こぐまの成長日記

こぐまの成長日記

こぐまグレースの笑い話・感動の秘話・生きる喜びを表現したブログ

俺は今沖縄の宮古島にいる。

 

4,5,6月と毎月6回沖縄に行っていただが

正直店もやってなく人もほとんどいなかった。

 

そして、今回緊急宣言が解除され

まだ行ったことのない

宮古島を選んだ。

これが本当に正解だった。

 

東京から直行便で3時間くらい

空港から中心地までも車で20分くらいだ。

 

海は宮古ブルーと言われるほど

恥ずかしいくらい青い。

 

今まで世界の色んなビーチに行ってきて、

フィリピンのエルニド、

マルタ島

が一番だと思っていたが

今日さらに世界屈指の透き通った

宮古島の海に出会った。

 

宮古島の池間島から船で沖に20分くらい

国の天然記念物にも指定されている

サンゴの大陸

八重干瀬(やびじ)だ。

*漢字が難しすぎ

 

ここは本当にびっくりした。

 

今日シュノーケリングツアーに参加したが

3スポットを満喫できた。

どこもいろんなサンゴと熱帯魚がまじかに

見れて最高だ!

 

とにかく46年間で初めて宮古島にきたから

まだきたことない人にオススメしたい。

正直宮古島のどこの海も透明なのだ。

 

ちなみに星もものすごく綺麗だ!

オススメは、昨日行った伊良部島の

展望台近くの駐車場だ!

まったく明かりがないから怖いが。笑

行くべきだ。

 

この教訓から学べることはこうだ!

 

1 10万円給付されたらまず宮古島に行け!

絶対にお釣りがくる最高の経験になるはずだ。

もっと早く来るべきだったと後悔する前に。

 

2 シュノーケルの前に酔い止めを飲め!

俺は20年前沖縄でシュノーケリングを

した際に酔って嘔吐し

結果多くの魚がよってきたのだ。

 

ふと見ると俺の周りにダイバーたちが

集まってきたのだった。

 

俺も魚を見にきたんだが大波で酔い

10人の密な黒ダイバー達が

マンタに見え酔い、

結果多くの魚を惹きつけ

立派な水族館を作っていたのだった。

 

3 人生は集合と離散の連続だ!

ダイバー達は集合も早かったが

俺が嘔吐するのを発見すると

離散も早かった。

 

人生は集合と離散の連続だと思った。

社会の厳しさを知った瞬間だった!

 

人は時に冷たく、時に温かい!

しかし、ダイバーらがものすごい

勢いで深海に潜って逃げていく姿を

俺は目に焼き付けていた。

 

あいつらを全力で探し出したい!

おんどれらの俺の嘔吐を見た瞬間の

キックアンターンと

去る時の見たこともない高速ドルフィン

キックで深海に潜って消えた様を

俺は絶対に忘れない!

 

ダイバーがあんな高速でフィンをキック

している姿は後にも先にも見たことがなかった。

 

とにかく、言えることは

 

あの時の冷酷なダイバーの集団へ

俺の人生に1分以内に出入りするのやめろ!

ただでさえ孤独な俺を海に1人にしないこと!

俺をこれ以上傷つけないこと!

 

しかし今日は事前に2錠飲んでたから

全く酔わなかった。

自分に勝った瞬間だった。

 

3 宮古島は毎日違うビーチに行け!

どこのビーチも綺麗だがいろんな

ビーチに行くことをオススメする。

 

4 目的はストレートに達成しろ!

俺みたいに、いちいち綺麗なビーチを

見つけては車を止めて、写真をとり

海に出入りを繰り返し。

結果目的地に全くつかないのだ。

宮古島とはそんな凄いところなのだ!

人の目的をいとも簡単に挫折させる

魅力あるところなのだ!

 

とにかく明日も東洋一のビーチと

言われる

与那覇前浜に行こうと思う。

 

 

 

宮古島インスタはこちら

https://www.instagram.com/kogumagrace/?hl=ja

 

俺は今日銀座のユニクロに行った。

 

世界最大級の店舗としてプランタンの跡地に

昨日オープンしたのだ。

 

今日もものすごい人だった。

 

俺は何かを買うというよりどんな店舗なのか

興味があって行ってみた。

 

1階から4階までものすごく混んでいたが

人混みをかき分けながらゆっくり歩いてみた。

 

皆マスク目当てだ!本当にすごい効果だ。

 

感心しながら3階を歩いている時それは起こった。

 

全然知らない牛乳瓶より厚いレンズのメガネの

おばさまが左右に顔を忙しそうにしながら、

俺に婦人用の大きなワンピースを当ててきたのだ。

「あなたこれなんかいいんじゃない!」

「こっちも当ててみなさい!」

と矢継ぎ早にユニクロワンピースを

ものすごいスピードで当ててきたのだ。

 

俺は周囲を見渡した。俺はびっくりした。

周囲もびっくりしマスク越しに笑っているように

感じた。

俺は違います。違う。違うよと必死で

手と顔を横に振った。

俺は、周囲からこのおばさんの息子さん

女装が趣味なんじゃないのーーーーー笑

と思われるのがとっても嫌だった。

 

店舗視察に来た15分後に、3階で

おばさまにワンピースを当てられて

周囲に違いますからと慌てていた

俺は滑稽で仕方なかったのだ。

 

俺は、おばさまに

「すみません!お間違えですよ!笑」

というと

分厚いレンズを上下させながら

5度見してきたのだった。

 

謝ってくるかと思いきや、2分後に

奥から大柄な娘さんが登場したのだ。

 

おそらく80キロはあっただろう!

