まいど〜〜

 

いらっしゃいませ〜〜〜

 

 

 

前回の悲報から はや5日。

 

毎日が早いの〜。

 

気がつけば

 

すっかり値上げの季節じゃ〜ちゃうか笑

 

 

 

で 

 

前回は

 

矯正の値段が上がる理由を書きました。

 

 

 

様々な反応がありますが...

 

しょうがない笑

 

 

 

おっちゃんとことしましては

 

より良い技術結果を目指して

 

努力するのみであります。

 

 

 

もちろん限度はあるとは思うけど

 

価格を気にするがあまりに

 

良いものを導入しないなんて

 

ナンセンス。

 

 

 

そもそもおっちゃんは 

 

そういうスタンスで仕事してるんだから。

 

 

 

それで いいんです爆

 

 

 

 

そして 今日はデジパ。

 

 

なんでデジパも値上がりすんの?

 

ってことですが...

 

 

 

 

まず一つ目

 

 

 

前より絶対上手くなった笑

 

マジですよ。マジ。

 

上手くなったってのが1つ目の理由。

 

 

 

もう一つは

 

おっちゃんとこのやり方では

 

デジパは 営業で3時間枠。

 

 

対する コールドパーマは

 

2時間30分枠。

 

 

 

両者には 30分の差があります。

 

 

 

おっちゃん的に

 

何パーマにするのか?

 

っていうのはお客さまが決めるものではなくて

 

美容師サイドが決めるものだと思っております。

 

 

 

ただ 価格に差があると

 

どうしてもお客さまに

 

意向をお伺いしないといけなくなる。

 

 

 

おっちゃんはデジがいいと思っても

 

お客さまは「安い方でお願いします。」

 

なんてことになったら....。

 

 

 

おっちゃんのテンションダウンは必至だ。

 

 

 

まあ それが嫌で

 

今までは2つのパーマは価格が同じだった。

 

 

 

ただ 最近は パーマの9割がデジだし..。

 

 

 

パーマで 材料費がかかるにもかかわらず

 

時間単価的に カットより安いという...。

 

なんとも複雑な状況。

 

 

 

せめてカットと同じ時間単価に

 

させてくださいませ。

 

っていう。

 

 

 

材料費は勉強させて頂きます。

 

っていう。

 

 

 

そんなところで

 

ご納得いただけないでしょか?

 

っていう。

 

 

 

賢明な方はお気付きの方も

 

いらっしゃる?!かもしれませんが

 

 

「そもそも カットの料金を下げたら

 

 すべてが解決なんちゃうか!」

 

というツッコミはご遠慮くださいませ汗

 

 

 

ということで

 

5月3日より

 

矯正とデジパの料金を

 

各2000円ほど

 

値上げさせて頂きます。

 

 

矯正とデジを同日にするような場合は

 

矯正の価格だけを2000円アップで

 

お願いしたいと思います。

 

 

 

 

ご理解のほど

 

よろしくお願いします。

 

 

 

予約日が5月3日以降でありましても

 

この最初の告知より以前に

 

ご予約のお電話をいただいております

 

分に関しましては

 

今まで通りの価格でさせて頂きます。

 

 

 

何卒何卒

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

ほなほなまたパー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まいど〜

 

いらっしゃいませ〜〜〜

 

 

 

今日はみなさんに悲しいお知らせがございます。

 

 

 

 

ごちゃごちゃ前置きせんと書きます。

 

 

 

おっちゃんとこは

 

 

5月3日より

 

 

一部の料金が

 

 

値上がりします。

 

 

 

「ひえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!」

 

 

 

「なんでやなんでやなんでや〜〜〜っ!」

 

 

 

今 石を投げようとしたあなた

 

まあ落ち着いて

 

おっちゃんの言い訳を聞いてやってくらはいまへ。

 

 

 

値上げの対象となるのは2つ。

 

 

 

「縮毛矯正とデジタルパーマ」でございます。

 

 

 

まずは縮毛矯正から説明いたします。

 

 

おっちゃんがいつも言ってますけど

 

縮毛矯正というのは

 

美容室の技術の中でも

 

トップクラスに髪を傷めやすい技術であります。

 

 

そしてその分 感動を覚えるほど

 

髪をキレイに見せる事が出来る

 

技術でもあります。

 

 

以前は 

 

いかにも矯正っていう

 

仕上がりにしか出来ませんでしたが

 

 

勉強を重ねる事で

 

矯正と気づかれない様な仕上がりまで

 

持ってくる事が出来る様になりました。

 

 

 

ただ「髪のダメージ」という点では

 

進歩はあるにはあるけど

 

大きな進歩ではなかった。

 

 

それが去年くらいから

 

「酸熱トリートメント」というものを使う事で

 

今までになかった進歩を感じる様になりました。

 

 

「これはひょっとしたら、劇的に髪のダメージを

 

 減らせるかもしれない。」わくわく

 

 

 

いろんな種類の酸熱トリートメントがあるけれど

 

どれもコストが高い。

 

 

ただある一つの商材を除くと

 

「とても高くて営業じゃ使えない!」

 

っていう程のものでもなく

 

 

おっちゃんが勉強した感じでは

 

プラスはあってもマイナスはなかった。

 

 

ただ コストに対して

 

どれくらいのプラスなのか?

