離婚か関係修復か?夫のモラハラに決別する対処法

離婚か関係修復か?夫のモラハラに決別する対処法

旦那はモラハラ。でも嫌いになれない。できれば、夫婦円満になりたい。子供へのモラハラ連鎖も防ぎたい。その為なら自分も変える!そんなあなたなら、モラハラ解決は可能です。モラルハラスメントの意味とは?うちの夫のモラハラ原因は?を探ることから始めましょう。

【モラハラ解決】私が変わるとは、主人に頼らない生活を作ってみるということ?

早山さくらです。

私が変わるとは、やはり主人に頼らない生活を作ってみるということですかね。

その具体的な方法などがカウンセリングを行うことで出来てくるイメージでしょうか?

娘はやっと旦那にもなつくようになりだいぶ楽になりました😅

息子は一時期旦那に冷たい期間もありましたが、今は喧嘩ばかりしてしまっていたので、逆に私たち夫婦に気を使ってくれていて、私としてはそこが気がかりですね…。

体に症状が出てしまって、でも頼れるところが旦那しかなかった場合、もっと旦那を追い詰めることになってしまいますよね…

この時点でコンディションが良くないですね😅

心療内科に行くのが先でしょうか…


メッセージありがとうございます。

まず、心療内科に行くのが先かどうかですが、それは、あなたが、心療内科に何を求めるのかによると思います。

そして、選ぶ心療内科の先生との相性はどうなのか?により、満足度が変わるでしょうから、わたしには、なんとも申せません。ごめんなちゃいね。

さてさて。

モラハラを解決するなら、解決したい自分自身が変わること。どんなに、悔しかろうと、それしか、ないのですよねー。

そして、自分が変わるとは、おっしゃるとおり、「自分が幸せになることについて、夫に頼らない」ということです。

ここまでは、どのモラハラ被害者さんにも共通している、ひじょうに基本的なことです。

人は変えられない、変えられるのは自分だけ。は、ほんとです。

でね、「夫は変えられないから自分が変わろう」と、この悔しいかもしれない事実を受け止め、納得したいのであれば、専門家やモラハラ解決体験者の記事を、たくさんたくさん読んだらいいと思います。

読みまくり、「しょうがない、ほんとに、自分が変わるしかないらしい」、と渋々でも、受け入れた時、そのとき、ようやく、行動にうつせる。ぎゃくに、受け入れられない限り、なかなか、行動にはうつせない。

だから、まずは、自分を変える覚悟ができるまでは、色々な専門家の本やブログを、当たってみたらいいと、思います。

その際、もし、「あなたは変わらなくていい」と書いている専門家がいても、それは、ロジックの展開を工夫してるだけです。読み込んでいけば、やはり、「あなたが変わるのよ」という結論になります。

(わたしも以前は、このロジックで話していましたが、やめました。)

そして、自分を変えようと覚悟が決まったら、カウンセリングをお受けになるのが、早いと思います。

というのは、これまた、おっしゃるとおり、自分が変わるための具体的な方法などについては、カウンセリングで専門家とするからこそ、見えてくるものだからです。

自力で解決できるくらいなら、もう既に解決できていると思うのですよね。それを何年も何年も悩んでいるのは、すくなくとも現状のあなたには、もしくは、現状の人間関係の中では、関係をよくする具体的な方法を実践できない、ということ、なんですよね。

実際に解決するのに必要なのは、あなたと旦那さんの関係を、客観的に分析する目と、結果があらわれるまでに、不安で、ぶれてしまう心を安定させる継続的な応援です。

(これは、あくまでも、わたしが提供するカウンセリングの場合です。ほかのカウンセラーさんについては、ほかの方法ですすめているかもしれません。)

関係を、客観的に分析するというのは、なぜ、お二人が、モラハラ関係になっているか?
その原因を探る分析のことです。

モラハラ関係になるにも、そのご夫婦により、原因は、まるで違います。たとえ、原因が同じようでも、あなたと旦那さんはそれぞれ、唯一無二の存在で、ほかのかたと同じようなことをして解決できるわけではないのです。

また、夫婦間のモラハラは、ふたりの関係だけでなく、家族中を巻き込みます。とくに、お子さんへのモラハラ連鎖について、大きな不安を抱える方が多いですよね。

親のモラハラ関係が、お子さんの不登校や過食、拒食などとして、顕在化すること、多々あります。

それらについても同時にアプローチしていくことが必要だと、わたしは考えています。

これら、モラハラ原因究明とモラハラ連鎖防止を考えていくと、場合によっては、(とても頻繁ですが)、旦那さんとあなたの親だけでなく祖父母にまで、さかのぼりますし、あなたの子孫3代先の様子までを、見据えます。