大きかった。

 

俺はこのおばさんが本気で娘の

代わりに俺で採寸してたんじゃないかと

思った。

俺はこれを嫌った。

 

この教訓から学べることはこうだ!

 

1 銀座・ユニクロ3階・分厚いレンズ

ここに気をつけろ!

 

2 赤の他人で採寸するな!

ソーシャルディスタンスの前に

モラルディスタンスをとれ!

次もし俺を採寸したらマダムとは

エターナルディスタンスだ!

それが俺のスタンスだ

いっておく。

あなたのこと1ミリも知らねえ

 

娘へ

3階でうろちょろしないこと!

母親を徹底マークし愛情ある

採寸を受けること!

1ミリも離れるな!

これ以上、誤人採寸の犠牲者を

出さないこと!

 

*娘は俺と被らないよう

直ちに痩せること!

この夏の君の課題だ!

 

3 女装男子に間違われたらなりきれ!

それも人生だ!

「いたっ!痛ったーい!」

「俺のマキアージュを返してくんない!」

など徹底してやりきるしかないだろう。

 

4 主婦の生命力をなめるな!

このマダムは俺を娘と思ったのだろう!

次々と色んなカラーワンピを

持ってくるスピードは

TVでみた岩手のわんこそば

いや正月の全国各地で行われる

ふんどしハチマキの餅つきの

スピードにも劣らないものだった。

速すぎで怖かった!

同時におばさんの「誤認力」

も凄まじかった!

 

江戸時代の町人が

「火事だ、火事だ、火事だー

祭りだ、祭りだ、祭りだー」

と着物の裾をまくって江戸中を走り

回る侍ダッシュくらい速かった。

 

とにかく社会に出ると

いろんな圧力がかかってくる!

 

こんな時は、

その両手を高くあげ

両足を後ろに折りたたみ

背中を三日月のように

反りながら

大きく笑顔で

ユニクロジャンプする以外ない!

 

明日も、そう、もちろんユニクロだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

✈️那覇空港で間違えられた写真100キロ時

 

俺は、毎日3時に寝て6時に起きる

 

その間に1時間に1度トイレに行くので

 

ほぼ寝ない。正直睡眠欲は全くない。

 

そして今朝未明3時に親戚から連絡がきた。

 

電話越しに声を震わせていた。

 

「武装化した兄(俺の)がアフガニスタンの

山岳地帯で武装集団相手にたこ焼き屋を始めたぞ!」と

 

俺は「マジでいい加減にしてくれ。

フェイクニュースは。そんなわけないだろ」

 

とTVをつけると、

 

「OCTPUS BALL」のタコの

 

アーミーシャツをきた兄が取材を受けていた。

 

滑稽だったがハイテンションな兄に

そして市場ニーズとWANTSを

履き違えてる兄に怖くなり震えた。

実際LINEで兄の安否を確認した

俺は自戒した。

 

夢を遮った瞬間だった。

 

昔、母親に「いい加減痩せなさい!」

と言ったら、

ご飯粒を1粒よけて

「ダイエットしよ!ダイエット成功っ!」

と満面で言い放った時くらい震えた。

 

この人は課題を1粒も解決してねえ!

ダイエット大失敗のお手本・先駆者だった。

よけたはずの1粒も無くなっていた。

食べてんだろ!

 

人生いつどうなるかわからない。

 

だからコロナ自粛中の封印

していた経験を記すことにする。

 

俺は4月からこの6月の先週まで

毎月6回沖縄に行っていた。

 

正直4月、5月はお店もホテルも

ほぼやってなく人も歩いていない。

 

おじい、お婆をとても大事にする沖縄県人

だから地元の方は一切街を出歩かない。

 

俺は2年前イタリアに行った時に

ある親子と知り合った。

息子は20代のJRの車掌さんだった。

 

車掌さんに出会うことは初めて

だったので、いろんなことを聞いた。

 

そして旅の話になり俺はその年

多くの国に行っていたので

彼から「そんなに旅行に行ってるなら

もうラウンジの権利達成してますね!」

と言われた。

 

俺は「ラウンジの権利?なんですかそれ?」

と聞くと、今流行りの「修行」といい

 

「飛行機だけ乗りポイントを貯め

空港のビジネスクラスやファースト

クラスのラウンジを利用する

権利を貯めてるんです!」と

 

俺はびっくりした。

「飛行機だけ乗って?観光しないの?」

時間とお金もったいないじゃない。

そこまでしてラウンジ入ってどうするの?

観光しなさい!」

 

なぜそんなことするのと聞くと

 

「ビジネスラウンジにはカレーがあり

ファーストクラスはステーキとかその場で

作ってくれてお酒飲み放題でシャワーとか

浴びれますよ!だから目指してます」

 

俺は全く興味がないと思った。

カレーもシャワーもいらないだろと

 

その彼は休みの日になると

「羽田ー沖縄ーシンガポールー沖縄ー羽田」

とかを繰り返すという。

 

絶対に意味ないからやめたほうがいいよと

ちゃんと観光したほうが面白いよ!と忠告した。

彼は苦笑いしていた。

 

俺は友人にこんなやばい人いると話し

絶対こんな人になりたくないと話していた。

 

そしてこのコロナの中、

初めは遊びに行っていたはずの沖縄が

お店もホテルもほぼやっていない。

正直無駄とも言える時間を過ごしていた。

 

その矢先、2年前の車掌さんのことを

思い出した。

俺はいやいや絶対時間とお金の無駄だ!