 

そこだけであった。

 

 

 

やってるうちに

 

 

「?」

 

「効果がある様な?無いような?」

 

「わかんね〜」

 

 

そんな日が続いた。

 

 

 

 

勉強するほどに

 

ある一つの商材が気になった。

 

アレしかダメなんじゃないのか?

 

そう思う様になった。

 

 

先に

 

「ある一つの商材を除いて..」と書いたが

 

 

その「ある一つの商材」こそが そのアレだった。

 

 

 

おっちゃんは

 

理論的にも 間違い無いと思った。

 

 

 

高いけど...  やっぱ高いな。ん〜〜〜〜。

 

ど〜しょ〜〜〜。

 

 

 

おっちゃんは

 

清水寺には行った事ないのだけど

 

清水の舞台から飛び降りた。

 

 

 

そして 

 

矯正やカラーの仕上がりが変わった。

 

 

 

今まで使ってたものとは

 

あきらかに

 

違う。

 

 

もう他のは使えない。

 

それを使わない矯正も考えられない。

 

 

 

もう〜導入決定だ。

 

 

こんな感じで

 

お客様には申し訳ないけど

 

その分を値上げさせていただくことにしました。

 

 

 

この際なんで

 

それがどう良いのか?!

 

簡単に説明させていただきます。

 

 

 

 

1番左の絵が

 

普段のくせ毛の状態。

 

曲がってるなりに髪の鎖(SS結合)が繋がっています。

 

 

こんな感じですね。

 

 

 

これに縮毛矯正の薬を塗布した状態が

 

真ん中の絵。

 

 

 

1液の還元剤で鎖が切れました。

 

実際はこんなに全部の鎖が

 

切れるわけではないらしい。

 

 

そしてこの鎖の切れた状態で

 

乾かしてストレートアイロンで伸ばすことで

 

ストレートになります。

 

 

 

このストレートになった状態を固定するために

 

2液を塗布します。

 

 

 

実はここからが大変。

 

 

 

切った鎖を再結合させるわけですが

 

曲がってたものを真っすぐにして

 

それを再結合させたらどうなるか?

 

 

 

たとえくっ付いても

 

最初くっ付いてた部分(相方)とはくっ付けないし

 

中には誰ともくっつけない部分が

 

必ず出来てしまいます。

 

 

 

青丸はくっついてるけど

 

赤丸はくっついてません。

 

 

このくっ付けない部分が酸化して

 

システイン酸というものに変わります。

 

 

これが髪のダメージです。

 

 

髪が傷んでれば傷んでるほど

 

この 「システイン酸」が多い ってことになります。

 

 

で この「システイン酸」。

 

一度出来てしまうと

 

もう元には戻れないから厄介。

 

 

 

たとえどんな高級なトリートメントをしても

 

無理なんです。今のところ。

 

 

 

じゃ〜どうすれば良いのか?って考えると

 

この「システイン酸」が出来る前に

 

何とかするしかないです。

 

 

赤丸がシステイン酸に変わる前に

 

何とか出来るもの。

 

そんな物あるのか???

 

 

 

それがあるんですね〜。

 

 

 

それこそがおっちゃんが言ってる

 

「酸熱トリートメント」です。

 

 

 

酸熱トリートメントが

 

上の絵の赤丸部分にくっ付いて

 

システイン酸に変化しない様にしてくれます。

 

 

 

赤丸にくっ付いてシステイン酸に変化させない。

 

それだけでも良いんだけど

 

 

おっちゃんとこのお高い酸熱トリートメント(笑)は

 

このくっ付いた物同士が

 

またくっつけるんです。

 

 

 

書き足した青い部分がそれに当たります。

 

耐震工事をしたみたいな感じですかね。

 

 

再結合できなかった部分にくっ付いて

 

さらにそのもの同士がくっつけることで

 

髪の弾力が落ちないし、

 

無くなってた弾力が戻ってきます。

 

 

これは完全に実感できるレベルです。

 

 

書きたいこと、伝えたいことを書いてると

 

