ジャン=ピエールの霧の中の原風景

ジャン=ピエールの霧の中の原風景

こだわりの食とお酒を味わった思い出や情報を綴ります。

私にとって味覚とは思い出です。

周りの雰囲気。

一緒にいる人。

シェフやギャルソン・ソムリエの眼差しや笑顔。

そして作り手のこだわりと情熱。

ブリュッセルやブーローニュの森の中にひっそりと佇むシックなレストラン。
ドーヴィルの路地裏にあるバーや漁師町マルセイユの本物のブイヤ・ベース。
トリノのバールやヴェネツィアの立ち呑み居酒屋。
ブルターニュのプレサレやオマールの鬼殻焼きをだしてくれる一見寂れたレストラン。


日本でもそういう雰囲気を感じさせるお店を紹介していきたいです。
私の味の思い出がお伝えできたら嬉しいです。

お腹を空かせた私は23時頃に目を覚ました。
ホテルの周りには何もないだろうと諦めていたら、歩いてすぐのところに地元の方に支持されているマニアックな中国料理店があるという。
その深夜まで営業している龍ちゃん食堂に意を決して行ってみた。


メニューをよく吟味して注文したのが、天津飯と


四川涼拌麺である。



天津飯は見るとわかるが、まず、玉子がフワフワで素晴らしい。
そして、餡が上湯をしっかりと使った旨みと深みのある美味しい甘酢であったのだ。
経営者もホールの女性スタッフも全て中国の方でかなり本格的である。



さらに驚いたのが、四川涼拌麺だ。
まさに横浜中華街の四川料理の名店にでも出てきそうな味わいで度肝を抜かれる。


杏仁豆腐は量もたっぷりでこれも本格的なものだった。



それに価格が安く量がかなり多い。
私はやっと食べきっだが、一皿二人前近くあるだろう。
滅多に来ることはないような交通の便が悪いこのような場所にこういうマニアックな店に出会えたのはラッキーであった。

静岡駅から焼津駅に向かった。
焼津駅周辺には店らしき店を見つけることはできなかった。
漁港も駅からはだいぶ離れていて歩いたりバスで行くことは難しい。
加えて、その日宿泊するホテルは焼津駅からかなり離れていて、送迎はしてもらえたが、一度ホテルに来てしまうと焼津駅方面には行くことはできないのである。
宿泊したホテルは福一漁業という船元が経営しているホテルだった。
福一は南マグロで有名な卸売業社でもあったので、こういうこともあろうかと事前に生南マグロの中トロの握りを頼んでおいたのだ。



部屋でビールとともに寿司をいただく。


福一の生南マグロの中トロの握りは流石に美味しかった。


握って届けてもらい、すぐに食べたので、鮮度も抜群である。


ただし、16時くらいに食べたので、後でお腹を空かせることになるのだが…
静岡駅近くで昼食をとるのに選んだ店はまるしまである。


おにぎりと静岡おでんの庶民的なお店でおじちゃんとおばちゃん2人でやっている。
おでん鍋が設置されているテーブル席に座り、好きなおでんを自分で選び皿に取り分ける。


おにぎりは、奥でおじちゃんが握ってくれる。


おにぎりは1個100円、おでんは1つ60円だ。
日曜祝日は休みだが、朝は6時半から朝食も出してくれる。
午後は4時までなので、ボサボサしていると店が閉まってしまう。


おでんは、玉子としのだと黒はんぺんを選んだ。
しのだは正式には信太巻といい、油揚げを開いて中に野菜、白身魚、肉、豆腐等を使った練り物を入れた静岡独特のおでん種だ。
これも黒はんぺんもよく煮込まれていて美味しかった。


おにぎりは三角でも丸でもないアバウトな形で田舎っぽく手作り感満載でとてもいい。


お酒は置いてないようで、お茶とともに食べる。


昭和の香り色濃いこういう店がいまだ存在することが奇跡に近いと思う。


ちなみに私が食べたもの全ての会計金額は280円だった。
こういう雰囲気と土着的な味わいを愛する方は、店は駅から200メートルくらいのところにあるので静岡駅に立ち降りたら寄るべし。
ピッツェリア・ナポレターナ・ラルデンツァのプランツォを初めて食べに行った。
 
{E5D42C30-C258-4E21-BECC-F826CA0CE086}
 
プランツォのメニューの中からシンプルにマルゲリータを選ぶ。
何と飲み物がついて950円である。
本格的な名人レベルのピッツァヨーロの作るものなら、昔の聖林館や麻布十番サヴォアのマルゲリータのプランツォよりやすい。
暫し待って熱々のマルゲリータが届けられる。
一人だし私がいつも好んで食べる四つ切りにしてもらう。
 
{CDCFC94E-7B90-471B-B1BB-2908162634B3}
 
水牛のモッツァレラを使ったドックと比べればモッツァレラの濃厚さと香りが違うが、それでもたっぷりとモッツァレラが使われていて美味しい。
加えて生地の軟らか具合も絶妙なのである。
 
{53077CD2-3C0D-4C59-9398-D9D7BD50BDA9}
 
最後にアイスコーヒーを味わい、
 
{A0A8592F-BFD4-4DB8-ADE8-EDC8FED6C0EA}
 
店を出る。
 
{65B9337A-89AB-4787-AFC6-A59C98DEC692}
 
マルゲリータ好きは、昼に所沢周辺にいる時は訪れるべし。
 
静岡と言えば、やはり静岡茶だろう。
静岡茶商工業協同組合が経営する日本茶カフェ喫茶一茶を訪れてみた。


組合に加入している50社の銘茶が特別に500円で購入できる。
カフェでは、日替わりで1日2種類ずつの静岡茶を急須で味わうことができる。


上生菓子セットにするとこれも2種類から生菓子を選ぶことができる。


私はきんとんと本山茶おくみどりのセットにした。


きんとんは京菓子のきんとんとは風合いがやや異なるが、丁寧に作られていて悪くない。


その日は暑かったので、水出しにしてもらったが、一服目はあたかも玉露のような甘みと旨みを感じた。


これは美味しいお茶である。
二煎目以降も楽しませてもらった。


厳選されたワンコインのさまざまなお茶はどれも素晴らしかった。
お茶好きは静岡駅地下にあるこの店を訪れるべし。