マンションの開き扉のエントランスを自動ドア化しました。

 

開き扉は木製だったため、どうしても劣化してしまい、

見た目が悪くなってしまうため、扉を変え、それと同時に自動ドア化することとなりました。

 

下の写真が工事前の状態です、木製の扉はアルミやスチール、ステンレスに比べ

加工がしやすい反面、耐久性が悪く

何度か修繕をされたようですが、今回耐久性の有るものを希望され

扉を作り替えることになり、併せて自動ドア化のお話を頂きました。

全体的に経年劣化による痛みがみえます

 

工事中の写真

扉を外して、内部にレールを付け、土間工事をしています。

 

新しい扉

スチールのドアに木調のシートを貼って、以前のイメージを残しつつ、

キレイになりました。

 

 

木製からスチールの扉に変えた事により、耐候性UP、キズもつきにくく、

自動ドアにした事により利便性・衛生的にも良くなりました。

ドアのシートを張り替える事で今後デザインの変更も可能です!

 

建物内部の両開きの扉を、自動ドアへの変更工事を行いました。

 

もともとは両開きの扉でした。

扉が重たいので、荷物を持っている時・車いす利用の方などには、

なかなか通りにくい扉でした。

 

既存の扉を丸々撤去した後です。

 

既存よりも右側に大きく枠を付けて、上部に機械を取り付けます。

 

開口部の広さはそのままで、自動ドアを取り付けました。

 

自動ドアが開いた様子。

 

便利になりました♪♪♪

 

自動ドアを開けようとタッチスイッチを押したけど、反応しない。

そんな時、自動ドアは故障した?と思われがちですが、

実はタッチスイッチには電池が入っており、ただの電池切れなんてことも…

 

今回は交換の仕方を説明します

タッチスイッチを下からのぞくと…

ビスがあるのが見えます。

(殆どのメーカーが同じ位置についてます)

 

こちらを開けていただくと…

メーカーによって形状がちがいますが電池カバーがついてます

 

 

さらにカバーを下にずらして…

単4の電池が2本入っています。

これを交換していただくと、動くようになります。

電池が入っているとは思わないものですが、

電池を交換するだけで、気軽に直せます!!

 

電池が液漏れを起こすとタッチスイッチの基盤が故障することもあるので

電池の有る・無いに関わらず、2年に1回は交換がおすすめです。

 

 

マンション出入口の自動ドア化工事を行いました!

 

 

手動の木製扉でご使用されていた所を自動ドアへの改修工事のご依頼を頂きました爆  笑

 

今の扉、枠を解体し、取付スペースを確保!ニヤリ

 

新たに枠、自動ドア装置を取り付けて…口笛

 

タイルも各種サンプルから選んで頂き施工しました

 

自動ドア化完了!

 

以前のドアは木製の為、劣化や色褪せなどが目立ちましたが、

今回はスチールドアで耐久性UP、外観はシートで木質感をだしましたグラサン

 

手動扉が自動になって

利便性・衛生的にも住人の皆様にとってはメリットがたくさん♪

 

この様な改修工事も、色々なご要望に合わせてご提案させて頂きますので

お気軽にお問い合わせ下さい♪