俺はやらないぞと毎日20回言い聞かせていた。

 

考え抜いた結論、俺はとうとう自分に

試練を課した。

 

「今までしたことのない経験をする」

このコロナの間に自分を成長させるための

未経験10のリストを作成した。

 

その1つに下記の目標を作成した。

 

「5日連続👉羽田ー沖縄2往復

1日4回/5日で20回飛行機に乗ること」

 

これ紛れも無いくらいの修行じゃん!

俺は笑った。無理でしょ。

俺は観光は好きだが飛行機が嫌いなのだ。

閉所恐怖症なのだ。

 

数日後、俺は紛れも無い修行僧とかしていた!

 

5日連続羽田ー沖縄2往復をした。

これはきつかった。

朝は強いのでほぼ寝ずに6時前には

空港についていた。

沖縄までは片道2時間ちょっとだった。

 

正直空港はガラガラだった。

沖縄・伊丹・福岡・千歳以外は

ほぼ全面欠航だったから。

しかしいざ乗ると沖縄便は混んでいた。

どこからともなく、修行僧が

集まってくるのだった。尼さんもいた。

 

俺は何度かCAさんに里帰りですかと

聞かれた。

俺は沖縄顔だから「はいそうです」と

内心「やめい!」と連呼した。

 

昔、那覇の空港で女子が3人走ってきて

「握手してください」と言われ

 

「誰かと間違えてませんか?」

というと

「えっ?BEGINさんですよね?

今日ハンチング帽かぶらないんですか?」

 

「じぇないから!違うからやめなさい!」

と低い声でいうと

もう1人の子が

「じゃあ一体BEGINの誰ですか?」

と言ってきた。

俺はこれを嫌った。

 

「BEGINは3人いるけど

象徴的なのは真ん中の比嘉くんだけだ!

逆に他の2人誰よ?」と

女の子も恥ずかしそうに笑っていた。

「一体ー」の使い方も完璧に間違っていた。

 

そしてこの20回の飛行中に

実に様々なすごい人達と知り合った。

 

飛行機のビジネスクラスは大体10席

くらいで予約で毎日ほぼ満席でとれない。

 

俺はトイレが近くスペースのある一番前の

席が好きだから毎回エコノミーの最前列に

座った。

 

すると毎日出くわす人が何人もいた。

CAさんに聞くと大体1回の沖縄便に

20−30人くらいの修行僧がいるらしい。

 

まず某大学の教授で年間100回飛行機に

乗るという。単純に飛行機でお酒を飲むのが

好きらしい。観光は一切しないという。

びっくりした。

 

そして、不動産を100棟持っている方や

年間130回乗っている役人

などいろんな修行僧の方達と知り合いに

なりラウンジやポイントのこと飛行機のこと

など色んなことを教わった。

 

そして最後にものすごい人と知り合った。

その人は20代で自営業で成功していて

年間360日乗っているという。

生涯ライフマイル(単純に乗った距離)

というのがあるが20台半ばですでに

600万マイル以上あるという。

これはものすごいことだ。

 

この人は5日連続同じ列に座っていたため

俺の最終日の5日目にお互いに笑って

挨拶をした。笑わずにはいられなかった。

そして彼は何より飛行機を知り尽くしていた。

どのCAよりもどのパイロットよりも

飛んでいた。

俺は「機内に住民票移したら?笑」

とアドバイスした。

彼の目標は20代で生涯マイル1000万

を目指すことだった。

この人を激レアさんに紹介したいくらいだ!

が目立ちたく無いという謙虚な素晴らしい方

だった。

 

俺は、実の年子の兄とはこの24年で4回

母親とは年に1回しか会わないから

すでにこの5日でこの20代の高僧には

家族より会っていた。

いわば家族以上の仲だった!

俺は笑った。

 

結局、俺は修行は2度とやりたく無いが

普段であれば一生出会わないすごい修行僧

たちに出会いとても充実した5日間になった。

ついでにJAL,ANAもファーストクラスの

ラウンジの権利を獲得できた。

早く海外に行きたい!

 

この教訓から学べることはこうだ!

 

1 市場とニーズを間違えるな!

アフガンの山岳地帯でたこ焼き屋

ほど恥ずかしいことはない。

チャウチュールもセット販売するな!

犬や猫もいねえ!

毎回四半期の赤字・減収・減益しか

イメージできねえ!

すぐにやめろ!

 

2 自分をごまかすな!

今ダイエットしてるんだ

と言って痩せない奴には

最高レベルの警戒で訓戒しろ

90%以上は

ご飯粒を1粒よけては

昨日ご飯の量減らした!

と言い聞かせてる。

自分に甘えるな!引っ立てーい

もはや君の母親か姉妹だろう

 

3 未経験で今年やりたい10を作成しろ!

身近な簡単なことで何でもいい。

新しい出会い、新しい感情・感動が待っている。

 

4 一期一会を大事にしろ!

俺みたいに気軽に仲良くなるのも手だ。

気軽に挨拶し気軽に話すと

面白い人がたくさんいる。

新鮮な空気を吸うのと同じだ。

素晴らしい出会いが、自分を

リフレッシュさせてくれるのだ。

 

5 ビジネスクラスの真後ろに乗れ!

国内線も国際線もエコノミーなら

ビジネスクラスの後ろには、面白い人が

乗っている可能性が高い。

俺は多くの修行僧に学んだ。

逆に彼らは俺のように旅行ばかりしている

人は珍しいと新鮮がっていた。

 

6 年間360日の高僧に会ったらまず拝め!

