日本の殺人犯逃亡生活の供述本を出版:唇を切り鼻を刺して顔を変える その1 | 日中ニュース比べ読み
2011-01-26 21:12:06

日本の殺人犯逃亡生活の供述本を出版:唇を切り鼻を刺して顔を変える その1

テーマ:ブログ
(中国語の記事)

中新网126 据台湾《中国时报道,日本千叶市川市2007322英籍女教师杀人事件,嫌犯市达也整形逃亡27个月后于前年底落网,市中将逃亡DIY整形等血淋淋记录下来并出。他了逃亡曾自己拿剪刀剪嘴唇、用针贯穿鼻子、用美工刀割除上的痣等。 
32
的市中透露,逃亡期怕被人出来,好几次试图自己整形。因被害女教Lindsay他的嘴唇像黑人一厚,于是想嘴唇薄,而在青森公园里,自己拿剪刀将下嘴唇活生生剪下一肉,又痛

→実際の記事のページへ
→記事読み動画へ


(日本語訳)

中新網1月26日、台湾《中国時報》の報道によると、日本千葉県市川市で2007年3月に発生した22歳のイギリス国籍の女性教師殺人事件で、市橋達也容疑者が整形逃亡2年7か月の末、おととしの末に逮捕された。市橋は獄中で、逃亡当時のDIY整形など、残酷な過程を記録し、本を出版する。彼は逃亡のため、はさみで自らの唇を切断したり、針で鼻を貫いたり、カッターで顔の痣を取り除いたりした。
32歳の市橋は本の中で、逃亡期間は人に気づかれることを恐れ、何度も自己整形を試みたと暴露している。Lindsayが、彼の唇は黒人のように厚いと話したことから、唇を薄くしたいと思い、青森公園で、はさみで自らの下唇の肉を生々しく切り落とした。「その時は、痛くて熱かった!」としている。

(日本の記事)
→日本の記事のページへ

二週間の合宿で中国語知識ゼロから一人で中国に赴任しても何とかなる実力を身につけられる特訓講座はこちら

タカ派が日本内閣の要職に 中日関係挑戦的な状態に直面 その1

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス