本日は一年ぶりの人間ドック。

コロナ感染防止の対策をたくさん行なっているクリニックに初めて訪問。

とても感じの良い受付、そして、スタッフの皆さん。

これまで受けてきた東京の某検査機関は一体なんだったのだろう。。

と思うほど、対応の違いに少し戸惑いました。

快適な空間と的確な検査。

その結果、検査後のドクターからのフィードバックは落差が激しく、とてもガッガリするほどのスコアでした。

が、そんなことは慣れっ子ですし、もう仕方ない状態なのは自覚しています。

が、ちょいとグッとくるものがありましたね。

少しずつ現実を受け入れて、クリニックを後にしました。

まあ、明日になれば忘れているでしょう。

と言うことで空きっ腹に1番少ない焼肉ランチ。

普段ならご飯をおかわりするところですが、なぜか満腹に。

エコな身体になってきたということでしょうかね。

そして、大宮駅のデッキに到着。

思い起こせば2004年。

ヘルプしていたバンドで、ここで路上ライブをやったことがありました。

何十年経っても忘れないものですね。

だからライブは毎回が尊いものなのです。

このデッキも夕方は早めに日影になりました。

よく冷えているので、皆さんもあたたかくお過ごしくださいませ。ごきげんよう。


オミクロン株の流行に伴い、再びステイホーム中の日々です。

正月もだいぶ日にちが経ちましたが、お雑煮はいつ作っても良いものですね。

玄米餅を焼いて、作ってみました。

お椀を痛めないように野菜を盛ってからお餅を入れるのがコツだそうです。

年末にテレビで教わりました。

昨年秋にいただいていたヤツガシラ。

サトイモが連結して出来た縁起のよい食材だそうですね。

どうしようかと迷っていましたが、今年もやはり煮つけてみました。

出汁をメインに少しずつ火を通していきました。

焦げて見えるのは先日、川越のアンテナショップで手に入れた煮干しの粉末です。

これがかなりアクセントとなり旨味を出してくれました。

小さい頃は煮物が苦手でしたが、こうして作ってみると祖母のありがたみが身にしみます。