彼はもはや20代にして雲の上の仙人だ!

誰よりも空を愛し、マイルを愛す

何よりファーストクラスラウンジを

こよなく愛す!

自分の人生にフォーカスしているから

本当に尊敬する!素晴らしい

 

俺は早く地上に降り彼に便乗した

彼のお守りグッズやお菓子を何十種類も作る。

 

「スカイモンク(Sky Monk空の僧侶)株式会社」

 

と命名し3年後に1部上場を目指したい!

社員も全員修行僧だ。

 

7 沖縄👉羽田帰りの便はマスクを深くしろ!

これをやらないとCAさんに

「お帰りなさいませ!」と

行きに乗っていたことがバレて

恥ずかしい。

お帰りなさいませと言われてるのは

全員修行僧だ!

坊さんの数を数えろ!

一人残らず引っ立てーい!

待て待て待てーーーーーいいい

 

とにかく、貴重な体験だった。

来月は初めて宮古島に遊びに行く。

これは修行じゃないから楽しみだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は昔から人との距離を取るのがうまかった。

 

幼稚園の時は、防災頭巾を

かぶりながらお弁当を食べていた。

米にはいつもマヨがからまり

このパンデミックは小学校に

上がるまで続いた。

周囲に見つからないよう用心した。

 

小学生の時にはすでに1人で壁と

キャチボールをはじめ、

テレビに向かってボールを蹴っては

何度もゴールを決めていた。

 

暇さえあれば小鳥と会話し、

時には鳥から聖水の制裁も

浴びせられていた。

 

家族や友人、学校の先生とも

しっかりと社会的距離を取ることで、

自分を確立していった!

 

唯一ご飯を食べる時にはしっかりと

食材と密を保った。

豚と牛とは特に仲が良かった。

とんかつ、焼肉、しゃぶしゃぶを

バランスよく食べた。

 

大学時代のラグビー部では試合中最も

人との距離を取ることに成功していた。

 

常に試合中は敵はおろか味方とも距離を

とりこれを忠実に実行した結果、4年間で

あげたトライは1トライだった。

 

試合中は3つの密を避けることを遵守した。

①ラックやモールなどの「密集に入らないこと」

②味方の選手から「もっと走れ!」という声に

徹底して耳を塞ぎ「密閉を繰り返したこと」

③試合に負けた時の責任追及の反省会などで

叱られないように「密室を避けること」

*負けた時は真っ先に帰宅すること

 

ただし俺のポジションはスクラムの

1番前だったために、スクラムの際には

6人のデブたちが一斉に顔をくっつける

いわゆるスクラムでのパンデミック状態

には耐えられなかった。

 

スクラムを組む度に、毎回

「これどこのどいつが考えたんだよ!

気持ちわるいだろ!」と

絶対犯人を見つけ出すからな!と

 

とにかく俺はこの「3密回避」

を繰り返した結果、

今この新型コロナが猛威を振るう時に

恥ずかしいくらいスムーズに

そしてストレスなくすごしている。

 

①TVやパソコンと向き合い

②自然と対話し、

③1人ごとを繰り返し自分と対話する

 

とにかく小さい頃からどんな

チームスポーツでも団体行動でも

3密を回避してきたのだった。

 

集団行進で有名な

日体大の集団行動なら

こちらも上智の単独行動で

対抗した。

 

孤独だった!

 

この教訓から学べることはこうだ!

 

1 団体スポーツで3密をやめろ!

チームで特殊で異色な存在になる

せめて味方のメイトには密をとれ!

 

2 1日最低3人と雑談しろ

俺は独身の1人暮らしだ!

今は旅行もできず寂しい!

このルールを徹底して守り

この時期を楽しみたい!

 

3 コロナ用語の使い方を間違えるな!

 

今日ウォーキングしていると

仲よさそうな親子が歩いていた。

 

小学生の男の子でちらっと見た瞬間、

「宿題をしなさそうな子だな!」

と思っていると

 

まさかまさか

お母さんが子供に

「今日はちゃんと宿題してね!

今日宿題しないと、お母さん

オーバーシュートするわよ!!」

 

俺はビビッた!

お、お、オーバーシュートっ?

使い方っ!気をつけい!

お母さんがオーバーシュートって

なんかすげえこええ!

 

医療現場崩壊よりこええよ!

なんか火山が噴火するイメージだ!

 

使い方すげえ間違えてるけど

俺なら速攻宿題を片付ける!

 

子供は泣きそうになっていた。

俺はすれ違いざまに、つい

「宿題頑張ってな!」と言った。

 

子供は俺としっかりと密(距離)

を取り俺をしかとしていた。

俺の心はパンデミック状態だった!

 

俺はこの子が可愛かったが

このお母さんが俺に対し

オーバーシュートしないように、

しっかり密を避けながら

加速した。

 

怖かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は今東京にいる!

 

先週再度メルボルン行き予約もキャンセル

 

プノンペン行きもキャンセル!

 

そして今日からのマレーシア行きも

 

キャンセル!

 

3月4日出発のエジプト旅行に関しては

7日にナイルクルーズを予約していたから

本当に危なかった。

 

そしてペルー旅行もキャンセル!

ニューヨークを経由する旅程だったのだ!

