平成28年12月1日

猫じけいにゃんからメッセージ

初雪が降ったにゃあ!こんな寒い日には冷たーいジンジャーエールが飲みたくなるにゃあ。え?なんで寒いのに冷たい飲み物を飲むのかって?
ふっふっふ。じけいにゃんのジンジャーエールはそんじょそこらに売っているジンジャーエールとはわけが違うんだにゃ。ひと口飲んだらあら不思議。冷たいのになぜか体が芯からぽかぽかしてしまう。そんな冬にこそ飲みたいジンジャーエールなんだにゃ。
この秘伝のシロップは炭酸で割るだけではなく、お湯で割ってしょうが湯にしたり、ホットワインに入れてグリューワインにしても美味しいんだにゃ。

材料
水             200cc
しょうが          100g
三温糖           大匙8
シナモンスティック     1本
クローブ          4粒
鷹の爪           1/2本
レモン           1個

≪作り方≫

① しょうがを皮ごとすりおろし、手でぎゅーっと絞って汁だけを取り出す。(多少しょうがの繊維が汁に入ってしまってもよい。残ったかすは料理に使ってね)
②  ①のしょうがのしぼり汁とレモン以外の材料を中火~弱火でときどきかき混ぜながら20分ほど煮詰める。
③  鍋からシナモンスティック、クローブ、鷹の爪を取り出し荒熱をとる。
④  冷めたらレモンを種が入らないように絞りいれ、完成。
⑤ 保存容器にいれて保存、必要な分だけコップに入れて炭酸水で割る。

 

馬まーくんのつくレポ

寒い日にこたつに入って飲む冷たいジンジャーエール。ありでしょ!でも、大人のボクはホットワインに心引かれ~(笑)。ネットで検索すると、お鍋にワインを入れたら弱火で10分ほど温めるのだとか。ワインの風味が損なわれるかと思いきや、まろやかな味わいに変身。そこにじけいにゃんのジンジャーエールを加えると生姜とレモンの香りがまずは部屋中に漂い、飲めば体中がポカポカ~!寒い夜、就寝前にいただくと、いい夢見られそうな気がする~。