはおりますが、

 まだ「死角」もあるようですんで、ページ下方にまとめてみました。

 

(ネット上にあふれるほぼすべてのコンテンツ、関連動画を

 確認してきた中から、「?」というものはのぞいてえらんでみました。

 あなたの味方になってくれたらうれしいです)

 

 

●世はまさに船井幸雄氏が「予告」していた

 <2020年世の中大転換>に向けて、じわじわ加速しています。

 

故船井幸雄氏の評価も高い方ですが、

お金の流れや、年ごとの社会の「変化」を的中させてきた

2名の一人、経済評論家の塚澤健二氏のお話を

ほんの一部切り取ると、

 

ことしの干支である「十二支」最初の

 

【子】 という文字は、
 

分解すると

<了>(りょう=おわり)と、

<一>(はじめ)

の二文字が”重なる“ことから、

「終わり」と「始まり」が交わる年
 

である、としています。

 

 

また、「令和」を言霊的に解釈すれば

世界のシステムが、いったん

 

「0」(ゼロ=スクラップ)

 

になってから、

地球全体が(日本を真中に?)「和」ス時代とも。

 

 

たんなることばあそびに聞こえる面もあるでしょうが、

“コロナ”(567)も、古神道的には「ミロク」と読むそうです。

 

 

世界のいきすぎた経済・金融のしくみやら、

根こそぎのカイゼンが必要な あたしらのライフスタイルを

本来、「自然」がこの地上に描きたかった

 

「理想の世界」

(みろくの世? 千年王国?なんでもいいです))

 

へとみちびくための ひとつの通り道として・・・

 

細菌(生物)兵器による人口削減計画だろうが、

 

アメリカ軍隊が、武漢で開催された軍人の運動会

(ミリタリーショー 2019.10.18)で

ウィルスをばらまいたんじゃないか!(中国報道官発言)

 

だろうが、

 

あるいは、

ゲテモノを食う人間への「自然のしっぺ返しだよ」(苫米地英人説)

であっても、

 

1%の人間が支配する この世界経済という【欲の塊】を、

コロナウィルスのような「触媒」をつかって、

いったん<ゼロ>(スクラップ)にちかい状態にしようとしている

 

という仮説も信じたくなるような気がいたします。笑

 

 

でも、同時に、それって

各地域のひとびとが それぞれの「理想の世界」にむけて 

ホンキでなにかを建て直そうとする

「最初の一歩」にもなるわけで。

 

あたしらのこころを「ひとつ」にするために、

ゼロリセットの必要があった、というね。

 

(●次元かにお住いのミロク様的な存在がおったら

 そう判断されたとしても「わかる」ような気がします。)

 

 

ただ一点、気になることが・・・

 

もし、アメリカ軍の仕業なら、ですけど、

これからは武器を使用した「大規模な戦争」は“できない”

と思いこんでいましたが、

 

もうはじまっている「米中戦争」(いまは情報戦レベル)のさなか、

飛び交う武器をつかわない

<細菌戦争の時代>にはいったのかもしれません。

 

 

遺伝子を組み替えたウィルスのワクチンは、

(ウィルスを)作った者にしか作れない

 

という科学者の発言もあってね。

 

「新型コロナウイルスは遺伝子組換えで造られた人工ウィルス」

(国際政治学者の藤井厳喜氏)

という説がシンジツであれば、

 

ここにきて、

アメリカの細菌研究所が、新型コロナウイルスの“ワクチン人体実験”を

「78月に行う」

と公表したことから、

 

新型コロナウイルスを作ったのはアメリカであることが証明された・・・

ことになる。

 

 

ただ、

 

武漢でのウィルス散布を「だれ」が指示したのか

まだ知らないトランプ大統領は、

 

米国が日本を真珠湾アタックへ誘い込んだように、

苦しまぎれに“暴発”する中国の【一手】

を、いま、待っているんじゃないでしょうか。

 

(このへんは複雑な背景がからんでますけんど、

 「尖閣」もふくめて今後、中国へ仕掛けるトランプのワナに注目しています)

 

*ジャーナリストの北野幸伯さんも、

 現在と戦前との状況があまりにも「似ている」

 と、Youtubeで語っています。

 ご興味ある方は、のぞいてみてください。

 

(裏であやつる「コロナ使い」の名人も、いずれこの場に登場するかもしれませんが)

 

 

もういちど言います。

 

● アフターコロナ=「全世界の経済クラッシュ」が、とどめを刺す?