めっちゃ長くなってきました。笑

 

 

おっちゃんは 絶対必要なもの。

 

お客さまの必ずプラスになるもの

 

だと思うので

 

導入させていただくことにしました。

 

 

 

当初カラーにもと考えましたが

 

カラーは施術頻度が高いし 

 

みなみなさま経済的に大変そうなので

 

希望者のみということにして笑

 

 

 

とりあえず 縮毛矯正には

 

無理やり付けさせて頂きます笑

 

 

 

という次第でして

 

 

5月3日より

 

矯正価格に 抑えに抑えて笑

 

「プラス2000円」

 

値上げさせて頂きます。

 

 

 

どうぞご理解のほど

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

長くなったので

 

デジパはまた明日。か明後日。

 

 

 

 

おっちゃんからの悲報でした。

 

 

 

ほなほなまた。パー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まいど〜〜

 

いらっしゃいませ〜〜〜

 

 

 

時々 お客さまに言われることなんやけど

 

ブログだと矯正の記事が多いから

 

矯正に特化したお店かと思ってた。と。

 

 

 

いやいや

 

決してそうではないんやけどな〜

 

結果的になんかそうなってしまってる。

 

 

というのが正解であります。

 

 

 

うちのお客さんて

 

なぜか顔を出すのがイヤな人が多くて

 

普通のスタイルだと

 

やっぱ前からじゃないとあんまり意味ないでしょ?

 

顔も含めて「可愛くなった」ってならないと

 

あんま意味ない。

 

 

 

それが矯正だと

 

髪がキレイになってツヤツヤになって

 

そこを見せたいから

 

逆に後ろからの方がよっかったりする。

 

 

なんせ分かりやすい。

 

 

技術的な部分も含めて

 

記事にしやすい。

 

 

結果的に 矯正の記事が多くなる。

 

と言うわけなのです。

 

 

と言うことなので今日も矯正(爆)

 

 

今日はちょっと角度を変えて

 

矯正の後の色の調整。

 

と言うか加色。

 

 

矯正をすると

 

みなさんご存じの様に

 

多少なりとも色落ちがあります。

 

 

アルカリ矯正なら 結構明るくなるし

 

酸性矯正においても

 

矯正剤でカラーの色素が還元されて

 

多少明るくなります。

 

 

矯正して またすぐカラーする予定なら

 

それでもいいけど

 

 

次染めるのは1ヶ月先だとか

 

 

もう矯正の前に染めちゃったわって場合

 

 

色が気になってくる場合が

 

少なくないです。

 

 

 

せっかく矯正でキレイになったのに

 

色が退色してたらイマイチだし

 

どうしても傷んで見えてしまう。

 

 

 

こんな時

 

おっちゃんとこなら「カラーバター」を使って

 

髪を傷めず

 

短時間で

 

カンタンに

 

補色出来ちゃいます。

 

 

 

今日はその実例。

 

 

 

矯正の一番最後の流しの時に

 

カラーバターを揉み込んで

 

ちょい放置します。

 

 

今回は赤を効かせたいって

 

ことなんで

 

チェリーピンクとナチュラルブラウンとクリアをミックス。

 

 

 

 

 

普通のヘアカラーだけでは出せない

 

クリアでキレイな色に染まります。

 

 

今日は矯正の直後だけど

 

カラーの直後に さらにカラーオンしても

 

面白いと思いまする。

 

 

 

 

これをよ〜く

 

揉み込んで

 

揉み込んで

 

揉み込んで

 

3分ほど放置。

 

 

この短時間施術も

 

矯正の直後だからなせる技なのだ。

 

 

 

 

 

もっと赤を強く出すことも出来るし

 

暗めの赤にも出来る。

 

 

落ち着かせたいだけなら

 

暗めのブラウンを乗せることも出来ます。

 

 

濃さも調整できるから

 

短時間のわりに 案外効果大なのだ。

 

(ただ黒髮を明るくすること出来ないです。)

 

 

 

持ちはと言うと 

 

洗えば洗っただけ落ちるし

 

洗わなければ落ちない

 

と言う当たり前の感じ笑

 

 

もちろん

 

ちゃんと染めたい人は

 

ちゃんと染めた方がいいです。

 

 

 

ただ 

 

次染めるまでの「つなぎの補色」

 

であったり

 

 

キレイな色を出したいけど 

 

取れやすいから

 

取れた分の

 

追いカラー的な感覚で使えば

 

とっても重宝します。

 

 

 

そして何より

 

矯正代金プラス1500円で出来るって言う

 

手軽さ。

 

 

 

 

おっちゃんとこでは

 

こんなこともやってま〜す。

 

 

 

 

ほなほなまたパー