ということは、家系の歴史をひもとき、未来を拓いていく作業なのですよね。

ですから、どうか焦らず短気を起こさず、ぜひ、気長に取り組んでほしいなと思います。

とはいえ、さほど、原因が根深くない場合もあり、その場合なら1ヶ月で、コロッと、標準では、3ヶ月から6ヶ月で、ふたりの関係が穏やかにかわります。

でも、これは、表面的なところでしかないです。

モラハラ化する原因を根源的に解決していくには、もっとかかります。腰を据えて、取り組んでいただければと思います。とりあえず、通算2年は見てほしいと思います。

その頃には、夫婦関係だけでなく、あらゆる人間関係が落ち着いているはずです。

でも、2年も、カウンセリングを続けるって経済的にも精神的にも、なかなかハードだと思います。

なので、ご自分のタイミング、ペースにあわせて解決をすすめていけるよう、プロジェクトをご用意しました。

友だち追加





美人さんは、どうやってママ友トラブルを解決したのか。

早山さくらです。

お友達には優しくね、仲良くするんだよ。

そんなふうに教えられ育った。

その教えに、疑問などあるわけがなく、だから、自分は、いつだって、人を大事に思っているし、仲良くなりたいと思う。自分にできることがあれば、喜んでやる、手伝うし応援してる。

でも、どうしてか、そのつもりで、交流を深めていた人にほど、結果として、去られてしまう。

時に、意地悪をされ、無視をされ、嘘を言いふらされたりもする。

そんなふうに、虚しい思いを抱えている人って、けっこう、多いと思うのですよね。

じっさい、旦那さんのモラハラで悩む女性は、職場やママ友関係でも、悩んでいたりするものです。

もしも、「わたしも、そのうちのひとりでーす」とお思いであれば、こちらの記事、読んでみてくださいね。

美人さんが、ママ友トラブルの解決するまでの流れです。

友だち追加





●旦那さんに、「もう離婚だ!」「でていけ!」と言われているあなたへ

早山さくらです。

2ヶ月以内に家をでていくように、言われてしまったという美人さんのお悩みに答えてみました。

夫から出ていけと言われた。もう手遅れかな?と思うけど、関係修復をしたいあなたへ

モラハラされてる気がする。だけど、嫌いになれない気持ち。

どうしても、人よりも一段二段、低いところに生きてる気がしてしまう。そういうの、わかるよー。

言いたいことがあるのに、それを、言葉にできずに、いやな感じの態度で出すだけになってしまう。その感覚も、知ってるよ。

でもね、人ってホントに、変わっていけるんだよ。

弱者でいたらいけない。自分を被害者認定していたらいけない。自分よりも上に感じるその人から圧を感じるからって、その人のことを加害者と認定してしまうのは、早計だよ。

怒り、恨みつらみ、悲しみ憎しみの中で生きていくのって、しんどいし、正直、めんどくさくないですか?

せっかくなら、愛溢れる世界で生きていく方が自分が楽だし幸せじゃないですか?

そして、そういう世界は、自分でつくっていくんだよね。

強く優しく男の子 優しく強く女の子

弱くいたらだめだ。幸せになりたいなら、強くなろう。

優しさを鍛えると、強くなれるし、自分の周囲に愛情を循環させられるようになるよ。
●【美人さん進化中】高いところから、俯瞰して自分を見る。

早山さくらです。

カウンセリングやサロンから刺激を受けて、どんどん、自分を進化させていく美人さんたち。

その様子を見てると、気持ちよさそうで、楽しそうで、わたしが嫉妬を感じるくらい!

その変化、うらやましい!たのしそー!

うん、じぶん好きプロジェクト、最強だな。

つまらない、楽しくない、おもしろくないと感じる。でも、実際、毎日、楽しいことがある?

わたしは、何をしたら幸せと思えるのだろう?そもそも、毎日がわくわく、めっちゃいいことばかりあるわけではない。

たぶん、わたしの物差しで、100のうち100じゃないと、OKだしてない。

30くらいのフワフワを、毎日めざしていこう。

①余裕のある心をこころがける

②行動はゆったり大きく

③ゆっくり話すようにこころがける

④つまらないとか嫌だなあとおもったら、思考ストップ!
(朝おきて、気分が落ちている時)

⑤小さなわくわくを考える。

⑥人間関係で負の感情がわいたら、まず、その感情を認めて受け止める。そして、そこに疑問をもち、高いところから、俯瞰して自分を見る。
(ここの部分をもっと学びたい。まだ、グラグラです!)

