田中保郎先生公認ブログ

田中保郎先生公認ブログ

ファンブログ



《田中先生の診療と講演日》



(1)診療 
 
京急川崎駅前ベイ・クリニックの田中先生出張診察は
8月で完了しました。
これまで長崎のご自宅から駆けつけて頂いておました
が長崎=川崎間の往復は体力的に厳しく、現在再開の予定はありません。


★尚、先生の地元竹馬医院の診察は
下記ご案内の通りですが11月末で完了予定。






今回のお話は、

 

 

 

●一応沈静化のコロナの原因は正直に言って判らないのに、ワクチンの力と言うのは怪しい

 

●原因が判らないのにワクチンのお陰と騒ぐのはおかしい

 

●第6波も防げない

 

●人間のおごりをあらためよ

 

と言う話です。

 

下記の概要を先に見ると、動画の内容が良く判ります。

 

第6波は必ず来る


1:08 今こそ根本に向かうべき 

 

今日本はコロナの感染が減っているが、

コロナはもうじき復活する、同時にコロナのような感染は

50年後100年後にまた必ず起こる。

なぜなら根本を退治せずにワクチンで

対処しようとしているからだ。

 

黄帝内径では、「西洋医学で行き詰まったときは

治病必求本で根本(腸)に向かえ」と書いてある。

 

●黄帝内径

 

・2000年以上前に書かれた中国医学の3大古典の1つ

・中国伝統医学、飲食保健学の発展の基礎となった本

 

●治病必求本(ちりょうひっきゅうぼん)

 

・病気を治すには対処方法を試し、それでも効かない場合は

本質を治すこと、という原則が黄帝内径に書かれている本

 

4:00 コロナの第6波はかならず来る!

 

なぜコロナが終息したのかはわからないままだ。

みんなは治まった、といっているが

これは政府のプロパガンダであり人間ののぼせである。

ウイルスは必ず復讐してくるが、

第6波がいつ来るかはわからない。

 

いつかわからないことをあてにするのではなく、

治病必求本にあるように、根本に向かうことが大切だ。

 

●プロパガンダ・・・特定の主義や思想に誘導する政治的な宣伝


 

6:25 根っこの治療はコツコツとやることが大切

 

盆栽で根腐れは1つの対策では治らない。1日に何回たがやすといいのかも、

水やりを何回やるのかもわからないので、

コツコツと根気強く試すことが大切だ。

 

漢方薬も同じで、適切な回数や量は調節しながらやる必要がある。

 

●ツムラ

 

・漢方製剤や生薬製剤などを製造・販売している会社


11:00 コロナはワクチンでは制御できない 

 

ヨーロッパのWHOの局長がワクチンではコロナは制御できない、と言った。

これが答えなのに、政府はプロパガンダでワクチンを打っている。

 

自分はワクチンは反対。ワクチンなしでいくべきだ。

 

●WHO

 

・国際連合の専門機関の1つ

・病気の撲滅のための研究、適正な医療品・医療の普及、

病気の予防などの活動を世界的に行っている

●白虎加人参湯 

 

・熱を冷ましながら身体を温める働きがある

・熱中症に使われる漢方として知られている

 

12:40 コロナは腸の疾患で症状はほとんどない

 

世間ではコロナは呼吸器の疾患だと思っているが、

実際は腸管が冷えて死ぬ病気だ。

政府はワクチンを打つと重症化が減ると言っているが、

コロナは症状がほとんどない。

100人のうち80人は症状がなく、

重症化などないのに脅かしている。

 

●ロキソニン・カロナール

 

・鎮痛解熱剤、カロナールはロキソニンよりも作用が弱い

 

16:00 コロナは解明されていないことを知ってもらいたい

 

今一応コロナが治まっているのは

ワクチンのせいなのか違うのかはわからないのに、

わかっているように話しているのはインチキだ。

 

コロナについてはまだ解明されておらず、

ワクチンで完璧におさえられるものではない、

ということをみんなに知ってもらいたい。

 

////////////////////////////////////////////////////////

 

管理人渡辺と応援団、恵の腸に良い事おしゃべり


渡辺:今回のテーマは「10メートルのトンネル」だよ。

:わあ!なんか面白そう
!!