 

とにかく今月5つもキャンセルしたのだ。

 

どんどん入国できる国がなくなってきた・笑

 

昨年、一文無しになったり先輩がなくなったり

すい臓がんの確率50%と言われて色んなことが

あり、自分がこの素晴らしい地球に生まれたからには

もっといい景色を見たいと、ガンガンに旅程を

詰めたのだった。

 

その原動力の結果、昨年34カ国、今年も10回旅行

できてよかった。

 

今はコロナ問題で欧州に入国できず、アジアは

インドネシア、ベトナムくらいになってきたが

もはや入国できないのも時間の問題だろう!

 

本日急遽、来週インドネシア旅行を申し込んだが

いつどうなるかわからない。

自分も感染するかもわからないが、

人生はいつ終わるかわからないので毎日覚悟を

決めて全力で生きることにしている!

 

とにかく、この状況だが多くの国や都市に

行けたことに感謝したい!

毎回、いろんな国の大聖堂でマリア様に

お願いしていたお陰だろう!

 

 

この教訓から学べることはこうだ!

 

1 今日という瞬間を生きろ!

人生は本当にいつ終わるかわからない。

コロナや地震や事故や何が起こるかわからない!

だからこそ、今日この瞬間を思いっきり

生きろ!

 

2 やりたいことを明確にしろ!

人生いつ終わるかわからないので

一瞬も無駄にできない!

自分のやりたいことを明確にし

計画を立て実行し自分の人生を楽しめ!

その一瞬の連続で自分が幸せになる!

 

3 逆境が吹いたら柔軟に方向転換しろ!

やはり人生計画通りには到底行かない!

俺はその典型だ!

多くの失敗を繰り返しては多くの方に

助けられている。

逆境が吹いたら、悲観してる暇はない!

柔軟な発想で方向転換しろ!

 

自分の目標・やりたいことさえ明確ならば

周囲の環境は関係ない!

 

全ては自分の心が解決する!

 

毎日自問自答の連続だが、

来週こそインドネシアからブログを書きたい!

 

と言いたかったが、

本日3月20日インドネシア政府が

日本人向けにビザを発給しないと

発表したので先ほどキャンセルした。

 

予約すれば翌日か翌々日には

入国禁止などを発表しなんだか

各国政府と鬼ごっこしている気分で

笑えてくる。

なかなか厳しい世の中だ!

 

今こそ国内旅行に目を向けよう!

日本は世界の中でも素晴らしい

文化を持つ唯一無二の国だ!

 

海外旅行に行くと、日本は際立って

ユニークな文化を持つ誇らしい国なのだ!

 

歌舞伎や一国一城、地域のユニークな

祭りや花見など素晴らしい

文化が盛り沢山だ!

 

前向きに考えれば、日本人が日本の

いいところを再確認できる期間なのだ!

 

頭はすでに切り替わっている!

4月からは沖縄中心に回ろう!

 

 

 

 

俺は今オーストラリアのパースにいる。

 

豪州の気候が気に入り3月4日からの

 

エジプト8日間の旅行をキャンセルし

 

パースに来た。

 

昨日エジプトナイル川クルーズの

 

コロナ感染のニュースを

 

みて本当にびっくりした。

 

マッキーの「もう恋なんてしない」

 

を聴きながら歌っていた時に

 

ラインニュースで曲が中断し

 

マッキー逮捕が流れてきた時くらい

 

びっくりした。タイムリーすぎる。

 

カフェで安室ちゃんの

 

「ベイビードンクライ!」

 

を口ずさんでいた時に、

 

知らないおっさんに

 

「ベビどん、ベビどん、ノンノののんのん!」

 

と言われ気持ち悪すぎてトイレに駆け込んだ

 

時以来びっくりした。

 

 

さて色んな友人に海外でコロナは大丈夫か

 

と言われるが豪州では一部のアジア人を除き

 

ほぼマスクをしていない。

 

空港ではマスクをしている。

 

パースにおいては皆無に近い。気は抜けない。

 

また俺はパース空港で食料を全て没収された。

 

シドニーやブリスベンではなかった。

 

抵抗したが頑固な人でダメだった!

 

パースは南半球で最も美しい街とされる

 

人口260万人の都市だ。

 

日本からANA直行便で10時間弱だ。

 

気候は今30度以上あるが湿気ないから快適だ。

 

とにかくコンパクトな街だから歩きやすい。

 

1日4万歩は歩ける。

 

豪州全般綺麗だし若者が生き生きしている。

 

欧州に比べ安全だから日本人の若者も多い。

 

 

この教訓から学べることはこうだ!

 

1 1日でも若いうちに豪州パースにこい!

豪州全般に言えるが気候も素晴らしいし

これから経済が発展しそうで

どこの街も建設ラッシュだ!

パースは本当に田舎だったからこれから

どんどん新しい街ができていく!

 

2 逆境が来たら柔軟な発想をしろ!

正直今の日本は暗い!

2月は日本に3日くらいしか

いなかったがTVを見ると気持ちが萎える。

 

毎日どこの誰がコロナに感染したと

まるで個人情報の吊し上げだ!

情報は大事だが過度だと萎える!

海外のNEWSでどこの企業の

誰がという報道はほとんどない!

 

逆にいうと今の日本にいる必要はない。

TVやニュースで毎日コロナ関連で

気持ちが暗くなるなるなら

豪州を楽しんだ方がいい。

 

モチベーションを上げるなら

セミナーや習い事もいいが

一気に旅行して環境を変えることが

一番いいと思う!

楽しいことが待っている。

 

3 自分をストレスの無い状況におけ!

 

明るい気分になれるし逆に考えれば

豪ドルも60円代で推移しているから

買い物天国だ!