⑦マイナス感情を、プラス感情にユーモアをもって変換する癖をつける。

癖と思考パターンを変えるぞ!


ゆうべ、送ってくれたこれは、自分取扱説明書、ですね。

これ、ぜひ、心のトイレに貼って、頻繁に見返してほしいなと思います。

でも、あと、ちょっと、言うなら、もう、「癖をつける」という言い方もしないほうがいいかな。先延ばしになっちゃうから。

・マイナス感情を、プラス感情にユーモアをもって変換する癖をつける。
→マイナス感情を、プラス感情にユーモアをもって変換する。

って、このほうが、ぐっと現実味が増す感じがしませんか?

あと少ししたら

→マイナス感情を、プラス感情に、ユーモアをもって変換してまーす♪

にしましょうね。

とにかく、どんどんいい感じになってますね。わっしょい。

アイラブミーサロン

【モラハラ原因】何故彼はモラハラ を止めることになったのか、私が変化したのです。

早山さくらです。

先日の記事「無自覚に失礼で、人をモラハラ化(パワハラ化)させてしまう人」へのコメント、ありがとうございます。^^

ひょっとして??!!!
それ私のことだったかも??!!!

何故モラハラ されるようになったのだろうと、いつも不思議に思っていましたが、こんな風に捉えたことなかったです。

確かに、あの頃私は完全に自己否定状態、彼にとっては無口無反応の不愉快なイライラする相手だったはずです。(彼の方もそんな私を理解する度量はなく)

そして、最近何故彼はモラハラ を止めることになったのかも謎でしたが、もちろん私が変化したのです。

人間真理の微秒な作用と影響の解明に分け入っておられますね。良い糸口を今日は発見させていただきました。


いまは、モラハラが鎮まったのですね。

よかった!おめでとうございます💖

さて。

たしかに、モラハラという状況は、由々しき問題です。

とはいえ、モラハラ加害者側にも、そうせざるを得ない理由というものが、あるにはあるのです。

ひょっとしたら、被害者側が、モラハラを誘発するような言動をしているかも、しれない。そんな可能性もゼロではない。

誰がいいとか悪いとかではないし、そんなことを言っていても、なんの解決にも、なりません。

とにもかくにも、二人の間のモラハラ原因が理解できたら、関係は、ガラリと改善するかもしれませんよ。


●無自覚に失礼で、人をモラハラ化(パワハラ化)させてしまう人

早山さくらです。

きょうは、コンディションの悪い人が読むと、「モラハラ2次被害」と捉えられかねない内容を書きます。

だから、元気がないあなたは、読むのを後にしてくださればと思います。

また、モラハラと言ってもその原因は様々でして、以下の内容は、誰にでもあてはまるわけではありません。

とはいえ、大事なところです。

ひょっとしたら、こういうところが、自分にもあるかも、ないかも、と、確認するおつもりでお読みいただければと思います。

------

人からの暴言や、つれない態度に苦しむ人に、悪い人はいないと思います。

悪いくない。むしろいい人。

いい人なんだけれども、無意識に、人の心をざわつかせる話題をふり、言い方、表情をしているという人が、います。

その根本的な理由が、

「この人が、私ごときの言動に、傷つけられるはずがない。だって、わたしは、誰かを、傷つけるほど、重要な存在じゃない。」

と、自己肯定感の低さによるものであることは、盲点かもしれません。

たとえば、チームでの話し合い。

あなたは、

私なんて・・・
私の意見なんて・・・

と思っているから、なんとなくミソッカス気分。意見を聞かれても、ほとんど答えないとしましょう。

まさか、自分が人から求められているとは思わないから、空気のように、そこにいるだけ。(でも、じつは、心の中で、色々考えているのに・・・)