渡辺:食物は口から肛門までの10mのトンネルで消化されるんだ。

:思ったより長いですね~消化の流れってどうなってるの?

渡辺:わかりやすく例えると、口から胃までは「溶解器」で、

     小腸は「吸収器」、大腸は「変換器で発酵」というプロセス。

:工場みたいですねぇ。

渡辺:そう。川の流れで言えば口で小さく砕いて食道に流し込み、

胃ではぐるぐると攪拌(かくはん)、

小腸は激流で大腸はゆったり沼地、沼地で発酵されて排尿、排便へ、

という進んでいくんだよ。

:ホントにわかりやすい!じゃあ、私が挑戦の糠味噌の漬物はどこに行くの?

渡辺:大腸まで行くよ。野菜や繊維類は大腸で発酵されるけど、

漬物類はすでに発酵されているから腸内細菌は大喜びするんだよ。

:へ~、発酵食品ってほんとに健康に役立つ食品なんですね!

今、私の頭の中で、お腹の沼地でぷくぷく発酵されている映像が浮かびました!

でも、大腸での発酵って具体的にはどんな風に行われているの?

渡辺:腸の中には細菌が100兆個もいるんだよ。

:100兆って想像つかないんですけど・・・

渡辺:そうだよね。人の細胞は37兆個だからものすごい数としかわかんないよねぇ。

:ふえ~~
びっくり

渡辺:腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌、

どちらでもない日和見菌の3つの種類がいて、

健康な人の細菌バランスは2対7対1、と言われているんだ。

:意外と善玉菌の比率は低いんですね。

渡辺:2割いれば十分ってことなんだろうね。

       ところがストレスや食生活の乱れなんかで悪玉菌が増えてしまうと、

      このバランスが乱れていろんな病気を呼び込んでしまうんだよ。

:だから近年では腸活、腸活って言われているんですね!

渡辺:その通り。それに田中先生が言うには、

       楽しい、つらい、悲しいなどの心は腸にあるんだよ。

:脳ではなく?

渡辺:うん。生物は最初に腸ができて、脳は後からできたんだ。

       腸内細菌はものの好き嫌いの感情をホルモンの形で脳に伝えるから、

       腸は第1の脳とも言える、というわけ。

:へぇーーー!知りませんでした!

渡辺:だから腸を健康にすることは、心も身体も健康になるってことなんだよ。

     そして、腸を健康にするには、腸のあいうえおが秘訣なんだ。

:腸のあいうえお?

渡辺

=アウト(出す)・・・便、尿、汗:出せるもは全部出す。

=入れる:腸に良いものドンドンいれて!悪いものは入れないよう。

=腸は動きやマッサージが好きだ!

=笑顔は腹の底から!ストレスは大嫌い

=お疲れさま、腸のお休みー感謝のご褒美を腸にもあげよう。

:おお!めちゃわかりやすいですね!それに、これなら実践しやすそう!

渡辺:恵さんがチャレンジしている発酵食品は、

   もちろん「イ」の腸に良いものに当たるってわけ。

なるほど!ますます発酵食品から目が離せませんね!


********************

渡辺はおのみち堂さんのサプリを愛飲しています。


●腸に良いサプリはこちら
https://www.chyo.jp/shopping/lp.php?p=tennenbitsu&adcd=cnothyms7pt

 

今回は鬱・パニック症の動画です。

 

 

 

下記の概要を先に見ると、動画の内容が、良く判ります。

 

 

【人間で考える臓器はどこなのか?】

 

 脳の移植を受精卵にしても「考え」は移らないが、

腸管が変形した肺や心臓・腎臓・肝臓を移植すると考えが移る。

ということは、考える臓器は脳ではなく腸なのではないか?

