坂東忠信 太陽にほえたい!

元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪対策講師の、坂東忠信公式ブログ。

あなたの隣の「国際化」と「あの国」の状況を、面白く、深刻にお伝えします。

どうぞお楽しみ(もしくはお怒り)ください!


テーマ:

みなさん、こんにちは。

まずはいつものひとポチを! 
   ↓

政治ランキング

 ありがとうございます!

 

危機に際していろんな似非政治家の本音が炸裂、人生をかけた就職活動が活発になっております。

 

 

【絶望の党?玄葉光一郎

 「候補者の人生がかかっている」に国民「違ーよ!」の声。】

http://www.yukawanet.com/archives/5274616.html

 

 

さて、こうしたメチャクチャな状況を「チャンス!」と捉える前向きなダークホースが蠢いています。

 

 

実は2年ほど前、中国民主化を目指す中華系民主活動家2人が、怒りのあまり、なぜか中国人の民主活動をこき下ろしたりもする私のところに来たのです。

 

 

私が話題になっちゃってますが(笑)、どうもこれ?を見てきたらしいのです⬇

 

 

南京男:退出民阵日本分部的声明

http://www.boxun.com/news/gb/party/2015/08/201508310548.shtml#.WdLrxEyKXkF

 

 

 

 

話を聞くと、なんとやっぱり、日本で中国の民主化活動を展開している「中国民主陣戦日本支部」では、もう随分前から活動が形骸化・ビジネス化しているとのこと。

 

 

同団体のリーダー(現在引退)なんかは副業で資格ビジネスやってて、反中共デモをやった翌日には、お客の中国旅券を中国大使館に再申請しに行ったりしていたらしい(笑)

 

 

しかも、中国から逃がれて来日し、「民主化運動を共にやりたい」と願い出た新入り活動家に対し、入会金40万円月々3万5千円の月謝を要求、徴収しているらしい。

 

 

これにブチ切れて脱退宣言している人が、上のリンクの「南京男」さんの他にもたくさんいるとのことでしたよ。

 

 

【博訊ニュースネット 退会声明----朱荣

http://www.boxun.com/news/gb/party/2015/05/201505061643.shtml#.WdLrQkyKXkF

 

私を訪ねた2人の中国人がこう言ってました。

 

 

「あいつら許せません。中国では今もたくさんの仲間が拷問を受けているんです。

 

 日本にいる仲間も、一部はお互い疑ったりしないよう、親が死んでも帰国せず真面目に民主化を訴えてるのに、あいつらね、同志の若い活動家から金を巻き上げてたんですよ。

 

 バックに元国会議員がいると思ってやりたい放題なんです」

 

 

・・・と、見せてくれたのがこの領収書。

民主活動の入会金40万円の領収書だそうです。

 

 

ちょっと古いんですけどね。

だいぶ長い間、我慢していたのでしょう。

 

 

「これ、証拠です。 坂東さんに預けます。 私、覚悟決めましたよ。

 

 ここにリーダーの名の「林」のハンコが押されていますが、

 領収書の団体は実在しないです。

 

 この林とつるんでいるのは、坂東さんも書いてた議員の、夫ですよ! 

 

 実際にない団体のハンコで領収書切って、その処理はどうなってますか!

 ダメでしょ?」

 

 

私が書いていたその民主党元女性議員とは、北朝鮮とも日本赤軍ともつながりが深い、セメントで有名な辻元清美さんの後輩、元ピースボート事務局長の、くしぶち万里さんです

 

 

・・・違う中華系帰化人からは、彼女に関するまた別の話も聞いております。

中国人の夫が以前仲間からチョロまかしたカネがなんとか言ってましたよ(-_-;)

 

 

またあるときには、少数民族系の集会で、上のリンクで紹介した南京男さんやその仲間の皆さんが、わざわざ私のところに挨拶に来てくれました。

 

 

大柄な私よりもさらに身長が高い大連人が7人も来たのでやばいと思いましたが、本件に関し「私も脱退しました!」「がんばってください!」「応援してます!」とのこと。

 

 

中国人が俺を取り囲んで激励に来るとか、

すでに異常事態だろ(-_-;)

 

・・・どんだけ搾り取ってんだよ? 