聞いてるだけ。ひたすら、受け身。けっきょく、もらうだけの存在。

自分が、そう在ることで、誰かの心をざわつかせたり、寂しくさせたり、傷つけているかもしれない、なんて、思わないかもしれない。

でも、相手からすれば、あなたは、ミソッカスではないわけです。

ふつうに、人数にはいっているわけですし、相手にとってのあなたは、自分を傷つける力のある、大きな存在なのです。

だから、あなたが、空気のように、そこにいるだけ。聞いてるだけ。ひたすら、受け身でいる様子に、ざわつきます。

自分は、この人に軽く扱われているんだな
この人は、無責任なんだな
こっちのこと、考えてくれてないんだな

と、心がざわついちゃいます。

人は、ざわつけば、ときに、きつい言葉を吐き、無視をし、威圧オーラを出し、ため息をつきます。

その様子に、あなたは、びびる。ちょっと、ムカつく。

そして、誰かに、

「わたしは何もしていないのに、あの人は、きつい言葉を吐き、無視をし、威圧オーラを出し、ため息をつきます。」

と相談すれば、相談された側は、しっかりと、深堀りもせずに、「それは、モラハラ(パワハラ)ですね」と、あなたの肩を、もってくれるかもしれません。

でも、こうして、モラハラ、パワハラ加害者に、仕立て上げらた相手は、不憫だと思いませんか?

なんなら、あなたのほうが、相手を、モラハラ化(パワハラ化)させているのだと、そういう解釈もできると思いませんか?

人から無視をされたり、威圧オーラをばんばん出されたり、ため息をつかれたり・・・

そんなことされ、自分がつらいなら、自分目線では、とうぜん自分が被害者です。

でも、いちおうね、自分のこと、俯瞰してみてください。



私は、相手に対して、敬意をもった話題、言い方、表情をしているかしら?



って。

モラハラに悩む美人さんにむけて、メルマガ書いてます。



ラインも、友達追加してみてね。さいきん、あまり配信してないけど・・・^^

友だち追加



●【お客様の声】夫が怒鳴ったり威張ったりしてたのは、寂しくて自信がなかったからかもしれない。

早山さくらです。

自分を傷つけるような言動をする旦那、許せないですよね。

悲しいし、むかつく。悔しいし憎い。

旦那は、血も涙もない、人の気持ちがわからない。少なくとも女心はわからない。ものすごい悪人に感じたりもしますよね。

でもね、ちょっと、考えてみませんか?



わたしは、旦那が、わたし気持ちをわからない悪人だと思うけど。でも、じゃあ、わたしは、旦那の気持ちをわかっているの?



って。

ひょっとして、あなたも、男を、強い生物だと勘違いしているのではないでしょうか?

もしそうなら、そんなあなたに、残念なお知らせです。

男って、強くないよ。強くないくせに、強いつもりでいたがる、めんどくさい生物よ。

だから、「うわ、この人、ほんとは、弱いんだ、ダメなんだ、アホなんだ、ひくわー」と思ったときに、「あんた、ほんとは、そんなに、すごくないのね」とか、直球で、そんな態度を出しちゃうと、いとも簡単に、拗ねまくり、ぶっちぎれて暴力化する。

でも、実は、こういう反応に関しては、男も女もないんですよね。傷つく気持ちは一緒だもの。

わたしたち女だって、否定されたら拗ねるし、暴力化しますよね。だから、旦那ばっかり責めるの、よしてあげませんか?


繰り返しますが、男という生物は、強くないよ。

寂しがりのアンチクショーがほとんどよ。褒めてほしがりの、自信ナシ男ばっかりよ。

だから、女はさ、そういう男心を理解して、一緒に、その気で、いてあげたらいいんだよ。離婚したくないなら、ね。

そのほうが、けっきょく、自分が得ですしね。

*モラハラが激しくなるから褒めないとかいうのは、本質を理解しないで表面的に褒めようとするからよ。モラハラ君を小手先の対策で、うまく取り扱おうとする。それは、そもそも人に対して理解や敬意が足りないんだよね。それこそがコントロール。その、愛のなさが、モラハラを激化させるのよね。でも、もう、相手を理解したいという気持ち=愛情が既にないのなら、相手のモラハラがおさまらないのは、当たり前田のクラッカー

そんなことに、お気づきになられた美人さんのメールが、こちらです。

さくらさんが、底抜けに明るくて、明るさが連鎖しました。(^_^)

