小さなお店のリピート集客術

小さなお店のリピート集客術

小さなお店のリピート集客術


どれだけ練習しただろう。本格的にカメラを仕事にすると決めたとき、毎日カメラを持って練習していました。

おかげさまで今はどんな撮影でも対応できるようになりましたが、それでも「まだまだ」という気持ちが強く、時間が有れば撮影の練習をしています。


技術を提供する仕事って「練習」が全てと思います。

他人から指摘を受ける前に、自分で自分の弱点に気付いたり、解決するために自分で考え、自分で改善してみる。

そういう前向きな姿勢がなければ、技術者としての成長は難しいかもしれません。

週に1,2回、ちょこっと練習した程度でプロになれるなら誰も苦労はしませんよね。

練習もせずに本番で強い人は存在しない。練習が全てなんです。

今はいろんなスクールがありお金を出せば武器を手に入れることは可能です。

でも、その武器は練習がなければ使いこなすことはできません。

練習しましょう。プロになるために。自分に負けないために。


3月30日の売れるビジネス資料作りセミナーの募集を開始いたします。

昼の部と夜の部2回に分けて開催します。

多少コミュニケーションをとりながら進めていきたいので、定員は各5名前後としました。

今回はセミナーに参加できない方向けに、収録版動画セミナーも用意いたします。

(ZOOMセミナーよりもちょっと高いです)

興味のある方は是非30日のセミナーにご参加ください。

https://shirookatakahiro.com/0330seminar/

久しぶりの出張。なかなかハードな5日間でした。

撮影スタジオの開業サポート、エステサロン運営会社の別事業用のwebサイトの打ち合わせなど、中身の濃いお仕事ばかりでした。

数あるコンサル会社の中でもうちはちょっと特殊な方だと思います。

言葉ではうまく表現できませんが、リアル経営、現場目線でのアドバイス。

それと、アドバイスだけではなく、サイト制作、写真撮影、動画編集など、事業に必要なことは全て自社でできます。

僕は専門家というよりは、あれこれ手を出し過ぎの器用貧乏タイプです。これと言った強い武器は持ってません。

ところが、最近はその器用貧乏が求められることが多いのです。

一つ一つに拘れば何百万もかかる仕事も、うちの会社でやれば予算内でだいたいのことは可能です。

基本は経営コンサルタントなので、事業計画や戦略などをしっかりまとめながら進めていきます。

「一つに磨きをかける」というのも間違いではないけど、「ある程度何でも出来る」という考え方でも十分に通用します。

あれもやりたい。これもやりたい。欲張りはダメというのが定説かもしれませんが、あれこれやってるからこそ求められることもあります。

本に書いてる経営ノウハウが正解とは限りません。やりたいことを本気でやる!それが正解と思います。

特に今のような先行き不透明な時代は、計算よりも行動が大事ですね。







3月は久しぶりにzoomセミナーをやります。内容は「売れるビジネス資料作り」です。

PowerPointやWordを使った動画やセミナー用の資料や、メルマガなどのプレゼント資料など、相手がイメージできる資料を作ることで契約数や販売数を増やすことができます。

それだけではなく、リアルな営業の場でもわかりやすく質の高い資料は取引先の担当者にも喜ばれることが多いです。

資料作りにはいくつかの重要なポイントがあります。何を説明する資料か?見る人が知りたいことの整理。イメージできる構成や見せ方。内容だけではなく順番も重要です。

相手目線でのビジネス資料作りを覚えれば、メルマガ読者が少なくても売れます。

フォロワー増やしを頑張らなくても、シェアや紹介によって自然に必要な人が集まってきます。




今話題のclubhouse(クラブハウス)について書いてみます。

clubhouseとは音声だけのSNSで、相手と会話したり、他人の会話を聞いたりできるSNSです。

自分で部屋を作ることができて、そこにフォロワーを招待することも可能です。

どんな雰囲気なのか?

会話の中心人物がいて、それをみんなが聞いてる感じです。

飲み会とかでもありますよね。2、3人が濃い話をしていて、それを周りが聞いてるみたいな。

大きくメリットは2つ

・会話の中心人物になれる
・その時だけの貴重な話が聞ける

実際にどんな話をしているのか?

・有名人がフォロワーを集めて雑談
・clubhouseをどう使う?的な会話
・フォロワー増やしたい人のルーム
・情報商材、自己啓発系

他にもルームはありますが、今はこれらのルームが目立っている状態です。

clubhouseのビジネス活用は可能なのか?

