本当にいろいろありました

テーマ:
ご無沙汰しておりました!!!

麻飾りの總總 麻護人のむらせかずえです照れ


昨年のブログを書いた後、
クリスマスイブの夜に
実家で父が急逝し
それでなくても慌ただしい年末年始が
悲しみと共に
ゆっくり様々なことを考える余裕もなく
通り過ぎていきました。
(大掃除はついでにスルーw)

落ち込んでいたり
いつもの元気いっぱいの自分でいられないときに
麻の作品を作ることはやっぱり自粛!

万全でない自分自身のエネルギーが
美しい精麻にほんの少しでも
入ってしまうのがいやだ!
と思っていました。


そして
父が亡くなって1ヶ月が過ぎ
少しずつ元気が出てきた気がするなぁ
そろそろ麻を触ろうかな♡
と思っていた矢先

尊敬していた
厳しくも優しい麻のお師匠さまが
お亡くなりになったとの連絡が入ったのです。


その文面が目に入った途端

涙が次から次へと溢れてきて

生前してくださったことや
伝えてくださったことや
笑顔や
優しさや
楽しい思い出や

お師匠さまにまつわる記憶が
いっぱい浮かんできて

たくさんの涙とともに
出てきた最後の言葉は
「ありがとうございました」
しかなかったです。。。



それから一週間くらいは
また悲しくて時々涙したり
ため息ばかり出ていたのですが

不思議なことに
お師匠さまを失った悲しみが少し和らいできた頃
父が亡くなった悲しみも
まるでお師匠さまが一緒に持って行ってくださったかのように
癒えていたのでした。


頭のなかでは

まだ父の声もお師匠さまの声も聞こえてきます。
まだちゃんと覚えています。
私の記憶の中では
2人とも
まだ生きていてくれる。



2人との関わりを通して
私の中に生まれたものは
これからも
私を形成し
私の中で生きています。




生前の
お師匠さまの願いは

麻を再び身近なものに、
一家にひとつ
小さい子供たちからお年寄りまで
持ってもらいたい

というものでした。


私もその思いを引き継いでいきます!!!
父みたいに真っ正直に爆笑





精麻でいろいろ作っています♡

ご購入、オーダーのご希望、
ワークショップのご用命は
こちらまで↓

andante5873@@yahoo.co.jp
(お手数ですが@マークを1つ減らしてください)