IMFが世界経済成長見通しを大幅に引き下げ 主にアメリカを警告 | 日中ニュース比べ読み
2011-09-21 21:58:57

IMFが世界経済成長見通しを大幅に引き下げ 主にアメリカを警告

テーマ:ブログ
(中国語の記事)


  在20布的全球经济展望告中,国际货币基金组织IMF)大幅下了全球经济长预期。告指出,全球经济入一个“新的危境地”。而美国不幸成被重点警示的“差生”,国今明两年经济长预期遭遇大幅下
  全球
经济展望告中,IMF将今明两年全球经济增速期分0.3%0.5%,均降至4%的水平。
  所指的
面因素包括,日本受到烈地震和海的打击迟迟,而一些主要石油生国的政局则动荡不已。与此同,美国经济中需求从公共部向私人部移出
欧元
 区主要
金融市场遭遇大波,投对风险资产进行大模抛售,市担心多国家控制公共债务的能力。
  值
得关注的是,美国成为这告中经济长预期下幅度大的经济体。IMF指出,美国的经济可能会遭受更多打IMF预计,今年美国的经济1.5%低于6时预期的2.5%。明年的经济长预2.7%降至1.8%

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

20日に発表された世界経済展望報告の中で、国際貨幣基金組織(IMF)が大幅に世界経済成長見込みを引き下げた。報告は、世界経済は“新たな危険境地”に入ったことを指摘した。アメリカは不幸には重点的に“劣等生”と警告され、この国の今年と来年の2年間の経済成長見込みは大幅な引き下げにあった。
世界経済展望報告の中で、IMFは今年と来年2年間の世界経済成長速度見込みをそれぞれ0.3%と0.5%とし、平均で4%のレベルを下げた。
IMFが指摘するマイナス要因として、日本が強い地震と津波の打撃を受け、なかなか回復の見込みが見られないこと、そして主要な石油生産国の政局が混乱していることが含まれる。これと同時に、アメリカ経済の中では公共部門から個人部門への転移の需要が停滞しており、ユーロ区域の主要金融市場が比較的大きな変動に遭い、投資者がリスク資産に対し、大規模な投げ売りをした。市場も同様に、多くの国が公共債務の能力を抑制することを心配している。
注目すべきことは、アメリカがこの報告の経済成長見込みの下げ幅が大きな経済国であるという ことだ。IMFは、アメリカの経済活動は更に多くの打撃を受ける可能性があると指摘した。IMFは、今年のアメリカの経済はわずか1.5%の成長であるとし、6月に予想した2.5%を大きく下回った。来年の経済成長見込みは2.7%から1.8%に下がった。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

 国際通貨基金(IMF)は20日発表した
世界経済
見通しの改定で、米欧をはじめほぼすべての地域の成長率予想を下方修正し、リスクは引き続き
下向きとの認識を示した。欧州債務問題や米景気回復の遅れが世界経済の成長を妨げかねないとし、米欧は措置を講じなければ二番底に陥る恐れがあると指摘した。 
 IMFは2011年の米成長率見通しを1.5%とし、6月に示した見通しの2.5%から下方修正した。12年の見通しは1.8%。前回見通しは2.7%だった。
 ユーロ圏の成長率は11年が1.6%、12年が1.1%と予想し、6月見通しの2.0%および1.7%からそれぞれ引き下げた。
 日本については、11年の成長率見通しを6月時点のマイナス0.7%からマイナス0.5%に上方修正する一方、12年は2.9%から2.3%に下方修正した。
 先進国の成長率は11年が1.6%、12年が1.9%と予想し、6月時点の2.2%および2.6%から大幅に下方修正。
"特集 世界経済展望" href="http://jp.reuters.com/news/globalcoverage/globaleconomy">世界経済全体の成長率見通しは11、12年ともに4.0%とし、6月予想の4.3%および4.5%から引き下げた。 
 IMFは欧州について、高水準の債務や生産減速、市場の混乱によって、欧州の景気回復が危ぶまれており、ユーロ圏の見通し悪化回避に向け、政策担当者の迅速な行動が不可欠との見解を示した。
 また、首席エコノミストのオリビエ・ブランシャール氏は欧州が「大きな懸念材料」とし、「政策担当者が市場に一歩後れを取っているとの認識が広範囲で見られる」と指摘。欧州は深刻化しつつあるソブリン債危機に「しっかりと対処」する必要があると強調した。 



二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス