日本の反戦雑誌編集者「もっと多くの日本人に歴史に目を向けてほしい」 | 日中ニュース比べ読み
2011-09-18 21:55:11

日本の反戦雑誌編集者「もっと多くの日本人に歴史に目を向けてほしい」

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

  “我接触很多中国的争受害者,每次听他们讲述自己的悲惨遭遇,作日本人,我都会感到内疚。我有任把南京大屠那段真史告更多的日本人”,日本反战杂志《中归连编辑荒川美智代日前在接受新专访时如是
  今年37
的荒川在的主要工作是走访参加日本侵华战争的老兵,记录的真实经历更多日本人,尤其是年青一代,知道、正视这史。另外,荒川是“南京史会”事局成组织向日本人介南京大屠
  荒川
,她读过一本名叫《中国之旅》的纪实作品,其中有多日罪行的描写。她:“我们这代人没有经历过战争,书让我了解到日本的侵略中国人来很大的害;更我意到,一定不能让战史重演。正因如此,我关注问题,从事正视历史、反省争的活

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

 「私は多くの中国の戦争で被害にあった方たちと接したことがありますが、毎回彼らが自分の悲惨な遭遇を語るとき、日本人として、私も心がとがめます。私には南京大虐殺の真実の歴史をより多くの日本人に伝える義務があります。」と日本反戦雑誌《中帰連》荒川美智代編集長が、先日、新華社の記者インタビューの際、このように語った。
  今年37歳の荒川さんの現在の主な仕事は、日本の中国に侵略戦争に参加したことのある元兵隊を訪ね、彼らの真の経験を記録し、より多くの日本人、特に若い世代にこのときの歴史を知り、目を向けさせることである。この他にも荒川さんは、“南京史実守護委員会”事務局メンバーであり、たびたび活動を開き、日本人に南京大虐殺の史実を呼びかけている。
 荒川さんは、彼女が読んだ《中国の旅》というドキュメンタリー作品の本の中で、多くの日本軍が中国侵略行為の描写があるという。彼女は、「我たちの世代は戦争を経験したことがないので、この本は私に日本の侵略戦争が中国人に大木な傷害を与えたことを理解させてくれた。更に私が意識させられたのは、絶対に二度と戦争の歴史を繰り返してはいけない、ということ。だから、私は戦争遺留問題に注目し、歴史に目を向け、戦争を反省する活動にたずさわっている。」と話した。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ



二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス