** jameのつれづれ日記**

** jameのつれづれ日記**

                                                       〜chakana店主jameによる、アクセサリー製作話、音楽、アート、映画、旅行、食べ物など好きなものを徒然と〜


テーマ:

どこか旅に出たくてウズウズしていた。

軽く2泊くらいで、のんびりしたい。

旅行に行くと、つい欲張ってしまうので

欲張らない旅行をしたい。

どこに行こうかと思案していたら、これを思い出す。

日曜美術館で初めて知った染色家・柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)を巡る旅。

遠過ぎず、程よい距離なので松本に決定!!

 

10月10日、新宿から8時のあずさ5号で。

駅弁を食べてビールを飲んで、うとうとしていたら2時間半はあっという間。

10時半に松本に到着。

 

まずは自然を堪能しよう、とアルプス公園へ。

観光場所ではないらしく、人もあまりいない。

アルプスの景色を眺めながら、ひたすら歩く。

そして写真を撮りまくる。

 

 

 

紅葉が色付きはじめた時期。

曇っていたのが残念。

 

 

細い山道に「山の神」と書いてあったので入っていく。

が、いくら行っても山の神は見当たらず。

でも、カッコいい木が沢山あって、ちょっとした山歩きが楽しかった。

戻るのは面倒だと、思っていたらぐるっと回って戻ってこれた。

 

その後、山の斜面を利用したドリームコースターとやらに乗る。

自分でスピードを調節できるのだが意外と早くて怖い。

おばちゃんが何やってるんだか〜。

 

アルプス公園から駅までのバスは本数が少ない。

1時間くらい、というのでタクシー代をケチって歩いてみた。

途中までは景色を見ながら気持ちよかったが、思ったより遠かった。。。

やっと松本城近くまできて、遅い昼ご飯。

まずは蕎麦!!

 

鴨つけ蕎麦をいただく。

美味しい?美味しかったかな。普通のにすれば良かった(笑)。

 

美味しそうだったので普段は手を出さない栗ドラ焼きを買い、

食べながら「旧開智学校校舎」へ。

雨が降ってきたので逃げ込む。

 

 

明治時代初期の洋風校舎の小学校。

建物と庭園は素敵だった。

中は資料とかで、ちょっと退屈...。

 

そして松本城へ行ってみる。

 

 

こういう建物を見つけては写真を撮るので中々進まず。

でも楽しい!!

 

 

 

松本城も見たし(笑)、荷物を取ってホテルへ。

一日目は格安のシティホテル。

歩き回って疲れたので休んでから夕食を食べに外へ出る。

 

まずはチェックしていた「しじみ屋」。

貝好きの私にはたまらない飲み屋さん。

まあ海のないところで海のものと言うのもいいかしら。

 

 

赤貝刺しから始まり、ホンビノス焼き、牡蛎炙り、ラストはシジミ汁。

もうこれは日本酒よね。

 

と勢いがつき、二件目を探す。

 

 

馬刺が食べたくて、ふらっと入った店が大当たり!

こんなに美味しい馬刺、食べた事ない。

 

すっかりほろ酔い気分でホテルへ戻り、一休みしてからスーパー銭湯へ。

万歩計を見たら2万歩、歩いてた。

さすがに足が痛い。

ジェットバス+マッサージもしてもらい、だいぶ生き返った。

 

帰ってさすがに12時前にはダウン。。。

 

アルバムはこちら〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

最後の日。

9時過ぎにホテルを出て、昨日寄れなかった店へ行くために

またスミニャクへ。

 

朝ご飯はホテルの近くでスムージーという名のフルーツてんこ盛り丼。

マンゴー、イチゴ、バナナたっぷり、ココナッツフレーク、シリアル、ナッツ、ドライフルーツ入り。

好きなものばかりだけど、さすがの私も食べきれなかった。

ボリュウムあり過ぎ...。

 

 

毎朝お供えをしているんだ。

 

今日は迷わないように道を確認しながら移動。

暑い中をどんどん歩く。

 

日本料理屋。

まあ判りやすいけど....。

 

昨日は気がつかなかったビーズ屋を発見!!

樹脂のものがポップで可愛い!