 

 ●心療内科・・・一般的には、症状が身体に現れる病気を

  治療する、とされている

 ●精神科・・・一般的には、症状が

  こころに現れる病気を治療する、とされている 

 

【うつ病の治療は心療内科がすべき】 

 

精神科は、精神鑑定はできるが治療はできていない。

精神科は精神分裂病、統合失調症など脳の病気を扱うところ。

うつ病は気持ちの病気なので、精神科では治らない。

こころの病や登校拒否は心療内科で治る。 

 

●心療内科・・・一般的には、症状が身体に現れる病気を

 治療する、とされている 

●精神科・・・一般的には、症状がこころに現れる病気を治療する、

 とされている

●疳の虫・・・夜泣きやかんしゃく、

 ひきつけなどの子どもの症状を指す言葉

 

 【心療内科の病気は東洋医学でしか治らない】 

 

精神科は治療はできないが心療内科は治療できる。

心療内科の治療法は盆栽で根腐れを治すのと一緒で、

「耕す」「水やり」「温度調節」の3つである。

この3つを治すのは東洋医学の漢方薬しかない。 

 

●根腐れ・・・植物の根っこが腐った状態。

進行すると養分や水分を吸収できなくなり枯れてしまう

●漢方薬・・・生薬と呼ばれる自然にある植物や

 鉱物などを複数組み合わせて作った東洋医学の薬 

 

【心療内科と精神科は違うことを知ってもらいたい】

 

 哺乳動物ははじめに腸管だけの動物ができ、

腸管で考えていた。脳は腸管が進化して後からできた。

臓器移植で脳を移植しても考えは移らないが

腸管を移植すると移るのはなぜか、を考えてほしい。

精神科と心療内科は似ているが違うことを知ってもらいたい。

 

 

==チャプター==

 

  1:44 人間で考える臓器はどこなのか?

  5:38 うつ病の治療は心療内科がすべき 

8:23 心療内科の病気は東洋医学でしか治らない 

16:11 心療内科と精神科は違うことを知ってもらいたい

 

////////////////////////////////////////////////////////

管理人渡辺と応援団恵の腸に良い事おしゃべり

渡辺:今回の面白話は何?

 

:はい、私の実践《糖絞り大根》作りです♪

 

渡辺:ああ、《糖絞り》は発酵食で以前からのテーマでしたね。

 

:そうなんですよ。実は、私、お漬物って糠か酒粕、塩漬けしかないと思ってたから、

砂糖で漬けるって聞いてびっくりしました。

 

渡辺:糖絞り大根は漬物の中ではマイナーだからね。

でも、乳酸発酵の代わりに酢を使うから、漬物初心者におすすめなんだよ。

 

:ですです!大根、砂糖、酢、塩と家にあるものだけで簡単にできましたよ。

 

 

作り方も超カンタンで、調味料をジップロックに入れて切った大根を入れるだけ♪

計量から入れても30分かかりませんでした!

 

 

渡辺:ほう~!本当にカンタンだね。

 

:でしょう?これならどんなぶきっちょさんでも、

はじめてお漬物作る人でも失敗なしですよ爆  笑

 

あとはこのまま冷蔵庫に入れて、

2~3日して大根がしんなりしてきたら出来上がり♪

 

 

渡辺:美味しそうだね!

 

:はい!ほんとにおいしいんですよ!

2日目に食べたときは甘味がもう少し欲しいかな?って思ったんですけど

3日目に食べたらバッチリ甘かったです♪

 

渡辺:ご飯のお供って言うよりはお茶請けって感じかな?

 

:その通りですね!

私、この記事書きながらポリポリとこの1皿食べちゃいましたよ~~チュー

 

我が家は2人家族で、息子は大根が苦手なので、

いつも料理で余った大根の処理に困ってたんですけど、

これからはこれでバッチリです!

 

渡辺:一石二鳥ってわけだね。

そう言えば、恵さん、糠床もつくってたよね。まだかな?

 

:あうーーー(>_<)  実はですね・・・私、介護してるでしょう?

あと2~3日で糠床完成って時に介護がすごくかかって徹夜してしまって、

気がついたら2日たってたんです・・・

 

渡辺:おやおや、それは大変でしたね。

 

:はい・・・あわてて糠床の蓋を開けたら

プーンとセメダインの臭いが・・・(゚◇゚)ガーン

 

渡辺:ああ~発酵しすぎて雑菌が繁殖しちゃったんだね。

 

:ですぅ・・・ネットで調べたら、

塩や唐辛子を増やして冷蔵庫で1日2回かき混ぜるともとに戻るって

書いてあったので、やってるところなんですえーん

 

渡辺:そんな時はね、毎日善玉を入れるといいよ。

 

:えっ!渡辺さんのおすすめで飲んでる腸によいサプリですよね?

 

渡辺:うん。あれには乳酸菌が入っているから、

糠床に入れると糠床の雑菌をやっつけてくれるよ。

 

:えーーー!そうなんですか!