被害を抜ける感じは、今、私なりに、夫をこわくないと感じる感覚だと思えています。

実は、夫が怒鳴ったり威張ったりしてたのは、寂しくて自信がなかったからかもしれない。

と少しの可能性でも考えられたことで、対等意識に近い感覚を持つことができました。

別居して、離れて暮らすことができて、気持ちが落ち着けた状態で、さくらさんのお話を聞けて理解することができたんだと思います。


こちらの美人さんは、いま、モラハラ解決プロジェクトをご利用くださっています。

ZOOMをとおして、たくさんお話をできるのが、楽しいです。^^

男女平等、ジェンダーフリー、同性婚。性別を超えて自分らしく生きようよ、という風潮、めっちゃいいですよね。

そうは言っても、男らしくいたい男はいまだに多く、それを男に求める女も非常に多く、じゃあ、男らしいっていったいなんぞや、と言えば、ほんとのところ、空威張りかな。

そうやって、空威張りで、偉そうにしてたい、弱き男を、かわいらしいと思って、その気にいさせてあげられるかが、鍵ですわ。

それができたら、おたくのモラ夫さんが、子犬のようにかわいくなるかもしれません。

だから、モラ夫をもつ美人妻よ、したたかになろう。小賢しくなろう。

女優になって、空威張りンボの弱い旦那を、たててあげればいい。

でも、夫に対し、それさえ、するのがイヤならば、イヤなあなたが悪いわけもなく、それならそれで、素直に離れてよろしいのではないでしょうか?

だって、あなたは、あなたが幸せになるために、生まれていると思いますよ。

あなたも旦那さんも、それぞれ、自分を幸せにできるのは、自分だけ。

自分に期待するのはいいけれど、それぞれ、夫や妻に期待するのは、お門違いです。

モラハラに悩む美人さんにむけて、メルマガ書いてます。



ラインも、友達追加してみてね。さいきん、あまり配信してないけど・・・^^

友だち追加



●良いことよりも、嫌なことばかり思い出すのはなぜですか?

早山さくらです。

いいことだってあるのに、どうしても、悲しかった、辛かった、怒りがわいた、そんな、イヤなことばかりを思い出してしまう、って、あるあるだと思います。

人間の人生、せいぜい100年。できれば、不快な感情よりも快の感情を多く体験するほうが、お得なのに、どうして、イヤなことばかり思い出してしまうのでしょうね。

というわけで、今日は、アイラブミーサロン(じぶん好きプロジェクト)の中でのご質問を、シェアしてみました。

良いことよりも、嫌なことばかり思い出すのはなぜですか?にお答えします。イヤなことを思い出しても大丈夫になるための、ちょっとしたこと。
●【お客様の声】旦那を憎んで一緒にいつづけるのか、 自分の中で着地点を見つけて一緒にいるのか?

こんにちは。早山さくらです。

週末も、たくさんの、嬉しいご報告を読ませていただきながら、トイレのDIYをすすめておりました。

じぶんの思いを形にしていく作業って、楽しいですね。

自分の人生ならなおさら。自分の思い通りに生きなきゃ、ぜんぜん楽しくない。

モラハラなパートナーの言いなりだなんて、そんな、つまらないこと、ないですよね。

とはいえ、この支配されてる感覚、悶々と悩み続ける感じが、どうにもこうにも、無意識に自分らしく、なんなら安心。

だから、旦那の文句を言いながら生きるのがベスト、という方もいます。この方々については、嫌味じゃなく、それが自分らしいのですから、わたしが、とやかくいうことでは、ありませぬ。

でも、この状況変えたい!と思うなら、きょう、息子君がお誕生日をお迎えになる美人さんのお話を、読んでみてくださいね。

旦那がストレス原因!マイペースで自分勝手で自分が正しいと信じるモラハラ夫へのイライラを、根本から解消する方法

この美人さんがくださった文章の中でとくに印象的なのはここ。

旦那がいてよかったー!って思いは、ホントに最近です😂

旦那を憎んで一緒にいつづけるのか、
自分の中で着地点を見つけて一緒にいるのか、
自分にも、子どもにも、旦那にも。すこい影響があると思います。

わたしが旦那を憎んだままなら、息子はパパに懐かなかっただろうし、
パパもそんなに可愛がらなかっただろうな、と確信してます❗️

わたしってすごいな(笑)😂


うん、ほんと、すごい!