可能といえば可能だと思います。

ただ、会話する相手がいてのclubhouseなので、何を話すか次第です。

この人面白い
すごく役に立った

など、プラスの印象を与えることができれば、十分仕事に繋がる可能性はあります。

大事なことは、誰と・どんな話を・誰に向けて

この3つをしっかり考えてからルームを立ち上げることです。

シンプルなSNSですが、奥は深そうです。

clubhouseをやってる方がいたら是非繋がってくださいね。

「城岡崇宏」で登録してます。








思い出すことはあっても
過去と今は比較しない

あの時こうすれば
あの時はこうだった

そんなことを考えてる暇があったら
これからを大切にしたい

今年は倒産や廃業が多かったけど
それもこれからのために必要な経験

その経験があったから今がある
そう思えるような人生にしてほしい

人生は思い通りにならないことの方が多い
だから、今あるものが大事なんだ

大切なものは何一つもってない
そんな人は1人もいないはず

自分にとって、一番大切なもの
忘れはいけないね



今日の札幌は猛吹雪。いよいよ本格的な冬の始まりです。

子供の頃は雪が降ると嬉しかったものですが、最近の子供は家でゲームですもんね。

友達との交流もオンラインゲームの中。これで良いのか複雑な気持ちではありますが、友達と楽しくやってるなら、良しとしておきましょう。

僕たちの時代とはコミュニケーションの取り方が違うということでねーねーねー

変わるつもりはなくても
勝手に変わっていく

進むつもりはなくても
勝手にに進んでいく

変わりたい進みたい
そんなことを考えなくても
変わるし進むもの

自分だけ止まっているように感じる
自分だけ進んでないような気がする

そう感じるとしたら
それは自分しかみてないからだ

環境は絶えず変化し
周りの人も関わる人も変わっているはず

世の中で今起きてることに目を向けてる?
自分の仕事や業界の変化に目を向けてる?

周りを見ずに自分だけを見てたら
自分だけ止まっているように感じるかもしれない

でもそれは錯覚

時間が止まらない以上
僕たちは立ち止まることができないのだから






今年はあまり風景写真が撮れなかった。仕事が優先なのでなかなか計画通りにはいきませんね。

先日、久しぶりに美瑛に行ってきました。雪がパラパラ降り静かな青い池。

今年最後の撮影になると思います。


自由な時間ってあまりないのだけど、好きな仕事をしてるので苦にはなりません。

戦略を考えたり、撮影やデザインを考えたり、好きなことを精一杯やると、スキルも上がるし仕事も自然に増えていくものですね。

ビジネスはすごくシンプルです。

喜ばれる仕事が出来れば売上が上がり、喜ばれない仕事をすると売上は上がらない。

全ての人はやりたいことをやり切るべき。

やりたいことがわからないとか、たまにそういう人もいるけど、それは苦労したことのない人の思考かな。

目の前にある仕事を本気でやる。小さな仕事でも本気でやる。

相手に喜ばれる仕事はいつでもできる。出来ることを精一杯やればいいだけ。

いつも自由なわけじゃない。自由な時間は本当に少しだけ。それでも毎日が楽しい幸せな毎日です。

来年も少しの自由を使って北海道を愉しみたいと思います。




どうしてこんなにも伝わらないものか。SNSだけを頑張っても経営は良くならないのに…以前はこのような疑問でいつも頭がモヤモヤしていた。

本業そっちのけで、パソコンやスマホばかりいじっている起業家や経営者は、いつまでも同じところで躓いてる。

起業して5年も経ってるのに、まだ起業塾にいくの?いつまで素人コミュニティに依存するの?など、違和感だらけだった。

でも最近は気にならなくなった。たぶん僕自身の線引きができたからだと思う。

以前は「はやく気づいてほしい」という思いが強かったけど、今は気付いている人を対象にしている。

それでも完全に線引きは出来ず、たまにこのような記事を書いてしまう次第です。

僕のクライアントはSNSに依存してない。空いてる時間に必要なことを発信してるだけ。

それでも月商200万円300万と売れるサロンが多いのは、プロとしての自覚があり、真剣に目の前のお客様に向き合っているからです。

プロ意識が弱い人は、そもそも中身に魅力がありません。探究心がないので、知識も技術も現段階から成長しないわけです。

SNSで繁盛サロンのように見せたり、人気者のように見せても、バレバレなんです。

いつまでも結果がでないノウハウを信じる人は、プロとして自分の在り方を考えてみてくださいね。