 

まだまだ暑いがもうすぐ秋になるから

気候もさらに良くなる。

 

とにかく豪州は厳しい税関さえ抜ければ

楽しいことが待っている。

 

少し休暇を取ってリフレッシュするには

夏から秋になる豪州がオススメだ!

 

4 人が歌っている曲をハモるな!

銀座のカフェでベビどんオヤジに気をつけろ!

 

今書きながら、

このおっさんと紛いにも

ハモったとこを思い出し吐きそうだ!

 

左手はコーヒー右手は人差し指を立て

左右に振りながら

「ノンノのノンノ、ノンノのノンノ

ノンノのノのんのーん」

と言いながら近くの席に座ったのだ。

 

俺は吐き気をもよおしながらも

「エブシンビーオーライっ!」と

連呼しながらトイレに駆け込んだ

ことを思い出す。

 

この時ほど人の人差し指を

へし折りたいと思ったことは

なかった!

 

人が口ずさんでる曲にのっかてくる

のは他人が土足で人んちに入るのと

同じだ!

小学生の時に、してはいけないと

習ったはずだ!

 

安室ちゃんを口ずさむ時は

必ず周囲を見渡せ!

特徴は銀ぶちメガネ!50代だ!

気をつけろ!

今夜はWanna Cry!

 

とにかく俺は豪州に限らず

こんな逆境だからこそ場所を選んで

海外旅行に出たらいいと思う!

 

自分の笑顔が増えるはずだ!

 

💮パースの景色はこちら

https://www.instagram.com/kogumagrace/?hl=ja

 

 

 

俺は今メルボルンにいる。

 

シンガポール→東京→メルボルン

東京滞在3時間。かなり忙しかった。

メルボルンまで直行便で10時間くらい。

 

山火事貢献第3弾にこの場所を選んだ

だが空港で30分くらい職質されたのだった。

なぜ今月3回も豪州に来てるんだと。

 

しかも一度、東京やシンガポール、

シチリアなどに行ってからまた

帰ってくるという旅程はなんなんだと

しつこく聞かれた。どうしてだと。

 

俺は丁度JAL機内で普段めったに

見ない映画を、

クリントイーストウッドの

「運び屋」という映画を

見た直後だった。

だからなんだか職質がリアルだった。

 

結局、自分は旅好きだし

豪州の山火事に少しでも

貢献したいことで来ていると話すと、

3人がかりでじっくり話し合い、

なんだか聞こえてきた。

 

「彼は多分クリアだと思う」と

 

おいおい絶対的に圧倒的にクリアだろ!と

俺はびっくりした。厳しすぎるだろと。

 

しかし、メルボルンもやはり綺麗な街だ。

建設ラッシュで豪州自体バブリーな感じがする。

どんどんビルを建設している。

 

これからますます発展するだろう。

 

昨日は300−400キロも続く

グレートオーシャンロードを何時間もかけて

ドライブし、

 

ミスチルがTomorrow never knowsを

撮影した崖まで行った。12使途という。

 

とにかく文字では伝えきれないが

自然がダイナミックでとても素晴らしい。

 

途中山火事跡の現場も見たが本当に怖いと感じた。

火の速さは人が歩く速さと同じだという。

野生のコアラも観れたのが良かった。

 

途中日本人好きであろうオーストラリア人に

 

「もしもしーい、もしもしーい」

と声をかけられた。

ただ言いたいだけだった。

 

まずこんにちはを覚えるように伝えた。

日本語を勉強しているようで、

 

「もしもし、あなたはどこの

 しはん がっこう ですか?」

と聞かれた。

 

俺はマジで耳を疑った。

 

師範学校って20年以上聞かない単語だった。

俺はどこの師範学校も旧制2中も旧帝国大

も一切出てない!

 

君は明治時代から勉強しないで

近代史から入りなさい!

 

そして今すぐ君の日本語先生

を変えなさい!

と話したのだった。

 

ある意味君は勉強しすぎだった。

師範学校を覚えるより

まず君の「もしもし」の語尾を

伸ばすのやめい!

 

 

この教訓から学べることはこうだ!

 

1 グレートオーシャンロードに行け

豪州のダイナミックさがわかるし何より綺麗だ!

南極の氷が溶けて今後はどんどん崖も侵食される。

 

2 州立図書館と監獄に行け!

図書館は素晴らしく美しい。

思わず、高校2年の数学で20問の

🔴❌問題を全問不正解し0点を取り

じいさん先生につめよったのを思い出した。

2度とこんな難問を出して

俺を失望させないでくれと!

 

うちの高校は学年750人いたが

学年平均点は14点だったのだ。

0点の俺がクラスで一番元気だった!

 

それがきっかけで高2の夏に

理系の俺があっという間に文系に

転向したことは記憶に新しい!

 

3 豪州は気温差に気をつけろ!

先週、先々週のゴールドコースト、

シドニーは暑かった。今でも暑い。

が、メルボは20度前後と秋の気候だ!

過ごしやすくドライな気候だから

気持ちいいが同じ豪州でも

気温の寒暖差にきをつけろ!

 

4 メルボ税関直前に「運び屋」をみろ!

メルボの税関は厳しいから

映画を見てからだと緊張感がます!

90歳の退役軍人がメキシコマフィアの

運び屋として活躍していた話だった。

 

俺は確かに先輩や山火事のこと

など色々あり25年ぶりに来たが

こんなにじっくり職質されると

思わなかった。

ほしを間違えている!

 

とにかく豪州は過ごしやすいこと

メルボ税関が厳しいことはわかった。

 

残りも全力で観光していこう!