こちらの美人さんは、1年間のわたしの特別講座を、お受けくださるにあたり、保険を解約してくれたそうです。

彼女は、言っていた言葉が印象的でした。

「お金がない、という人も、ほんとは、あるんですよね。でも、ないないいって言っているときは、そこまで追いつめられてないってこと」

って、こんな感じのこと。

で、保険解約の結果が、こちらです。

ちなみに、ここまで1年弱。わたしだけでなく、すてきなお仲間に出会い、気軽に話せる場所をもてたからこそ、

モラハラ夫への憎しみから解放された

モラハラ夫に、愛をもって、接することができるようになった

愛息子君をモラハラ連鎖から守った

との変化をご体験されているのです。

ちなみに、3人のグループラインでの特徴は、

・変えるのは夫でなく自分である、という共通認識
・いいも悪いも、正しいも間違ってるもない
・男と女は違う

ということだったなと思います。

とくに大事なのは、「変えるのは、夫でなく自分である」です。

対処してるけど、旦那が変わりません。という方がいたら、その発想自体が、「
ちょ、まてよ」ですよ。

と、ここまでをお読みになり、

「いまは、自分が変わるというのは、納得いかない。でも、モラハラ解決はしたい。必要であれば、自分を変えます。」

という気持ちになるのであれば、おやはめに、カウンセリングをご利用ください。

他方、

「うちの旦那は、規格外のモラハラです。わたしがどうこうという問題じゃないんだから、自分が変わったところで、何も変わらないし。」

との思いを、手放すお気持ちになれないのであれば、残念ながら、わたしとの相性は、合わないと思われます。

ぜひ、あなた好みの未来を見せてくれるどなたかの御支持を、お仰ぎくだればと思います。
●【お客様の声】モラハラする相手も悪いが、モラハラさせてる私にも、原因があったのね、てへぺろ。

早山さくらです。

家族の中にモラハラな人がいる家庭では、休日が、憂鬱ですよね。

モラハラ夫が家でテレワークしてるなんて、地獄のように感じますよね。

さらに、個人事業主や、家族で会社経営でモラ夫が社長、だなんていう場合、それはそれは、大変ですよね。

あれやれー、これやれー、そうじゃない、なんで、できないの?バカなの?

って、常に威圧とダメ出し。

これでは、心の回復なんてしている暇がないかもしれません。

モラハラされない、させない自分に変わっていこう。

モラハラ被害者でいることを、もうやめよう。

なんて、とてもじゃないけど、思えないかもしれないけど、それでも、やろう!そこは、がんばろうよ。

モラハラ夫を恨み、モラハラ夫をつくりあげた、義両親を恨めしく思い、彼を選んでしまった若かりし頃の自分を残念に思ってても、状況は変わらない。

同じように、モラハラ夫に苦しむ誰かの、夫への罵詈雑言、悪口を読んで心を癒す。

それもいい。一瞬は、心が慰められ、癒されるものね。でも、発展はない。

ぎゃくに、現状維持になってしまう。

ほんとうに苦しいなら、本気で、モラハラされているその状況を変えたいなら・・・

あなたに必要なのは、同胞じゃない。

先をいってる先輩です。すでに、ぜったいに、モラハラさせない誰かです。

わたしは、そう思います。

いつもの「お前は俺の人生になんてことをしてくれたんだ〜」と、酔ってるときに言ってきて

「そんな怖い顔して、そんなこと言われると、私は怖くて嫌だ〜」と一応言ったら、言うの辞めたんですよね。

言ったときは私は明るくしてました。文句口調ではなかったです。

偶然じゃなくて、さくらさんに言われて、平常心を、保ちつつ、今回は意図的にやったのと、

そのせいか、なんか拍子抜けの反応で、ちと、戸惑う自分がいましたが、まずは荒くならずに済めばそれで良し、としておきました。

自分の反応にさらに自分で反応して悪化したら無意味ですしね!

検証のため、次回もう一度やってみます。うまくいくといいな〜。


と、ある美人さんからのご報告でした。^^

モラハラを解決しよう、そう決めて、動き出すと、

モラハラする相手も悪いが、モラハラさせてる私にも、原因があったのね、てへぺろ。

なんて、気づくことは多々あります。

ほんとは、離婚してもいいだけの条件が揃っているのにも関わらず、離婚したがらない自分に、あんがい、打算があることに気づいたりします。

モラハラさせちゃう部分があっても、離婚したくないのは打算ゆえでも、いい。

いいのだけど、それを自分で気づかないうちは、永遠に被害者。

永遠に、夫を憎み、幸福感をもてないままです。

そういう人生、わたしは、いやですが、あなたはいかがですか?

うん、そんな人生はイヤだと思ったら、こちらも読んでみてくださいね。



ラインも、友達追加してみてね。

友だち追加