そんな使い方があるなんてビックリしました!

 

渡辺:僕の友だちが奥さんが旅行中に

糠床の管理を頼まれたのに忘れちゃったんだけど、

この方法でばっちり復活したよ。

この話、腸に良いものは糠床にも良いと聞き、妙に納得(笑)

 

:早速やってみます!!糠床が治ったら、

ぬか漬けチャレンジに進みますので、しばらくお待ちください!

 

渡辺:もとに戻るといいね。ぬか漬け、期待してるよ~~

 

:はい!乞うご期待!

 

 

************************

 

渡辺はおのみち堂さんのサプリを愛飲しています。


●腸に良いサプリはこちら
https://www.chyo.jp/shopping/lp.php?p=tennenbitsu&adcd=cnothyms7pt

 

 

今回の動画概要


WHOの事務局長いわく
コロナはワクチンでは退治できない。
退治できるたった1つの方法

 

 

WHOの局長がワクチンではコロナは退治できないらしい、と認めた。
なのに、日本ではまだワクチンを打っているのが理解できない。
花が枯れそうになって花を見るのが西洋医学、

東洋医学は根っこを見る。

日本の西洋医学は、呼吸器を治すことにおいては
おそらくトップクラスだが、
根っこを見ないため根腐れをどうして

治すかにたどり着かない。
たどり着けばコロナは対処できるし、

終息を迎えることができる。
花が枯れたときに花の薬を与えてもなおらない。
根腐れを治すには、

耕す、水やりの調整温度調節の3つが必要。
これは漢方の役割と一緒で、

血の道と利水、温度管理の3つが
人間の根腐れを治すのに有効だ。
皆に根腐れを知ってもらいたいと思う。

~今回は先生はややお疲れ気味、
でも力を絞り、語って頂けました。
話のテーマは先生の本筋、ご苦労様でした。



用語説明


●WHO



・国際連合の専門機関の1つ



・病気の撲滅のための研究、適正な医療品・医療の普及、病気の予防などの活動を世界的に行っている


●根腐れ



・植物の根っこが腐った状態。
進行すると養分や水分を吸収できなくなり枯れてしまう
・肥料や水のやり過ぎ、病菌、高温などが原因。


●血の道(今回の動画では男女共通の血行を言いたい)

・血液の流れが滞って起こる女性特有の症状。

身体的もしくは精神的不調(月経困難症・のぼせ、めまい)などがある


●利水(りすい)

・身体にたまった水を排出して病的な症状を改善すること


●ロキソニン・カロナール


・鎮痛解熱剤

・カロナールはロキソニンよりも作用が弱い


●芎帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)
・漢方薬の1つ

・冷え性で出血傾向がある人の痔出血や月経異常、月経過多、などに効果がある



/////////////////////////////////////////

管理人渡辺と応援団恵の腸に良い事おしゃべり♪

 


渡辺:その後、糠床作りはどうなったのかな?

恵:はい!私、病人介護があるからネットで材料揃えるのに時間かかったんですが、
昨日作りました!



渡辺:おお!大変でした?

恵:糠床を作るの自体は難しくなかったですね~♪
ただ、密閉容器が思ったより小さくて、
生ぬか1kg買ったんですけど、600gしか入らないというアクシデントが・・・^^;

渡辺:あらら。

恵:でも、作り方よく読んだら、足し糠が必要になるってあったから、
結果オーライということにしました!

渡辺:ポジティブなのはいいことですよ。

恵:ふふふ。まあそう思わないとへこみますから。
あと、作り方をネットで調べたんですけど、
はじめは1日に2回まぜる、1日に1回、3日はそっとしておく、って
いろいろあって「どうすりゃいいの~~」ってなりました!

渡辺:ほう~いろいろあるんですね!

恵:やっぱり、家庭ごとに作り方が違うのかなって思いました。

渡辺:それだけ昔は、
糠床がどの家庭にもあったということなのかもしれませんね。

恵:ですよね!さて、これが糠を混ぜているところ。
粘土でもパン生地でも同じことを思うんですけど、
コネコネするのって楽しいですね~♪



渡辺:小さい子どもは泥んこ遊びが大好きだし、

人間はそういう感覚が好きなのかもしれないね。

恵:ですです!そして、あっという間に糠床完成~所要時間は、全部で1時間でした。


渡辺:ほんとに簡単だねぇ。

恵:ですよ!材料揃えて、野菜切るのも全部入れて1時間でしたから
あっという間でした。

私、ぬか漬け初めてだったので、
はじめは全然においがしないことにビックリしました!