 

たいせつなひとの「命」も大事ですが、

コロナウィルスが退場(休眠=人類と共生)した「後」の

 

【経済のクラッシュ】

 

のほうが深刻であることは、いうまでもありません。

 

わが家も例外ではなくって。

先の「西日本豪雨」で、おおきな経済基盤をうしない、

(いくら誤解されようとも)すべてを投げ打って 踏みこたえ、

ようやく復活・・かと思った矢先に、

 

お空から降ってきた コロ助の横槍。^^;

(いま、右足のふくらはぎあたりに刺さっているかんじです)

 

 

●コロナが加速する<複業>への意識。

 でも、ドツボにハマるひとびとのうめき声が・・・

 

ところで、コロナ感染リスクによる

「お金」に さわりたくない・・

というワタシのきもちと、

 

複数の収入源(複業)への視線は、

わたしたちのごく日常的な感覚へと昇格しています。

 

 

いまはやりのテレワークも一部定着はするでしょうが、

日本でも「キャッシュレス化」はあたりまえになるでしょう。

(「世界統一デジタル通貨」への序章?)

 

やがてカイシャもずいぶん少なくなって、

失業者が今以上にマチにあふれる・・・

 

 

 

いまもそうですが、そのとき、もっとも必要なのが、

東日本大震災のときもそうだったように、

 

「お金」です。

 

あらたな収入をどう確保するか、ですね。

 

 

いま強制されている自宅への「巣ごもり」タイムは、

あなたやわたしの「理想の世界」を掘りだす

最大の契機になったりします。

 

政府からの支援(金)制度は最後にまとめてみましたが、

生活が限界に達する前に、

 

「わたしの本質」をいかしきった天職(魂職)

 

がみつけられるか

 

ここがポイントになります。

 

 

●あなたにしかない「売り物」は何でしょうか。

 

全身全霊で、こいつを見つけ出せるかどうかが

今後の一生を決めることになるんでしょうね。

 

これからは、

「じぶんのなかに眠る、じぶんだけの売り物」

を何個発見できるか、

 

それらをどんなふうにデザインして おしごとにつなぐことができるのか、

そのデザインぢからと、

あとは、じぶんにのこされた「運力」次第かと。

 

 

ただ。

 

そのうち、別便でおつたえしますが、

現在、副業としてはじめるネットビジネスという世界を

この何年か探索してきたところ、

 

体感ですが、<98%は詐欺>

 

ですんで、

教材を購入する際は、よほど注意深く選別されてください。

(「被害額」も、これからはさらにケタがちがってくるでしょう)

 

詐欺商材に引っかかって、借金まみれになった

病院通いをはじめる『ネット鬱』患者が異常に増えています。

警察も、弁護士も、ほんの一部をのぞき、「役に立ちません」。

 

 

(いつもながら、ちょい脇道にそれたようですんで、もどしますね^^;)

 

 

 

新しい運気サイクルのスタートの年でもある2020年

=まさに、”新・宇宙元年“(「終わり」が「始まる」年)

 

・・という未来予測に、

「なにか」をかんじられるセンサーをお持ちなら、

 

くりかえしますが、

 

とつぜん「空いたこの時間」を有効につかって、

 

あなたの「本質」を開花させていく

 

<人生でもっともたいせつなとき>をたのしんでいきたいもんですねぇ。

 

こちら四万十の奥の奥の「5G」とは無縁の桃源郷界隈では 

 

いま、

 

「もう一個のじぶん資源」

 

を掘りあげる 最後のゴールドラッシュの季節です。笑

 

ほんとうの意味で、「じぶんをいきられる」人生をはじめられる

大チャンス!

これも、コロナさまのおかげです。

 

皆、のびのびと、ラクに、たのしく

個々の「うまれてきた意味」を実感しながら暮らせる

かなりおもしろい自分史をひらいてまいりましょう!

