カメラの性能と その大きさが
気に入っていて、ずっと
使い続けているiPhone5s

ただ最近、OSの進化で性能的に
動作が遅くなってしまったのと、

寄る歳波で、
小画面での、短い行の改行過多に
目が疲れる様になってしまい…

いよいよ画面アップの機種交換

5sもそうしていたけど、
海外モデルのiPhoneは

煩いシャッター音が
止められるのと、
SIMフリー規格だから、
今回も そこは拘って探す…

。。。。。

と言っても 最近のiPhoneは
お高いし…

そこで、可哀想なくらいに
二束三文で売られている
iPhone6sを選んで、

Suica内装の改造を施しながら、
次期電波帯5G対応の小さな
iPhoneが出るまで 待とう❗️と…

。。。。。

iPhone5sは Suicaを内装改造して
便利に使っていたけど、
iPhone5sSuica内装記事  (←リンク)

iPhone6sは そのままFelicaなど
ICチップカードを入れ込んでも
機器内部部品の厚みで反応しません。

そこで今回は 前回娘のiPhone6sに
施した、交換外装パネルを使用し、
パネル改造〜背面ガラスを通しての
Suica電波通波を試みます。
(↑世の中には こんなバックパネルが
売られております。)

(ピンぼけ失礼)
↑中古6sのパネルを交換です❗️

↑この位置にSuicaを仕込みます。

↑ドライヤーなどの熱風で新しい
ボディの背面ガラスをアルミ本体
から剥がします。
(僕は手持ちの専用のヒーターで
温度設定した温風を当てました)

剥がし終わったら

Suicaカードのラインを引いて

ボディをルーターでカット❗️

↑ホールに収まる事を確認したら

↑誤動作防止の電磁波シートを貼り…

(↓その前に チョッと実使用テスト)


ちゃんとSuicaが使えたら
↑iPhone6sの内部部品を
全て移植して、
(バッテリーもついでに新品交換)

Suicaが使えるiPhone8風
iPhone6sの出来上がり❗️

仕込むSuicaを 記名カードにして、
ビューカードと紐付ける
オートチャージ設定をしておけば

最低金額を割ると自動でチャージ
してくれるから とても便利です。

。。。。

と、喜んで居たのも束の間

再調整分解を試みる際、早々に
背面ガラスを割ってもうた〜(ToT)
(なんてヤワなんだ…)

iPhone8以降、Xも11も、
落下からの背面ガラス割れに
皆さん泣いている様です。
(iPhone4/4sも然りでした…)

割れた背面をどうするか❓

は、

またこの先のDIY案件で(^-^)