 

 

で、実は以前、私はこの架空の民主活動団体の住所地に行ってみたことがあるんです。

 

ダンナ様とその一派が、新入りから40万の入会金を取っているという「中国民主陣戦日本支部」の拠点のポストには、副業の「日本人配偶者後援会」と表示されていました。

 

【国会議員からつながるやばいリンクの旅】

http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1234972

 

幾つかの新聞には、こんな広告も出しています。これが副業ですね。

 

日本人との結婚、再婚、ビザなし、旅券なしの人に特別在留許可申請をします

「日本人配偶者ビザの更新、変更、日本人と離婚後の定住者申請をします」

 

・・・・だそうですが、ビザなしとか帰れよ逮捕するぞ。

旅券がねえとか、どうやって日本に来てるお客様だよ?(-_-;)

 

 

住所は「東京都豊島区北大塚二丁目12番8号」です。

ちゃんとNPO法人ポータルサイトに出てますが・・・

 

https://www.npo-homepage.go.jp/npoportal/detail/013008711

 

 

領収証の住所は「中国民主陣戦日本支部」と、「日本人配偶者後援会」と同じです。 

民主活動団体名が、完全に違いますけどね。

 

しかもこの団体名、検索すると、似た名前の団体がヒットしますが、全然関係ないとのこと。

 

ニアヒットした中華系民主活動団体の方に確認しております。

怒ってました。あたりまえだよ。

 

 

その配偶者である元民主党の櫛渕万里さんは、今回の解散について、こう申しております。

 

 

「「森友・加計」隠しが解散の真の理由であることは明らかです。

 一方で再び国政の舞台に向かうチャンスが早くやってきたことを前向きに捉えています。」

 

 

くしぶち万里 ブログ 【解散を受けて新しいスタート

http://kushibuchi-mari.com/photo-diary/解散を受けて新しいスタート/

 

 

前向きなのは良いけど、たまには後ろ向いて夫がやってることを確認しろよ。

 

そもそもこのダンナが麻布の中国大使館前にクルマで突っ込んで逮捕されるくらいの民主過激活動家なのに( ※ このおかげで、来日直後にそんなことになるとも知らず隣に乗っていた民主活動家講師の日本講演がパーになりました(T_T))小沢さんの訪中団に加わって胡錦涛と握手して帰ってきたあたりでおかしいと思ったら、案の定ダンナと林は、きょ、ゴフッ、ごほっ、ん、ん〜ごほ、ゴホ!

 

 

【小沢訪中団143名 参加議員リストまとめ@wiki】

https://www31.atwiki.jp/ozawa140/

 

 

たしかに中国人移民は注意すべき存在ですが、祖国を良くしようと命がけで活動する活動家を私は応援します。

逆に彼らから金を巻き上げ、その志を自分のビジネスに利用する奴らは許せませんね。

 

 

よりによって私のところに来るほどですから、よほど困っていたのだと思いますし、その胸中を思うと、選挙妨害と言われようがなんだろうが、書かずにはいられませんでした(-_-;)

 

 

・・・これも希望の党に行くのでしょうか?

立候補するつもりなのか?

 

 

お気をつけ下さい。(-_-;)

 

※ お知らせです! 講演します!

日時 2017年10月27日(金) 18:00 - 20:00

 

場所 102-0074 東京都 千代田区九段南1-5-6 

  りそな九段ビル5F ナレッジソサエティ

 

※事前申し込みが必要です。

 

参加費 坂東学校会員学生 1500円(当日)

    AJERプレミアム会員 1500円(事前振込み)

    坂東学校仮入校生・一般 3000円(事前振込み)

 

お申し込み

    坂東学校会員学生の方は坂東学校事務局
    それ以外の方は

    support.ca@ajer.mygbiz.com

    へメールをお願い致します。

 

書籍販売もあります。

どうぞ奮ってご参加を(^o^)/

 

・・・おっと、ポチ忘れにご注意を!

   ↓


政治ランキング

 

拙著新作「寄生難民」も、どうぞご覧ください(^o^)

寄生難民 寄生難民

 

Amazon

 

坂東学校仮入校はこちら↓ 

 

   

 


もちろん、いきなりの本入校も大歓迎! 
    ↓
本入校

お待ちしております(^o^)/

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(22)

坂東忠信さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。