 

 

そのためにも、この「物語」をめくってみたいひとがいたら

おすすめです。

 

   ↓↓    ↓↓

 

================

ウィルスにも「役割」がある

================

 

元リアルインサイト・中森護氏推奨

来るべき【皇】の時代に見合うあたらしい生き方、その考え方や方向性に

ちらっとだけでも、触れておきたいという方、

 

➡ 【徹底解説 天縄文理論】入門はこちらから。(詳細はまた)

   http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M16654&c=4822&d=a74d

  (コレ、アフィリリンクじゃありませんのでご安心を。 笑)

 

 

 

●最後に。いのちを守るために「いまやるべきこと」

 

どこもかしこも、“コロナのツナミ”に洗われてはいるものの、

満員電車にゆられながら

 

コホン・・・

 

と、ちいさく咳をしただけの「横の人」を

殺人者をみる目で“否定”するような状態だけは

回避できているのが、田舎暮らしのいいところです。

 

きょうはひさしぶりの更新になりましたが、

にわとりたちとあそぶお時間をぬって

有用とおもわれる現状・対策などをココにまとめましたので、

お時間がゆるす範囲で、参考にしてくださいね。

 

 

●“カマ男”、薬局で「マスク出せ」!

 

ついに、カマを持った「マスク強盗」まで登場した今月(3月)ですが、

コンビニやドラッグストアなどで販売しているマスクでは

ウィルスの出入り(侵入)を完ぺきに防ぐことはできません。

 

まずは、前回もお伝えしたように、

目玉からも侵入する「飛沫感染とエアロゾル感染」を完全に防ぐには、

 

【N97】以上の網目の細かなマスクを着用するのがベター。

(N95以下では、”効かない“ようです)

 

*N95マスクは、一般的に使用されているようですが。

 「細菌や花粉など直径0.3μm(マイクロメートル)以上の微粒子を

 95%以上捕集できる」といわれていますが、

 コロナウイルスは0.1μm程度の大きさなので、捕集効果に疑問が残ります。

 

*エアロゾル感染:咳やクシャミで飛んだ飛沫や、地面に落ちたものが乾燥し、

             空気中に漂っているウィルス結晶による感染

 

 

あるいは、この(高須)院長センセイのように、

顔自体に「膜」を貼る。笑 (フェイシャル被膜)

 

●高須院長、ドクター中松氏発明の

 「武漢肺炎ウイルス完全防御マスク」を入手!

https://www.daily.co.jp/gossip/2020/02/21/0013134366.shtml

「約2000円」だそうです。

 

ところで、あまり見たくないCMでご活躍の

この高須さんという方に

とても似ている人物が、こんなところに・・・

http://www.mikadolodge.com/

*フリー●イスンという団体のある大会でのお写真です。

 (前列左から③番目の方、だれかと似てますよねぇ)

 

 

もしくは・・・

 

お写真の完ぺきな防備の仕方などもオシャレですが、

まちがっても、こんな格好で銀行にははいらないほうがいいです。

 

(自衛隊に納品している「重松製作所」のもの)

 

 

 

 

・・・つづけますね。

 

最近さらにファンを増やし続けているベストセラー作家の

本田健さんのことばから、

これからわたしたちにとってどうしても必要になる

 

「勇気と覚悟」を嗅ぎとって、

 

なんとか、

 

このクラッシュ「後」の世界をいきぬくためのちからを

いまのうちに、胸の中に打ち込んでおきたいものです。

 

コロナ台風「後」の“希望”を、あなたと生きたい! 

 そう 切にねがっています。

➡ https://www.youtube.com/watch?v=zjZKEHfomVc

➡ https://www.youtube.com/watch?v=-_cb_Ckl5hg

➡ https://www.youtube.com/watch?v=N-rNkEwYSns

 

【新型コロナ対策 緊急対談】日本は

 「新型コロナ」にどう対応すべきか?