渡辺:ぬか漬け作りといえば、手が臭くなるってイメージですからね。

恵:糠床が発酵してきたらにおいだすと思うんですけど、楽しみです!

渡辺:おいしくできるといいですね!

恵:はい!毎日かき混ぜるのが楽しみでワクワクします♪

でも、糠床が完成するのって二週間も先なんですよね。

渡辺:結構かかりますね。

恵::今は発酵済みの糠も売ってたんですけど、
どうせ作るのならはじめからだよね~って思ったんですよ。

時間はかかりますが、手の掛かる子どもの方がかわいい、

じゃないですけど、そんな感じで。

渡辺:わかるような気がするな~。

毎日混ぜているうちに愛着もわくような気がする。

恵:そうそう!まさにそんな感じです!
で~待っている間が長いので、

その間に以前渡辺さんに教えてもらった
「糖絞り大根」にもチャレンジしようと思ってます!

渡辺:おお!やる気マンマンだね!

恵:田中先生の動画を見て糠床に興味が出て
、調べていくうちにどんどん引き込まれて

いっちゃったんです~~

渡辺:ぬか漬けには乳酸菌が含まれているから

腸を整えるのにもってこいだからね。

それにぬか漬けにすると、ビタミンB1やカリウムが

何倍にも増えるんだよ。

恵:わあ!すごいですね!ますます興味が沸いてきました。
ぬか漬けって楽しい、おいしい

身体にいい、っていいことずくめですねぇ。
もっと、脚光を浴びて欲しいなあ。

渡辺:そうですね。腸を整えることが

病気の治療に繋がるって田中先生も言っています。

私たちは、それを実践してみましょうよ。

恵:はい!やってみましょうね!これからが楽しみです。

 

 

************************

 

渡辺はおのみち堂さんのサプリを愛飲、紹介しています。


●腸に良いサプリはこちら
https://www.chyo.jp/shopping/lp.php?p=tennenbitsu&adcd=cnothyms7pt

 

 

 

今回の動画概要

 

貴方の接種 

それ何ワクチン?

 コロナのワクチンは、

一般の人にどの菌に効くワクチンを打っているのか

わかるようにして打つべきではないのか。

沈静化しているのはワクチンのおかげではなく

自然の現象ではないかと思う。


 コロナは冷えを必ず起こすインフルエンザだ。

インフルエンザは冷えを起こしたり

起こさなかったりするが、

コロナは必ず起こす。

インフルエンザもコロナコも

同じウイルスの仲間、

今年のインフルエンザは冷えを

伴うものが流行った。

 西洋医学では対処できず、

東洋医学の漢方で表面の熱をとりつつ

深部・お腹をあたためる白虎加人参湯で

対処するのが正解だ。

みなさんには、

ワクチンは何の菌に効くワクチンなのか、

表面が熱く内部が冷えるのは

どんな症状なのかを知ってもらいたい。

************************
 用語説明

 ●ラムダ株・ミュー株

 ・どちらもコロナの変異株の1つ

・ミュー株はコロンビアで初めて発見され、

   ラムダ株は南米ペルーで発見された

 ●武田薬品 

 ・日本の製薬会社

 ●モデルナ

 ・アメリカの製薬会社
 ・日本では武田薬品が輸入・供給している

 ●升麻葛根湯(ショウマカッコントウ)

 ・頭痛・発熱を伴う風邪の初期に用いられる

・葛根湯に升麻を配合した薬

・升麻はキンポウゲ科のサラシナショウマの

  根茎を生薬として用いたもの

・升麻は解毒・解熱・止血などの効果がある

 ●桔梗湯(キキョウトウ)

 ・桔梗と甘草(かんぞう)を配合
・喉の痛みに効く

  ●半表半裏(はんぴょうはんり)

 ・ 東洋医学では口から肛門までの腸管を

「表」「半表半裏」「裏」の3つに分けて考える

・表(ひょう)は口から喉までの臓器、

半表半裏(はんぴょうはんり)は喉から横隔膜まで、

裏(り)は横隔膜から肛門までにある臓器のことを指す

 ●白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)