ガラスのものともう大興奮で大量購入。

アンティークのものもあったけど、切りがないので手は出さず...。

 

他にも最終日に、バッグ、服、オブジェと仕入れられた。

我ながらさすがだわ(笑)。

 

 

店のマネキン、動きがあるものが多い。

 

こういう服、着るのかなぁ〜。謎だ。

 

 

まだナシゴレンを食べてなかったので昼食はナシゴレンを。

 

ふらっと入った店だったけどとっても美味しかった。

海老、蟹、貝が揚げて入っている。

辛いソースを頼んだらオリジナルらしくて、これまた上手い。

 

ホテルへ戻る。だいぶ慣れた小径。

 

こんな像も可愛く思えてきた。

 

ホテルにお迎えが来てくれて最後はスパへ。

お迎えの車、宇多田ヒカルが流れていた。

外国で日本の曲を聴くと、なんだか調子が狂うというか妙な感じになる。

(それも面白いけど...。)

 

スパ。

オイルマッサージはイランイランとラベンダー。

シナモン、八角、生姜、クローブなどを包んだ布で叩いてくれる。

後はフェイシャルマッサージ。

まあそれなり〜という感じだった。

 

 

最後の食事。

豚の丸焼き、バビグリンが食べたくて、

その写真が表に貼ってあるレストランをチェックしておいた。

そこに行って頼もうとしたら写真は飾りで、ない、と言われる。

ガッカリしてサテとビールだけ頼み、移動。

 

友人が調べてくれて奥まったところにあるレストランへ。

歩きながらの景色が地元な感じで楽しかった。

こういう店でも食べたかったな。

 

ここが大当たり!!

魚が並んでいて(あまり数はなかったが)それを選んで調理してもらう。

PUDAN FISH(素揚げした魚に、辛くて生姜、ニンニクが利いて溶き卵を絡めたソースがかかっているもの)、

空芯菜炒めを頼んだ。

美味しかった。

もっと色々食べたかったな。

 

急いでホテルへ戻ってタクシーで空港へ。

凄く並んでいて混んでいた。

無事にチェックイン。

 

免税店で大好きなBounty(ココナッツチョコ)を発見。

海外に行ったらこれよね。

残った現地のお金を使い切ろうと思ったら買い過ぎてしまった。

 

22:50発の成田に7:20着。

帰りはやはりぐったり。

 

3泊5日はあっという間。

でも素敵な仕入れも出来て、美味しいものも食べられて

街歩きも楽しかったし、大満足。

さて次は??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

タクシーで一時間半かけて夕日を見にタナロット寺院へ。

街中は混んでいたけど、郊外へ出るとだんだんスムーズに。

緑の綺麗な景色。

ドライブは楽しい。

帰りはやはり車を拾えないと言う事で

ドライバーさんが待っていてくれる、と。

 

みやげ物屋が並ぶ参道を行く。

 

ここにも割れ門があって海と岩場へ。

その奥に岩で出来た寺院がある。

 

これが寺院。遠目で見ただけだった。

後で何で近くに行かなかったのだろう?と後悔。

 

寺院のある場所からどんどん登っていき高台へ。

だいぶ太陽も傾いていい感じになっていく。

 

崖沿いの海が見渡せるレストランに入って夕日を眺める。

曇ってきてしまい、日の入りは見れなかった。

 

だんだん暗くなっていく、空の色は楽しめた。

遠くまで来たもんだわ〜。

 

夕日のお供はビールと海老のロースト。

 

こういうオープンエアなレストランが何件もあった。

 

 

ガイドブックにケチャをやっている、と書いてあったがその気配はない。

前の日のガイドさんに聞いても知らない、と言われた。

ケチャも見たかったなぁ。

また次回!!

 

真っ暗になり、駐車場まで戻る。

観光地、トイレは有料。

タクシー、待っていてもらった分を入れてもそれ程の料金ではなかった。

交通が確立してないから車チャーターは必要なのね。

 

一日フル回転でさすがにダウン。

すぐ眠れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

三日目。

友人は早起きしてサーフィンのレッスンへ。

私も早めに動き出す。

海を見ていないのでクタビーチへ散歩。

 

泊まったホテル、内装、外装の色使いがその名の通りポップ。

とっても好きな感じだったけど....。

 

散策開始!

 

 

 

 

 

修学旅行?人は多かった。

やっぱり海は気持ちいい。

時間があれば泳ぎたかったけど、私には使命がある!(笑)

 

ストーンホテルという大きなホテルの前から

クラクラバスで30分、お洒落ショップ(?)が並ぶスミニャク スクエアへ。

 

確かに素敵なお店が沢山並ぶ。

個人の店なのかしら?需要はあるのかしら?

