日本中国にねらいを定め、南西防衛を強化 | 日中ニュース比べ読み
2011-08-21 22:19:34

日本中国にねらいを定め、南西防衛を強化

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中新网821 据共同社21道,日本政府划在冲绳县与那国部署沿岸监视,此旨在瞄准海洋活日益活的中国,填以西的防“空白区”。防在研究向石垣新派自卫队,以一步增西南诸岛的防力。
道指,日本政府在去年年底制定的《防卫计划大》中,首次将中国的视为“地区及国社会的关切事”。本月2日内批准的《防白皮则进一步称,中国“可以被认为是在与周各国立的问题出了高姿”。
道称,日本防省在强调中国威的同,正在切西南诸岛的防卫态势。据称,将部署在与那国的部是以北海道稚内市的上自卫队301沿岸监视队为蓝本的。是在考到前苏联在的俄斯的基上,配武器,在附近海域航行的船舶监视
  据
道,在加西南诸岛卫态势问题上,日本将一边观察中国的反,一着手部署型武装部立足点。防还计划今后分段向石垣新派数百人模的普通科(步兵),加强岛礁防

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

中新ネット8月21日、共同社21日の報道によると、日本政府は、沖縄県与那国島沿岸監視部隊を配備することを計画している。これは海洋活動が日増しに活発になっている中国にねらいを定め、西側の防衛“空白区”を加えることを目的としている。防衛省はまだ石垣島と宮古島に新たに自衛隊を派遣するか検討しており、南西諸島の防衛力をより強める方針だ。
 報道は、日本政府は去年年末に制定した《防衛計画の大網》の中で、まず中国の動向の監視を“地区及び国際社会の重要事項”としていた。今月2日、内閣会議で可決された《防衛白皮書》では、中国は“周辺各国との対立問題において、高圧な態度をとったと思える”とした。
 報道は、日本防衛省は中国を威嚇することを強調すると同時に、南西諸島の防衛態勢を強めることを切実に推進している、と述べた。部署は与那国島の部隊は北海道稚内市の陸上自衛隊第301沿岸監視隊を本部としている。この部隊は旧ソ連を考慮し、現在のロシアの基準に、軽型武器を配備し、付近海域航行の船舶監視を行なっている。
 報道によると、南西諸島の防衛態勢強化の問題で、日本は中国の反応を見ながら、軽型武装部隊を配備することを発足点として着手するかまえだ。防衛省はまた、今後段階を踏んで、石垣島と宮古島に新たに数百人規模の普通科(歩兵)部隊を派遣し、島の防衛を強める計画だ。

(日本の記事)

→日本の記事のページへ

防衛省は鹿児島県から沖縄県にまたがる南西諸島の防衛強化のため、新設する陸上自衛隊の「沿岸監視部隊」の配備場所を日本最西端の沖縄県・与那国島に決めたことが20日、明らかになった。
 与那国町から島南西部の町有地を取得、駐屯地を建設する方針だ。2012年度予算案の概算要求で用地取得費などの計上を求める。同部隊は約100人規模を想定し、15年度までに隊舎などを整備する。

二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス