** jameのつれづれ日記**

** jameのつれづれ日記**

                                                       〜chakana店主jameによる、アクセサリー製作話、音楽、アート、映画、旅行、食べ物など好きなものを徒然と〜

 

大好きなニューヨーク。

10年振り、数えてみたら12回目!!

6月6日から5泊7日で行ってきました!

 

今回は友人が一緒。(ほとんど別行動でしたが)

色々心強い!

 

今回は羽田から、飛行機はANA。

機械でチェックイン、ほぼ並ばずスムーズ過ぎ!

検査も箱に入ってちゃちゃっと終了。

その後も写真を撮られて〜であっという間に中に入れた。

これはストレスないわ。

 

中に入って早速ビール、ワインと飲み始める。

 

10時20分発。13時間くらいの長旅。

緊急時の行動や注意事項の映像が歌舞伎の人によるものだった。

おもてなしの一環なのかしら。

 

映画は見たかった「翔んで埼玉」が!

いや〜くだらな過ぎて最高だった。

あとはフェリーニの「ボイス・オブ・ザ・ムーン」を見た。

ワクワクで今イチ寝付けず。

 

やっと着いたよ!

今回は午前中に着くし、午後から目一杯動ける!と思っていたら

なんとJFKのイミグレで2時間以上待たされた。

しかもゲートは全部空いてないし、そりゃ詰まるわ。

のっけからアメリカの洗礼か...。

 

やっと出れてシャトルバスを予約。

外は気持ちのいい青空。

もう胸いっぱい!

 

タクシーより安いから仕方ないが、数カ所でピックアップして、やっと空港を出る。

道は混んでいて、ものすごいスピード&裏道攻撃。

やっとマンハッタンに入ったが何組もそれぞれの場所に降ろすので時間がかかる。

マンハッタン内をぐるぐる回る。

三番目だったから良かった。

 

Watson Hotel ワトソンホテル。

ミッドタウンの西。コロンバスサークルから10分程。

大きいホテルだった。

 

もう待ちきれなくて身支度をしてとっとと出かける!!

 

 

毎年8月の終わりに開催されるSUKIYAKI TOKYO。

渋谷WWWにて。

ワールドミュージックのアーティストが出演。

全然馴染みがないアーティストが見られるのも、また楽しい。

 

今年はタイとエチオピアのアーティストの日に行ってみた。

 

THE PARADISE BANGKOK MOLAM INTERNATIONAL BAND 。

モーラム、というタイの音楽が面白かった記憶があったのでこの日に行く事に。

タイ東北部イサーン地方やラオスの伝統音楽らしい。

パーカッションとベース、ドラムは若い人。

そこに弦楽器ピンと竹製の管楽器ケーン奏者のベテラン二人。

リズムがサイケロック調なブリブリ激しいものに

二つの民族楽器が乗っかる感じが、かなり面白い。かなりトランス。

管楽器の方は80歳!と。が、ずっと吹きまくっていた。

 

もちろん、1時間踊りっぱなし。

 

 

 

そして次はエチオピア系イスラエル人のGILI YARO ギリ・ヤロ。

バックバンドはギター、ベース、ドラムのトリオ。

ロック、ファンク、レゲエ、アフリカンミュージックを取り込んだダンスミュージック。

後半エチオピアテイストもたっぷり。

あの音階はやっぱり染みる。

やはり1時間踊りっぱなし。

 

 

渋谷のアフリカ料理屋、バルバドスさんの美味しい料理も食べられて大満足。

毎年楽しみなイベント!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画、ローマ?えっ、フェリーニ?と見てみたら知らない監督。

アルフォンソ・キュアロン監督の2018年の映画。

トレーラーを見たら気になったので

新しく出来たアップリンク吉祥寺へ行ってみた。

 

監督の半自伝的なストーリー。

1970、71年を舞台としたメキシコの中流家庭とその家政婦の話。

 

人生は山あり、谷あり。

それぞれの人生、そこにある幸せ、崩壊、再生。

その中には憎しみもあるけど、愛が流れている。

 

たんたんと画面は進んでいく。

カメラはゆっくりとその場面をとらえて味あわせてくれる。

白黒がとても美しかった。

 

日常の中のパレードの音、物売りの音、

鳥のさえずりなど、音も画面と一緒に残っている。

アップリンクのサウンドシステムも素晴らしく

吉祥寺まで行って良かった!

 

とてもいい映画だった。

しみじみと感動。

もう一度ゆっくり見てみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もあっという間に年が明けて早7日。

明けましておめでとうございます。

 

ここ何年か、新年に思う事、目標は変わらず。

それがどれだけ進んでいるのか、と思うと疑問な毎年。

少しずつでも進んでいきたい。

進んでいるのかな〜。

もっと飛び抜けないとね(笑)。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

3日目。

 

7時半に起きて8時に朝食、いつもより早い行動。

朝ご飯も美味しくてしっかりいただく。

また廊下などの絵もしっかり堪能して朝風呂。

なんて贅沢!!

 

浅間温泉を当てもなく散歩。

時期的なもの?それともさびれてしまった?

ひっそりとしていた。

 

 

 

レトロな建物や街並が楽しい。

 

 

途中山道を見つけたので入っていこうとしたが

木が横に倒れていて通れないので断念。

 

神社を見つけたので入ってみた。

 

 

 

中を掃除していたおじさんが話しかけてきた。

次の日は火を燃やして練り歩く火祭りだそう。

そういえば、枯れた草をを大きく束ねて置いてあるのをいくつか見た。

残念...。

 

 

そこら中に街中でも道祖神をよく見かけた。

 

 

 

旅館に戻りバスの時間までロビーでのんびりする。

交通の便が悪いので民藝館は諦めた。

バスで松本まで戻る。

 

そしてまたもや散策。

 

もう一件、柚木さん巡りの店、居酒屋しづかへ。

 

 

思っていたより、広くて

天井からメニューのモニターがあったり、全部自動ドアだったりでちょっとびっくり(笑)。

お昼時でかなり混んでいた。

おでん定食を頼む。

 

 

味が染みていてとっても美味しかった。

好みでネギ生姜醤油をつけて〜と。

カウンターの目の前で女将さんが作業をしていたので話しかける。

そうしたら柚木さんの話をしてくれて、載っている雑誌を見せてくれた。

 

 

ネコのクッションや布、暖簾など作品が沢山!

 

まだ電車の時間まであるのでウロウロする。

Laboratorioというオシャレな雑貨&カフェへ。

元薬屋だったという素敵な建物。

カフェでのんびり、という事はあまりないので新鮮(笑)。

 

再び中町通へ。

翁堂でラムボールをリピート。

 

前の日に見なかった家具店で柚木さんの布を発見。

柄がピンとこなかったので購入せず。

取りあえず欲しい気もしたが...。

 

17過ぎの電車で帰路に着く。

あっという間の三日間。

こんな風に近場でぶらり一人旅、癖になりそう〜。

 

アルバムはこちら〜。