と店をやるものとしては気になってしまう。

 

が、まずは朝食。

スイカ、パイン、ミントジュース。

ワッフルって書いてあったのはホットサンドだった。

チーズ、トマト入り。

シンプルでパンが美味しかった。

 

トイレへ。内装も可愛い。

 

会計が木のボックスに入っていてしおりと謎の飴が入っていた。

 

暑い中をあっちへこっちへ歩く。

街中も楽しい!

店を見ては写真を取り、路地が好きで何もないのは判っていても入っていってしまう。

(仲見世で店をやっているせいか...(笑)。)

 

 

 

 

やっぱりこれは飲まないとね、ココナッツウォーター。

もちろん中身もスプーンでこそぎ落として食べる。

 

 

やっぱりナゾの像。いくつかあった。

 

これはちょっと前にあった新年の祝い(ニュピ)で使ったものだそう。

ニュピの時はすべて休みになるらしい。

 

布の店を発見。イカットを何枚かゲット!

刺繍のものも素敵だったけど諦める....。

 

アンティークの店。素敵なものが沢山あった。

 

 

途中、スーパーがあったのでお土産を買いに入った。

荷物は預けなくてはいけない。

サンバルソースや、ナシゴレン、サテなど料理の素、

コーヒーは試飲をしていて欲しいものを言ったらちゃんと教えてもらえた。

海外のスーパーは本当に楽しい。

 

 

昼食はまたもや色々入ったナシチャンプル。

どうしてもガドガド、ピーナッツソースのサラダが食べたくて頼んだ。

が、食べきれず。

 

友人とホテルで待ち合わせをしたのに、少しのんびりし過ぎたよう。

気になる店を見つけたけど見ずに戻る。

歩いても歩いても全然着かない...。

やっと近くまで来て曲がったら迷った。

細い道に入り込み、お経らしき声が聞こえてきた。

暑さと声と細い道で不思議な感じ。

そこから抜け出して人に聞いたら、バイクで送ってあげるからお金をくれ、と言われる。

いや、バイクで行く程ではないはず、なので道だけ聞いてやっと到着。

 

で、タクシーを呼んでもらって夕日を見にタナロットへ。

 

 

 

 


テーマ:

友人とココナッツ店で待ち合わせ。

 

暑いしさすがに疲れたのでスペシャルサンデーを注文。

練乳、フルーツ、ココナッツ、と盛り沢山。

 

夕飯の前に二人でウロウロする。

 

いかにもバリ的な装飾。

 

これは?なんかほのぼのしてていい味。

 

歩いていたら、さっきのチケット売りの男性が声をかけてきた。

私が買ったチケットのダンスは中止になったので他のに替えて、と。

替えるチケットの方がちょっと高いし、怪しい気もしたけど取り替えた。

そうしたらなんと!場所がさっきの蓮池の寺院だと!

替えてもらえてラッキーだったかも。

 

ダンスを見る前に夕飯。

色々なおかずが乗ったナシチャンプル、やはり色々乗ったカレーのようなもの。

サテ、チキンを裂いて辛く和えたもの、インゲンのピーナッツソース和え、

卵にココナッツの辛いトッピング、チキン、豆腐団子のようなもの、

春雨スープ、えびせん。

色んな種類のものが食べられるので嬉しいし、どれも美味しかった。

 

壁のない店内。

だんだん暗くなっていく空、映し出される木が素敵だった。

 

そしてロータステンプルへ。

 

行く途中、白い服を着て行進をしながら音楽を奏でている人たちを横切る。

何だったんだろう??

 

そんなに混んでなくて前から二番目。

蓮の気が流れる中、ライトに浮かぶ建物、木がいい雰囲気。

ライトに集まって飛ぶ虫が光を描く。

コウモリが一匹くるくる飛んでいる。

これは何とも言えないシチュエーション。

 

女性ばかりの楽団とダンス。

何幕かあって、ソロだったり、団体だったり、子どもたちだったり

1時間程のパフォーマンス。

ガムランの音はいい。

頭の後ろと毛細血管に響く。

 

 

帰りは車が拾えない、と言う事で車をお願いしておいた。

日本語が上手な娘さんと運転手さん。

道の途中にあるものやバリの話を聞く。

1時間半のドライブ。

夜のドライブも楽しい。

 

さすがに疲れて眠かったが、

下調べが書き込んである地図を落としてしまったよう。

明日の日程を調べ直す...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス