卵子提供・代理出産エージェンシー「J baby」

アメリカ・ロサンゼルスを拠点とする生殖医療コーディネーターによるブログ


テーマ:

みなさま、こんにちは。

 

<ヒト受精卵>「命の始まり」決める遺伝子解明 英チーム

 ヒトが受精卵から分化して正常に育つには「OCT4」という遺伝子の働きが欠かせないことをヒトの受精卵の実験で解明したと、英国などの研究チームが20日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。一つの細胞である受精卵が分裂を繰り返して胎児になる「生命の始まり」の過程は今も謎に包まれており、全容を解き明かす鍵になると期待される。

 

 

 生物の遺伝子を効率良く改変できる「ゲノム編集」技術を使った。ゲノム編集でヒト受精卵の遺伝子を操作する研究は米国と中国で計4例の報告があるが、今回の英フランシス・クリック研究所などのチームは昨年、英政府の直轄機関「ヒト受精・胚機構(HFEA)」から公的承認を受けて初めて実施した。

 研究チームは、不妊治療で余った受精卵に「クリスパー・キャス9」というゲノム編集技術を使い、OCT4を働かなくさせた。すると、個体発生に重要な遺伝子や胎盤の発育に強い影響が表れ、着床前の状態である胚盤胞まで分裂しにくくなった。マウスなどの動物実験から従来想定されていた以上に幅広い影響があり、発生の「運命決定」に関わっているという。

 OCT4は、京都大の山中伸弥教授が体細胞を初期化してiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作る際に発見した四つの遺伝子の一つとして知られる。

 不妊症の中には、現在は原因不明で受精卵が着床しない例も多い。研究チームは「将来は体外受精など不妊治療の改善につながる可能性がある」としている。

 ◇ゲノム編集ならではの成果

 生命の発生に詳しい国立成育医療研究センター研究所の阿久津英憲・生殖医療研究部長の話 ヒトの初期発生に関しては今もなおブラックボックスになっていて、その分子的仕組みの一端を明らかにした意味は大きく、ゲノム編集ならではの成果と言える。ヒトが発生する仕組みを探る科学的な基礎研究であり、日本でヒトの受精卵を用いる場合も、同様の目的の研究であれば意義があるだろう。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000003-mai-sctch

 

ロサンゼルスでの卵子提供・代理出産は J baby にお任せください。
www.jbaby.jp

 

記事を気に入られた方は是非クリックを にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。