 

グレートオーシャンロードのインスタはこちら

https://www.instagram.com/kogumagrace/?hl=ja

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は今シンガポールにいる。

 

5年ぶり10回目くらいだが、空港もさらに

 

綺麗になってどんどん進化している。

 

ゴールドコースト→成田→羽田→シンガポール

 

という面倒な移動をして体力を使い果たしたが

 

2月23日機内で46歳の誕生日を迎えた

 

起きるとJALのCAさんがお誕生日おめでとう

 

ございますとプレゼントをくれた!

 

開けてみると体温計かと思ったが、

 

JALの飛行機のプラモデルだった。

 

俺は、すごく嬉しかった。

 

10年前に幼少期以来30年ぶりに

シンガポールに行った時も

すでに住んでた先輩に

いろんな質問するのはいいけど、

お前が治安の質問はするな!

お前のこと誰も襲わないから

絶対に約束する。襲わない!

と言われたのだった。

 

そしてその時、1人でユニバーサル

スタジオに行きジェットコースターに

乗った。

ターバンを巻いた5人のインド人ファミリーが

全くの無表情でジェットコースターを

乗っていたのが恐ろしく怖かったのを

覚えている。

ああ、そうだ!コースターよりこええ

 

そして10回もシンガポールに来てるのに

初めてチャイナタウンに行った。

味があって面白い!

 

とにかく、新旧混合の町並みになっている

から面白い。

 

 

この教訓から学べることはこうだ

 

1 プレゼントは寝起きにサプライズしろ!

これは本当に嬉しい。

ガムや飴でも嬉しい!やってみろ。

もし相手の寝起きが悪く不機嫌なやつなら

1秒後にとっとと別れろ!

豆まきしろ!

 

2 シンガポールは町中を歩け!

俺は毎回旅に行くと1日20キロくらい歩く。

モロッコとかチュニジアとかは別だが。

チャイナタウン・金融街・ベイサンズ・その裏

などこじんまりしてるから1日中歩ける。

ただし暑いから疲れたら水墨画でもみろ!

 

3 FIRE  SALEに行け

スーパーセールとかビッグセールとか

聞いたことあるが、ファイヤーセールは

なんかインパクトがあった。

ほぼ全品やすい!

チャイナタウンにショッピングモールに

激安な店を見つけた。

俺はコーヒーとミルクティが大好き

だから思いっきり買った。

ここはまた来よう!

 

4 ベイサンズ裏のガーデンに行け

ご存知の通り綺麗だ!

行くたびにガーデンが拡張している

 

明日はこちら在住の大学時代

アメフト部の金融マン友人に会う予定だ。

とにかく楽しみだ!

 

 

俺は今ゴールドコーストにいる。

 

2日間ブリスベンにいて、こちらに移動してきた。

 

ブリスベンでは、ギネス認定の世界最古で最大の

 

コアラの保護区であるローンパインコアラ保護区

 

に行ってきた。

 

30匹くらいのコアラが行き来暮らしている。

 

木から木にも元気に移動する。

 

正直こんなに動くところを生で見れるなんて

 

最高の癒しがある場所だった。

 

またカンガルーにも触れられる。

 

そしてブリスベンは街が

恥ずかしいくらい綺麗だ。

 

また25年前を思い出した。

 

その時は市庁舎の前で2度と

こないことを誓った。

 

ここでは野宿を余儀なくされたからだ。

 

そして今ゴールドコーストに来た。

 

ここでも知り合った人に内緒で

 

モーテルに泊まっていいよと言われた。

 

管理人に見つかりさらに屋上に移動し

 

屋上で星空を見ながら一夜を過ごそうと

 

していたら、

 

見たこともないでっかいライトで

 

照射されこっぴどく怒られた挙句

 

また野宿になったのだ。

 

そして多くの方に助けていただいたが

 

卒業旅行できていた

 

成城大ラグビー部4年生10名くらいの方々

にご飯をご馳走になったりカンパまでしてもらった。

 

うちの大学とは当時関東大学対抗戦で試合相手

だったから本当によくしていただいた。

 

そして、日体大出身のプロゴルファーの方に

多くの食料とカンパをもらったり、

現地のオーストラリア人に

ご飯をご馳走になったりした。

 

まず感謝したい。

 

そして当時はブリスベン・ゴールドコースト

共に観光なんてできる状況ではなかったが、

とにかく今更観光できて嬉しく思う。

 

 

この教訓から学べることはこうだ!

 

1 困ったら積極的に助けてもらえ!

俺は自分が大変な目にあって

パスポートもお金も服の一切なく

困っていることを喜んで売り込んでいったのだ。

 

どうやって信じてもらったかというと

盗まれてすぐに、警察に行きポリスカード

という盗難証明書を発行してもらった。

 

これをもって日本大使館に行くと通常の紛失

よりも早く渡航できるのだった。

これも偶然教えてもらったのだ。

そのポリスカードを武器に自分の無力を

助けて欲しいと売り込んでいった。

最後は水戸黄門のように、控えおろう!

と調子に乗るとこだった!偉くない

 

2 無駄な設備投資を一切するな!

俺はモーテルででっかい照明で照射を

食らった。

この時初めて、

 

①捕鯨船に拿捕された乗組員たち

②ハリウッド映画で刑務所で照射された俳優たち

③漁船から照射された富山のホタルイカたち

 

の気持ちがわかった。

 

俺はこの小規模なモーテルに

ふさわしくない、途轍もない

でっかい照明を一体何に使うんだ!

と叫んだ。

俺みたいなやつそんないないだろ!と

 

もっと大きい冷蔵庫かえ!

でっかい洗濯機だろ!

社員の給与っ!

 

このモーテルは過大な設備投資で経営危機に

陥っただろう。

 

もはや俺の恨み節でしかないが

見つけたら俺の時計で10分照射してやる!

とにかく、人に浴びせるな!

危険すぎるからやめろ!1秒で退散しろ

 

3 プレッシャーが来たらいつもの倍以上笑え!

積極的な一文無しだなとよく笑われたが

俺は倍笑った。引きつっていたから頬が痛かったが。

人生プレッシャーに何度も襲われる時がある。

その度にこれは攻略したら楽しいゲームだと

考えろ!俺にはその余裕なく正直必死だったが。

助けてもらう人の前では常に明るかった。

 

4 ゴールドC/ブリスは1−3月だ!

今は夏で今日は30度もある。

ブリスベンは思ったより湿気があるからびっくりだ。

ゴールドコーストは昔何もなかった場所だったが

「黄金の海岸」

と名付けることで、

宣伝効果抜群で人が集まり街ができていった。

 

素晴らしい宣伝効果だ!しょぼい名前ではこないだろう!

 

とにかく、今プールにいるから全力で泳ぎたい。

 

*ちなみに2月1日から2週間以内に中国へ渡航経験

ある人は豪州に入れない、

だから皆プールも気にしていない。

 

ていうかプールに人がいない・笑

 

俺は今イタリアのシチリアにいる。

 

イスタンブールから2時間半だ。

 

なぜイスタンブールを経由したかと言うと

 

昨年新しくなった空港を見たかっただけだ。

 

先日、ブログを書いたが未練はない。

 

今、シチリアを1周している途中だが

 

一言で結論づけたい

 

今すぐシチリアに旅行しろ!

 

気候は日中はあったかく夜は涼しい。

 

2月はオススメだとわかった。

 

他のイタリアの都市は大体行ったが、

 

他と違って独特な街や文化がある。

 

太陽が島全体に当たっているので

 

雰囲気がのんびりしていて陽気だ。

 

今タオルミーナという山頂の街にいるが

 

ここもギリシャの遺跡があったり景色も

 

絶景で素晴らしい。

 

俺のオススメはレンタカーで島1周か

 

ツアーで1周もいいと思う。

 

シチリアといえばゴッドファーザーだ。

 

数年前ものすごく成功している経営者に

 

成功の秘訣を聞いたら、

 

ゴッドファーザーを最低でも50回は見なさい!

 

と真剣に語っていた。俺は無理ですと笑っていると

 

もはや顔がソニーになっていた。

 

他にも成功している弁護士、経営者の知り合いも

 

大体ゴッドファーザーを何度も見ている。

 

家族を大切にし裏切り者を絶対許さないという

 

ことが経営の秘訣につながるという。

 

俺は1回しか見てないから成功にほど遠い!

 

 

この教訓から学べることはこうだ!

 

1 年内に必ずシチリアにこい!

夏は暑すぎるから2−5月・秋がオススメだ

ただし、大好きな家族・恋人・友人とだ

俺のように1人では来るな!

 

2 絶景の世界遺産チェファルに行け

ここは、断崖絶壁の上の遺跡から世界一美しいと

言われる街を見下ろすことができる。

クロアチアのドブロクニクにそっくりだが

ロープウェイがないので、ここの方が美しい。

映画のニューシネマパラダイスの舞台にもなった

本当に綺麗な街だ!

 

3 シチリアはゴッドファーザーを2回見てからこい

シチリアといえばゴッドファーザー

パレルモはその舞台にもなっている。

 

俺を案内してくれた女性ガイドだが

ゴッドファーザーが大好きで、絶対に

2回は見てからシチリアに来てくれと

言っていた。

 

このガイドの特徴はこうだ

①5分歩いて歴史の説明をする

②1つの建物を説明する

③角を曲がる

④オペラ劇場の前を通り過ぎる

⑤Gファーザーの人形を見つける

そのあと必ずマフィアの話をしてくる。

 

この人からガイドの資格を剥奪したい。

 

俺は2時間後マフィアに詳しくなっていた。

 

マフィアの友人がいるのかと聞くと

怪しげにニヤリと笑う。

マフィア専門のガイドかと聞くと

白目をむく。

マフィアのファミリーかと聞くと、

ファミリーはガイドをしないと。

国家資格を勉強し取ってる暇はないと。

 

ものすごく動画で伝えたいが

彼女のガイディングは

マフィアの話になると

すごくこええ!正直こええ!

 

夜ホテルの部屋の前に

馬の頭がないか確認したくねえ

 

マフィアはパレルモ然りシチリアに未だに

存在している。そこらへんにいるらしい。

 

マフィアはもともと大富豪の土地管理のために

ならず者がシチリアやそれ以外から集められた。

大富豪はローマなど都会に住んでいたため

シチリアにはあまり来なくなった。

そしてご主人が帰ってこないのをいいことに

農民に土地を貸して金融業をしたり武器の売買

などをして財を成していった。

 

やめい!マフィアの説明っ

 

とにかくパレルモで建物1つ説明終わる度に

マフィアの話を強面で話してきたら俺と同じ

ガイドだ。

 

しかしながらこの素晴らしいシチリアに

またきたいと思う。

 

明日もタオルミーナの遺跡を見に行こうと思う。

 

インスタはこちら

https://www.instagram.com/kogumagrace/?hl=ja