〜尾身茂氏(新型コロナウイルス感染症対策専門家会議 副座長)×山中伸弥氏(京都大学iPS細胞研究所所長)

https://www.youtube.com/watch?v=iE_g_StinjI

 

 

コロナウィルスの実態と現状をふまえたうえで、

ちょっとラクになる(それほど怖がらなくていいんだ)というおはなしはコチラ。

余計な混乱や心配は不要です。

 

 【コロナ解体新書①】 

 https://youtu.be/ZiKrvQGWZoI

 

 【コロナ解体新書⑤】 封じ込め?集団免疫獲得?ワクチン開発?本当のシナリオは?   https://youtu.be/XaBXfebjBXQ

 

(他の対談もおすすめです)

 

 

いずれにしろ、

 

●「密室、密集、密接」に近づかないこと。

 

●免疫力をあげること。
 
    ↓↓    ↓↓
 
・日本の伝統食(発酵食品)を多めにとって、
 
・毎日の入浴で体温UP!

 

 *35℃代は「ガン体質」と言われていますので、 
   要注意です。
 
 *入浴の前後に「白湯」をお碗一杯のむ、を1週間続けると
  体温が1℃あがるそうですよ。
 

●ストレスはぜったいにためないこと。
 
●そして、睡眠を十分とりましょう。

 

 

を前提に、

 

1.手洗い、うがいの励行。指で目・口などは触れない、

 

ってあたりも基本として

 

②    いま一番アブナイ病院とスーパーでは、「隣の人」との間隔を「約2m」は確保する。

③    2週間分の「食糧」の備蓄を、ゆっくり(3週間ほどかけて)準備していく。

④    ロックダウンを想定し、「現金」を手元に置いておくこと。

⑤    たいせつなひとが、よくわかる時代。「つながり」(絆)を大事に!

 

ってことです。

 

これはおつたえした大前研一氏の解説映像。

  現在の感染拡大のイキオイや、致死率から推計すると、

  日本人45万人が死亡した  あの「スペイン風邪」とおなじタイプに分類できるとか。

 ➡ https://www.youtube.com/watch?v=pleWlmA4moU

 

 (4分13秒~13分の役9分間だけでも確認ください)

 

*スペイン風邪:

 1918年から1919年にかけ全世界的に大流行したインフルエンザの通称。

 アメリカ疾病予防管理センター(CDC)による

 インフルエンザ・パンデミック重度指数(PSI)においては

 【最上位のカテゴリー5】に分類される。

 感染者5億人、死者5,000万~1億人と、爆発的に流行した。

 

●え?スペイン風邪による日本人の死者数:45万人!(当時)

   医療設備や世界一の医療技術、病床数など、当時とはまるっきり異なりますが、

   最終的に当時の日本内地の総人口約5600万人のうち、

   0.8%強に当たる「45万人」が死亡。

   にわかには信じがたい数字ですが、「事実」です。

 

 

◆最後に。こんな助成金や、政府からの支援もありますが、

●藤原直哉氏の「日本政府は国民に現金支給を!」に賛成!

 ➡ https://www.youtube.com/watch?v=HtcZD6TKDC8

 

●上念司氏の「1世帯30万円のカラクリを完全解説!」コレ必聴!

➡ https://www.youtube.com/watch?v=IygqZjqxRs8

 

 

未来のどこかで、カイシャがなくなり、皆、

自宅(個人)どうしでつながる時代がくるんでしょうか。

 

●事業継続緊急対策((テレワーク)助成

  https://www.shigotozaidan.or.jp/koyo-kankyo/joseikin/kinkyutaisaku.html

 

●こちらは経済産業省の"コロナ対策支援金”

    https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

 

 

多国籍巨大メーカー(ビッグファーマ)の利益になろうと、

(もうできているという説もありますが)

 

一刻もはやく、治療薬がうまれて

 

コロナついに終息!

 (人類と共生成功)

 

の朗報を聞きたいところではあります。

 

 

 

あたし・・ですか?

 

以前も書きましたけど、

 

去年、「白い部屋」に幽閉されて、

「死」というイメージと対面したとき、

『生きがいの創造』 を読み直しながら、決めたんです。

 

「やるべき前提」は最善を尽くして実行します。

 

そして、

 

じぶんに<お役>があるなら、

どんな状況でも「生かされる」。

 

(たとえ、ナントカウィルスに感染したとしても、ね。)

 

そう、こころから想っています。

 

 

死ぬときは、死ねばいいんじゃない?

 

 

「四万十・自給農の里」 タカーシ

農園HP: http://www.jikyuno.com/