 ・熱を冷ましながら身体を温める働きがある
・熱中症に使われる漢方として知られている

 ●石膏

・・・生薬のひとつで、

熱や炎症を鎮める作用がある

●朝鮮人参

・・・薬草として知られ、滋養強壮・

  血流改善などさまざまな効果を持つ

////////////////////////////////////////////////////////////

管理人渡辺と応援団恵の

腸に良い事おしゃべり

渡辺:田中先生は漢方薬が武器で、我々庶民は食、

 

運動など生活の知恵が武器。

 

とすれば我々はまずは漬物から入りましょう!

 

食物は消化器で砕かれ、消化酵素と共に発酵されます。

 

漬物はこの工程を体外で先にやるので腸は助かり、

 

腸内細菌もニコニコするスグレモノなんですよ。

         

漬物と言えば●糠味噌、●白菜漬け、沢庵、野沢菜漬け、

 

粕漬けと限りなくあります。それなら漬物を実践徹底研究してみましょう。

    

~まずは生活者の実例を覗いてみよう!

 

恵さんの実家は酒屋さんなんですね、

 

 では粕漬けは詳しいですね。

 

恵:そうですね。なんでもうちの粕漬けに付いている菌が

 

美味しいと評判で、頼まれてたくさん漬けていました。


渡辺:漬物は家によって住んでいる菌が違うので、

 

味も違うといいますもんね。

 

恵:はい。子どもの頃は粕漬けの時期になると、

 

ウリの種を10円玉で掻き出す作業に追われました。

 

私の息子が2歳くらいの頃に粕漬け作業を見てい

 

て酔っ払ったこともあります^^;

 

渡辺:粕漬けはアルコールが含まれていますからね!

 

粕漬けに含まれているレジスタントプロテインは

 

善玉菌の餌となって腸内環境を整える働きがあるんですよ。

 

恵:それで我が家は便秘の人がいなかったのかも!

 

渡辺:そうかもしれませんよ!

 

その他にも腸にいいことの何か事例はありましたか?

 

恵:調べてみたんですけど、

 

結構みなさんいろいろ実践されてますね。

 

見つけた!腸にいいことの事例あれこれ - Google ドキュメント

 

渡辺:ほうほう!面白いですね!

 

恵:それで、私も自分でぬか漬けを

 

漬けてみようと思います!

 

渡辺:それは楽しみです。詳しい報告を待っていますよ。

 

恵:はい!取り掛かり次第報告しますね。

 

 

************************

 

渡辺はおのみち堂さんのサプリを愛飲、紹介しています。


●腸に良いサプリはこちら
https://www.chyo.jp/shopping/lp.php?p=tennenbitsu&adcd=cnothyms7pt

田中保郎先生 応援チャンネル

チャンネル登録者数 821人

今回は、腸内環境を整えるために大事なポイントを

田中先生は「ぬか床」からヒントを得たという動画です。

 
 

管理人の渡辺と応援団Yサンのおしゃべり

渡辺:田中先生は漢方薬が武器

    我々庶民は食、運動など生活の知恵が武器

    健康は栄養などすぐ入れる事を考えるが、

         夏は入れないで負担を軽く

例えば●過剰な水分は取らない

    ●体の芯は冷やさない

    ●食事も少なめ

~夏バテは8月~9月にやって来る、

何とか耐えて

体を支えている腸内細菌もついにダウン

夏バテなんて寝れば治るが

少しは腸内細菌の事も思い、

彼らにも夏休みをあげたい

 

≪過剰な水分は取らない≫

 

夏バテ対策は水量と

特に氷水は旨い

ガブガブ飲めば血中水分量増加、

心臓も疲れるそこで

腎臓が懸命に排出、

「ぬか床」に過剰水分供給を見れば判る

Yサン=「ぬか床」なんて

若い人は知らないのでは?、

 

渡辺:どちらにしても水分は

        ほどほどが夏バテ対策

夏バテにはおのみち堂さんのサプリを愛飲、紹介してます
腸に良いサプリはこちら
https://www.chyo.jp/shopping/lp.php?p=tennenbitsu&adcd=cnothyms7pt